Return To Top
The Usual Suspects
ユージュアル・サスペクツ (1995) USA / Germany 106min.
Introduction 序盤アウトライン
カリフォルニア州サンペドロ。停泊中のアルゼンチン国籍の船舶が炎上する中、27体もの遺体が発見されると云う謎の事件が発生、大火傷を負った生存者が病院に搬送される中、僅か2名とされるもう一名の生存者ヴァーバル・キントは、軽銃器不法所持に問われるだけの保釈の時を迎えようとしていた。そんな中、NYからサンペドロ警察署を訪れた関税局の特別捜査官クイヤンによる土俵際でのキントの尋問が開始される。かねてからマークしていた元汚職警官のキートンこそが事件の中心人物だと睨むクイヤンは、キートンが射殺されたと語るキントの証言に疑惑を抱くが、そんな中、キントの証言から新たな事実が浮上、それは、姿なき伝説の犯罪者「カイザー・ソゼ」が事件に関与していた事を示唆するものだった。当初は、信憑性も薄いキントの話を真に受けようともしなかったクイヤンだったが、やがて、周辺捜査の情報からキントの証言に符合する事実が浮上、その姿なき犯罪者による事件の全貌が明らかになるのだがーー
Various Note メモ
クセのある5人の犯罪者たちが問答無用の状況下で危険なヤマを踏まされる中、「伝説の犯罪者」と呼ばれるその黒幕の正体が明らかにされるまでの過程を絶妙な構成で綴るシナリオ。95年度のアカデミーでは、その卓越した構成力で脚本賞に輝いたクリストファー・マッカリーと共に助演男優賞を獲得したケヴィン・スペイシーだが、彼が十八番とするシニカルなキャラクター像とは違う赤裸々な感情を爆発させての受賞スピーチは忘れられない所。シナリオの構成力も然る事ながら、粒揃いとなった灰汁の強い面々の個性を平らに均すブライアン・シンガーの演出力にも注目。ハリウッドのサスペンスも頭打ちとまで囁かれていた95年の公開当時、クリストファー・マッカリーとブライアン・シンガーと云うノンキャリアにも等しい新人コンビの成功は、後年、さまざまな傑作ミステリーで再生するハリウッドの大きな起爆剤となった。

以下、完全ネタバレ。未鑑賞の方はご留意下さい。
誰もが唸らされた絶妙なシナリオながらも、その実、プロット自体は非常にシンプル。その内容は、過去に踏んだヤマで直接関与した全ての関係者を葬り去る事で自らの存在を伝説化させた犯罪者が、自らの存在を脅かす一人の証人を消し去る為に4人の犯罪者を利用すると云うその大立ち回りを描くだけのもの。そんなシンプルなプロットのパンチラインも、「伝説の犯罪者」と「最もひ弱な犯罪者」と云う相容れぬ2人のキャラクターが同一人物だったと云うだけのものだが、このシンプルさこそが空前の大ヒットを生み出した要因に他ならない。スリリング且つ秀逸な伏線の数々とシンプル且つ明瞭なオチ。そんなミステリーの基本を遵守する作品も60年代以降は影を潜めていただけに、70年代以降のミステリーファンなどには殊更斬新なものに映ったはず。
ケヴィン・スペイシー以外の起用はあり得なかったと云うキントの配役だが、特別捜査官クイヤンの配役にはロバート・デニートとクリストファー・ウォーケン、キートンの配役にはアル・パチーノと云うビッグネームにもオファーが出されていた。ちなみに、スケジュールの都合で辞退したと云うパチーノは、完成後の作品を目の当たりにした後年、生涯で最も悔いていると述懐。ちなみに、ケヴィン・スペイシー演じるキントa.k.a.伝説の犯罪者「カイザー・ソゼ」と云うキャラクターは、いずれは報復される運命にあった家族を皆殺しにした後、17年間地下に潜伏していたジョン・リストと云う実在の犯罪者をモデルにしたもの。
そもそもは、5人の曲者が容疑者として顔を揃える宣材のコンセプトから肉付けされたものだったと云うシナリオだが、序盤でも強烈な印象を残すその面通しのシーンは、その実、半ばNGにも近いテイクだったもの。ちなみに、自棄モードのフェンスター(ベニチオ・デル・トロ)に対して"In English please"と注意を促すセリフは、デル・トロに対してスクリプトを正しく読み上げるように注意するクリストファー・マッカリー(脚本家)の声。実際に何度見ても笑えるこのシーンは、終日の撮影で憔悴しきっていたキャストらの素の表情が偶発的に功を奏したものだった。レッドフット(ピーター・グリーン)と2度目に面談したマクマナス(スティーヴン・ボールドウィン)が顔面にはじかれたタバコに激怒するシーンも、実は胸元を狙ったはずだったタバコが顔面に飛んで来た事に憤慨したボールドウィンのありのままの表情が捉えられたもの。
テラー自身を犯人とするミステリーなども数多く存在する中、ここまで驚かされると云うのもごく稀。シナリオでは伏線として提示されるキントの作り話だが、その創作たる所以を急転直下のワンシーンで指し示すクライマックスには目を丸くさせられる。ただ、そのでっち上げのモチーフでも重要なものは、腹心的存在の弁護士を語る人物の名前を「コバヤシ」と偽るものだけで、イリノイでアカペラ四重奏を結成していた話とそのメンバーの一人が肥満体でストレス症の人物だったという話、グアテマラのコーヒー園で働いていたと云う話やLAの故買屋として登場するレッドフットと云う人物の名前など、実はどうでも良いものばかり。
