Return To Top
From Russia with Love
007 ロシアより愛をこめて (1963) UK 115 min.
Introduction 序盤アウトライン
英国情報部のジェームズ・ボンドがイスタンブールに派遣される。当地の総領事館に勤務するソ連公安部のタチアナという女性が英国への亡命を希望する中、彼女の護送とその手土産の暗号解読器をロンドンに持ち帰る事がボンドの任務だったが、極秘ファイルを見てボンドに一目惚れしたと語るタチアナからその護衛役に指名されると云うそもそもの段階での不条理な経緯は、実は罠である事も明白なものなのだった。やがて、暗号解読器の奪取にも成功する中、タチアナが単なる操り人形に過ぎない事に気付いたボンドは、オリエント急行での国外脱出を図るのだがーー
Various Note メモ
ボンドへの復讐を目論むスペクターとの闘いを描くシリーズ第2弾。イアン・フレミングの原作は、小説リリースの順番では5番目。脚色は「007は二度死ぬ」と「007/ムーンレイカー」を除く「007/消されたライセンス」までの本家シリーズ全作品を手掛けるリチャード・メイボーム。アダプテーションは、前作「007/ドクター・ノオ」のジョアンナ・ハーウッド。演出のテレンス・ヤングも前作に続いての登板。

以下、完全ネタバレ。未鑑賞の方はご留意下さい。
various novels and movies 原作と映像化作品のリスト
原作 novels 映像化作品 movies
year 邦題
別文節の「007号」は省略
original title year title
邦題
1953 カジノ・ロワイヤル Casino Royale 1953 US/CBS TV
Climax Mystery Theater

Casino Royale
* Barry Nelson as 007
1967 same
2006 same
1954 死ぬのは奴らだ Live and Let Die 1973 same
1955 ムーンレイカー Moonraker 1979 same
1956 ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever 1971 same
1957 ロシアから愛をこめて From Russia with Love 1963 same
007 危機一発
007 ロシアより愛をこめて
1958 ドクター・ノオ Dr. No 1962 same
007は殺しの番号
007 ドクター・ノオ

1959 ゴールドフィンガー Goldfinger 1964 same
1960 007号の冒険
以下5編収録の短編集。
#1: バラと拳銃
#2: 読後焼却すべし
#3: 危険
#4: 珍魚ヒルデブランド
#5: ナッソーの夜
For Your Eyes Only
* omnibus as 5 episodes
#1: From a View to a Kill
#2: For Your Eyes Only
#3: Risico
#4: The Hildebrand Rarity
#5: Quantum of Solace
1981 same
007 ユア・アイズ・オンリー
1985 A View to a Kill
007 美しき獲物たち
1961 サンダーボール作戦 Thunderball 1965 same
1962 わたしを愛したスパイ The Spy Who Loved Me 1977 same
007 私を愛したスパイ
1963 女王陛下の007号 On Her Majesty's Secret Service 1969 same
女王陛下の007
1964 007号は二度死ぬ You Only Live Twice 1967 same
007は二度死ぬ
1965 黄金の銃を持つ男 The Man with the Golden Gun 1974 same
007 黄金銃を持つ男
1966 ベルリン脱出
以下3編収録の短編集。
#1: オクトパシー
#2: 所有者はある女性
#3: ベルリン脱出
Octopussy
* omnibus as 3 episodes
#1: Octopussy
#2: The Property of a Lady
#3: The Living Daylights
1983 same
007 オクトパシー
1987 same
007 リビング・デイライツ
release dates 英/米/日本での封切り状況
ロンドン・プレミア:1963年10月10日/NYC:1964年4月8日/日本公開:1964年4月18日/全米公開:1964年5月27日。
a novel and a movie 原作と脚色
冷戦下での英ソの闘いを描く原作に対して、その英ソの確執にスペクターを便乗させる辺りが脚色の大きな違い。双方のメインキャラもほぼ同じで、共通点は、献身的な女性保安局員をボンドに接近させる中、スキャンダルの捏造を図る辺りまで。イスタンブールでの東西両陣営の小競り合いを激化させる辺りも、そのヒール側の意図は同じ。全く違うのはその魂胆。原作に登場するソ連(実行グループは「スメルシュ」)の魂胆は、捏造したスキャンダルでMI6を国際世論の槍玉に挙げた挙句、起爆装置を仕込んだニセ暗号解読器でMI6に物理的なダメージも負わせようとするもの。
一方、脚色に登場するスペクターの魂胆は、クレッブのスペクターへの寝返りなどなど露知らぬタニヤにモノホンの暗号解読器を持ち出させた上、ボンドとの痴話話のもつれに見せ掛けて双方を殺害、奪取した暗号解読器は高値でソ連に売り付けると云う筋書き。要は、政治色を回避する中、極上の娯楽路線として甦った脚色だが、そんな中での「スペクターは約束を守る」と云うブロフェルドのセリフにはフツーに爆笑させられる。
オリエント急行でのグラントとの対決、ヘリvsライフル、ボートチェイスなど怒涛のアクションをフィーチャーする脚色のクライマックスだが、一方の原作は、オリエント急行を経て即座にクライマックスと云う流れ。となれば、やや淡白なようにも思える原作だが、実は原作のクライマックスではとんでもない事に。と云うのも、ボンドの安否も不明のまま幕を下ろすため。詳しくは、以下、ボンドの敵「ローザ・クレッブ」の段落で。
about James Bond ジェームズ・ボンド
さまざまな特殊装備もお約束となる後年の映像シリーズだが、その片鱗を見せ始めたのがこの作品。催涙ガスやナイフ、金貨などを忍ばせたアタッシュケースがそれ。その全てのアイテムを駆使してグラントを撃退する映像版のボンドだが、原作のボンドが使用するのはナイフだけ。と云うより、原作のアタッシュケースには催涙ガスは装備されていない。危機に瀕したボンドが「ガスが噴出すような装備であれば…」と泣き言を思い巡らせる原作だが、その辺りをサクッと実現させていたのが脚色だったと云うわけ。また、一服を拒絶される映像版のボンドに対して、そのシガーケースで命拾いをする原作のくだりも、ある意味では対照的な描写。アクション描写についてもその殆どが異なるグラントとの対決だが、この辺りの一連の脚色については、大方の観客が原作を熟知する中、その最大の見せ場の第2ラウンドを描くような粋な計らいだったようにも思える所。
ユーニス・ゲイソンを皮切りに、アリザ・ガー、マルティーヌ・ベズウィック、そしてダニエラ・ビアンキとさまざまなタイプの美女を相手にする映像版のボンドだが、ストイックな原作の方でボンドが相手にするのは、御多分に洩れずメインの美女たるダニエラ・ビアンキだけ。ボンドの生みの親フレミングがコネリーのキャスティングに不満を抱いていたと云うのも、この辺りのギャップが原因だった訳だが、ただ如何せん、セックスアピールなくしてシリーズの大ヒットがあり得なかったのも確かな所。シリーズと云えば、ボンドが唯一握る車のハンドルもトラックだったと云う辺りは、本作の大きな特徴。ちなみに、ユーニス・ゲイソンとの絡みのシーンでは「ベントレーMK4」も登場するがハンドルは握らず。覚えている限りでは、あの著名な自己紹介ダイアローグもなかったはず。
Intro Sequence 冒頭シークエンス
殺し屋の毒牙に掛かったボンドが実は偽者だったと云うオチも強烈なインパクトの冒頭だが、そもそも、最初の見せ場をタイトルの前に持ってくるアイディア自体、公開当時は斬新だったはず。何れにせよ、この流れは以降全てのシリーズでもお馴染みに。ちなみにこの描写は、原作には登場せず。
シリーズのタイトルデザインと云えば、前作「ドクター・ノオ」や「サンダーボール作戦」以降の「007/消されたライセンス」までの本家シリーズ全作品を担当するモーリス・ビンダーだが、ここでは、次回作「ゴールドフィンガー」も手掛けるロバート・ブラウンジョンが担当。気にしなければモーリス・ビンダーのようにも思えるエキゾチックなタイトル映像だが、スクリーン映像の波状効果のようなエフェクトは、モーリス・ビンダーのそれとはやはり違う。ちなみに、あのシルエットの女性は、後年の「炎の女」や「太陽を盗め」にも出演するジュリー・メンデス。
マット・モンローが歌うテーマ曲はシリーズ屈指の名曲としても知られているが、その冒頭タイトルでインスト版がフィーチャーされるというのも、実はこの作品だけ(テーマ曲が歌モノではなかった前作は除外)。ついては、ユーニス・ゲイソンとコネリーが絡むシーンやエンディングでフィーチャーされるマット・モンロー版のテーマ曲だが、何より特筆すべき点は、テーマ曲の作曲(ライオネル・バート)に音楽監督(本作はジョン・バリー)が一切関与していなかったと云う辺り。これは、後年全てのシリーズ作でも例外は見当たらない特例中の特例。
location 舞台
ヴェニス → イスタンブール → オリエント急行(ベオグラード、ザグレブなどで停車) → ヴェニス

