Return To Top
Casino Royale
007 カジノ・ロワイヤル (1967) UK / USA 131 min.
Introduction 序盤アウトライン
米ソ英仏の諜報員が次々に消される中、デタントに至った各国情報部のトップが、英国MI6の元情報部員ジェームズ・ボンド卿に白羽の矢を立てる。優雅な引退生活から嫌々でのカムバックを果す中、未知の敵組織の力をまざまざと思い知らされたボンドは、優秀な若手エージェントを発掘すべく「ボンド養成所」を設立、後継者の称号を与えた数名のスパイを最前線に送り込むが、そんな中、敵組織に通じる謎の人物ル・シッフルを丸裸にする計画が実行されるのだがーー
Various Note メモ
現役復帰を余儀なくされたジェームズ・ボンドと謎多き組織の闘いをコミカルに描くアバンギャルドな1本。本家イオンプロとは無関係の番外編。イアン・フレミングの原作を基に「スパイがいっぱい」のウォルフ・マンキウィッツ、ジョン・ロウ、マイケル・セイヤーズが共同脚色。また、「白い恐」「武器よさらば」のベン・ヘクト、「求婚専科」「キャッチ22 (1970)」のジョセフ・ヘラー、「博士の異常な愛情」「イージー・ライダー」のテリー・サザーン、「情婦」「アパートの鍵貸します」のビリー・ワイルダー、出演も兼任するウディ・アレンとピーター・セラーズもノークレジットで執筆に寄与。演出は、「スパイがいっぱい」のヴァル・ゲスト、「人間の絆」のケン・ヒューズ、「マルタの鷹」「武器よさらば」のジョン・ヒューストン、「マジック・クリスチャン」のジョセフ・マクグラス、「渚のたたかい」のロバート・パリッシュ、リチャード・タルマッジと云う6名がそれぞれのシークエンスを適宜担当。追加撮影にはニコラス・ローグもクレジット付きで参加。

以下、完全ネタバレ。未鑑賞の方はご留意下さい。
various novels and movies 原作と映像化作品のリスト
原作 novels 映像化作品 movies
year 邦題
別文節の「007号」は省略
original title year title
邦題
1953 カジノ・ロワイヤル Casino Royale 1953 US/CBS TV
Climax Mystery Theater

Casino Royale
* Barry Nelson as 007
1967 same
2006 same
1954 死ぬのは奴らだ Live and Let Die 1973 same
1955 ムーンレイカー Moonraker 1979 same
1956 ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever 1971 same
1957 ロシアから愛をこめて From Russia with Love 1963 same
007 危機一発
007 ロシアより愛をこめて
1958 ドクター・ノオ Dr. No 1962 same
007は殺しの番号
007 ドクター・ノオ

1959 ゴールドフィンガー Goldfinger 1964 same
1960 007号の冒険
以下5編収録の短編集。
#1: バラと拳銃
#2: 読後焼却すべし
#3: 危険
#4: 珍魚ヒルデブランド
#5: ナッソーの夜
For Your Eyes Only
* omnibus as 5 episodes
#1: From a View to a Kill
#2: For Your Eyes Only
#3: Risico
#4: The Hildebrand Rarity
#5: Quantum of Solace
1981 same
007 ユア・アイズ・オンリー
1985 A View to a Kill
007 美しき獲物たち
1961 サンダーボール作戦 Thunderball 1965 same
1962 わたしを愛したスパイ The Spy Who Loved Me 1977 same
007 私を愛したスパイ
1963 女王陛下の007号 On Her Majesty's Secret Service 1969 same
女王陛下の007
1964 007号は二度死ぬ You Only Live Twice 1967 same
007は二度死ぬ
1965 黄金の銃を持つ男 The Man with the Golden Gun 1974 same
007 黄金銃を持つ男
1966 ベルリン脱出
以下3編収録の短編集。
#1: オクトパシー
#2: 所有者はある女性
#3: ベルリン脱出
Octopussy
* omnibus as 3 episodes
#1: Octopussy
#2: The Property of a Lady
#3: The Living Daylights
1983 same
007 オクトパシー
1987 same
007 リビング・デイライツ
release dates 英/米/日本での封切り状況
ロンドン・プレミア:1967年4月13日/全米プレミア:1967年4月19日/全米公開:1967年4月28日/日本公開:1967年12月。
a novel and a movie 原作と脚色
原作のアウトラインは、ソ連の公式殺人機関スメルシュの金庫番たるル・シッフルをバカラで丸裸にする中、全てを失ったル・シッフルの拷問を間一髪で切り抜けたボンドが、実は敵側のスパイだった女性パートナー・ヴェスパー・リンドの自白と自殺に遭遇すると云うメロウかつシリアスな筋書き。ついてはこちらの脚色の場合、アバンギャルドな映像がのべつ幕なしに続く中、ややもすれば、プロット自体すらも見失いそうになるスクリプトに終始しているが、その実、文無しとなったル・シッフルがボンドの拷問の最中に処刑される辺りや、ヒロインのヴェスパーも形はどうであれ他界するなど核心部分のモチーフはしっかり網羅されていたりもする。
要は、セラーズの登場パートが原作を踏襲する主なシークエンスだったワケだが、ただやはり、門外漢なキャラがパロディ部分に大挙登場する事や、ボンドの名を語るキャラが計7名も登場していた事、そして何より、ボンドの名を語る1名だったヴェスパーと共にボンド全員もあの世行きという脚色は、原作と比較する事もナンセンスな破天荒な内容。ベン・ヘクト、ジョセフ・ヘラー、テリー・サザーン、ビリー・ワイルダー、ウディ・アレン(出演も兼任)、ピーター・セラーズ(出演も兼任)と云う面々もノークレジットで寄与する中、一説によれば、ウェルズ(出演も兼任)やジョン・ヒューストン(演出と出演も兼任)も寄与する脚色だったと云う話に至れば黙るしかない。
ただ、製作のフェルドマンが全てを背負い込む現場では、そんな無軌道な舞台裏もある種の必然だったという話にも。他の監督も演出に当っている事に気付いたヴァル・ゲストが、"Co-ordinating Director"と云うクレジットを拒絶したと云うエピソードを考慮すれば、プロダクションの裏舞台はガラス張りではなかったと云う事にもなるが、恐らくは、大枚積まれて契約を交わした演出や脚色の面々には自身の作品という自負もなかったと云う事で、フェルドマンが仕切る大それたパロディ企画の仕掛け人の一人に過ぎないような感覚だったと云う事。ただ何れにせよ、パロディ路線とは知らずにサインさせられた豪華絢爛キャストはもとより、先の面々を総動員したフェルドマンが払った代価は、予算600万ドルの2倍にまで膨れ上がる1200万ドルと云う物凄い金額。900万ドルの「サンダーボール作戦」、1100万ドルの「007は二度死ぬ」と云う同時期製作の2本を引き合いに出せば、本家シリーズをも凌ぐ事に。
ミニ「クレオパトラ」とも皮肉られたプロダクションは、後の映画製作の現場でも教訓にされているらしいが、その実、本作が迎えた結末は、67年度の公開作品の中でも「ジャングル・ブック」と「007は二度死ぬ」に次ぐ3番目の興行収益を記録する中、コロムビアにも500万ドルの収益をもたらすと云うハッピーなエンディング。約2ヶ月遅れで公開された「007は二度死ぬ」には及ばなかった事から興行には失敗したと云う論調も真しやかに囁かれていたらしいが、そんな見方も大きな誤りだったと云う事。スーパーヒロイズムを売りにする本家シリーズを尻目に、信じ難いような顔ぶれがドタバタパロディに身を投じる本作は、本家シリーズのファンにも適度な息抜きだったのかもしれないが、そんなヒットの背景で挙げられる他の要因は、66年の年末に予定されていた公開が度重なるトラブルで67年春にディレイしたと云う事実。アヴァンギャルドな内容を考慮すれば、アットホームな年末と誰もが浮かれる春先ではどちらの公開が良かった事も明らかなので。
本家のイオンもアンタッチャブルだった原作の映像化権利だが、ついては、製作者のフェルドマンがその権利を収めて製作に至るまでの経緯は次の通り。1954年、グレゴリー・ラトフと云う製作者が、小説家デビューしたばかりのフレミングから半年のオプション付での映像化権利を600ドルで購入する中、やがて米CBSに1000ドルで売却、テレビドラマの放映を経て6000ドルで永久の権利を買い戻したラトフが60年に他界する中、ラトフの未亡人から7万5千ドルで権利を購入したフェルドマンが製作に着手乗り出す訳だが、その当初は、本家シリーズの製作者サルツマンとブロッコリに共同製作の話を持ちかけながらも、ケヴィン・マクロリー製作の「サンダーボール作戦」で同様の経緯の渦中にあった2人に拒絶される中、逆に50万ドルでの権利の売却を持ちかけられると云う経緯も。
やがて、コネリーを主役に迎えようとしたフェルドマンは、100万ドルのギャラがネックでコネリーの獲得を諦める中、ボンド=コネリーと云う世論に対抗出来る唯一の手段としてパロディ路線への転換を余儀なくされるが、最終的には度重なる問題と膨れ上がる費用で火の車に。そんな製作当時にハリウッドでコネリーと再会する中、100万ドル支払っていればとコネリーを前に悔やんだというフェルドマンだが、一方、出演者のウッディ・アレンが残した逸話も結構笑える。度重なる撮影日の遅延で撮影までの数週間、高級ホテルで何もする事がなかったというアレンは、"The film will probably make a mint. Not money, but a single peppermint."と云う皮肉なコメントを残す中、撮影を終えると同時にあの「ドクター・ノア」の衣装のままヒースローに向ったらしいが、何れにせよ、フェルドマンがやがて迎える結末も、黒字を弾き出す中での結果オーライのエンディング。06年に本家シリーズがリメイクに着手するまでは、フレミング原作の唯一の劇場長編を手掛けた人物として本家シリーズと肩を並べる事に。
そのリメイクを巡る微妙な経緯については、各種メディアでも報じられていた通り。99年、ソニーが本作のリメイク製作に乗り出す中、ソニー相手に4千万ドルの訴訟を起こしたMGMが500万ドルの示談金と代価1千万ドルでの映画化権利を獲得する中、やがて迎えた06年、結果的には前年05年にMGMを買収したソニーがリメイクを製作すると云う皮肉な経緯を辿る訳だが、そんな報道を耳にしていた当時、個人的には、本家が手掛けるリメイクにも然程の期待を抱けず。しかもそのネタは、ボンドのデビューにまで遡るシリーズ最古の原作。ただ、何事も蓋を開けてみなければ分からないもの。本家シリーズでも屈指の超傑作だったリメイク版は、リニューアル指向を打ち出す新たなシリーズを端から軌道に乗せてしまう超傑作だったと云う話。とにかく歓喜させられた。
about James Bond ジェームズ・ボンド
スクリプトを真に受ければ、総勢7人を数えるボンド軍団だが、実はデイヴィッド・ニーヴン演じる「ジェームズ・ボンド卿」だけがいわゆるモノホン。と云うより、ヒロインのヴェスパー・リンドはもとより、マネーペニーまでをボンド呼ばわりするスクリプトでは、ここでのボンドの定義を論議するのもナンセンス。ただ、強いて云えば、原作モチーフのパートに登場するセラーズ版ボンドは、ニーヴン版ボンドより実質モノホンにも近い。大爆笑させられたのも、そんなセラーズ版ボンドがお馴染みの自己紹介ラインを並べ立てる辺り。お馴染みの自己紹介ラインに照れるセラーズ版ボンドが、カジノの受付の男に何度も聞き返されるシーンには思わず吹き出せる。
ベントレー、ジャガー、メルセデス、ベッドフォード(ミルク集配車)、シトロエン(警察車)、ロータスなどバラエティー豊かなボンドカーは、本家シリーズを凌駕していたのかも。本家シリーズと云えば、ボンドの所属先をMI6ではなくMI5(国内の諜報活動セクション)と描いていた辺りは何気に大胆。と云うより、駆け出し当時のボンドを描く原作に対して、既に引退していたボンドを登場させる脚色はのっけからふてぶてしい。
混迷極める中、フレミングの原作を基にしていた事を思い出させるカジノ~拷問のシーンだが、この辺りのアヴァンギャルドセンスは出色。と云うより、原作を知る方であれば、あの急所責めの拷問椅子の早送りカットには大爆笑させられたはず。ちなみに、パイパーたちが大挙登場する続きのシークエンスには、当初は「ボンド卿」の候補だったと云うピーター・オトゥールがカメオで登場。
Intro Sequence 冒頭シークエンス
"Les Beatles"と云う当代ならではの落書きから特別警察のマチスとセラーズ版ボンドが登場するイントロだが、これは空港からカジノに向う途中の情景を捉えたスクリプト中盤のシーン。マチスとボンドの間の抜けた間合いのダイアローグが何とも笑える。ちなみに原作でもお馴染みのマチスの本来の肩書きは「フランス参謀本部第二課」のエージェント。ボンドとマチスが初めて顔を合わせるシチュエーションは原作を髣髴とさせる設定だった訳だが、後の本編では唖然の展開に。と云うか、のっけから米ソ英仏の諜報トップの面々が「野生のエルザ」に遭遇する訳なので。
続くテーマ曲は、ハーブ・アルパートのソロと金管アンサンブル+コンボ編成によるインスト版。そのテーマのメロを奏でるラッパ、銃口、イニシャルと云ったキーワードを連想するアニメーションと映像を織り交ぜるタイトルデザインも抜群のセンス。本家シリーズのイメージに程遠いのも当たり前の話だが、作品の路線などはさて置き、それだけで楽しめてしまう辺りはやはりさすが。このテーマ曲、金管系ポップインストのファンには堪らなかったはず。ちなみに、デボラ・カーの独壇場となるスコットランドのシークエンスなども、アルパートのファンには大ウケしたはず。
location 舞台
イングランド某所 → スコットランド某所 → ロンドン → ベルリン → パリ → ロンドン

