意外と知られていないiPhoneのバッテリー寿命と、バッテリー持ちをよくする方法

意外と知られていないiPhoneのバッテリー寿命と、バッテリー持ちをよくする方法

iPhoneを使っていて困る問題の一番が「バッテリー問題」ではないでしょうか。

外出先で何度もiPhoneを使っているうちに、バッテリーが切れて使えなくなってしまうのは非常に困ってしまう問題です。

しかしこのバッテリー問題は、使い方によって改善できるものもあります。

そこで今回は、よりバッテリーの寿命を延ばす方法について紹介していきましょう。

どんな時にiPhoneのバッテリーが弱くなると感じるか

ひとことでバッテリーの寿命といっても、その意味や確認方法はいろいろあります。

では、バッテリーの寿命は普通どのくらいなのでしょうか。そしてバッテリーが弱くなった状態と感じるのはどんな時なのでしょうか。順を追って見ていきましょう。

一般的なバッテリーの寿命はどのくらい?

まず一般的にiPhoneのバッテリーの寿命はどのくらいなのでしょうか。ここでいう寿命というのは充電し始めてからバッテリーが切れるまでの時間という意味ではなく、iPhoneに搭載されているバッテリーはどのくらい使うとダメになってしまうのかという話です。

これはどの程度のレベルで寿命と考えるかが、モデルや使用条件、体感などによって異なるため一概にいえませんが、おおよそ2年程度で若干バッテリーの持ちが悪くなり、3年程度で普段の使用に影響してくる、といったイメージではないでしょうか。

バッテリーの減りが早くなる時

バッテリーの減りは寿命が近づいてくるに従って進んでいきます。

フル充電したのに2~3時間程度使うと充電がゼロになってしまうようでは、外出時に出先でiPhoneが使えなくなってしまいますよね。こうなるともう、バッテリーが寿命と感じてしまうはずです。

バッテリー表示が不安定になる時

バッテリーが寿命を迎える兆候としては、画面上のバッテリーのパーセンテージが不安定になるという症状があります。

充電中に残りの%の数値は正常であれば徐々に増えていきますが、上がったり下がったりするようになると、寿命が近づいてきたと考えても良いでしょう。

充電時間が長い時は理由もある

バッテリーを充電し始めてから満充電になるまで、今までよりも時間がかかるようになったというのも、バッテリーの寿命が近づいている兆候です。

ただし最近のiPhoneは「最適化されたバッテリー充電」という機能が利用でき、これをオンにすると自動的にバッテリー充電の速度が調整され、就寝時の充電時間が従来より長くなることがあります。

「最適化されたバッテリー充電」機能は、「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」で設定可能ですから、もし充電時間が気になるようでしたら確認してみてください。

iPhoneのバッテリー持ち対策は

では次に、iPhoneのバッテリー持ちの対策についてご紹介します。

使わない機能やアプリ自動更新はオフにする

そこまで致命的にバッテリーの寿命ではないのなら、使用しない不要な機能をオフにすることでバッテリー持ちを延ばせます。

例えば無駄にバッテリーを使ってしまうBluetoothはオフに。Wi-Fiも使わない時はオフにしておけば多少バッテリー持ちが延びます。

さらに知らないうちに通信をしてしまうアプリの自動更新もオフにして、更新は充電できる場所で行うなど、無駄な機能を必要のない時は切っておきましょう。

使い切ってから充電した方が良いのは本当か?

バッテリーを持たせるためのテクニックとして「バッテリーを使い切るまで充電しない」という話をよく聞きますが、これは現在のiPhoneには当てはまりません。

バッテリーが残っているうちに充電するとバッテリーの寿命が縮むというのは、古いバッテリーでの話で、現役のiPhoneのバッテリーはより高性能の「リチウムイオン電池」が採用されているため、電池が残った状態で充電しても寿命が縮むことはないのです。

充電しながらの使用は熱的に負荷がかかるのでNG

ただし、このリチウムイオン電池にも弱点があります。それは熱に弱いという弱点です。

そのため、現在のiPhoneのバッテリーに関して気をつけたいポイントは、できるだけ発熱しないように使うということ。具体的には、充電中は本体が熱を持ちますので、充電中にiPhoneを利用するとさらに発熱が激しくなり、バッテリーにはよくありません。

そのため、充電中はできるだけiPhoneを使用しないというのが、バッテリーの寿命を延ばす大切なテクニックなのです。

iPhoneカテゴリの最新記事