冒頭と最後のヴェニス、所在地不明のスペクター島、ロンドンのMI6本部などを除けば、その殆どがイスタンブール市街地とオリエント急行で占められる。ちなみに、小説のほぼ1/3をグラントのバックグラウンドなどソ連側の描写で占める原作の印象はかなり違う。また、原作のクライマックスの舞台となるのは、イタリアではなくフランス。脚色の方でもホームに下車する描写は登場するが、原作の方では、ベオグラードで下車した後、連絡員と共に市街地のアパートに向うシーンも描かれる。
enemy ボンドの敵
ローザ・クレッブ (ロッテ・レーニャ)
Rosa Klebb (Lotte Lenya)


スペクターの「No.3」。女性には違いないが、さすがに
ボンドガールとは呼べないキャラ。スペクターの登場しない原作では、ソ連国家保安省スメルシュ(公式殺人機関)の第二課長で大佐と云う肩書きだが、ちなみにここでもその威光は発揮される。それは、クレッブがスペクターに寝返った事をタニアが知らなかったため。映像版では、クライマックスを飾るボンドの宿敵としても著名な悪役キャラだが、原作でのインパクトはあらゆる意味で映像版を凌駕。靴先にしのばせた毒刃でボンドに襲い掛かる描写は双方一緒ながらも、その触りからオチまでの全てが違う。映像版では格闘の果てにその場で息絶えるクレッブだが、原作では死なず。原作の方で真っ先に手にする武器も毒の塗りこんだ編み針で、靴先にしのばせた毒刃が登場するのは、ボンドに手玉に取られた挙句、やがて駆け付けたフランス当局(舞台も違う)にお縄になる瞬間。

ついては、ボンドが毒刃の餌食になる結末は映像版とは全く違う。そんなボンドの殉職も匂わせるシビアなエンディングは、原作と脚色の大きな違いの一つだが、瀕死の状態だったボンドとフランス当局に逮捕された両者のその後については、原作シリーズ次作の「ドクター・ノオ」の方で明らかにされている。ちなみにその内容は、Mの台詞によって「死んだ」と吐き捨てられるクレッブと、フランスの協力者マチスによる応急処置で実は一命を取り留めていたボンドが、強靭な精神力で苦境を乗り越えたというもの。あと一点、原作でのクレッブについては、彼女が両刀使いである事を示唆する忘れ難い描写も。「ヒキガエルのような醜さ」と形容される中、突如着飾ったクレッブがタチアナに迫る原作のひとコマはかなり笑える。
ドノヴァン・“レッド”・グラント (ロバート・ショウ)
Donovan 'Red' Grant (Robert Shaw)


端からスペクターの一味として登場する中、英語に堪能な事や殺人者になった経緯など全てのバックグラウンドが割愛される映像版のグラントだが、ソ連の殺人機関スメルシュの一員として登場する原作では、一連のバックグラウンドも事細かに描かれる。重量挙げ選手だったドイツ人の父親と南アイルランド人の母親の間に生まれる中、十代の頃から殺人に快楽を覚えていたナチュラルボーンな殺人者だった事、ボクシングのタイトルを獲得した事から兵役中にも一目置かれる存在だったものの、あるタイトル戦で反則負けを喫した事から左遷される中、そのままソ連に亡命した事などが描かれているが、面白かったのは、オリエント急行での死闘の際、グラントの体格と殺気に怯えたボンドが取っ組み合いを端から避けようとする心理描写。ついては、胸元にしまったシガーケースで九死に一生を得る中、一撃のナイフ攻撃と駄目押しの攻撃でグラントを仕留めるボンドだが、この辺りの描写も映像版とはかなり違う。
モルツェニー (ウォルター・ゴテル)
Morzeny (Walter Gotell)


スペクターの幹部。原作には登場せず。演じるウォルター・ゴテルは、後年の「私を愛したスパイ」から「リビング・デイライツ」までシリーズ全作品に出演するお馴染みの人物。と云うか、後年の作品でもそのままの印象という辺りは何気に凄い。
クロスティーン (ヴラデク・シェイバル)
Kronsteen (Vladek Sheybal)


スペクターの「No.5」。スペクターの計画を考案する組織のブレイン的なキャラ。チェスの選手権に臨む中、召集をかけられる描写など原作を踏襲する脚色だが、映像ではブロフェルドに処刑されていた一方、原作の方ではその末路は明かされず。演じるヴラデク・シェイバルは、67年のシリーズ番外編「カジノ・ロワイヤル」や「スコルピオ」「風とライオン」、人気TVドラマ「謎の円盤UFO」などでもお馴染み。
クリレンク (フレッド・ハガーティ)
Krilencu (Fred Haggerty)


ソ連お抱えのブルガリア人の殺し屋。原作ではソ連、脚色ではスペクターに躍らされるそのキャラ色は双方同じだが、映画看板の女優イラストの口元に設置された窓から逃げる中、その直後に仕留められる描写は若干違う。原作では着地した後に仕留められるが、脚色では壁面にぶら下がっている状態でジ・エンド。また、映画看板の女優がモンローだった原作に対して、脚色の看板女優はアニタ・エクバーグ。ちなみにその看板の映画は、本作と前作の脚色に携わったジョアンナ・ハーウッドの脚本作品「腰抜けアフリカ博士」。
ベンツ (ピーター・ベイリス)
Benz (Peter Bayliss)


ソ連の保安局の役人。クリレンクと同様、スメルシュの計画など露知らずに躍らされる人物。オリエント急行に乗り込んだボンドとタニアを追跡するキャラだが、原作に登場する同様のキャラは総勢3名。グラントによってケリムとの相打ちに見せかけられる辺りは原作も脚色も一緒。
マッサージ嬢 (ジャン・ウィリアムズ)
Masseuse (Jan Williams)


ボンドガール。グラントにマッサージを施す女性。原作にも同様の描写が登場するが、原作のマッサージ嬢は上半身には何も纏わず。
エルンスト・スタブロ・ブロフェルド (アンソニー・ドーソン)
Ernst Stavro Blofeld (Anthony Dawson)