ロワイヤルレゾーが大半の舞台になる原作だが、ここでのフィーチャーはごく僅か。と云うより、カジノでの勝負とその前後のシークエンスだけ。残りの全てが奇々怪々な脚色で占められる中、カリガリ博士を髣髴とさせるベルリンのシークエンスは取り分け笑える。あの映写室に戦争モノ映写専用のでかいスイッチがある辺りにも爆笑させられるが、ちなみに戦争フィルムで一同がパニックになるシーンは、「博士の異常な愛情」「イージー・ライダー」のテリー・サザーンによる脚色。街頭のセットでは、製作者フェルドマンの名前をなぞらえた"Feldmanstrasse"と云う通りも登場。「ロシアより愛をこめて」のスペクターNo.5「クロスティーン」ことヴラデク・シェイバルも壮絶に散る。
enemy ボンドの敵
ル・シッフル (オーソン・ウェルズ)
Le Chiffre (Orson Welles)


国際犯罪組織スメルシュの金庫番。「ル・シッフル」と云う名前は、フランス語での「数」という意。云うまでもなく、その背景も原作とは全く違うスメルシュと云う犯罪組織だが、眉間を撃たれる最期は原作に同じ。セラーズとの確執が露になる中、カジノでの撮影は困窮したと云うエピソードも。ちなみにあの奇術パフォーマンスは、セラーズの反対を押し切ったウェルズのたっての希望で実現したシーンだったとの事。何れにせよ、赤外線グラスを奇抜なファッショングラスに差し替えられるカットには大爆笑。
ジミー・ボンド aka ドクター・ノア (ウディ・アレン)
Jimmy Bond aka Dr. Noah (Woody Allen)


ジェームズ・ボンド卿の甥。またの顔は、国際犯罪組織スメルシュの首領。原作ではソ連の公式殺人機関として描かれる「スメルシュ」だが、ここでは「国際家政婦協会」を隠れ蓑にする国際犯罪組織として登場。ジミー・ボンドでの登場シーンは、中盤に差し掛かる辺りでのバハマの処刑場。ドクター・ノアの登場シーンはクライマックスだが、それにしても、アレン演じるボンドの甥を黒幕にする辺りにはフツーにビックリ。本家シリーズ「ドクター・ノオ」の衣装もそのままで登場する中、人質のダリア・ラヴィ版007の前でおどけるパフォーマンスには大爆笑。ちなみに、扉の向うでのマスキング状態での声の吹き替えは「悪いことしましョ!」「恐怖の吸血美女」のヴァレンタイン・ディオール。
工作員ミミ aka 貴婦人フィオナ・マクタリー (デボラ・カー)
Agent Mimi aka Lady Fiona McTarry (Deborah Kerr)


ボンドガール
。MI6ではなくMI5の長官「M」の女房。実は、スメルシュの女スパイだったと云う大胆な設定が笑える。ボンドに恋をして組織を離脱、修道女に。誘拐されたマタ・ボンドの行方をボンド卿に教える展開を考慮すれば、悪役にリストアップするのも微妙だが、ボンド全員が死亡する結末を考慮すればさらに微妙。ちなみに「フィオナ」という名前は、映像版「サンダーボール作戦」へのオマージュだったのかも。それにしても、怪気炎上げるデボラ・カーにはフツーに絶句。アイリッシュのタップダンスも凄かったが、あのラッパのアフレコパフォーマンスを真顔でこなせる辺りはさすが。辺りを取り巻くボンドガールの刺すような視線もお構いなしという感じで。

ちなみに、デボラ・カーのシークエンスでは、演出と出演を兼任するジョン・ヒューストン令嬢でデビュー前だったアンジェリカ・ヒューストンもノークレジットで参加。IMDbでは"Agent Mimi's Hands"とクレジットされているが、恐らくこれは、監禁された部屋を抜け出すデボラ・カーが排水管を伝い降りる際にアップで映し出される両腕の事。となれば、背中から地面に倒れるショットも、アンジェリカ・ヒューストンによるスタントダブルだったのかも。
キンポウゲ (アンジェラ・スコーラー)
Buttercup (Angela Scoular)


ボンドガール。マクタリー城のスメルシュ女工作員。泡風呂でボンドを惑わすイケイケタイプの女スパイ。演じるアンジェラ・スコーラーは、後年の「女王陛下の007」でもお馴染みのボンドガール。
イライザ (ガブリエラ・リクーディ)
Eliza (Gabriella Licudi)


ボンドガール。マクタリー城のスメルシュ女工作員。マクタリー家の慣習をボンドに説明するボンドガール。ダイアローグも長い。鳥形誘導ミサイルでボンド卿を攻撃する野外のシーンでは、ミサイル発射装置の傍にいた一人。多分。
へザー&メグ (トレイシー・クリスプ&アレクサンドラ・バステード)
Heather & Meg (Tracey Crisp and Alexandra Bastedo)


ボンドガール。マクタリー城のスメルシュ女工作員。ボンドを部屋で迎える2人。ズボンを脱がせるシーンは、後年の「ポリスアカデミー」を髣髴とさせる。フランス語でのダイアローグも登場。
ミス・グッドタイズ (ジャクリーン・ビセット)
Miss Goodthighs (Jacqueline Bisset as Jacky Bisset)


ボンドガール。セラーズ版ボンドを惑わせるスメルシュの手先だが、睡眠薬でボンドを眠らせたまでは良かったものの、実質何のダメージも与えられなかった辺りを考慮すれば、要は、スクリプトを彩るお色気要員の一人。ちなみにグッドタイズ(色っぽい太もも)と云う名前は、原作に登場するボンドの元秘書メアリー・グッドナイトのパロディ。演じるジャクリーン・ビセットは、あの「ナック」で端役デビューしたばかりだった訳だが、それにしてもこの人は、60-90年代の印象が全く同じ。
フラウ・ホフナー (アンナ・クエイル)
Frau Hoffner (Anna Quayle)


ボンドガール。スメルシュのベルリンのアジト「マタ・ハリ舞踊学校」でマタ・ボンドを窮地に陥れるスメルシュの女幹部。灰汁の強いパフォーマンスは、スメルシュ側の並み居る美女を端にも追いやるインパクト。演じるアンナ・クエイルは、「ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!」にも登場していた英国の女優。
ポロ (ロニー・コーベット)
Polo (Ronnie Corbett)


前段のホフナーと同様にベルリンのアジトで登場するスメルシュの手先。マタ・ボンドにさり気なく迫る辺りは笑えるが、あのゼンマイ仕掛けのオチは不明。マタ・ボンドを迎え入れる際、「ベラ・ルゴシやピーター・ローレも学校のOB」と語るシーンが登場するが、そのピーター・ローレは、54年に米CBSが放送したTVドラマ版「カジノ・ロワイヤル」でル・シッフルを演じていた俳優。ちなみにその"Climax Mystery Theater"版のTV映像はソフト入手も容易に可能。
ル・シッフルの代理人 (ヴラデク・シェイバル)
Le Chiffre's Representative (Vladek Sheybal)


ベルリンのアジトでオークショナーを務めるル・シッフルの代理人。マタ・ボンドの暗躍でオークションに失敗する中、電話ボックスごと壮絶な爆死を遂げてジ・エンド。演じるヴラデク・シェイバルは、本家シリーズ「ロシアより愛をこめて」ではスペクターNo.5こと「クロスティーン」を演じていた人。TVシリーズ「謎の円盤UFO」でもおなじみ。「国際殺人局K/ナンバーのない男」「スコルピオ」「暗殺者を撃て」「レディ・バニッシュ/暗号を歌う女」「アバランチエクスプレス」など、国際諜報モノへの出演が圧倒的に多い。
ル・シッフルのアシスタント (ジェニファー&スーザン・ベイカー)
Le Chiffre's assistant (Jennifer Baker and Susan Baker)


ボンドガール。ル・シッフルの両脇に陣取る女性アシスタント。あの奇術のシーンでの大げさなパフォーマンスにはフツーに吹き出せる。演じる2人は、後年の「Tommy/トミー」にも出演するベイカー姉妹。
中国軍の将軍 (バート・クウォーク)
Chinese General (Burt Kwouk)


ベルリンのスメルシュのアジトでオークションに参加する一人。中国軍の一番前に陣取っているキャラがこの人。演じるバート・クウォークは、本家シリーズ「ゴールドフィンガー」では核の専門家として何気に目立つヒールを演じていた人。
バグパイプ吹き (ピーター・オトゥール)
Piper (Peter O'Toole)


セラーズ版ボンドの拷問のシーンで登場するパイプ吹き。あの濃い化粧が何気にキモイ。カメオ出演のピーター・オトゥールは、そもそもボンド卿の候補に挙げられていた一人。と云うか、このオトゥールのカメオの出演、よく実現したなと。
フランケンシュタインの怪物 (デイヴィッド・プラウズ)
Frankenstein's Creature (David Prowse)


ドクター・ノアの秘密基地に登場するフランケンシュタイン衣装の怪物。逃げ道を探すボンド卿らに体当たりでドアを教えるキャラ。演じるデイヴィッド・プラウズは、あのダース・ヴェイダーの着ぐるみを被る(あのハスキー声はジェームズ・アール・ジョーンズ)役者として富に有名な人。ここでもフランケンシュタインのメイクで殆ど判らない素顔だが、実は結構イケメン。と云うか、「時計じかけのオレンジ」や「吸血鬼サーカス団」を観た限りでの話。「時計じかけのオレンジ」の撮影の際には、あのキューブリックを向こうに回して1歩も譲らなかったという逸話も。ちなみに本作が銀幕デビュー。後の70年と74年には、モノホンの「フランケンシュタイン」シリーズで怪物の役を好演。
司令室の女性スタッフ (ペニー・ライリー、キャロライン・マンロー、その他)
Control Girl (Penny Riley, Caroline Munro, etc)


ボンドガール。ロンドンでのカーチェイスのシーンでスメルシュの本部から指令を送る女性スタッフ。主に4人が映し出される映像だが、正直、誰が誰なのかは全く判らず。顔が映し出される中にはマンローの姿も確認出来ず。マンローと云えば、記念すべき本家シリーズの第10弾「私を愛したスパイ」で女殺し屋を演じるダイナマイト美女。70年代序盤は「ドラキュラ'72」や「吸血鬼ハンター」などホラー系でブレーク。
ジョージ・ラフト (ジョージ・ラフト)
Himself (George Raft)


ボンドの敵でも何でもないが、取り敢えずクライマックスに登場する一人。あのコイン投げのパフォーマンスは、32年の「暗黒街の顔役」(83年にデパルマがリメイク)のパロディ。ビリー・ワイルダーの「お熱いのがお好き」でも同様のパロディが登場するが、そもそも、あの修羅場のクライマックスに何故ギャング・スターがいたのかと云う辺りは不問と云う事で。インディアンや騎兵隊も登場する訳なので。
company ボンドの仲間
イヴリン・トランブル aka ジェームズ・ボンド aka 007 (ピーター・セラーズ)
Evelyn Tremble aka James Bond aka 007 (Peter Sellers)


ボンドの仲間というより、ボンドになりすます人。と云うか、元々は、バカラの専門書を執筆した人物。要は、バカラの腕を見込まれてヴェスパーにスカウトされるという設定。7人の「007」の中では元祖ボンド卿にも並ぶアピール度だが、それもそのはず。原作を踏襲するシークエンスは、殆どがこのセラーズ版ボンドの出番。おなじみ「ピンク・パンサー」シリーズのネタも数箇所で飛び出す。

そのハイライトとなるカジノシーンではウェルズとの掛け合いも笑えるが、撮影当時、実はセラーズとウェルズは犬猿の仲。マーガレット王女がセットを訪れる中、顔見知りだったはずのセラーズを無視した王女が、ウェルズとの面談に声を弾ませたという経緯がそもそもの不仲の原因とも云われているが、その真相は謎のまま。さまざまな記録によれば、カジノのシーンは、セラーズとウェルズも顔を合わせる事なく別時間帯で撮影されたとも言われているが、実際には同一ショットに何度も登場。合成でなかった事も明らか。恐らくは、撮り直しでの競演には応じなかったと云う事ではないだろうか。
ヴェスパー・リンド aka 007 (ウルスラ・アンドレス)
Vesper Lynd aka 007 (Ursula Andress)


