iPhoneの「ゴーストタッチ」はなぜ起こる?原因や対処法を説明します

iPhoneの「ゴーストタッチ」はなぜ起こる?原因や対処法を説明します

iPhoneを使っていると画面にタッチしていないのに勝手に操作されてしまい、困ったことはありませんか。

そんな症状のことを「ゴーストタッチ」と呼ぶのです。もちろんこれは幽霊の仕業などではなく、いろいろな原因から引き起こされる現象です。

ではいったいゴーストタッチはなぜ発生するのか、そしてもしゴーストタッチが止まらなくなったらどう対応すればいいのでしょうか。

iPhoneのゴーストタッチとはどんな症状?

ゴーストタッチの症状には、いろいろな状態があります。

勝手に画面が操作されてしまうと、場合によっては非常に困ったことになってしまいます。

そこでまずゴーストタッチとはどんな症状なのかを見ていきましょう。

勝手に文字を打ってしまう

ゴーストタッチでよくある症状が、文字を打っていないのに勝手に文字が入力されてしまうという現象です。

LINEなどのメッセージを打っている時にこのゴーストタッチが起こってしまうと、思ったように文章が打てなくなるという問題が発生します。

勝手に電話をかけてしまう

ゴーストタッチで一番困るのがこの、勝手に電話をかけてしまうという症状です。

電話をかけるためには電話アプリを起動しなければいけないため、普段使っているだけならほぼ発生しない現象ですが、電話に限らずSNSの連絡機能などでも同様に音声通話やビデオ通話を発信してしまうことがあるので、思った以上に問題が起きやすかったりもします。

スクロールやロック解除ができない

ゴーストタッチと呼ばれる症状の中には、勝手にタッチされるという問題以外に一時的にタッチが反応しなくなることも含まれます。

例えばロック解除をしようと思っても画面が反応せずにパスコードが入力できなかったり、あるいは画面をスクロールやフリックしたくても反応しなくてアプリが開けないといった症状です。

画面が勝手に操作されるゴーストタッチの原因とは

さて、このようなゴーストタッチの症状は、どんな原因によって発生するのでしょうか。

そのポイントは、画面のタッチが反応する仕組みや、iPhoneのiOS、あるいは機械的な問題が考えられます。

指以外の静電気に反応してしまう

ゴーストタッチの原因として最も多いのが、指以外のものに画面のタッチパネルが反応してしまうというトラブルです。

iPhoneのタッチパネルは「静電容量方式」と呼ばれる仕組みで動作し、これはタッチパネル上の静電気を感知して反応するというもの。

普段は指先から発生する静電気に反応してタッチ操作ができるのですが、時折指以外のものが静電気を発生し、それに反応した結果ゴーストタッチが発生するのです。

特に冬場などの乾燥した時期は静電気が発生しやすく、クルマのキーやドアノブで「バチッ」となった経験は誰しもお持ちでしょう。それと同じ現象がiPhoneの画面上で発生した場合、ゴーストタッチになることがあるのです。

保護フィルムなどが原因の場合も

iPhoneを利用しているほとんどのユーザーは画面上に保護フィルムや保護ガラスを貼っています。このフィルムやガラスの品質が悪かったり、画面との間に気泡や水が入ってしまっていると、汚れや気泡などが静電気を発生してゴーストタッチの原因になることもあるのです。

センサーなどの内部的トラブル

そのほかにはiPhone自体のハードウェア的なトラブルも考えられます。タッチパネルのセンサーが異常をきたしていたり、壊れてしまうとおかしな反応や、あるいは反応しなくなってしまう可能性があるのです。

ゴーストタッチが起こった時の対策

さて、ではもしゴーストタッチが頻繁に発生して困るというのであれば、どのように対処すれば良いのでしょうか。

保護フィルムや画面をきれいに清掃する

まず疑うべきは保護フィルムやガラスを貼っている場合、気泡や水泡、汚れなどがあるかもしれないため、まずは表面を専用のクリーナーできれいに清掃しましょう。

フォルムやガラスがきちんと画面に密着していない場合は、新品と交換してみることをおすすめします。

ガラスやフィルムを貼っていないのであれば、まずは画面をクリーナーで清掃してください。清掃後は乾いた不織布などで表面をきちんと拭き取ります。

iPhoneを強制再起動する

ゴーストタッチに限らずiPhoneでなんらかの不具合が出た場合の対処法の基本は、強制再起動です。これは通常の電源オフとは異なりますから注意してください。

iPhone X、iPhone XS、iPhone XR、iPhone 11、またはiPhone 12の強制再起動の方法は、

1.音量を上げるボタンを押してから素早く放す

2.音量を下げるボタンを押してから素早く放す

3.サイドボタンを押さえる

4.Appleロゴが表示されたらサイドボタンを放す

これでiPhoneが再起動しますので、あらためてゴーストタッチが起こらないかを確認してみてください。

iOSを最新バージョンに

ゴーストタッチに関してはあまり影響がないと思われますが、iPhoneのトラブルはiOSを最新にすることで解決することもあります。そのため、iOSのバージョンが古い場合は、最新のものにアップデートしてみましょう。

どうしても直らない時は修理に出す

上記のような対策をしてもゴーストタッチが直らない場合は、iPhoneのタッチパネルやセンサーなどの異常が考えられます。どうしても直らない場合はアップルストアに持ち込むか、近所のiPhone修理店に相談してみましょう。

近場にアップルストアがあるのなら、オンラインで予約してから持ち込めば対応してもらえ、実店舗が近くにない場合は、オンラインで手続きして宅配便で送ることになるでしょう。

もちろん保証期間内だったりAppleCare+を契約していれば修理代金は必要ありません。さらにAppleCare+を契約していなくても、iPhoneの画面修理は比較的リーズナブルに設定されています。

もし急ぎですぐに修理したいというのであれば、近くにiPhoneの修理業者があればそちらで修理してもらっても良いでしょう。例えば甲府でiPhoneの修理業者をお探しでしたら、iPhone修理工房 セレオ甲府店などで画面修理をしてもらえます。

iPhoneカテゴリの最新記事