云わずと知れたスペクターの首領。その登場は、序盤と終盤の2箇所のみで顔は見せず。ついては、「?」と云うエンドクレジットだったが、演じていたのは前作で悪役デント教授を演じていたアンソニー・ドーソン。シリーズ4作目の「サンダーボール作戦」でも同様の配役となるアンソニー・ドーソンだが、ちなみに声の方は、両作品共にエリック・ポールマンによる吹き替え。「レッド・サン」や「バラキ」など後年もメジャー作品に名を連ねるアンソニー・ドーソンだが、他の面白い所では、シリーズきっての超絶パロディとも云える67年の「ドクター・コネリー/キッドブラザー作戦」(コネリーの実弟が主演。バーナード・リーやロイス・マクスウェルのシリーズ御馴染みの面々やダニエラ・ビアンキも出演)にも登場。
company ボンドの仲間
(バーナード・リー)
M (Bernard Lee)


後のシリーズでもお馴染みのMI6長官。演じるバーナード・リーは、11作目「ムーンレイカー」まで本家シリーズ全作品に登場。執務室の直ぐ手前に位置するミス・マネーペニーのオフィスに立ちすくむ姿は、シリーズ中でもかなり珍しいはず。
ミス・マネーペニー (ロイス・マクスウェル)
Miss Moneypenny (Lois Maxwell)


お馴染みのMの秘書。と云うより、
ボンドガールのお局的な重要キャラ。演じるロイス・マクスウェルは、14作目「美しき獲物たち」まで本家シリーズ全作品に登場。ボンドとの電話連絡の際、シルヴィア・トレンチが割って入る中での皮肉たっぷりの台詞や、ボンドとタニアの会話テープを盗み聞きしている事をMに見透かされている辺りの描写など、そのアピール度は前作を上回る。
ブースロイド少佐 (デスモンド・ルーウェリン)
Major Boothroyd (Desmond Llewelyn)


前作「ドクター・ノオ」と「死ぬのは奴らだ」を除く「ワールド・イズ・ノット・イナフ」までの映像全作品に登場するデスモンド・ルウェリンのシリーズデビュー。後年は「Q」と云うコードネームがおなじみとなるブースロイド少佐だが、ここでは「Q局」と云うセクション名が登場。ちなみに、ブースロイドと云うラストネームと「Q」が同一とみなされるのも、本作で「ブースロイド少佐」を演じるデズモンド・ルーウェリンが、次回作以降は「Q」名義で登場するため。
アリ・ケリム・ベイ (ペドロ・アルメンダリス)
Ali Kerim Bey (Pedro Armendáriz)


英国情報部イスタンブール支局の主任。原作では「ダーコ・ケリム」と云う名前で登場するキャラだが、ここでは別名。と云うのも、子沢山だったと云う両親の元に生まれた際、色黒だった事からダーコと名付けられた過去などが語られる原作とは違うスレンダーな脚色だった訳だが、一方、お仲間は作らない主義のボンドに友情を芽生えさせる中、終盤での死別のシーンを盛り上げる辺りは脚色でも再現されている。

メキシコの人気俳優ペドロ・アルメンダリス・Jrの父親としても知られるアルメンダリスだが、ここでの最も著名なエピソードは、クランクインの最中、末期ガンに侵されていた事が判明した事で撮影の日程が大幅に調整されたと云う話。ついては、滞りなく撮影をやり遂げたアルメンダリスだが、映像での表情を見る限りでは健康そのもの。歩行する際にやや不自由があったのかとも思わせるカットも幾つか登場するが、何れにせよ、末期ガンだったと云う話には只々絶句させられる。
タチアナ・ロマーノヴァ (ダニエラ・ビアンキ)
Tatiana Romanova (Daniela Bianchi)


ボンドガール。ソ連の保安局員。シリーズでも上位人気の本作のヒロインだが、本作と似たようなトーンの活劇ヒロインを演じる「077/地獄の挑戦状」や先述の「ドクター・コネリー/キッドブラザー作戦」など後年の作品には恵まれず。言葉の壁がその大きな要因だったと思うが、ちなみに中年マダムのような本作の吹き替えもフツーに微妙。乙女のような声の方が絶対に良かったのだが。ちなみに、その吹き替えに当っていたのは、「恐怖の吸血美女」「ナインスゲート」など足掛け数十年の女優キャリア(と云うか、劇場長編の出演は十数本だけ)のバーバラ・ジェフォード。
シルヴィア・トレンチ (ユーニス・ゲイソン)
Sylvia Trench (Eunice Gayson)


ボンドガール
。前作同様、原作には登場せず。コネリー版ボンドの登場シーン(ロンドンのアンバサダークラブ)に立ち会う歴史的な登場人物。また、いわゆる「ボンドガール」で2作品「連続」で出演するのはシリーズでも彼女だけ。別名キャラでの飛び石出演と云う事では「黄金銃を持つ男」「オクトパシー」のモード・アダムスの例もある。また、ボンドには絡まない端役のボンドガールでは、「ロシアより愛をこめて」「ゴールドフィンガー」に連続で出演するナージャ・レジンのような例もあり。
ヴァヴラ (フランシス・デ・ウォルフ)
Vavra, the Gypsy Leader (Francis De Wolff)


ジプシー村のリーダー。ケリムの協力者。原作では、ソ連お抱えのブルガリア人の殺し屋クリレンクの筆頭ターゲットになる人物だが、ちなみにこちらの脚色ではケリムが筆頭ターゲットだったと描かれる。格闘する2人の女性の運命をボンドに委ねる辺りは台詞などもほぼ一緒だが、村を去るボンドに手を振る描写は原作には登場せず。
ケリムの女 (ナージャ・レジン)
Kerim's Girl (Nadja Regin)


ボンドガール。ボンドとはダイアローグを交わす事もない端役のボンドガールだが、ケリムとのシーンでは妖艶なパフォーマンスを披露。映像シリーズ次回作の「ゴールドフィンガー」にも出演。2作品連続で顔を出すシリーズでも珍しいボンドガール。
ヴィダ (アリザ・ガー)
Vida (Aliza Gur)


ボンドガール。ジプシー村で一人の男性を巡って決闘する2人の女性のうちの1人。どちらの女性がヴィダだったのかもスクリプトや映像では判らないが、相手のゾラが大柄だと云う事を明らかにする原作を参照すれば、映像では、やや小柄だった赤い衣装の女性がこちらのヴィダ。
ゾラ (マルティーヌ・ベズウィック)
Zora (Martine Beswick)


ボンドガール。ジプシー村で一人の男性を巡って決闘する2人の女性のうちの1人。先の理由から、やや大柄な緑色の衣装の女性がこちらのゾラ。演じるマルティーヌ・ベズウィックは、後年の「サンダーボール作戦」ではボンドと任務を共にする重要な役柄で登場するお馴染みの女性。ブルガリア人の殺し屋クリレンクに決闘を邪魔される中、その勝敗をボンドに委ねる2人だが、ボンドへの夜の接待を匂わせる脚色部分は、云うまでもなくストイックな原作には登場せず。
ジプシーのダンサー (ライザ・ギロー)
Gypsy Belly Dancer (Lisa Guiraut as Leila)


ボンドガール。ジプシー村のダンサー。直訳すれば、腹踊りのダンサーと云う事にもなる微妙なキャラ名はさて置き、充分なアピール度の映像ではかなり印象に残る女性キャラの一人。演じるライザ・ギローは、前年度に公開されたあの「酒とバラの日々」や後年の「カーツーム」などでも踊りを披露。
ケリムの運転手 (ネヴィル・ジェイソン)
Kerim's Chauffeur (Neville Jason)


原作にも登場するケリムの息子。ボンドと暗号を交わすダイアローグは、後のベオグラードでグラントが暗号を見破るくだりの最初の伏線。
ヴェニスの橋に佇む女性 (ドロシア・ベネット)
Woman on Bridge in Venice (Dorothea Bennett)