ボンドガール。スメルシュの女スパイ。ついては、ボンドの仲間でも何でもないが、取り敢えずは「007」の一人だったと云う事で。と云うか、ヒロインのヴェスパーも007と描く中、何のオチもない辺りがかなり凄い。カジノでの勝負の後、悪漢一味にさらわれる展開は原作にも同じだが、大混戦のクライマックスでボンド側に寝返る原作もどきの展開は、後から取って付けたシャレのようなノリ。最終的には息絶えるという展開は原作にも同じ。その経緯とオチは180度違うけど。

セラーズとのメロウなシークエンスでは、大ヒット挿入曲"The Look Of Love"のインスト&ヴォーカル両ヴァージョンが映像を彩る。クーパー版ボンドの女断ち訓練のシーンでは、「ドクター・ノオ」でのアンドレスの衣装を纏った別のボンドガールが登場。
ジェームズ・ボンド卿 (デイヴィッド・ニーヴン)
Sir James Bond (David Niven)


元祖ジェームズ・ボンド。と云うか、本家イオン版ボンドを二代目呼ばわりする中、随所で繰り出されるアイロニーの数々はかなり笑える。演じるデイヴィッド・ニーヴンは、原作者のフレミングが本家シリーズのボンド役に推した最初の人。この辺りを踏まえれば、終盤でのアクションも何気にシャープに見えたりもするが、何れにせよ、ウィットだらけのダイアローグがフィットしまくり。米ソ英仏の諜報トップの面々を見下す序盤から怒涛のクライマックスまで、全キャストの中でも一番のアピール度。
マタ・ボンド (ジョアンナ・ペッティト)
Mata Bond (Joanna Pettet)


ボンドガール。ボンド卿があのマタ・ハリとの間に儲けた一粒種。その名の通りこの人も007の一人。と云うか、既に免疫が出来ていた為か、マタ・ハリが登場するスクリプトにも然程は驚かず。父親のボンド卿が迎えに出向くシークエンスでは、ゴージャスなダンスも披露。ベルリンのシークエンスではこの人がヒロイン。ついては、並み居る曲者キャストの中でもインパクト大。UFO(笑)に拉致される終盤ではヘアスタイルが大きく変化。
ディテイナー aka 007 (ダリア・ラヴィ)
The Detainer aka 007 (Daliah Lavi)


ボンドガール。007の一人。「ディテイナー」と云う名前の由来は不明だが、恐らくは、クーパー版ボンドの訓練に割って入る登場シーンに因んだもの。終盤では「ドクター・ノア」に言い寄られるシーンが登場するが、そもそもいつの間に囚われたのかは謎のまま。演じるダリア・ラヴィは、クリスティの"And then there were none"の2度目の劇場長編リメイク「姿なき殺人者」でもお馴染みの女性。
ジェームズ・ボンド aka 007 (テレンス・クーパー)
Cooper aka James Bond aka 007 (Terence Cooper)


7人のボンドの一人。AFSD計画(Anti-Female Spy Device)がぶち上げられる中、マネーペニーに見初められるキャラ。空手と柔道に加えてカーマスートラの黒帯を持つレディキラーと云う設定だが、演じるテレンス・クーパーは何気に米中西部の地味なタイプ。若い頃のレーガンのような感じだが、あの対女スパイ訓練のシーンではややシャキっと見えたりも。登場シーンも結構少な目。と云うより、実戦で戦うのもクライマックスだけ。
マネーペニー (バーバラ・ブーシェ)
Moneypenny (Barbara Bouchet)


ボンドガール
。本家シリーズでもお馴染みのキャラだが、ここではその娘という設定。さらには「007」の一人というおバカな肩書きも。熟女のロイス・マクスウェルとは打って変わりバリバリのお色気でアピール。と云うか、バーバラ・ブーシェが最も綺麗だった頃の出演。ボンド卿に絡むメインキャラだった事を差し引いても、そのアピール度はかなり高い。
ハドリー (デレク・ニモ)
Hadley (Derek Nimmo)


MI5の職員。マネーペニーと同様、親の代からの二世の職員と云う設定。世界各地で消されたスパイの情報をボンドに説明するダイアローグは、本家シリーズへのやっかみにも似たアイロニー。「東京ではゲイシャハウスで…」と云うセリフは、同時期製作の「007は二度死ぬ」を指していたのかも。
マクタリー aka M (ジョン・ヒューストン)
McTarry aka M (John Huston)


本家シリーズでもお馴染みのキャラ。ただし、ここでは「MI6」ではなくMI5の長官。と云うか、マクタリーと云う苗字を明かすタブーについては、その根拠や真相も謎。ボンド卿の屋敷にミサイルを放った後、マクタリー家にボンドが弔いに訪れる展開には驚かされるが、要は、アッサリと殉職したと云う本家シリーズをおちょくる筋書き。云うまでもなく、自身が登場するスコットランドのシークエンスでは監督も兼任。
ランサム (ウィリアム・ホールデン)
Ransome (William Holden)


CIAの高官。と云うか、恐らくは長官。「下級暗号係からSCCT、SICのJCCを経てCIAに入局」と云うダイアローグと、青酸仕込みのバラのカーネーションをボンドに言い当てられるシーンが最初の見せ場。それにしても、あのウィリアム・ホールデンの登場も何処となく地味な感じ。4者横並びでの登場にも驚かされたが、かなりナチュラルに見えていたのもジョン・ヒューストンのご威光だったのかも。
ル・グラン (シャルル・ボワイエ)
Le Grand (Charles Boyer)


仏軍情報部のトップ官僚。米ソ英仏諜報トップの4者の中では最後列のキャラ。ボンド卿との挨拶も最後で、スーツのボタンに毒を仕込ませていた事をボンドに見破られるのも最後の順番。演じるシャルル・ボワイエは、「ガス燈」「おしゃれ泥棒」「失われた地平線」などでもお馴染みの人。
スメルノフ (クルト・カツナー)
Smernov (Kurt Kasznar)


KGBの高官。ボンド卿の台詞によれば、かつてはシベリアの労働監視官だった人物。「レーニンは指導者としては一流でも頭は二流。」と云うボンドの痛烈な台詞も飛び出す。演じるクルト・カツナーは、「北京の55日」にも出演していた人。ここでのダイアローグは、諜報トップ4人衆の中でも何気に多め。
(ジェフリー・ベイルドン)
Q (Geoffrey Bayldon)


本家シリーズでもお馴染みQ課のチーフ。このスクリプトでのボンドの所属先がMI6ではなくMI5だと云う事を明らかにするのはQのダイアローグ。Qがボンドに紹介する数々の珍兵器も笑えるが、「サンダーボール作戦」のアイロニーと思われる潜水スーツ姿で弓を射るキャラには爆笑。演じるジェフリー・ベイルドンは、「フランケンシュタイン恐怖の生体実験」「魔界からの招待状」「アサイラム・狂人病棟」など70年前後のホラー作品でもお馴染みの人。最近では04年の「ラヴェンダーの咲く庭で」にも登場。
Qの助手 (ジョン・ウェルズ)
Q's Assistant (John Wells)


Qの助手を務めるオカマ系のキャラ。ダイアローグではフォーダイスという名前も明らかにされる。演じるジョン・ウェルズは、後年の本家シリーズ作「ユア・アイズ・オンリー」にも登場。
マチス警視 (ダンカン・マクレー)
Inspector Mathis (Duncan Macrae)


フランス特別警察の警視。原作でもお馴染みのキャラだが、原作での肩書きは「仏参謀本部第二課」のエージェント。現地でボンドと合流する筋書きは原作の通り。このフィルムでは誰より早く画面に登場するキャラ。ちなみに、原作ではお馴染みでもイオン製作の本家シリーズには長年登場しなかったマチスだが、06年の本家シリーズ「カジノ・ロワイヤル」で遂にお目見え。
タクシー運転手 (バーナード・クリビンズ)
Taxi Driver (Bernard Cribbins)


タクシー運転手。その正体は、外務省の役人カールトン・タワーズ。ベルリン任務に赴くマタ・ボンドを送迎する人物。
ボンド卿の執事 (エリック・チッティ)
Sir James Bond's Butler (Erik Chitty)


序盤のシークエンスに登場する端役のキャラだが、何より気になったのは、ミサイルを打ち込まれたボンド卿の屋敷に残されたままだったと云う事。最終的にはメインキャラもほぼ全滅する訳だが、そんな中でも最初に殉職したのは他でもなくこの人。
FORMULA3の運転手 (スターリング・モス)
Driver (Stirling Moss)


ヴェスパーが誘拐される中、レーサースーツのセラーズに「あの車を追え!」と云われて走って追いかけるマヌケなFORMULA3の運転手。と云うか、これもかなり豪華なカメオ演出。演じるスターリング・モスは、英国では最も活躍したF1ドライバーながらも、無タイトルに終わった為に「無冠の帝王」と呼ばれた人物。
フランス外人部隊の一人 (ジャン=ポール・ベルモンド)
French Legionnaire (Jean-Paul Belmondo)


