いまiPhone 12を買う5つの理由

いまiPhone 12を買う5つの理由

現在のiPhoneはiPhone 12が最新モデルとなりますが、オンラインのアップルストアではそれ以前のモデルも購入可能です。

しかし一般的には「最新のiPhoneが、最高のiPhone」といわれているように、購入するべきはやはりiPhone 12なのではないでしょうか。

古いモデルは若干リーズナブルな価格設定となっていますが、それでも最新のiPhoneがオススメなのには理由があります。

今回はそんなiPhone 12をおオススメする理由を5つご紹介していきましょう。

5G対応はiPhone 12だけ

テレビコマーシャルなどで耳にしたことがあると思いますが、モバイルネットワークの新しい規格である「5G」が話題となっています。

実はこの5Gには、iPhone 12シリーズはすでに対応していて、エリア内であればすでにキャリアと5Gの契約を済ませていれば5Gの恩恵をすぐに受けられるのです。

5Gとは5 Generationの略で、「第5世代移動通信システム」のことを意味しています。

この何が凄いかといえば、ドコモの説明によれば、従来の4Gのスペックが受信時に最大1.7Gbpsだったものが、5Gなら4.2Gbpsまで高速化され、さらにネットワーク自体が「太く」なるため、混雑しにくいなどというメリットがあるのです。

そのため、もし自分の生活エリアが5G対応エリアであり、今すぐに5Gを楽しみたいというのであれば、iPhoneの中から選択するのであればiPhone 12の中から機種を選ぶことになります。それ以前のiPhone 11などは5Gに対応していません。

②ディスプレイ性能が圧倒的に進化

iPhone 11からiPhone 12への進化の中で最も目覚しいのがディスプレイの性能です。

iPhone 12で新たに登場した「Super Retina XDRディスプレイ」は、iPhone11の「Liquid Retina HDディスプレイ」と比較すると、画面画素数が「2,532 x 1,170ピクセル」でiPhone 11の「1,792 x 828ピクセル」と比較しても圧倒的に高画素となっています。

さらに凄いのが画面の発色の良さを表す「コントラスト比」が、iPhone 12では「2,000,000:1」というスペックとなっていて、iPhone 11の「1,400:1」とは桁違いどころか3桁違う数値となり、その差は見てはっきりわかるレベルで美しくなっているのです。

そのため写真や動画などをより高精細で綺麗に見たいというのであれば、iPhone 12をオススメします。

ただしディスプレイサイズだけで見れば、iPhone 12とiPhone 11は共に6.1インチで同じサイズです。

③フルラインナップがあるのはiPhone 12だけ

実店舗などの在庫状況によりますが、Apple製品の公式オンラインストア「アップルストア」では現在スタンダードなiPhone以外のPro、Pro Maxといったカメラ性能の高いモデルは、iPhone 12のみのラインナップとなっています。

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは、スタンダードなiPhone 12が2つのレンズのカメラを搭載しているのに対し、3つのレンズを持つ高性能カメラを搭載。一つ増えたのは望遠レンズで、Proで光学4倍、Pro Maxで光学5倍の望遠機能を持つのはこの3眼レンズだけです。

これは遠くのものをよりくっきりと撮影するためには便利な機能ですから、近くのものから遠くのものまでカメラを使い切りたいというのであれば、ProやPro Maxが選択できるiPhone 12がオススメ。

なおPro Maxとは名前の通りマックスサイズのボディが特徴で、内部的にはほぼProと同じですがディスプレイサイズが6.7インチと大型になり、ボディが大きい分バッテリーも大型でProよりも若干バッテリー持ちが良くなっています。

さらにiPhone 12には「iPhone 12 mini」というモデルもあり、これは一回り小さなサイズでありながら最新スペックを詰め込んだモデルとして持ちやすさが特徴です。

このように、あらゆるバリエーションが手に入れられるのはiPhone 12だけとなっていますので、自分好みの性能やサイズが欲しいのであればiPhone 12を選ぶのが正解でしょう。

④実はサイズや重量がより使いやすく

外見的にiPhone 12とiPhone 11の変化は気づきにくいかもしれませんが、実はサイズはiPhone 12になって若干小さく、薄く、そして軽くなっています。ディスプレイサイズは同じですから、より使いやすくするための変化でしょう。

また、ボディの素材もフロント部分にCeramic Shieldが採用され、さらに「耐落下性能」も4倍向上しているということですから、落とした時の壊れにくさもアップしているなど、目に見えにくい細かな性能もiPhone 12で大きく向上しています。

最新A14チップを搭載

アップルが自社で設計している、スマホの処理を司るチップは最新のA14 Bionicチップを採用。

iPhone 11と比較して一世代新しく、当然ながら各種処理はより向上しています。また、チップが新しくなれば節電機能もアップするのです。

チップの進化はすぐにわかるほどのわかりやすさはありませんが、より新しいチップを使っていれば、今後のiOSアップデートでもより長い期間対応される可能性が高いため、もし今後長い間使いたいのであれば、最新モデルを購入しておくことをオススメします。

iPhoneカテゴリの最新記事