ボンドガールなどとは呼べない端役のキャラだが、演じるドロシア・ベネットは、何と83年に映像化される「ジグソーマン」の原作著者。"De la part des copains"と云う作品で70年に脚本を手掛ける以外、業界とも無縁のドロシア・ベネットだが、ついては、執筆業とも無縁だった頃の行楽中での偶然の出演だったのかも。
ナッシュ大尉 (ウィリアム・ヒル)
Captain Nash (William Hill as Bill Hill)


ベオグラードでグラントに殺害されるMI6の連絡員。原作には登場しないキャラだが、ナッシュと云う名前は、グラントが使う偽名として原作に登場する。脚色では、ナッシュとボンドの会話を盗み聞きする中、暗号を覚えるグラントだが、このキャラ自体が登場しない原作のくだりは全く別。グラントがボンドへの接近を成功させるのも、本国が入手していた暗号リストを既に暗記していたためだった。
オープニング・タイトルでダンスを披露する女性 (ジュリー・メンデス)
Girl dancing during opening titles (Julie Mendez)


キャラクターとしてリストアップ出来るような人物ではないが、ボンドガールという話になれば、リストアップされても不思議ではないのかなと。演じるジュリー・メンデスは、後年の「炎の女」や「太陽を盗め」にも出演。
オリエント急行の女性客 (ジャキ・サルツマン)
Woman on train (Jaqi Saltzman)