大混戦のクライマックスでいきなり登場するキャラ。只でさえ大勢が入り乱れる中、あの分厚いメイクは、ベルモンドと云うより「悪魔のいけにえ」のレザーフェイスのようにも見える。ベルモンドは「タヒチの男」「パリの大泥棒」「オー!」の前後でのカメオ出演。
Various Note メモ
スコットランド、ロンドン、ベルリン、パリと主人公の顔ぶれも様変わりする映像は、さながら傑作パロディの総集編。しかも誰もがボンドを名乗る中、実は一つのプロットだった事を思い出した頃にいきなりの大混戦で幕切れに。そもそも、米ソ英仏の諜報員が世界各地で消される中、その当事各国が疑心暗鬼に陥る事もなくスッポリとデタントに至るイントロから物凄い筋書きだが、何れにせよ、本家シリーズを尻目に年度3位の興行収益を叩き出した大ヒット作品だったと云う事。これも要は、超豪華な監督や執筆の面々も投げっぱなしでの仕事をする中、玉砕覚悟の製作者フェルドマンが、監修の過程をファンの目線で管理できた事が功を奏していたのではないだろうか。現にこの作品、妙な気負いも全くない。例えて云えば、超一流シェフが競演するフルコースの料理を大衆食堂のテーブルで食べているような印象にも近い。
公開当時の1967年と云えば、英国ではあの「サンダーバード」の余韻も覚めやらなかった時代。UFOがトラファルガー広場を離着陸する中、模型の秘密基地に格納されるシーンには誰もがニンマリさせられたはず。ウエスタンのショットから飛び出す騎兵隊やパラシュート降下するインディアン、ギャングスターや動物キャラまでもが入り乱れる常識破りのクライマックスに至れば、英国人が十八番とするアイロニーの入る余地すらなかったはず。しかも、アレン演じる大爆笑キャラ「ドクター・ノア」を軸にカウントダウンでケリを付ける結末も実に潔い。と云うより、メインキャラ全員を葬り去りながらも、大団円の情景にも見えていた辺りが何より凄い。
スコアのクオリティも特筆すべき所。仄々としたトーンにも終始するスコアだが、その実これは、ショービズ本場の超一流による本気の仕事。ピーター・セラーズ+ウルスラ・アンドレスのメロウなシークエンスも、オスカーにもノミネートされたボサの名曲"The Look Of Love"なくしてはあり得なかった。ボンド卿の屋敷に向うMら4人組の車の屋根に雌ライオンが乗るカットでは、本家シリーズではお馴染みのジョン・バリー作曲の「野生のエルザ」のテーマリフをフィーチャーするなど芸も細かい。
ちなみに、マット・モンローやシャーリー・バッシー、トム・ジョーンズのヒット曲を飛ばしていたここまでの本家シリーズだが、ビルボードの「トップ40」チャートに2曲を送り込んだボンド映画も、実は番外編の本作だけ。後年のシリーズ作を引き合いに出しても例外はない。そんなテーマ曲や"The Look of Love"も収録されたサントラ盤は、ボンドファンならずともモノホン指向の音楽ファンならゲットは必須。かなりイイ。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ヴァル・ゲスト
Val Guest
(additional sequences)
(scenes with Woody Allen and additional scenes with David Niven)
* 追加台詞も執筆
ロビン・フッド物語 The Men of Sherwood Forest (1954)
海駆ける男 Break in the Circle (1955)
原子人間 The Quatermass Xperiment (1955)
宇宙からの侵略生物(未) Quatermass 2 (1957)
恐怖の雪男(未) The Abominable Snowman (1957)
昨日の敵 Yesterday's Enemy (1959)
女体入門 Expresso Bongo (1959)
スパイがいっぱい Where the Spies Are (1965)
007 カジノ・ロワイヤル
 Casino Royale (1967) (aslo additional dialogue)
情報局K Assignment K (1968)
オリビア・ニュートン・ジョンのトゥモロー Toomorrow (1970)
恐竜時代 When Dinosaurs Ruled the Earth (1970)
痴情の舌 Au Pair Girls (1972)
ドッキリ・ボーイ 窓拭き大騒動
 Confessions of a Window Cleaner (1974)
ダイヤモンドの犬たち Killer Force (1976)
ケン・ヒューズ
Ken Hughes
(as Kenneth Hughes)
(Berlin scenes)
* クレジット名は「ケネス・ヒューズ」
金髪殺人事件 The Strange Case of Blondie (1954)
脱走者を狙え Little Red Monkey (1955)
罠にかゝった男 Confession (1955)
次はお前だ! Joe MacBeth (1955)
柔道殺人事件 Murder Anonymous (1955)
爆殺指令 Timeslip (1956)
やくざ特急 The Long Haul (1957)
俺は殺られる! The Small World of Sammy Lee (1963)
人間の絆 Of Human Bondage (1964)
結婚詐欺 Drop Dead Darling (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
チキ・チキ・バン・バン Chitty Chitty Bang Bang (1968)
クロムウェル Cromwell (1970)
テラー・アイズ 恐るべき瞳(未) Night School (1981)
ジョン・ヒューストン
John Huston
(scenes at Sir James Bond's house)
(castle in Scotland scenes)
マルタの鷹 The Maltese Falcon (1941)
黄金 The Treasure of the Sierra Madre (1948)
キー・ラーゴ Key Largo (1948)
アスファルト・ジャングル The Asphalt Jungle (1950)
勇者の赤いバッヂ The Red Badge of Courage (1951)
アフリカの女王 The African Queen (1951)
赤い風車 Moulin Rouge (1952)
悪魔をやっつけろ Beat the Devil (1953)
白鯨 Moby Dick (1956)
白い砂 Heaven Knows, Mr. Allison (1957)
武器よさらば A Farewell to Arms (1957)
黒船 The Barbarian and the Geisha (1958)
自由の大地 The Roots of Heaven (1958)
許されざる者 The Unforgiven (1960)
荒馬と女 The Misfits (1961)
フロイド 隠された欲望 Freud (1962)
秘密殺人計画書 The List of Adrian Messenger (1963)
イグアナの夜 The Night of the Iguana (1964)
天地創造 The Bible: In the Beginning... (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
禁じられた情事の森 Reflections in a Golden Eye (1967)
華麗なる悪 Sinful Davey (1969)
愛と死の果てるまで A Walk with Love and Death (1969)
クレムリンレター 密書 The Kremlin Letter (1970)
ロイ・ビーン The Life and Times of Judge Roy Bean (1972)
マッキントッシュの男 The MacKintosh Man (1973)
王になろうとした男 The Man Who Would Be King (1975)
勝利への脱出 Victory (1981)
アニー Annie (1982)
火山のもとで Under the Volcano (1984)
女と男の名誉 Prizzi's Honor (1985)
ザ・デッド 「ダブリン市民」より The Dead (1987)
ジョセフ・マクグラス
Joseph McGrath
(scenes with Peters Sellers, Ursula Andress and Orson Welles)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
おかしな夫婦・大逆転!?(未) The Bliss of Mrs. Blossom (1968)
マジック・クリスチャン The Magic Christian (1969)
むく犬ディグビー Digby, the Biggest Dog in the World (1973)
ロバート・パリッシュ
Robert Parrish
(scenes with Peters Sellers and Orson Welles)
スパイ Rough Shoot (1953)
紫の平原 The Purple Plain (1954)
海の荒くれ Fire Down Below (1957)
西部の旅がらす Saddle the Wind (1958)
フレンチ・スタイルで In the French Style (1963)
渚のたたかい Up from the Beach (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
無責任恋愛作戦 The Bobo (1967)
太陽を盗め Duffy (1968)
マルセイユ特急 The Marseille Contract (1974)
リチャード・タルマッジ
Richard Talmadge
(Casino Royale finale)
* ノークレジット
Jeep Herders (1945)
Detour to Danger (1946)
Border Outlaws (1950)
Project Moon Base (1953)
I Killed Wild Bill Hickok (1956)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
製作
Produced by
ジェリー・ブレスラー
Jerry Bresler
バイキング The Vikings (1958)
ダイアモンド・ヘッド Diamond Head (1963)
アカプルコの出来事 Love Has Many Faces (1965)
ダンディー少佐 Major Dundee (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
チャールズ・K.フェルドマン
Charles K. Feldman
男性都市 Pittsburgh (1942)
ガラスの動物園 The Glass Menagerie (1950)
欲望という名の電車 A Streetcar Named Desire (1951)
七年目の浮気 The Seven Year Itch (1955)
アラスカ魂 North to Alaska (1960)
荒野を歩け Walk on the Wild Side (1962)
第七の暁 The 7th Dawn (1964)
何かいいことないか子猫チャン What's New, Pussycat (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
原作
Based on the novel by
イアン・フレミング
Ian Fleming
(uncredited)
* ノークレジット
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
007 サンダーボール作戦 Thunderball (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
007は二度死ぬ You Only Live Twice (1967)
チキ・チキ・バン・バン Chitty Chitty Bang Bang (1968)
女王陛下の007 On Her Majesty's Secret Service (1969)
007 ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever (1971)
007 死ぬのは奴らだ Live and Let Die (1973)
007 黄金銃を持つ男 The Man with the Golden Gun (1974)
007 私を愛したスパイ The Spy Who Loved Me (1977)
007 ムーンレイカー Moonraker (1979)
007 ユア・アイズ・オンリー For Your Eyes Only (1981)
007 オクトパシー Octopussy (1983)
ネバーセイ・ネバーアゲイン Never Say Never Again (1983)
007 美しき獲物たち A View to a Kill (1985)
007 リビング・デイライツ The Living Daylights (1987)
007 消されたライセンス Licence to Kill (1989)
007 ゴールデンアイ GoldenEye (1995)
007 トゥモロー・ネバー・ダイ Tomorrow Never Dies (1997)
007 ワールド・イズ・ノット・イナフ
 The World Is Not Enough (1999)
007 ダイ・アナザー・デイ Die Another Day (2002)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (2006)
Bond 22 (2008)
脚色
Screenplay by
ウォルフ・マンキウィッツ
Wolf Mankowitz
文なし横丁の人々 A Kid for Two Farthings (1955)
外套 The Bespoke Overcoat (1956)
女体入門 Expresso Bongo (1959)
求むハズ The Millionairess (1960)
ジキル博士の二つの顔 The Two Faces of Dr. Jekyll (1960)
戦場の七人 The Long and the Short and the Tall (1961)
ワルツ・オブ・ザ・トレアドールズ(未)
 Waltz of the Toreadors (1962)
スパイがいっぱい Where the Spies Are (1965)
25時 La vingt-cinquième heure (1967)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
世界殺人公社
 The Assassination Bureau (1969) (additional dialogue)
黒馬物語 Black Beauty (1971)
ストライカー 愛と栄光のフィールド(未) Bloomfield (1971)
宝島 Treasure Island (1972)
ジョン・ロウ
John Law
Joan and Leslie (1956) (tv)
It's a Square World (1960) (tv)
The Eggheads (1961) (tv)
The Frost Report (1966) (tv)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
The Kenneth Williams Show (1970) (tv)
マイケル・セイヤーズ
Michael Sayers
Der Spazierstock (1955) (tv)
Spatserkäppen (1959) (tv)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
ウディ・アレン
Woody Allen
(uncredited)
* ノークレジット
* 出演も兼任
何かいいことないか子猫チャン What's New, Pussycat (1965)
泥棒野郎 Take the Money and Run (1969)
水は危険・ハイジャック珍道中(未)
 Don't Drink the Water (1969)
ウディ・アレンのバナナ(未) Bananas (1971)
ボギー!俺も男だ Play It Again, Sam (1972)
ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう
 Everything You Always Wanted to Know About Sex * But Were Afraid to Ask (1972)
スリーパー Sleeper (1973)
ウッディ・アレンの愛と死(未) Love and Death (1975)
アニー・ホール Annie Hall (1977)
インテリア Interiors (1978)
マンハッタン Manhattan (1979)
スターダスト・メモリー Stardust Memories (1980)
サマー・ナイト A Midsummer Night's Sex Comedy (1982)
カメレオンマン Zelig (1983)
ブロードウェイのダニー・ローズ
 Broadway Danny Rose (1984)
カイロの紫のバラ The Purple Rose of Cairo (1985)
ハンナとその姉妹 Hannah and Her Sisters (1986)
ラジオ・デイズ Radio Days (1987)
セプテンバー September (1987)
私の中のもうひとりの私 Another Woman (1988)
ニューヨーク・ストーリー
 New York Stories (1989) (segment "Oedipus Wrecks")
ウディ・アレンの重罪と軽罪 Crimes and Misdemeanors (1989)
アリス Alice (1990)
ウディ・アレンの影と霧 Shadows and Fog (1992)
夫たち、妻たち Husbands and Wives (1992)
マンハッタン殺人ミステリー Manhattan Murder Mystery (1993)
ブロードウェイと銃弾 Bullets Over Broadway (1994)
トラブルボックス 恋とスパイと大作戦
 Don't Drink the Water (1994) (tv)
誘惑のアフロディーテ Mighty Aphrodite (1995)
世界中がアイ・ラヴ・ユー Everyone Says I Love You (1996)
地球は女で回ってる Deconstructing Harry (1997)
セレブリティ Celebrity (1998)
ギター弾きの恋 Sweet and Lowdown (1999)
おいしい生活 Small Time Crooks (2000)
スコルピオンの恋まじない
 The Curse of the Jade Scorpion (2001)
さよなら、さよならハリウッド Hollywood Ending (2002)
僕のニューヨークライフ Anything Else (2003)
メリンダとメリンダ Melinda and Melinda (2004)
マッチポイント Match Point (2005)
タロットカード殺人事件 Scoop (2006)
ベン・ヘクト
Ben Hecht
(uncredited)
* ノークレジット
暗黒街 Underworld (1927)
犯罪都市 The Front Page (1931)
暗黒街の顔役 Scarface (1932)
奇傑パンチョ Viva Villa! (1934)
生きているモレア The Scoundrel (1935)
嵐ケ丘 Wuthering Heights (1939)
紐育の天使 Angels Over Broadway (1940)
白い恐怖 Spellbound (1945)
汚名 Notorious (1946)
死の接吻 Kiss of Death (1947)
奇跡の鐘 The Miracle of the Bells (1948)
恐怖の一夜 Edge of Doom (1950)
ユリシーズ Ulisse (1954)
赤い砦 The Indian Fighter (1955)
ロマンス・ライン The Iron Petticoat (1956)
武器よさらば A Farewell to Arms (1957)
失われたものゝ伝説 Legend of the Lost (1957)
サーカスの世界 Circus World (1964)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
フロント・ページ The Front Page (1931)
スイッチング・チャンネル Switching Channels (1988)
ジョセフ・ヘラー
Joseph Heller
(uncredited)
* ノークレジット
求婚専科 Sex and the Single Girl (1964)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
キャッチ22 Catch-22 (1970)
大悪党 ジンギス・マギー Dirty Dingus Magee (1970)
テリー・サザーン
Terry Southern
(uncredited)
* ノークレジット
博士の異常な愛情 Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb (1964)
ラブド・ワン The Loved One (1965)
シンシナティ・キッド The Cincinnati Kid (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
サンタモニカの週末 Don't Make Waves (1967)
バーバレラ Barbarella (1968)
キャンディ Candy (1968)
イージー・ライダー Easy Rider (1969)
マジック・クリスチャン The Magic Christian (1969)
サタデー・ナイト・ライブ
 Saturday Night Live (1981-1982) (tv)
ビリー・ワイルダー
Billy Wilder
(uncredited)
* ノークレジット
女王様御命令 Ihre Hoheit befiehlt (1931)
少年探偵団 Emil und die Detektive (1931)
空飛ぶ音楽 Music in the Air (1934)
青髭八人目の妻 Bluebeard's Eighth Wife (1938)
ミッドナイト(未) Midnight (1939)
ニノチカ Ninotchka (1939)
囁きの木陰 Arise, My Love (1940)
教授と美女(未) Ball of Fire (1941)
少佐と少女(未) The Major and the Minor (1942)
熱砂の秘密 Five Graves to Cairo (1943)
深夜の告白 Double Indemnity (1944)
失われた週末 The Lost Weekend (1945)
皇帝円舞曲 The Emperor Waltz (1948)
異国の出来事(未) A Foreign Affair (1948)
ヒット・パレード A Song Is Born (1948)
サンセット大通り Sunset Blvd. (1950)
地獄の英雄 Ace in the Hole (1951)
第十七捕虜収容所 Stalag 17 (1953)
麗しのサブリナ Sabrina (1954)
七年目の浮気 The Seven Year Itch (1955)
翼よ!あれが巴里の灯だ The Spirit of St. Louis (1957)
昼下りの情事 Love in the Afternoon (1957)
情婦 Witness for the Prosecution (1957)
お熱いのがお好き Some Like It Hot (1959)
アパートの鍵貸します The Apartment (1960)
オーシャンと十一人の仲間 Ocean's Eleven (1960)
ワン、ツー、スリー ラブハント作戦 One, Two, Three (1961)
あなただけ今晩は Irma la Douce (1963)
ねえ!キスしてよ Kiss Me, Stupid (1964)
恋人よ帰れ!わが胸に The Fortune Cookie (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
シャーロック・ホームズの冒険
 The Private Life of Sherlock Holmes (1970)
お熱い夜をあなたに Avanti! (1972)
フロント・ページ The Front Page (1974)
悲愁 Fedora (1978)
新・おかしな二人 バディ・バディ(未) Buddy Buddy (1981)
ピーター・セラーズ
Peter Sellers
(uncredited)
* ノークレジット
* 出演も兼任
撮影
Cinematography by
ジャック・ヒルデヤード
Jack Hildyard
戦場にかける橋 The Bridge on the River Kwai (1957)
去年の夏 突然に Suddenly, Last Summer (1959)
求むハズ The Millionairess (1960)
サンダウナーズ The Sundowners (1960)
ミサイル珍道中 The Road to Hong Kong (1962)
北京の55日 55 Days at Peking (1963)
クレオパトラ Cleopatra (1963)
予期せぬ出来事 The V.I.P.s (1963)
サーカスの世界 Circus World (1964)
黄色いロールス・ロイス The Yellow Rolls-Royce (1964)
バルジ大作戦 Battle of the Bulge (1965)
唇からナイフ Modesty Blaise (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
トパーズ Topaz (1969)
美女と野獣 The Beast Must Die (1974)
ザ・メッセージ The Message (1976)
ワイルド・ギース The Wild Geese (1978)
砂漠のライオン Lion of the Desert (1981)
追加撮影
Additional Photograhy
ジョン・ウィルコックス
John Wilcox
赤いベレー The Red Beret (1953)
ピーター・セラーズのマ☆ウ☆ス(未)
 The Mouse That Roared (1959)
女体入門 Expresso Bongo (1959)
フランケンシュタインの怒り The Evil of Frankenstein (1964)
がい骨 The Skull (1965)
007 カジノ・ロワイヤル
 Casino Royale (1967) (additional photographer)
砂漠の潜航艇 A Twist of Sand (1968)
最後の谷 The Last Valley (1970)
痴情の舌 Au Pair Girls (1972)
ドラゴンvs7人の吸血鬼
 The Legend of the 7 Golden Vampires (1974)
ニコラス・ローグ
Nicolas Roeg
アラビアのロレンス
 Lawrence of Arabia (1962) (photographer: second unit)
指令7で5人消せ Victim Five (1964)
華氏451 Fahrenheit 451 (1966)
ローマで起った奇妙な出来事
 A Funny Thing Happened on the Way to the Forum (1966)
遥か群衆を離れて 
007 カジノ・ロワイヤル
 Casino Royale (1967) (additional photographer)
華やかな情事 Far from the Madding Crowd (1967)
* 以下、演出に携わった作品
パフォーマンス Performance (1970) (also photographer)
美しき冒険旅行 Walkabout (1971) (also photographer)
赤い影 Don't Look Now (1973) (also photographer)
地球に落ちて来た男 The Man Who Fell to Earth (1976)
ジェラシー Bad Timing (1980)
マリリンとアインシュタイン Insignificance (1985)
アリア Aria (1987)
 (segment "Un ballo in maschera") (also writer)
トラック29 Track 29 (1988)
編集
Edited by
ビル・レニー
Bill Lenny
驀走二万哩 Mask of Dust (1954)
恐怖の雪男(未) The Abominable Snowman (1957)
吸血鬼ドラキュラ Dracula (1958)
女体入門 Expresso Bongo (1959)
スパイがいっぱい Where the Spies Are (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
マッケンナの黄金 Mackenna's Gold (1969)
クロムウェル Cromwell (1970)
デンジャー・ポイント Puppet on a Chain (1971)
ドッキリ・ボーイ 窓拭き大騒動
 Confessions of a Window Cleaner (1974)
美術
Production Design by
マイケル・ストリンガー
Michael Stringer
少年が知っている! The Secret Place (1957)
ターザンの決闘 Tarzan's Greatest Adventure (1959)
633爆撃隊 633 Squadron (1964)
暗闇でドッキリ A Shot in the Dark (1964)
死刑台への招待 Return from the Ashes (1965)
巨大なる戦場 Cast a Giant Shadow (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
クルーゾー警部 Inspector Clouseau (1968)
アルフレッド大王 Alfred the Great (1969)
ロビンとマリアン Robin and Marian (1976)
愛はエーゲ海に燃ゆ The Greek Tycoon (1978)
ピラミッド The Awakening (1980)
クリスタル殺人事件 The Mirror Crack'd (1980)
ジグソーマン(未) The Jigsaw Man (1983)
戦場にかける橋2 クワイ河からの生還
 Return from the River Kwai (1989)
地獄の女囚コマンド Hired to Kill (1990)
衣装デザイン
Costume Design by
ジュリー・ハリス
Julie Harris
四重奏 Quartet (1948)
赤いベレー The Red Beret (1953)
砂漠の決闘 South of Algiers (1953)
サファイア Sapphire (1959)
六年目の疑惑 The Naked Edge (1961)
ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!
 A Hard Day's Night (1964)
HELP!四人はアイドル Help! (1965)
ダーリング Darling (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
天使のいたずら Prudence and the Pill (1968)
シャーロック・ホームズの冒険
 The Private Life of Sherlock Holmes (1970)
フォロー・ミー Follow Me! (1972)
007 死ぬのは奴らだ Live and Let Die (1973)
ローラーボール Rollerball (1975)
恐竜の島 The Land That Time Forgot (1975)
シンデレラ
 The Slipper and the Rose: The Story of Cinderella (1976)
ドラキュラ Dracula (1979)
アナ・デューズ
Anna Duse
銀の靴 Happy Go Lovely (1951)
文なし横丁の人々 A Kid for Two Farthings (1955)
完全なる良人 The Constant Husband (1955)
愛情は深い海の如く The Deep Blue Sea (1955)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
0(ゼロ)の決死圏 The Chairman (1969)
音楽
Music by
バート・バカラック
Burt Bacharach
何かいいことないか子猫チャン What's New, Pussycat (1965)
紳士泥棒 大ゴールデン作戦
 Caccia alla volpe (1966) (music: "After the Fox")
アルフィー Alfie (1966) (writer: "Alfie")
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
幸せはパリで The April Fools (1969)
 (writer: "April Fools", "I Say a Little Prayer")
明日に向って撃て! Butch Cassidy and the Sundance Kid (1969)
ふたり自身 The Heartbreak Kid (1972) (music: "Close to You")
失われた地平線 Lost Horizon (1973)
ジャクリーン・ビセット 抱いて(未)
 Amo non amo (1979) (US version)
ミスター・アーサー Arthur (1981)
ラブ IN ニューヨーク Night Shift (1982)
オフビート
 Off Beat (1986) ("Raindrops Keep Fallin' On My Head")
ミスター・アーサー2(未) Arthur 2: On the Rocks (1988)
イズント・シー・グレート(未) Isn't She Great (2000)
挿入曲
Various Music
Casino Royale (Instrumental Version) - Herb Alpert & The Tijuana Brass
The Look Of Love (Instrumental Version) - Herb Alpert & The Tijuana Brass
The Look Of Love (Music by Burt Bacharach / Lyrics by Hal David) - Dusty Springfield
What's New Pussycat? (Excerpted) - (written by) Burt Bacharach
Born Free (Instrumental) (Excerpted) - (written by) John Barry
Claire De Lune - (written by) Claude Debussy
Rule Brittania (Excerpted) - Thomas Augustine Arne
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ピーター・セラーズ
Peter Sellers
Evelyn Tremble
James Bond
007
マダムと泥棒 The Ladykillers (1955)
赤裸々な事実(未) The Naked Truth (1957)
転覆騒動(未) Up the Creek (1958)
親指トム tom thumb (1958)
ピーター・セラーズのマ☆ウ☆ス(未)
 The Mouse That Roared (1959)
とんだりはねたりとまったり
 The Running Jumping & Standing Still Film (1960)
求むハズ The Millionairess (1960)
泥棒株式会社 Two Way Stretch (1960)
ロリータ Lolita (1962)
トライアル・アンド・エラー(未) The Dock Brief (1962)
ワルツ・オブ・ザ・トレアドールズ(未)
 Waltz of the Toreadors (1962)
ミサイル珍道中 The Road to Hong Kong (1962)
新・泥棒株式会社 The Wrong Arm of the Law (1963)
ヘブンズ・アバーブ(未) Heavens Above! (1963)
ピンクの豹 The Pink Panther (1963)
博士の異常な愛情 Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb (1964)
マリアンの友だち The World of Henry Orient (1964)
暗闇でドッキリ A Shot in the Dark (1964)
何かいいことないか子猫チャン What's New, Pussycat (1965)
紳士泥棒 大ゴールデン作戦 Caccia alla volpe (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
女と女と女たち Woman Times Seven (1967)
無責任恋愛作戦 The Bobo (1967)
パーティ The Party (1968)
太ももに蝶 I Love You, Alice B. Toklas! (1968)
マジック・クリスチャン The Magic Christian (1969)
不思議の国のアリス(未)
 Alice's Adventures in Wonderland (1972)
ピーター・セラーズのおとぼけパイレーツ(未)
 Ghost in the Noonday Sun (1973)
別れの街角 The Optimists (1973)
これがピーター・セラーズだ! 艶笑・パリ武装娼館(未)
 Soft Beds, Hard Battles (1974)
ピンク・パンサー2 The Return of the Pink Panther (1975)
名探偵登場 Murder by Death (1976)
ピンク・パンサー3 The Pink Panther Strikes Again (1976)
ピンク・パンサー4 Revenge of the Pink Panther (1978)
ゼンダ城の虜 The Prisoner of Zenda (1979)
チャンス Being There (1979)
天才悪魔フー・マンチュー
 The Fiendish Plot of Dr. Fu Manchu (1980)
ウルスラ・アンドレス
Ursula Andress
Vesper Lynd
007
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
アカプルコの海 Fun in Acapulco (1963)
テキサスの四人 4 for Texas (1963)
炎の女 She (1965)
何かいいことないか子猫チャン What's New, Pussycat (1965)
カトマンズの男 Les tribulations d'un chinois en Chine (1965)
華麗なる殺人 La decima vittima (1965)
ブルー・マックス The Blue Max (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
セックス・パニック 愛欲のイタリア女族物語(未)
 Le dolci signore (1968)
サファリ大追跡 The Southern Star (1969)
女豹の罠(未) Perfect Friday (1970)
レッド・サン Soleil rouge (1971)
最後の大犯罪(未) L'ultima chance (1973)
白衣に秘められた幻想(未) L'infermiera (1975)
サファリ特急(未) Safari Express (1976)
アフリカ特急(未) Africa Express (1976)
ホウリー・マウンテンの秘宝 密林美女の謝肉祭(未)
 La montagna del dio cannibale (1978)
ピンクのルージュ(未) Letti selvaggi (1979)
タイタンの戦い Clash of the Titans (1981)
チャイナタウン殺人事件
 Man Against the Mob: The Chinatown Murders (1989) (tv)
デイヴィッド・ニーヴン
David Niven
Sir
James Bond
クレオパトラ Cleopatra (1934)
戦艦バウンティ号の叛乱 Mutiny on the Bounty (1935)
孔雀夫人 Dodsworth (1936)
進め龍騎兵 The Charge of the Light Brigade (1936)
ゼンダ城の虜 The Prisoner of Zenda (1937)
素晴らしき接吻 Dinner at the Ritz (1937)
青髭八人目の妻 Bluebeard's Eighth Wife (1938)
四人の復讐 Four Men and a Prayer (1938)