客室脇の廊下でロングからアップ(1時間8分台のシーン)になる人物が恐らくはこの女性。先のドロシア・ベネットと同様、ボンドガールとは呼べないようにも思える端役の女性だが、「サルツマン」と云う名前から製作者の親族なのかなと云う事で。まぁ、この程度の端役でも後年のシリーズでは間違いなくボンドガール扱いされる訳ですしね。ちなみに、オバサン臭い格好を無視すればなかなかの美貌。
Various Note メモ
あのJFKの愛読書としても著名だったフレミングの原作だが、何と云ってもその売りは、現実に実在していたと云うソ連の公的殺人機関「スメルシュ」の長たるグルボザボイスチコフ将軍の正確な描写や、モスクワ・シレテンカ通り13番地に位置していたスメルシュ本部の住所までを明らかにするリアルな内容。その本部内での会議の様子もほぼ忠実に再現されていたと云う原作だが、その舞台をイスタンブールに移す脚色の方は、その黒幕もスペクターと云う半ば荒唐無稽なヒールキャラ。余剰的なセックスアピールにも違和感を抱く中、本作の試写を最期に後年のシリーズを観る事は出来なかったフレミングだが、その本音も想像には難くない所。ストイックな原作を満喫すれば、そんな作者の心情にも納得させられるが、ただ、的を押さえたシビアな描写と怒涛のダイナミズム、娯楽度満点のお色気が絶妙なバランスだった初期の映像作品が、なかんずく出色だった事も疑いようのない事実。個人的には、原作と映像を別チャネルで楽しめると云うのもこの上なくありがたい話だった。お国の為に火中の栗を拾うのはボンドの常だが、そんなシビアなキャラクターにはサビの効いたウィットや女気も良く似合う。映像シリーズではまだ2作目の本作だが、世紀を越えるロングシリーズになろうとは、63年の当時に誰が予測しただろうか。
後年の作品でもお馴染みのジョン・バリーの挿入スコア"007"は本作がお披露目。次回作の予告テロップもお約束だが、"THE END"に続く"NOT QUITE THE END"と云う言い回しは如何にも英国的なウィット。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
テレンス・ヤング
Terence Young
撃滅戦車隊3,000粁
 They Were Not Divided (1950) (also written)
鷲の谷 Valley of Eagles (1951) (also written)
赤いベレー The Red Beret (1953)
王女アナ・メンドーサ(未) That Lady (1955)
ナイルを襲う嵐 Storm Over the Nile (1955)
死の猛獣狩 Safari (1956)
熱砂の舞 Zarak (1956)
虎の行動 Action of the Tiger (1957)
今は死ぬ時でない No Time to Die (1958) (also written)
若き非行の群れ Serious Charge (1959)
ブラック・タイツ 1-2-3-4 ou Les Collants noirs (1960)
地獄の罠 Too Hot to Handle (1960)
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962) (also written)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
モール・フランダースの愛の冒険
 The Amorous Adventures of Moll Flanders (1965)
秘密大戦争 The Dirty Game (1965)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
OSS117 東京の切札(未)
 Atout coeur à Tokyo pour O.S.S. 117 (1966) (written)
悪のシンフォニー Poppies Are Also Flowers (1966)
トリプルクロス Triple Cross (1966)
残虐の掟 L'avventuriero (1967)
暗くなるまで待って Wait Until Dark (1967)
うたかたの恋 Mayerling (1968) (also written)
クリスマス・ツリー L'arbre de Noël (1969) (also written)
夜の訪問者 De la part des copains (1970)
レッド・サン Soleil rouge (1971)
バラキ The Valachi Papers (1972)
アマゾネス Le guerriere dal seno nudo (1973) (also written)
クランスマン The Klansman (1974)
華麗なる相続人 Bloodline (1979)
ジグソーマン(未) The Jigsaw Man (1983)
製作
Produced by
アルバート・R・ブロッコリ
Albert R. Broccoli
赤いベレー The Red Beret (1953)
今は死ぬ時でない No Time to Die (1958) (also written)
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
007は二度死ぬ You Only Live Twice (1967)
チキ・チキ・バン・バン Chitty Chitty Bang Bang (1968)
女王陛下の007 On Her Majesty's Secret Service (1969)
007 ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever (1971)
007 死ぬのは奴らだ Live and Let Die (1973)
007 黄金銃を持つ男 The Man with the Golden Gun (1974)
007 私を愛したスパイ The Spy Who Loved Me (1977)
007 ムーンレイカー Moonraker (1979)
007 ユア・アイズ・オンリー For Your Eyes Only (1981)
007 オクトパシー Octopussy (1983)
007 美しき獲物たち A View to a Kill (1985)
007 リビング・デイライツ The Living Daylights (1987)
007 消されたライセンス Licence to Kill (1989)
ハリー・サルツマン
Harry Saltzman
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
腰抜けアフリカ博士 Call Me Bwana (1963)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
国際諜報局 The Ipcress File (1965)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
パーマーの危機脱出 Funeral in Berlin (1966)
007は二度死ぬ You Only Live Twice (1967)
10億ドルの頭脳 Billion Dollar Brain (1967)
大侵略 Play Dirty (1968)
空軍大戦略 Battle of Britain (1969)
女王陛下の007 On Her Majesty's Secret Service (1969)
007 ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever (1971)
007 死ぬのは奴らだ Live and Let Die (1973)
007 黄金銃を持つ男 The Man with the Golden Gun (1974)
原作
Based on the novel by
イアン・フレミング
Ian Fleming
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
007は二度死ぬ You Only Live Twice (1967)
チキ・チキ・バン・バン Chitty Chitty Bang Bang (1968)
女王陛下の007 On Her Majesty's Secret Service (1969)
007 ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever (1971)
007 死ぬのは奴らだ Live and Let Die (1973)
007 黄金銃を持つ男 The Man with the Golden Gun (1974)
007 私を愛したスパイ The Spy Who Loved Me (1977)
007 ムーンレイカー Moonraker (1979)
007 ユア・アイズ・オンリー For Your Eyes Only (1981)
007 オクトパシー Octopussy (1983)
ネバーセイ・ネバーアゲイン Never Say Never Again (1983)
007 美しき獲物たち A View to a Kill (1985)
007 リビング・デイライツ The Living Daylights (1987)
007 消されたライセンス Licence to Kill (1989)
007 ゴールデンアイ GoldenEye (1995)
007 トゥモロー・ネバー・ダイ Tomorrow Never Dies (1997)
007 ワールド・イズ・ノット・イナフ
 The World Is Not Enough (1999)
007 ダイ・アナザー・デイ Die Another Day (2002)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (2006)
Bond 22 (2008)
脚色
Screenplay by
リチャード・メイボーム
Richard Maibaum
赤いベレー The Red Beret (1953)
熱砂の舞 Zarak (1956)
今は死ぬ時でない No Time to Die (1958)
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
チキ・チキ・バン・バン Chitty Chitty Bang Bang (1968)
女王陛下の007 On Her Majesty's Secret Service (1969)
007 ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever (1971)
007 黄金銃を持つ男 The Man with the Golden Gun (1974)
007 私を愛したスパイ The Spy Who Loved Me (1977)
S.H.E. クレオパトラ・ジャガー
 S+H+E: Security Hazards Expert (1980)
007 ユア・アイズ・オンリー For Your Eyes Only (1981)
007 オクトパシー Octopussy (1983)
007 美しき獲物たち A View to a Kill (1985)
007 リビング・デイライツ The Living Daylights (1987)
007 消されたライセンス Licence to Kill (1989)
ジョアンナ・ハーウッド
Johanna Harwood
(adaptation)
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
腰抜けアフリカ博士 Call Me Bwana (1963)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
6つ子のパパは宇宙人(未)
 Ne jouez pas avec les Martiens (1967)
撮影
Cinematography by
テッド・ムーア
Ted Moore
今は死ぬ時でない No Time to Die (1958)
人類SOS! The Day of the Triffids (1962)
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
腰抜けアフリカ博士 Call Me Bwana (1963)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
わが命つきるとも A Man for All Seasons (1966)
サハリ! The Last Safari (1967)
天使のいたずら Prudence and the Pill (1968)
シャラコ Shalako (1968)
ミス・ブロディの青春 The Prime of Miss Jean Brodie (1969)
0(ゼロ)の決死圏 The Chairman (1969)
007 ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever (1971)
007 死ぬのは奴らだ Live and Let Die (1973)
シンドバッド黄金の航海 The Golden Voyage of Sinbad (1974)
007 黄金銃を持つ男 The Man with the Golden Gun (1974)
オルカ Orca (1977)
シンドバッド虎の目大冒険 Sinbad and the Eye of the Tiger (1977)
タイタンの戦い Clash of the Titans (1981)
編集
Edited by
ピーター・R.ハント
Peter R. Hunt
(as Peter Hunt)
* クレジット名は「ピーター・ハント」
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
腰抜けアフリカ博士 Call Me Bwana (1963)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
007は二度死ぬ You Only Live Twice (1967)
女王陛下の007
 On Her Majesty's Secret Service (1969) (director)
ゴールド Gold (1974) (director)
ロジャー・ムーア 冒険野郎
 Shout at the Devil (1976) (director)
ワイルド・ギース II(未) Wild Geese II (1985) (director)
美術
Art Direction by
シド・ケイン
Syd Cain
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962) (art director)
腰抜けアフリカ博士 Call Me Bwana (1963)
007 ロシアより愛をこめて
 From Russia with Love (1963) (art director)