嵐ケ丘 Wuthering Heights (1939)
暁の討伐隊 The Real Glory (1939)
犯人は誰だ Raffles (1939)
最後の突撃 The Way Ahead (1944)
天国への階段 A Matter of Life and Death (1946)
アメリカの恋人 Magnificent Doll (1946)
気まぐれ天使 The Bishop's Wife (1947)
魅惑 Enchantment (1948)
快傑紅はこべ The Elusive Pimpernel (1950)
銀の靴 Happy Go Lovely (1951)
月蒼くして The Moon Is Blue (1953)
陽気のせいデス The Birds and the Bees (1956)
80日間世界一周 Around the World in Eighty Days (1956)
潮風のいたづら The Little Hut (1957)
いとしの殿方 My Man Godfrey (1957)
悲しみよこんにちは Bonjour tristesse (1958)
旅路 Separate Tables (1958)
恋の売り込み作戦 Ask Any Girl (1959)
ママは腕まくり Please Don't Eat the Daisies (1960)
ナバロンの要塞 The Guns of Navarone (1961)
好敵手 The Best of Enemies (1962)
ミサイル珍道中 The Road to Hong Kong (1962)
暗黒の銃弾 Guns of Darkness (1962)
北京の55日 55 Days at Peking (1963)
ピンクの豹 The Pink Panther (1963)
寝室ものがたり Bedtime Story (1964)
スパイがいっぱい Where the Spies Are (1965)
レディL Lady L (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
天使のいたずら Prudence and the Pill (1968)
素敵な年頃 The Impossible Years (1968)
大頭脳 Le cerveau (1969)
太陽にかける橋 ペーパー・タイガー Paper Tiger (1975)
名探偵登場 Murder by Death (1976)
ポール・ポジション Formula uno, febbre della velocità (1978)
ナイル殺人事件 Death on the Nile (1978)
オフサイド7 Escape to Athena (1979)
ラフ・カット Rough Cut (1980)
シーウルフ The Sea Wolves (1980)
ピンク・パンサー5 クルーゾーは二度死ぬ
 Curse of the Pink Panther (1983)
オーソン・ウェルズ
Orson Welles
Le Chiffre 市民ケーン Citizen Kane (1941)
偉大なるアンバーソン家の人々
 The Magnificent Ambersons (1942) (voice)
恐怖への旅 Journey Into Fear (1943)
ジェーン・エア Jane Eyre (1944)
離愁 Tomorrow Is Forever (1946)
上海から来た女 The Lady from Shanghai (1947)
マクベス Macbeth (1948)
第三の男 The Third Man (1949)
狐の王子 Prince of Foxes (1949)
黒ばら The Black Rose (1950)
オーソン・ウェルズのオセロ
 The Tragedy of Othello: The Moor of Venice (1952)
ナポレオン Napoléon (1955)
白鯨 Moby Dick (1956)
悪魔に支払え! Man in the Shadow (1957)
長く熱い夜 The Long, Hot Summer (1958)
黒い罠 Touch of Evil (1958)
自由の大地 The Roots of Heaven (1958)
香港定期船 Ferry to Hong Kong (1959)
ダビデとゴライアス David e Golia (1960)
黒い砦 I tartari (1961)
審判 Le procès (1962)
ロゴパグ Ro.Go.Pa.G. (1963)
予期せぬ出来事 The V.I.P.s (1963)
オーソン・ウェルズのフォルスタッフ
 Campanadas a medianoche (1965)
パリは燃えているか Paris brûle-t-il? (1966)
マルコ・ポーロ大冒険
 La fabuleuse aventure de Marco Polo (1965)
わが命つきるとも A Man for All Seasons (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
ジブラルタルの追想 The Sailor from Gibraltar (1967)
明日に賭ける I'll Never Forget What's'isname (1967)
非情の切り札 House of Cards (1968)
サファリ大追跡 The Southern Star (1969)
クレムリンレター 密書 The Kremlin Letter (1970)
004 アタック作戦
 Start the Revolution Without Me (1970)
ワーテルロー Waterloo (1970)
キャッチ22 Catch-22 (1970)
宝島 Treasure Island (1972)
そして誰もいなくなった
 Ein unbekannter rechnet ab (1974) (voice)
オーソン・ウェルズのフェイク 
さすらいの航海 Voyage of the Damned (1976)
クリスマスの出来事 It Happened One Christmas (1977) (tv)
将軍 SHOGUN Shogun (1980) (voice) (tv)
ノストラダムス 大王降臨(未)
 The Man Who Saw Tomorrow (1981)
トニー・カーチスの発明狂時代(未) Where Is Parsifal? (1983)
ジョアンナ・ペッティト
Joanna Pettet
Mata Bond グループ The Group (1966)
将軍たちの夜 The Night of the Generals (1967)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
大列車強盗団 Robbery (1967)
血と怒りの河 Blue (1968)
狼の館 The Best House in London (1969)
新・悪魔の棲む家(未) The Evil (1978)
テロリストファイター'91(未) Terror in Paradise (1990)
ダリア・ラヴィ
Daliah Lavi
The Detainer
007
明日なき夜 La fête espagnole (1961)
怪人マブゼの挑戦 Im Stahlnetz des Dr. Mabuse (1961)
明日になれば他人 Two Weeks in Another Town (1962)
青い波紋 Das Schwarz-weiß-rote Himmelbett (1962)
白い肌に狂う鞭 La frusta e il corpo (1963)
騎兵隊最後の砦 Old Shatterhand (1964)
女と男のある限り Das Große Liebesspiel (1963)
ロード・ジム Lord Jim (1965)
ヴィエナ超特急 Schüsse im Dreivierteltakt (1965)
姿なき殺人者 Ten Little Indians (1965)
サイレンサー 沈黙部隊 The Silencers (1966)
ブルドッグ作戦 The Spy with a Cold Nose (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
群衆の中の殺し屋 Nobody Runs Forever (1968)
マーベリックの黄金 Catlow (1971)
ウディ・アレン
Woody Allen
Dr. Noah
Jimmy Bond
* 脚本も兼任
デボラ・カー
Deborah Kerr
Agent Mimi
Lady Fiona McTarry
老兵は死なず The Life and Death of Colonel Blimp (1943)
黒水仙 Black Narcissus (1947)
キング・ソロモン King Solomon's Mines (1950)
クォ・ヴァディス Quo Vadis (1951)
ゼンダ城の虜 The Prisoner of Zenda (1952)
東方の雷鳴 Thunder in the East (1952)
悲恋の王女エリザベス Young Bess (1953)
ジュリアス・シーザー Julius Caesar (1953)
地上より永遠に From Here to Eternity (1953)
情事の終り The End of the Affair (1955)
誇りと冒涜 The Proud and Profane (1956)
王様と私 The King and I (1956)
お茶と同情 Tea and Sympathy (1956)
白い砂 Heaven Knows, Mr. Allison (1957)
めぐり逢い An Affair to Remember (1957)
悲しみよこんにちは Bonjour tristesse (1958)
旅路 Separate Tables (1958)
旅 The Journey (1959)
悲愁 Beloved Infidel (1959)
サンダウナーズ The Sundowners (1960)
六年目の疑惑 The Naked Edge (1961)
回転 The Innocents (1961)
ドーヴァーの青い花 The Chalk Garden (1964)
イグアナの夜 The Night of the Iguana (1964)
結婚専科 Marriage on the Rocks (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
天使のいたずら Prudence and the Pill (1968)
さすらいの大空 The Gypsy Moths (1969)
アレンジメント 愛の旋律 The Arrangement (1969)
検察側の証人 Witness for the Prosecution (1982) (tv)
炎のエマ Hold the Dream (1986) (tv)
ウィリアム・ホールデン
William Holden
Ransome ゴールデン・ボーイ Golden Boy (1939)
前科者 Invisible Stripes (1939)
我等の町 Our Town (1940)
アリゾナ Arizona (1940)
空の要塞 I Wanted Wings (1941)
掠奪の町 Texas (1941)
恋文騒動 Dear Ruth (1947)
コロラド The Man from Colorado (1948)
荒原の女 Rachel and the Stranger (1948)
テキサス決死隊 Streets of Laredo (1949)
サンセット大通り Sunset Blvd. (1950)
武装市街 Union Station (1950)
戦場の誓い Force of Arms (1951)
太平洋の虎鮫 Submarine Command (1951)
黒い街 The Turning Point (1952)
第十七捕虜収容所 Stalag 17 (1953)
月蒼くして The Moon Is Blue (1953)
女性よ永遠に Forever Female (1953)
ブラボー砦の脱出 Escape from Fort Bravo (1953)
重役室 Executive Suite (1954)
麗しのサブリナ Sabrina (1954)
喝采 The Country Girl (1954)
トコリの橋 The Bridges at Toko-Ri (1954)
慕情 Love Is a Many-Splendored Thing (1955)
ピクニック Picnic (1955)
誇りと冒涜 The Proud and Profane (1956)
ロケット・パイロット Toward the Unknown (1956)
戦場にかける橋 The Bridge on the River Kwai (1957)
鍵 The Key (1958)
騎兵隊 The Horse Soldiers (1959)
スージー・ウォンの世界 The World of Suzie Wong (1960)
誘惑の夜 Satan Never Sleeps (1962)
偽の売国奴 The Counterfeit Traitor (1962)
ライオン The Lion (1962)
パリで一緒に Paris - When It Sizzles (1964)
第七の暁 The 7th Dawn (1964)
アルバレス・ケリー Alvarez Kelly (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
コマンド戦略 The Devil's Brigade (1968)
ワイルドバンチ The Wild Bunch (1969)
クリスマス・ツリー L'arbre de Noël (1969)
夕陽の挽歌 Wild Rovers (1971)
ダーティハンター Open Season (1974)
タワーリング・インフェルノ The Towering Inferno (1974)
テロリスト・黒い九月 21 Hours at Munich (1976) (tv)
ネットワーク Network (1976)
悲愁 Fedora (1978)
オーメン2 ダミアン Damien: Omen II (1978)
オフサイド7 Escape to Athena (1979)
アシャンティ Ashanti (1979)
世界崩壊の序曲 When Time Ran Out... (1980)
アドベンチャー・ロード The Earthling (1980)
S.O.B. (未) S.O.B. (1981)
シャルル・ボワイエ
Charles Boyer
Le Grand キャラヴァン Caravan (1934)
歴史は夜作られる History Is Made at Night (1937)
征服 Conquest (1937)
カスバの恋(未) Algiers (1938)
ガス燈 Gaslight (1944)
凱旋門 Arch of Triumph (1948)
80日間世界一周 Around the World in Eighty Days (1956)
ファニー Fanny (1961)
おしゃれ泥棒 How to Steal a Million (1966)
パリは燃えているか Paris brûle-t-il? (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
裸足で散歩 Barefoot in the Park (1967)
幸せはパリで The April Fools (1969)
シャイヨの伯爵夫人 The Madwoman of Chaillot (1969)
失われた地平線 Lost Horizon (1973)
薔薇のスタビスキー Stavisky... (1974)
ジョン・ヒューストン
John Huston
McTarry
M
* 監督も兼任
クルト・カツナー
Kurt Kasznar
Smernov キス・ミー・ケイト Kiss Me Kate (1953)
雨の朝巴里に死す The Last Time I Saw Paris (1954)
旅 The Journey (1959)
北京の55日 55 Days at Peking (1963)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
サイレンサー第3弾 待伏部隊 The Ambushers (1967)
ジョージ・ラフト
George Raft
Himself 紐育の仇討 Under-Cover Man (1932)
バワリイ The Bowery (1933)
ボレロ Bolero (1934)
ピストルと音楽 Stolen Harmony (1935)
ガラスの鍵 The Glass Key (1935)
お熱いのがお好き Some Like It Hot (1959)
皆殺しのバラード Du rififi à Paname (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
ジャン=ポール・ベルモンド
Jean-Paul Belmondo
(as Jean Paul Belmondo)
French Legionnaire * クレジット名は「ジャン・ポール・ベルモンド」
黙って抱いて Sois belle et tais-toi (1958)
危険な曲り角 Les tricheurs (1958)
二重の鍵 À double tour (1959)
勝手にしやがれ À bout de souffle (1960)
墓場なき野郎ども Classe tous risques (1960)
雨のしのび逢い Moderato cantabile (1960)
フランス女性と恋愛 La Française et l'amour (1960)
ふたりの女 La ciociara (1960)
ビアンカ La Viaccia (1961)
女は女である Une femme est une femme (1961)
素晴らしき恋人たち Amours célèbres (1961)
勝負(かた)をつけろ Un nommé La Rocca (1961)
地上最笑の作戦 Il giorno più corto (1962)
大盗賊 Cartouche (1962)
冬の猿 Un singe en hiver (1962)
いぬ Le doulos (1962)
波止場 Mare matto (1963)
バナナの皮 Peau de banane (1963)
リオの男 L'homme de Rio (1964)
太陽の下の10万ドル Cent mille dollars au soleil (1964)
黄金の男 Échappement libre (1964)
ダンケルク Week-end à Zuydcoote (1964)
ある晴れた朝突然に Par un beau matin d'été (1965)
気狂いピエロ Pierrot le fou (1965)
カトマンズの男 Les tribulations d'un chinois en Chine (1965)
パリは燃えているか Paris brûle-t-il? (1966)
タヒチの男 Tendre voyou (1966)
パリの大泥棒 Le voleur (1967)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
オー! Ho! (1968)
あの愛をふたたび Un homme qui me plaît (1969)
大頭脳 Le cerveau (1969)
暗くなるまでこの恋を La sirène du Mississipi (1969)
ボルサリーノ Borsalino (1970)
コニャックの男 Les mariés de l'an II (1971)
華麗なる大泥棒 Le casse (1971)
ジャン=ポール・ベルモンドの交換結婚 Docteur Popaul (1972)
ラ・スクムーン La scoumoune (1972)
相続人 L'héritier (1973)
おかしなおかしな大冒険 Le magnifique (1973)
薔薇のスタビスキー Stavisky... (1974)
ジャン=ポール・ベルモンドの恐怖に襲われた街
 Peur sur la ville (1975)
ベルモンドの怪盗二十面相 L'incorrigible (1975)
危険を買う男 L'alpagueur (1976)
追悼のメロディ Le corps de mon ennemi (1976)
ムッシュとマドモアゼル L'animal (1977)
警部 Flic ou voyou (1979)
パリ警視J Le marginal (1983)
ソフィー・マルソー 恋にくちづけ Joyeuses Pâques (1984)
ライオンと呼ばれた男 Itinéraire d'un enfant gâté (1988)
百一夜 Les cent et une nuits de Simon Cinéma (1995)
レ・ミゼラブル Les misérables (1995)
ハーフ・ア・チャンス Une chance sur deux (1998)