華氏451 Fahrenheit 451 (1966)
10億ドルの頭脳 Billion Dollar Brain (1967)
女王陛下の007
 On Her Majesty's Secret Service (1969)
爆走! Fear Is the Key (1972)
フレンジー Frenzy (1972)
ゴールド Gold (1974)
007 死ぬのは奴らだ
 Live and Let Die (1973) (supervising art director)
スカイエース Aces High (1976)
ワイルド・ギース The Wild Geese (1978)
砂漠のライオン Lion of the Desert (1981)
007 ゴールデンアイ
 GoldenEye (1995) (storyboard artist)
衣装デザイン
Costume Design by
ジョスリン・リチャーズ
Jocelyn Rickards
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
ナック The Knack ...and How to Get It (1965)
モーガン(未) Morgan: A Suitable Case for Treatment (1966)
マドモアゼル Mademoiselle (1966)
欲望 Blowup (1966) (dresses)
ジブラルタルの追想 The Sailor from Gibraltar (1967)
ワンダーウォール Wonderwall (1968)
しのび逢い Interlude (1968)
悪魔のような恋人 Laughter in the Dark (1969)
アルフレッド大王 Alfred the Great (1969)
ライアンの娘 Ryan's Daughter (1970)
日曜日は別れの時 Sunday Bloody Sunday (1971)
オリエンタル探偵殺人事件(未)
 Charlie Chan and the Curse of the Dragon Queen (1981)
タイトル・デザイン
Title Designer
ロバート・ブラウンジョン
Robert Brownjohn
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
スパイがいっぱい Where the Spies Are (1965)
将軍たちの夜 The Night of the Generals (1967)
地獄のかけひき Otley (1968) (actor)
音楽
Music by
ジョン・バリー
John Barry
喰いついたら放すな Never Let Go (1960)
狂っちゃいねえぜ Beat Girl (1960)
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
桃色株式会社 The Amorous Prawn (1962)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
ズール戦争 Zulu (1964)
雨の午後の降霊祭 Seance on a Wet Afternoon (1964)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
ジャングル・モーゼ Mister Moses (1965)
ナック The Knack ...and How to Get It (1965)
国際諜報局 The Ipcress File (1965)
キング・ラット King Rat (1965)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
逃亡地帯 The Chase (1966)
野生のエルザ Born Free (1966)
さらばベルリンの灯 The Quiller Memorandum (1966)
007は二度死ぬ You Only Live Twice (1967)
夕なぎ Boom (1968)
華やかな情事 Petulia (1968)
冬のライオン The Lion in Winter (1968)
真夜中のカーボーイ Midnight Cowboy (1969)
約束 The Appointment (1969)
女王陛下の007 On Her Majesty's Secret Service (1969)
モンテ・ウォルシュ Monte Walsh (1970)
最後の谷 The Last Valley (1970)
美しき冒険旅行 Walkabout (1971)
マーフィの戦い Murphy's War (1971) (composer: main themes)
007 ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever (1971)
クイン・メリー 愛と悲しみの生涯 Mary, Queen of Scots (1972)
フォロー・ミー Follow Me! (1972)
夕映え The Tamarind Seed (1974)
ダブ The Dove (1974)
007 黄金銃を持つ男 The Man with the Golden Gun (1974)
イナゴの日 The Day of the Locust (1975)
ロビンとマリアン Robin and Marian (1976)
キングコング King Kong (1976)
ホワイト・バッファロー The White Buffalo (1977)
ザ・ディープ The Deep (1977)
クリスマス・ツリー The Gathering (1977) (tv)
ベッツィー The Betsy (1978)
ブルース・リー 死亡遊戯 Game of Death (1978)
ハノーバー・ストリート 哀愁の街かど Hanover Street (1979)
007 ムーンレイカー Moonraker (1979)
ブラックホール The Black Hole (1979)
ある日どこかで Somewhere in Time (1980)
ナイト・ゲーム Night Games (1980)
レイズ・ザ・タイタニック Raise the Titanic (1980)
ラスト・レター Touched by Love (1980)
サンフランシスコ物語 Inside Moves (1980)
白いドレスの女 Body Heat (1981)
ハメット Hammett (1982)
女優フランシス Frances (1982)
ハイ・ロード High Road to China (1983)
ゴールデンシール The Golden Seal (1983) (composer: themes)
007 オクトパシー Octopussy (1983)
コットンクラブ The Cotton Club (1984)
007 美しき獲物たち A View to a Kill (1985)
白と黒のナイフ Jagged Edge (1985)
愛と哀しみの果て Out of Africa (1985)
ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀 Howard the Duck (1986)
ペギー・スーの結婚 Peggy Sue Got Married (1986)
007 リビング・デイライツ The Living Daylights (1987)
マスカレード 甘い罠 Masquerade (1988)
ダンス・ウィズ・ウルブズ Dances with Wolves (1990)
チャーリー Chaplin (1992)
幸福の条件 Indecent Proposal (1993)
ルビー・カイロ Ruby Cairo (1993)
マイ・ライフ My Life (1993)
スペシャリスト The Specialist (1994)
遙かなる夢 ニューヨーク物語 Cry, the Beloved Country (1995)
スカーレット・レター The Scarlet Letter (1995)
輝きの大地 Across the Sea of Time (1995)
輝きの海 Swept from the Sea (1997)
マーキュリー・ライジング Mercury Rising (1998)
マイ・ハート、マイ・ラブ Playing by Heart (1998)
エニグマ Enigma (2001)
挿入曲
Various Music
From Russia with Love - written by Lionel Bart / performed by Matt Monro
James Bond Theme - written by Monty Norman
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ショーン・コネリー
Sean Connery
James Bond 地獄特急 Hell Drivers (1957)
虎の行動 Action of the Tiger (1957)
四つの願い Darby O'Gill and the Little People (1959)
ターザンの決闘 Tarzan's Greatest Adventure (1959)
殴り込み愚連隊 The Frightened City (1961)
ダイナミック作戦 On the Fiddle (1961)
史上最大の作戦 The Longest Day (1962)
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
わらの女 Woman of Straw (1964)
マーニー Marnie (1964)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
丘 The Hill (1965)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
素晴らしき男 A Fine Madness (1966)
007は二度死ぬ You Only Live Twice (1967)
シャラコ Shalako (1968)
SOS北極 赤いテント Krasnaya palatka (1969)
男の闘い The Molly Maguires (1970)
ショーン・コネリー 盗聴作戦 The Anderson Tapes (1971)
007 ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever (1971)
怒りの刑事(未) The Offence (1972)
未来惑星ザルドス Zardoz (1974)
オリエント急行殺人事件 Murder on the Orient Express (1974)
オスロ国際空港 ダブル・ハイジャック Ransom (1975)
風とライオン The Wind and the Lion (1975)
王になろうとした男 The Man Who Would Be King (1975)
ロビンとマリアン Robin and Marian (1976)
いとしき暗殺者(未) The Next Man (1976)
遠すぎた橋 A Bridge Too Far (1977)
大列車強盗 The First Great Train Robbery (1979)
メテオ Meteor (1979)
さらばキューバ Cuba (1979)
アウトランド Outland (1981)
バンデットQ Time Bandits (1981)
シークレット・レンズ Wrong Is Right (1982)
氷壁の女 Five Days One Summer (1982)
ネバーセイ・ネバーアゲイン Never Say Never Again (1983)
勇者の剣(未)
 Sword of the Valiant: The Legend of Sir Gawain and the Green Knight (1984)
ハイランダー 悪魔の戦士 Highlander (1986)
薔薇の名前 Der Name der Rose (1986)
アンタッチャブル The Untouchables (1987)
プレシディオの男たち The Presidio (1988)
インディ・ジョーンズ 最後の聖戦
 Indiana Jones and the Last Crusade (1989)
ファミリービジネス Family Business (1989)
レッド・オクトーバーを追え! The Hunt for Red October (1990)
ロシア・ハウス The Russia House (1990)
ハイランダー2 甦る戦士 Highlander II: The Quickening (1991)
ロビン・フッド Robin Hood: Prince of Thieves (1991)
ザ・スタンド Medicine Man (1992)
ライジング・サン Rising Sun (1993)
グッドマン・イン・アフリカ A Good Man in Africa (1994)
理由 Just Cause (1995)
トゥルーナイト First Knight (1995)
ドラゴンハート Dragonheart (1996) (voice)
ザ・ロック The Rock (1996)
アベンジャーズ The Avengers (1998)
マイ・ハート、マイ・ラブ Playing by Heart (1998)
エントラップメント Entrapment (1999)
小説家を見つけたら Finding Forrester (2000)
リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた戦い
 The League of Extraordinary Gentlemen (2003)
ダニエラ・ビアンキ
Daniela Bianchi
Tatiana Romanova 可愛い悪魔 En cas de malheur (1958)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
虎は新鮮な肉を好む Le tigre aime la chair fraiche (1964)
海と女と泥棒と(未) Zarabanda Bing Bing (1966)
077 地獄の挑戦状 Missione speciale Lady Chaplin (1966)
必殺の歓び Requiem per un agente segreto (1966)
国際泥棒組織 Troppo per vivere... poco per morire (1967)
アルデンヌの戦い Dalle Ardenne all'inferno (1967)
ドクター・コネリー キッドブラザー作戦 OK Connery (1967)
ペドロ・アルメンダリス
Pedro Armendáriz
(as Pedro Armendariz)
Ali Kerim Bey 運命の女 Las abandonadas (1945)
真珠 La Perla (1947)
逃亡者 The Fugitive (1947)
アパッチ砦 Fort Apache (1948)
三人の名付親 3 Godfathers (1948)
タルサ Tulsa (1949)
乱暴者 El bruto (1953)
ボルジア家の毒薬 Lucrèce Borgia (1953)
激怒 La rebelión de los colgados (1954)
四角い帆 Fortune carrée (1955)
小さな無法者 The Littlest Outlaw (1955)
人間と狼 Uomini e lupi (1956)
征服者 The Conqueror (1956)
暗黒街の罠 The Big Boodle (1957)
船の女 Manuela (1957)
サン・ブラスの動乱 大砂塵の女 La cucaracha (1959)
剣と十字架 Francis of Assisi (1961)
タイタンの逆襲 Arrivano i titani (1962)
キャプテン・シンドバッド Captain Sindbad (1963)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
ロッテ・レーニャ
Lotte Lenya
Rosa Klebb 三文オペラ Die 3groschenoper (1931)
ローマの哀愁 The Roman Spring of Mrs. Stone (1961)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
約束 The Appointment (1969)
タッチダウン Semi-Tough (1977)
ロバート・ショウ
Robert Shaw
Donovan Grant
aka
'Red' Grant
ラベンダー・ヒル・モブ(未) The Lavender Hill Mob (1951)
暁の出撃 The Dam Busters (1955)
巨艦いまだ沈まず The Valiant (1962)
金庫破り The Cracksman (1963)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
バルジ大作戦 Battle of the Bulge (1965)
戦場はどこだ! Situation Hopeless... But Not Serious (1965)
 (novel "The Hiding Place")
わが命つきるとも A Man for All Seasons (1966)
カスター将軍 Custer of the West (1967)
誕生パーティー(未) The Birthday Party (1968)
空軍大戦略 Battle of Britain (1969)
ピサロ将軍(未) The Royal Hunt of the Sun (1969)
雪崩(未) Figures in a Landscape (1970) (writer/cast)
荒野のライフル(未) A Town Called Hell (1971)
戦争と冒険 Young Winston (1972)
恐怖の影(未) A Reflection of Fear (1973)
スティング The Sting (1973)
シンドバッド黄金の航海 The Golden Voyage of Sinbad (1974)
サブウェイ・パニック
 The Taking of Pelham One Two Three (1974)
JAWS ジョーズ Jaws (1975)
殺意の行方(未) Der richter und sein Henker (1975)
MR.ダイヤモンド Diamonds (1975)
ロビンとマリアン Robin and Marian (1976)
カリブの嵐 Swashbuckler (1976)
ブラック・サンデー Black Sunday (1977)
ザ・ディープ The Deep (1977)
ナバロンの嵐 Force 10 from Navarone (1978)
アバランチエクスプレス Avalanche Express (1979)
バーナード・リー
Bernard Lee
M * ジョニー・リー・ミラーの祖父
第三の男 The Third Man (1949)
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
港の売春街 Saturday Night Out (1964)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
テラー博士の恐怖 Dr. Terror's House of Horrors (1965)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
ドクター・コネリー キッドブラザー作戦 OK Connery (1967)
007は二度死ぬ You Only Live Twice (1967)
大逆転 Crossplot (1969)
女王陛下の007 On Her Majesty's Secret Service (1969)
007 ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever (1971)
007 死ぬのは奴らだ Live and Let Die (1973)
フランケンシュタインと地獄の怪物(未)
 Frankenstein and the Monster from Hell (1974)
007 黄金銃を持つ男 The Man with the Golden Gun (1974)
007 私を愛したスパイ The Spy Who Loved Me (1977)
007 ムーンレイカー Moonraker (1979)
ユーニス・ゲイソン
Eunice Gayson
Sylvia Trench 優雅な人々(未) To Have and to Hold (1951)
熱砂の舞 Zarak (1956)
フランケンシュタインの復讐 The Revenge of Frankenstein (1958)
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
セイント 天国野郎 The Saint (1963-1965) (tv)
ウォルター・ゴテル
Walter Gotell
Morzeny アフリカの女王 The African Queen (1951)
ナバロンの要塞 The Guns of Navarone (1961)
北京の55日 55 Days at Peking (1963)
剣豪ランスロット Lancelot and Guinevere (1963)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
寒い国から帰ったスパイ The Spy Who Came in from the Cold (1965)
黄金線上の男 The File of the Golden Goose (1969)
ブラック・サンデー Black Sunday (1977)
007 私を愛したスパイ The Spy Who Loved Me (1977)
ザ・スタッド The Stud (1978)
ブラジルから来た少年(未) The Boys from Brazil (1978)
ロンドン・コネクション The London Connection (1979)
007 ムーンレイカー Moonraker (1979)
さらばキューバ Cuba (1979)
007 ユア・アイズ・オンリー For Your Eyes Only (1981)
007 オクトパシー Octopussy (1983)
007 美しき獲物たち A View to a Kill (1985)
007 リビング・デイライツ The Living Daylights (1987)
エクスカリバー(未) Prince Valiant (1997)
フランシス・デ・ウォルフ
Francis De Wolff
(as Francis de Wolff)
Vavra,
the Gypsy Leader
白鯨 Moby Dick (1956)
ジキル博士の二つの顔 The Two Faces of Dr. Jekyll (1960)
吸血狼男 The Curse of the Werewolf (1961)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
殺しの免許証 Licensed to Kill (1965)
トリプルクロス Triple Cross (1966)
フィクサー The Fixer (1968)
華麗なる悪 Sinful Davey (1969)
三銃士 The Three Musketeers (1973)
ジョージ・パステール
George Pastell
Train Conductor 怒りの丘 The Angry Hills (1959)
ミイラの幽霊 The Mummy (1959)
ボンベイの虐殺団 陰母神カーリ
 The Stranglers of Bombay (1960)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
キプロス脱出作戦 The High Bright Sun (1964)
殺しの免許証 Licensed to Kill (1965)
ナージャ・レジン
Nadja Regin
Kerim's Girl 007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
ロイス・マクスウェル
Lois Maxwell
Miss Moneypenny 明日では遅すぎる Domani è troppo tardi (1950)
大いなる希望 La grande speranza (1954)
宇宙原水爆戦・人工衛星X号 Satellite in the Sky (1956)
非情の時 Time Without Pity (1957)
ロリータ Lolita (1962)
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
たたり The Haunting (1963)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
ドクター・コネリー キッドブラザー作戦 OK Connery (1967)
007は二度死ぬ You Only Live Twice (1967)
チキ・チキ・バン・バン Chitty Chitty Bang Bang (1968)
女王陛下の007 On Her Majesty's Secret Service (1969)
007 ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever (1971)
007 死ぬのは奴らだ Live and Let Die (1973)
007 黄金銃を持つ男 The Man with the Golden Gun (1974)
007 私を愛したスパイ The Spy Who Loved Me (1977)
007 ムーンレイカー Moonraker (1979)
007 ユア・アイズ・オンリー For Your Eyes Only (1981)
007 オクトパシー Octopussy (1983)
ブルーマン 魂の彷徨 The Blue Man (1985) (tv)
007 美しき獲物たち A View to a Kill (1985)
フォース・エンジェル(未) The Fourth Angel (2001)
アリザ・ガー
Aliza Gur
Vida 007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
消されたスパイ Agent for H.A.R.M. (1966)
怪奇!魅惑の魔女(未) The Hand of Night (1966)
ドラゴン爆破指令 Kill a Dragon (1967)
ターザンの大逆襲 Tarzan and the Jungle Boy (1968)
マルティーヌ・ベズウィック
Martine Beswick
(also as Martin Beswick)
Zora * クレジット名は「マルティン・ベズウィック」
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
港の売春街 Saturday Night Out (1964)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
恐竜100万年 One Million Years B.C. (1966)
バスタード John il bastardo (1967)
密室 The Penthouse (1967)
超高性能兵器サイクロン Cyclone (1987)
マイアミ・ブルース Miami Blues (1990)
ザ・スケアクロウ Night of the Scarecrow (1995)
ヴラデク・シェイバル
Vladek Sheybal
Kronsteen 地下水道 Kanal (1957)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
死刑台への招待 Return from the Ashes (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
10億ドルの頭脳 Billion Dollar Brain (1967)
モスキート爆撃隊 Mosquito Squadron (1969)
恋する女たち Women in Love (1969)
最後の谷 The Last Valley (1970)
デンジャー・ポイント Puppet on a Chain (1971)
ボーイフレンド The Boy Friend (1971)
国際殺人局K ナンバーのない男 Innocent Bystanders (1972)
謎の円盤UFO UFO (11 episodes, 1970-1973) (tv)
スコルピオ Scorpio (1973)
風とライオン The Wind and the Lion (1975)
暗殺者を撃て The Sell-Out (1976)
レディ・バニッシュ 暗号を歌う女 The Lady Vanishes (1979)
アバランチエクスプレス Avalanche Express (1979)
アップル(未) The Apple (1980)
若き勇者たち Red Dawn (1984)
ライザ・ギロー
Lisa Guiraut
(as Leila)
Gypsy Belly Dancer * クレジット名は「レイラ」
酒とバラの日々 Days of Wine and Roses (1962)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
カーツーム Khartoum (1966)
わたしは贈りもの(未) Le cadeau (1982)