パリの確率 Peut-être (1999)
テレンス・クーパー
Terence Cooper
Cooper
James Bond
007
美わしのロザリンダ Oh... Rosalinda!! (1955)
銃殺指令 Man in the Middle (1963)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
追いつめられて No Way Out (1987)
オージー・サンバ 死ぬほど愛して!!(未)
 The Shrimp on the Barbie (1990)
ノーサイド 25年目のスクラム Old Scores (1991)
バーバラ・ブーシェ
Barbara Bouchet
Moneypenny 何という行き方! What a Way to Go! (1964)
寝室ものがたり Bedtime Story (1964)
ちょっとご主人貸して Good Neighbor Sam (1964)
求婚専科 Sex and the Single Girl (1964)
危険な道 In Harm's Way (1965)
消されたスパイ Agent for H.A.R.M. (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
謀略ルート Danger Route (1967)
スイート・チャリティ Sweet Charity (1969)
タランチュラ La tarantola dal ventre nero (1971)
ミラノカリブロ9(未) Milano calibro 9 (1972)
マッキラー(未) Non si sevizia un paperino (1972)
ユル・ブリンナーの殺人ライセンス(未)
 Con la rabbia agli occhi (1976)
赤と黒の十字架 The Scarlet and the Black (1983) (tv)
ダイヤモンド・コネクション(未) Diamond Connection (1982)
ギャング・オブ・ニューヨーク Gangs of New York (2002)
アンジェラ・スコーラー
Angela Scoular
Buttercup 茂みの中の欲望 Here We Go Round the Mulberry Bush (1967)
伯爵夫人 A Countess from Hong Kong (1967)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
キャサリン大帝 Great Catherine (1968)
女王陛下の007 On Her Majesty's Secret Service (1969)
ガブリエラ・リクーディ
Gabriella Licudi
Eliza 宇宙から来た女(未) Unearthly Stranger (1963)
ローマ帝国の滅亡 The Fall of the Roman Empire (1964)
殺しのエージェント The Liquidator (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
ジョーカー野郎 The Jokers (1967)
サハリ! The Last Safari (1967)
これがピーター・セラーズだ! 艶笑・パリ武装娼館(未)
 Soft Beds, Hard Battles (1974)
トレイシー・クリスプ
Tracey Crisp
Heather 007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
クルーゾー警部 Inspector Clouseau (1968)
オリビア・ニュートン・ジョンのトゥモロー Toomorrow (1970)
ソング・オブ・ノルウェー Song of Norway (1970)
エレイン・テイラー
Elaine Taylor
Peg 心を繋ぐ6ペンス Half a Sixpence (1967)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
残酷な記念日(未) The Anniversary (1968)
栄光への賭け The Games (1970)
ジャクリーン・ビセット
Jacqueline Bisset
(as Jacky Bisset)
Miss Goodthighs * クレジット名は「ジャッキー・ビセット」
ナック The Knack ...and How to Get It (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
いつも2人で Two for the Road (1967)
刑事 The Detective (1968)
甘い暴走 The Sweet Ride (1968)
ブリット Bullitt (1968)
経験 The First Time (1969)
大空港 Airport (1970)
クリスチーヌの性愛記 The Grasshopper (1970)
悪魔のワルツ The Mephisto Waltz (1971)
さらば青春の日 Believe in Me (1971)
シークレット Secrets (1971)
ロイ・ビーン The Life and Times of Judge Roy Bean (1972)
映画に愛をこめて アメリカの夜 La nuit américaine (1973)
おかしなおかしな大冒険 Le Magnifique (1973)
オリエント急行殺人事件 Murder on the Orient Express (1974)
らせん階段 The Spiral Staircase (1975)
セント・アイブス St. Ives (1976)
ザ・ディープ The Deep (1977)
愛はエーゲ海に燃ゆ The Greek Tycoon (1978)
料理長殿、ご用心 Who Is Killing the Great Chefs of Europe? (1978)
ジャクリーン・ビセット 抱いて(未) Amo non amo (1979)
世界崩壊の序曲 When Time Ran Out... (1980)
ベストフレンズ Rich and Famous (1981)
恋のスクランブル Class (1983)
火山のもとで Under the Volcano (1984)
ベルリンは夜 Forbidden (1984)
ジャクリーン・ビセットのアンナ・カレーニナ Anna Karenina (1985) (tv)
ハイシーズン High Season (1987)
蘭の女 Wild Orchid (1990)
彼はメイド・イン・パリ The Maid (1991)
クライムブローカー 仮面の誘惑 CrimeBroker (1993) (tv)
メランコリー Les Marmottes (1993)
沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇 La Cérémonie (1995)
娼婦ベロニカ Dangerous Beauty (1998)
ニュー・イヤーズ・デイ 約束の日 New Year's Day (2001)
ドミノ Domino (2005)
セイブ・ザ・ラストダンス2(未) Save the Last Dance 2 (2006)
アレクサンドラ・バステード
Alexandra Bastedo
Meg 殺しのエージェント The Liquidator (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
カシミール決死行!!(未) Tibetana (1970)
夜明けの舗道 My Lover My Son (1970)
ブラッディ ドクター・ローレンスの悲劇(未) The Ghoul (1975)
ボロ・コップ(未) Find the Lady (1976)
バットマン ビギンズ Batman Begins (2005)
アンナ・クエイル
Anna Quayle
Frau Hoffner ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!
 A Hard Day's Night (1964)
結婚詐欺 Drop Dead Darling (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
チキ・チキ・バン・バン Chitty Chitty Bang Bang (1968)
シャーロック・ホームズの素敵な挑戦
 The Seven-Per-Cent Solution (1976)
失われた航海 S.O.S. Titanic (1979) (tv)
デレク・ニモ
Derek Nimmo
Hadley 求むハズ The Millionairess (1960)
桃色株式会社 The Amorous Prawn (1962)
俺は殺られる! The Small World of Sammy Lee (1963)
地獄のガイドブック Hot Enough for June (1964)
ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!
 A Hard Day's Night (1964)
殺しのエージェント The Liquidator (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
ロニー・コーベット
Ronnie Corbett
Polo 007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
ふたりのロニー騒動記 The Picnic (1975) (tv)
危険な動物たち Fierce Creatures (1997)
ジェーン・バーキン in シンデレラ Cinderella (2000) (tv)
コリン・ゴードン
Colin Gordon
Casino Director 脱走四万キロ The One That Got Away (1957)
鍵 The Key (1958)
ラブ・ハント講座 Don't Bother to Knock (1961)
ピンクの豹 The Pink Panther (1963)
苦い報酬 Bitter Harvest (1963)
殺しのエージェント The Liquidator (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
バーナード・クリビンズ
Bernard Cribbins
Taxi Driver 揚子江死の脱走
 Yangtse Incident: The Story of H.M.S. Amethyst (1957)
スージー・ウォンの世界 The World of Suzie Wong (1960)
好敵手 The Best of Enemies (1962)
新・泥棒株式会社 The Wrong Arm of the Law (1963)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
若草の祈り The Railway Children (1970)
フレンジー Frenzy (1972)
トレイシー・リード
Tracy Reed
Fang Leader 最後の突撃 The Way Ahead (1944)
博士の異常な愛情 Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb (1964)
暗闇でドッキリ A Shot in the Dark (1964)
吸血鬼シニスターの復讐(未) Devils of Darkness (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
ハマーヘッド Hammerhead (1968)
小さな恋のメロディ Melody (1971)
ジョン・ブルーサル
John Bluthal
Casino Doorman
M.I.5 Man
00H その時一発 Carry on Spying (1964)
ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!
 A Hard Day's Night (1964)
ナック The Knack ...and How to Get It (1965)
HELP!四人はアイドル Help! (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
ピンク・パンサー4 Revenge of the Pink Panther (1978)
スーパーマン III 電子の要塞 Superman III (1983)
フィフス・エレメント The Fifth Element (1997)
ダークシティ Dark City (1998)
ジェフリー・ベイルドン
Geoffrey Bayldon
Q 謎の訪問者 The Stranger Left No Card (1952)
桃色株式会社 The Amorous Prawn (1962)
北京の55日 55 Days at Peking (1963)
スパイがいっぱい Where the Spies Are (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
クルーゾー警部 Inspector Clouseau (1968)
フランケンシュタイン恐怖の生体実験
 Frankenstein Must Be Destroyed (1969)
魔界からの招待状(未) Tales from the Crypt (1972)
アサイラム・狂人病棟(未) Asylum (1972)
痴情の舌 Au Pair Girls (1972)
マダム・スザーツカ Madame Sousatzka (1988)
愛しすぎて 詩人の妻 Tom & Viv (1994)
ラヴェンダーの咲く庭で Ladies in Lavender. (2004)
ジョン・ウェルズ
John Wells
Q's Assistant 007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
無責任恋愛作戦 The Bobo (1967)
007 ユア・アイズ・オンリー For Your Eyes Only (1981)
グレイストーク 類人猿の王者 ターザンの伝説
 Greystoke: The Legend of Tarzan, Lord of the Apes (1984)
レボリューション・めぐり逢い Revolution (1985)
プリンセス・カラブー(未) Princess Caraboo (1994)
ダンカン・マクレー
Duncan Macrae
Inspector Mathis 若い河 Geordie (1955)
ハバナの男 Our Man in Havana (1959)
海賊船 Kidnapped (1960)
好敵手 The Best of Enemies (1962)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
グレアム・スターク
Graham Stark
Casino Cashier スパイ The Spy in Black (1939)
恐怖の五日間(未) Emergency Call (1952)
求むハズ The Millionairess (1960)
ダイナミック作戦 On the Fiddle (1961)
暗闇でドッキリ A Shot in the Dark (1964)
バタシの鬼軍曹 Guns at Batasi (1964)
アルフィー Alfie (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
君は銃口 俺は引金 Salt and Pepper (1968)
マジック・クリスチャン The Magic Christian (1969)
ピンク・パンサー2 The Return of the Pink Panther (1975)
ピンク・パンサー3 The Pink Panther Strikes Again (1976)
王子と乞食 Crossed Swords (1977)
ピンク・パンサー4 Revenge of the Pink Panther (1978)
ゼンダ城の虜 The Prisoner of Zenda (1979)
ビクター ビクトリア Victor Victoria (1982)
スーパーマン III 電子の要塞 Superman III (1983)
ピンク・パンサー5 クルーゾーは二度死ぬ
 Curse of the Pink Panther (1983)
チック・マレイ
Chic Murray
Chic 007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
The Ups and Downs of a Handyman (1975)
ジョナサン・ルース
Jonathan Routh
John 007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
30 Is a Dangerous Age, Cynthia (1968)
リチャード・ワッティス
Richard Wattis
British Army
Officer
水爆持逃げ道中 Top Secret (1952)
浮気は巴里で Innocents in Paris (1953)
恐怖の雪男(未) The Abominable Snowman (1957)
史上最大の作戦 The Longest Day (1962)
00H その時一発 Carry on Spying (1964)
モール・フランダースの愛の冒険
 The Amorous Adventures of Moll Flanders (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
チキ・チキ・バン・バン Chitty Chitty Bang Bang (1968)
ドッキリ・ボーイ 窓拭き大騒動
 Confessions of a Window Cleaner (1974)
ヴラデク・シェイバル
Vladek Sheybal
Le Chiffre's
Representative
地下水道 Kanal (1957)
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
死刑台への招待 Return from the Ashes (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
10億ドルの頭脳 Billion Dollar Brain (1967)
モスキート爆撃隊 Mosquito Squadron (1969)
恋する女たち Women in Love (1969)
最後の谷 The Last Valley (1970)
デンジャー・ポイント Puppet on a Chain (1971)
ボーイフレンド The Boy Friend (1971)
国際殺人局K ナンバーのない男 Innocent Bystanders (1972)
謎の円盤UFO UFO (11 episodes, 1970-1973) (tv)
スコルピオ Scorpio (1973)
風とライオン The Wind and the Lion (1975)
暗殺者を撃て The Sell-Out (1976)
レディ・バニッシュ 暗号を歌う女 The Lady Vanishes (1979)
アバランチエクスプレス Avalanche Express (1979)
アップル(未) The Apple (1980)
若き勇者たち Red Dawn (1984)
パーシー・ハーバート
Percy Herbert
1st Piper 宇宙からの侵略生物(未) Quatermass 2 (1957)
ナバロンの要塞 The Guns of Navarone (1961)
腰抜けアフリカ博士 Call Me Bwana (1963)
金庫破り The Cracksman (1963)
バタシの鬼軍曹 Guns at Batasi (1964)
恐竜100万年 One Million Years B.C. (1966)
トブルク戦線 Tobruk (1967)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
荒野に生きる Man in the Wilderness (1971)
ブラック・スネイク Black Snake (1973)
マッキントッシュの男 The MacKintosh Man (1973)
バレンチノ Valentino (1977)
ワイルド・ギース The Wild Geese (1978)
ロンドン・コネクション The London Connection (1979)
シーウルフ The Sea Wolves (1980)
ペニー・ライリー
Penny Riley
Control Girl Maroc 7 (1967)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
ジャンヌ・ローラン