ハサン・セイラン
Hasan Ceylan
Foreign Agent * トルコでは100本以上の作品に出演
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
フレッド・ハガーティ
Fred Haggerty
Krilencu キャプテン・シンドバッド Captain Sindbad (1963)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
ピンク・パンサー3 The Pink Panther Strikes Again (1976)
ナンズ・オン・ザ・ラン 走れ!尼さん Nuns on the Run (1990)
ネヴィル・ジェイソン
Neville Jason
Kerim's Chauffeur 007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
モール・フランダースの愛の冒険
 The Amorous Adventures of Moll Flanders (1965)
ザ・メッセージ The Message (1976)
デュエリスト 決闘者 The Duellists (1977)
ピーター・ベイリス
Peter Bayliss
Benz シーザーとクレオパトラ Caesar and Cleopatra (1945)
赤い靴 The Red Shoes (1948)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
ダーリング Darling (1965)
ブルドッグ作戦 The Spy with a Cold Nose (1966)
マジック・クリスチャン The Magic Christian (1969)
アリス・イン・ワンダーランド 不思議の国のアリス
 Alice in Wonderland (1999) (tv)
ヌスレト・アター
Nusret Ataer
(as Nushet Ataer)
Mehmet * クレジット名は「ヌシェト・アター」
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
ピーター・ブレイエム
Peter Brayham
Rhoda 007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger (1964) (stunts)
007は二度死ぬ You Only Live Twice (1967) (stunts)
007 死ぬのは奴らだ Live and Let Die (1973) (stunts)
レディ・バニッシュ 暗号を歌う女
 The Lady Vanishes (1979) (stunt arranger)
バンデットQ Time Bandits (1981) (stunt arranger)
ホワイトナイツ 白夜 White Nights (1985) (stunt coordinator)
デスモンド・ルーウェリン
Desmond Llewelyn
Major Boothroyd 吸血狼男 The Curse of the Werewolf (1961)
血の河 Pirates of Blood River (1962)
クレオパトラ Cleopatra (1963)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
007は二度死ぬ You Only Live Twice (1967)
チキ・チキ・バン・バン Chitty Chitty Bang Bang (1968)
女王陛下の007 On Her Majesty's Secret Service (1969)
007 ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever (1971)
007 黄金銃を持つ男 The Man with the Golden Gun (1974)
007 私を愛したスパイ The Spy Who Loved Me (1977)
007 ムーンレイカー Moonraker (1979)
007 ユア・アイズ・オンリー For Your Eyes Only (1981)
007 オクトパシー Octopussy (1983)
007 美しき獲物たち A View to a Kill (1985)
007 リビング・デイライツ The Living Daylights (1987)
007 消されたライセンス Licence to Kill (1989)
ペンドラゴン 伝説の魔剣(未) Merlin (1992)
007 ゴールデンアイ GoldenEye (1995)
007 トゥモロー・ネバー・ダイ Tomorrow Never Dies (1997)
007 ワールド・イズ・ノット・イナフ
 The World Is Not Enough (1999)
ジャン・ウィリアムズ
Jan Williams
Masseuse Carry on Cruising (1962)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
ピーター・マデン
Peter Madden
McAdams,
Chess Player
妖婦 The Wicked Lady (1945)
顔のない悪魔 Fiend Without a Face (1958)
V1号作戦 Battle of the V-1 (1958)
栄光への脱出 Exodus (1960)
吸血鬼の接吻 The Kiss of the Vampire (1963)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
テラー博士の恐怖 Dr. Terror's House of Horrors (1965)
ドクトル・ジバゴ Doctor Zhivago (1965)
フランケンシュタイン死美人の復讐
 Frankenstein Created Woman (1967)
フランケンシュタインと地獄の怪物(未)
 Frankenstein and the Monster from Hell (1974)
ザ・メッセージ The Message (1976)
ドロシア・ベネット
Dorothea Bennett
(uncredited)
Woman on Bridge
in Venice
* ノークレジット
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
De la part des copains (1970) (writer)
ジグソーマン(未) The Jigsaw Man (1983) (novel)
ベドゥリ・キャブソリュ
Bedri Çavusoglu
Police * ノークレジット
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
エリザベス・カウンセル
Elizabeth Counsell
(uncredited)
Woman in a Punt * ノークレジット
マインド・ベンダース(未) The Mind Benders (1962)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
1000日のアン Anne of the Thousand Days (1969)
明日があるなら If Tomorrow Comes (1986) (tv)
マイケル・カルヴァー
Michael Culver
(uncredited)
Man in a Punt * ノークレジット
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
チップス先生さようなら Goodbye, Mr. Chips (1969)
大逆転 Crossplot (1969)
スター・ウォーズ 帝国の逆襲
 Star Wars: Episode V - The Empire Strikes Back (1980)
インドへの道 A Passage to India (1984)
ミス・マープル 動く指 The Moving Finger (1985) (tv)
修道士カドフェル Cadfael (10 episodes, 1994-1998) (tv)
アンソニー・ドーソン
Anthony Dawson
(uncredited)
Ernst Stavro Blofeld * ノークレジット
鷲の谷 Valley of Eagles (1951)
ダイヤルMを廻せ! Dial M for Murder (1954)
絞殺魔甦る Grip of the Strangler (1958)
吸血狼男 The Curse of the Werewolf (1961)
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
トリプルクロス Triple Cross (1966)
ドクター・コネリー キッドブラザー作戦 OK Connery (1967)
新・夕陽のガンマン 復讐の旅 
アルデンヌの戦い Dalle Ardenne all'inferno (1967)
さすらいの用心棒(未)
 ...e per tetto un cielo di stelle (1968)
レッド・サン Soleil rouge (1971)
バラキ The Valachi Papers (1972)
ジグソーマン(未) The Jigsaw Man (1983)
モリス・ファリ
Moris Farhi
(uncredited)
Gypsy * ノークレジット
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
007は二度死ぬ You Only Live Twice (1967)
ウィリアム・ヒル
William Hill
(as Bill Hill)
(uncredited)
Captain Nash * ノークレジット
* プロダクション・マネージャーも兼任
* クレジット名は「ビル・ヒル」
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
バーバラ・ジェフォード
Barbara Jefford
Tatiana Romanova
(voice)
* ノークレジット
* ダニエラ・ビアンキの吹替え
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
ユリシーズ Ulysses (1967)
栄光の座 The Shoes of the Fisherman (1968)
恐怖の吸血美女(未) Lust for a Vampire (1971)
セイント The Saint (1997)
ナインスゲート The Ninth Gate (1999)
ムハマト・コーエン
Muhammat Kohen
(uncredited)
Mosque Tour
Guide
* ノークレジット
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
ジュリー・メンデス
Julie Mendez
(uncredited)
Girl dancing
during
opening titles
* ノークレジット
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
吸血鬼シニスターの復讐(未) Devils of Darkness (1965)
炎の女 She (1965)
パリの連続殺人(未) Theatre of Death (1966)
太陽を盗め Duffy (1968)
エリック・ポールマン
Eric Pohlmann
(uncredited)
Ernst Stavro Blofeld
(voice)
* ノークレジット
* 声の出演
汽車を見送る男 The Man Who Watched the Trains Go By (1952)
断固戦う人々 They Who Dare (1954)
海駆ける男 Break in the Circle (1955)
黄金の賞品 A Prize of Gold (1955)
熱砂の舞 Zarak (1956)
情欲の魔境 Nor the Moon by Night (1958)
北京の55日 55 Days at Peking (1963)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
スパイがいっぱい Where the Spies Are (1965)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
クルーゾー警部 Inspector Clouseau (1968)
ピンク・パンサー2 The Return of the Pink Panther (1975)
アシャンティ Ashanti (1979)
ジャキ・サルツマン
Jaqi Saltzman
(uncredited)
Woman on train * ノークレジット
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
ボブ・シモンズ
Bob Simmons
(uncredited)
James Bond
in
Gunbarrel Sequence
* ノークレジット
今は死ぬ時でない No Time to Die (1958)
ナバロンの要塞 The Guns of Navarone (1961)
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
007は二度死ぬ
 You Only Live Twice (1967) (stunt double: Sean Connery)
007 ダイヤモンドは永遠に
 Diamonds Are Forever (1971) (stunt arranger)
007 死ぬのは奴らだ
 Live and Let Die (1973) (stunt coordinator)
007 私を愛したスパイ
 The Spy Who Loved Me (1977) (also action arranger/stunts)
007 ムーンレイカー Moonraker (1979)
007 ユア・アイズ・オンリー
 For Your Eyes Only (1981) (action sequence arranger) (stunts)
007 オクトパシー
 Octopussy (1983) (action sequences arranger)
007 美しき獲物たち
 A View to a Kill (1985) (stunt team supervisor)
ニッキ・ファン・デル・ズィル
Nikki Van der Zyl
(uncredited)
Receptionist
(voice)
* ノークレジット
* 声の出演
ドン・キホーテ Don Kikhot (1957)
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.