Jeanne Roland
Captain
of the Guards
怪奇ミイラ男(未) The Curse of the Mummy's Tomb (1964)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
007は二度死ぬ You Only Live Twice (1967)
君は銃口 俺は引金 Salt and Pepper (1968)
ジェニファー・ベイカー
Jennifer Baker
(uncredited)
Le Chiffre's
assistant
* ノークレジット
ローマで起った奇妙な出来事
 A Funny Thing Happened on the Way to the Forum (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
きんぽうげ The Buttercup Chain (1970)
Tommy トミー Tommy (1975)
スーザン・ベイカー
Susan Baker
(uncredited)
Le Chiffre's
assistant
* ノークレジット
ローマで起った奇妙な出来事
 A Funny Thing Happened on the Way to the Forum (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
きんぽうげ The Buttercup Chain (1970)
Tommy トミー Tommy (1975)
R.S.M.ブリテイン
R.S.M. Brittain
(uncredited)
Sergeant Major * ノークレジット
コンクリート・ジャングル The Criminal (1960)
桃色株式会社 The Amorous Prawn (1962)
北京の55日 55 Days at Peking (1963)
ブルドッグ作戦 The Spy with a Cold Nose (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
エリック・チッティ
Erik Chitty
(uncredited)
Sir James Bond's
Butler
* ノークレジット
ドクトル・ジバゴ Doctor Zhivago (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
悪いことしましョ! Bedazzled (1967)
おませなツインキー Twinky (1969)
ソング・オブ・ノルウェー Song of Norway (1970)
若草の祈り The Railway Children (1970)
恐怖の吸血美女(未) Lust for a Vampire (1971)
墓場にて 魔界への招待・そこは地獄の始発駅(未)
 The Vault of Horror (1973)
遠すぎた橋 A Bridge Too Far (1977)
フランシス・コスレット
Frances Cosslett
(uncredited)
Michele * ノークレジット
Life at the Top (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
アレクサンダー・ドーレ
Alexander Doré
(uncredited)
Extra * ノークレジット
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
チキ・チキ・バン・バン Chitty Chitty Bang Bang (1968)
ヴァレンタイン・ディオール
Valentine Dyall
(uncredited)
Vesper Lynd's
assistant
Dr. Noah's voice
* ノークレジット
シーザーとクレオパトラ Caesar and Cleopatra (1945)
スペードの女王 The Queen of Spades (1949)
死霊の町 The City of the Dead (1960)
たたり The Haunting (1963)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
悪いことしましョ! Bedazzled (1967) (voice)
恐怖の吸血美女(未) Lust for a Vampire (1971)
ヴェロニカ・ガードニィエ
Veronica Gardnier
(uncredited)
Bond girl * ノークレジット
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
The Statue (1971)
ボブ・ゴドフレイ
Bob Godfrey
(uncredited)
Scottish Strongman * ノークレジット
HELP!四人はアイドル Help! (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
おかしな夫婦・大逆転!?(未) The Bliss of Mrs. Blossom (1968)
ジョン・ホリス
John Hollis
(uncredited)
Monk * ノークレジット
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
特攻大作戦 The Dirty Dozen (1967)
ピーター・セラーズのおとぼけパイレーツ(未)
 Ghost in the Noonday Sun (1973)
吸血鬼ハンター(未) Captain Kronos - Vampire Hunter (1974)
スーパーマン Superman (1978)
スーパーマン II 冒険篇 Superman II (1980)
フラッシュ・ゴードン Flash Gordon (1980)
007 ユア・アイズ・オンリー For Your Eyes Only (1981)
スーパーマン4 最強の敵
 Superman IV: The Quest for Peace (1987)
アンジェリカ・ヒューストン
Anjelica Huston
(uncredited)
Agent Mimi's
Hands
* ノークレジット
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
愛と死の果てるまで A Walk with Love and Death (1969)
カッコーの巣の上で One Flew Over the Cuckoo's Nest (1975)
カリブの嵐 Swashbuckler (1976)
ラスト・タイクーン The Last Tycoon (1976)
郵便配達は二度ベルを鳴らす
 The Postman Always Rings Twice (1981)
女優フランシス Frances (1982)
スペース・パイレーツ The Ice Pirates (1984)
女と男の名誉 Prizzi's Honor (1985)
友よ、風に抱かれて Gardens of Stone (1987)
ザ・デッド 「ダブリン市民」より The Dead (1987)
ハンドフル・オブ・ダスト A Handful of Dust (1988)
ミスター・ノース 風をはこんだ男 Mr. North (1988)
ウディ・アレンの重罪と軽罪 Crimes and Misdemeanors (1989)
敵、ある愛の物語 Enemies: A Love Story (1989)
グリフターズ 詐欺師たち The Grifters (1990)
アダムス・ファミリー The Addams Family (1991)
ザ・プレイヤー The Player (1992)
マンハッタン殺人ミステリー Manhattan Murder Mystery (1993)
運命の瞬間 そしてエイズは蔓延した
 And the Band Played On (1993) (tv)
アダムス・ファミリー2 Addams Family Values (1993)
太陽に抱かれて The Perez Family (1995)
クロッシング・ガード The Crossing Guard (1995)
冷たい一瞬を抱いて Bastard Out of Carolina (1996) (director)
バッファロー'66 Buffalo '66 (1998)
フェニックス Phoenix (1998)
エバー・アフター Ever After (1998)
金色の嘘 The Golden Bowl (2000)
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ The Royal Tenenbaums (2001)
ブラッド・ワーク Blood Work (2002)
チャーリーと14人のキッズ Daddy Day Care (2003)
ケイナ Kaena: La prophétie (2003) (voice: English version)
ライフ・アクアティック The Life Aquatic with Steve Zissou (2004)
ダージリン急行 The Darjeeling Limited (2007)
バート・クウォーク
Burt Kwouk
(uncredited)
Chinese General * ノークレジット
誘惑の夜 Satan Never Sleeps (1962)
暗闇でドッキリ A Shot in the Dark (1964)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger (1964)
蝿男の呪い(未) Curse of the Fly (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
007は二度死ぬ You Only Live Twice (1967)
0(ゼロ)の決死圏 The Chairman (1969)
ピンク・パンサー2 The Return of the Pink Panther (1975)
ローラーボール Rollerball (1975)
ピンク・パンサー3 The Pink Panther Strikes Again (1976)
ピンク・パンサー4 Revenge of the Pink Panther (1978)
ピンク・パンサー5 クルーゾーは二度死ぬ
 Curse of the Pink Panther (1983)
プレンティ Plenty (1985)
太陽の帝国 Empire of the Sun (1987)
エア★アメリカ Air America (1990)
キス・オブ・ザ・ドラゴン Kiss of the Dragon (2001)
すべては愛のために Beyond Borders (2003)
ゲート・トゥ・ヘヴン Gate to Heaven (2003)
ジョン・ル・メスリエ
John Le Mesurier
(uncredited)
M's Driver * ノークレジット
ベン・ハー Ben-Hur (1959)
ダイナミック作戦 On the Fiddle (1961)
ピンクの豹 The Pink Panther (1963)
スパイがいっぱい Where the Spies Are (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
君は銃口 俺は引金 Salt and Pepper (1968)
ドッキリ・ボーイ 窓拭き大騒動
 Confessions of a Window Cleaner (1974)
料理長殿、ご用心
 Who Is Killing the Great Chefs of Europe? (1978)
天才悪魔フー・マンチュー
 The Fiendish Plot of Dr. Fu Manchu (1980)
デイヴィッド・ロッジ
David Lodge
(uncredited)
Bit Role * ノークレジット
血の河 Pirates of Blood River (1962)
幽霊島 Captain Clegg (1962)
新・泥棒株式会社 The Wrong Arm of the Law (1963)
港の売春街 Saturday Night Out (1964)
暗闇でドッキリ A Shot in the Dark (1964)
バタシの鬼軍曹 Guns at Batasi (1964)
5人の週末 Catch Us If You Can (1965)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
狂ったメス Corruption (1968)
フィクサー The Fixer (1968)
マジック・クリスチャン The Magic Christian (1969)
若草の祈り The Railway Children (1970)
ピンク・パンサー2 The Return of the Pink Panther (1975)
サハラ Sahara (1983)
ジキルとハイド Edge of Sanity (1989)
イヴォンヌ・マーシュ
Yvonne Marsh
(uncredited)
Bond girl * ノークレジット
ギルバートとサリバン(未)
 The Story of Gilbert and Sullivan (1953)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
ロアルド・ダール劇場 予期せぬ出来事
 Tales of the Unexpected - Accidental Death (1984) (tv)
バリー・メルローズ
Barrie Melrose
(uncredited)
Extra * ノークレジット
* プロダクション・マネージャーも兼任
スターリング・モス
Stirling Moss
(uncredited)
Driver * ノークレジット
The Beauty Jungle (1964)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
キャロライン・マンロー
Caroline Munro
(uncredited)
Control Room Girl * ノークレジット
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
西部野郎奮戦記(未) A Talent for Loving (1969)
怪人ドクター・ファイブス(未) The Abominable Dr. Phibes (1971)
怪人ドクター・ファイブスの復活(未) Dr. Phibes Rises Again (1972)
ドラキュラ'72 Dracula A.D. 1972 (1972)
シンドバッド黄金の航海 The Golden Voyage of Sinbad (1974)
吸血鬼ハンター(未) Captain Kronos - Vampire Hunter (1974)
ベビー・ゾンビ 鮮血の産ぶ声(未) I Don't Want to Be Born (1975)
地底王国 At the Earth's Core (1976)
007 私を愛したスパイ The Spy Who Loved Me (1977)
スタークラッシュ(未) Starcrash (1979)
マニアック Maniac (1980)
新マニアック(未) The Last Horror Film (1982)
ブラッド・エイプリル・フール(未) Slaughter High (1986)
フェイスレス Faceless (1988)
デモンズ6 最終戦争(未) Il gatto nero (1990)
ピーター・オトゥール
Peter O'Toole
(uncredited)
Piper * ノークレジット
海賊船 Kidnapped (1960)
バレン The Savage Innocents (1960)
アラビアのロレンス Lawrence of Arabia (1962)
ベケット Becket (1964)
ロード・ジム Lord Jim (1965)
何かいいことないか子猫チャン What's New, Pussycat (1965)
おしゃれ泥棒 How to Steal a Million (1966)
天地創造 The Bible: In the Beginning... (1966)
将軍たちの夜 The Night of the Generals (1967)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
冬のライオン The Lion in Winter (1968)
キャサリン大帝 Great Catherine (1968)
チップス先生さようなら Goodbye, Mr. Chips (1969)
マーフィの戦い Murphy's War (1971)
ラ・マンチャの男 Man of La Mancha (1972)
ローズバッド Rosebud (1975)
パワープレイ Power Play (1978)
カリギュラ Caligola (1979)
スタントマン The Stunt Man (1980)
スーパーガール Supergirl (1984)
クリエイター Creator (1985)
ラストエンペラー The Last Emperor (1987)
プランケット城への招待状 High Spirits (1988)
ムーンリットナイト In una notte di chiaro di luna (1989)
ラルフ一世はアメリカン King Ralph (1991)
フェアリーテイル FairyTale: A True Story (1997)
ファントム Phantoms (1998)
トロイ Troy (2004)
名犬ラッシー Lassie (2005)
ヴィーナス Venus (2006)
レミーのおいしいレストラン Ratatouille (2007) (voice)
スターダスト Stardust (2007)
デイヴィッド・プラウズ
David Prowse
(uncredited)
Frankenstein's
Creature
* ノークレジット
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
ハマーヘッド Hammerhead (1968)
大逆転 Crossplot (1969)
時計じかけのオレンジ A Clockwork Orange (1971)
吸血鬼サーカス団 Vampire Circus (1972)
ブラック・スネイク Black Snake (1973)
フランケンシュタインと地獄の怪物(未)
 Frankenstein and the Monster from Hell (1974)
スター・ウォーズ Star Wars (1977)
続・恐竜の島 The People That Time Forgot (1977)
スター・ウォーズ 帝国の逆襲
 Star Wars: Episode V - The Empire Strikes Back (1980)
スター・ウォーズ ジェダイの復讐
 Star Wars: Episode VI - Return of the Jedi (1983)
ミルトン・リード
Milton Reid
(uncredited)
Temple Guard * ノークレジット
生きていた吸血鬼 Blood of the Vampire (1958)
香港定期船 Ferry to Hong Kong (1959)
南海漂流 Swiss Family Robinson (1960)
幽霊島 Captain Clegg (1962)
007 ドクター・ノオ Dr. No (1962)
北京の55日 55 Days at Peking (1963)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
姿なき殺人 Berserk! (1967)
キャサリン大帝 Great Catherine (1968)
世界殺人公社 The Assassination Bureau (1969)
狼の館 The Best House in London (1969)
ホースメン The Horsemen (1971)
ピンク・パンサー2 The Return of the Pink Panther (1975)
続・恐竜の島 The People That Time Forgot (1977)
007 私を愛したスパイ The Spy Who Loved Me (1977)
ロバート・ロウランド
Robert Rowland
(uncredited)
MI5 Agent * ノークレジット
白夜の陰獣 Rasputin: The Mad Monk (1966)
アラベスク Arabesque (1966)
恐怖との遭遇(未) The Deadly Affair (1966)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1967)
姿なき殺人 Berserk! (1967)
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.