キートンの仇敵として登場する関税局の特別捜査官クイヤンが登場する行は全てが事実で、銃器強奪事件で5人の面通しが行われたNYの場面からクライマックスまでの経緯は、キートンこそがカイザー・ソゼだと信じ込ませる為の限りなく茶番劇に近いもの。要は、クイヤンの行や刑事弁護士イーディ(キートンの恋人)を人質同様の形で抱き込んでいた事、売人と2人のボディガードを殺害する駐車場での事件のように警察当局に記録が残されるような部分的な真実を除けば、そのディテールを取り上げて真相を吟味する事などもナンセンスだったと云う事で、仮に、面通しが行われたNYのシークエンスからクライマックスにすっ飛ばしたような物語でも、何ら理解するにも苦しむ必要のないシンプルなプロットだったと云う事。
そんなシンプルなプロットながらも、厚みのある伏線によってクライマックスでは仰天させられる1度目の鑑賞だが、クイヤンが手にするコーヒーカップの底を注視するキントの目線や、細部にまで配慮された演出のディテールに気付ける2度目の鑑賞は、更に面白かったりもする。驚愕の結末を生命線にするストレートなミステリーで2度以上楽しめる作品と云うのも、実は何気に珍しい。スコアの作曲者(ジョン・オットマン)が編集を兼任すると云うのも珍しいが、ここでのスコアを背景にダイアローグが登場するシークエンスは要注意。その二足の草鞋を履く仕事の必然性にも直ぐに気付けるはず。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ブライアン・シンガー
Bryan Singer
パブリック・アクセス Public Access
ゴールデンボーイ Apt Pupil
X-メン X-Men
X-MEN2 X2
スーパーマン リターンズ Superman Returns
製作
Produced by
ブライアン・シンガー
Bryan Singer
* 監督も兼任
マイケル・マクドネル
Michael McDonnell
愛さずにはいられない Fools Rush In
ルール Urban Legend
製作総指揮
Executive Producers
ロバート・ジョーンズ
Robert Jones
泉のセイレーン Sirens
ゴスフォード・パーク Gosford Park
ナイロビの蜂 The Constant Gardener
ハンス・ブロックマン
Hans Brockmann
ハードエイト(未) Sydney
泉のセイレーン Sirens
悪魔のくちづけ The Serpent's Kiss
フランソワ・デュプラ
François Duplat
ヨーロッパ Europa
ハードエイト(未) Sydney
悪魔のくちづけ The Serpent's Kiss
アート・ホラン
Art Horan
The Ballad of Ramblin' Jack (2000)
脚本
Written by
クリストファー・マッカリー
Christopher McQuarrie
パブリック・アクセス Public Access
誘拐犯 The Way of the Gun
撮影
Cinematography by
ニュートン・トーマス・サイジェル
Newton Thomas Sigel
悪魔を憐れむ歌 Fallen
ブロークダウン・パレス Brokedown Palace
コンフェッション Confessions of a Dangerous Mind
X-MEN2 X2
ブラザーズ・グリム The Brothers Grimm
スーパーマン リターンズ Superman Returns
美術
Production Design by
ハワード・カミングス
Howard Cummings
ロング・キス・グッドナイト The Long Kiss Goodnight
レインメーカー The Rainmaker
ダブル・ジョパディー Double Jeopardy
衣装デザイン
Costume Design by
ルイーズ・ミンゲンバック
Louise Mingenbach
X-メン X-Men
X-MEN2 X2
スーパーマン リターンズ Superman Returns
編集と音楽
Edited & Music by
ジョン・オットマン
John Ottman
パブリック・アクセス Public Access
ケーブル・ガイ The Cable Guy
グリム・ブラザーズ スノーホワイト
 Snow White: A Tale of Terror
コール Trapped
スパイダー パニック! Eight Legged Freaks
ゴシカ Gothika
X-MEN2 X2
ファンタスティック・フォー Fantastic Four
蝋人形の館 House of Wax
ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ
 Hide and Seek
スーパーマン リターンズ Superman Returns
挿入曲
Various Music
Le sons et les parfums tournent dans l'air du soir
 - Jon Kull (written by Claude Debussy)
Steppin' Out - Paul Nelson
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
スティーヴン・ボールドウィン
Stephen Baldwin
Michael McManus ホームボーイ Last Exit to Brooklyn
ブルックリン最終出口 Homeboy
7月4日に生まれて Born on the Fourth of July
N.Y.殺人捜査線 One Tough Cop
スティーヴン・ボールドウィン
ガブリエル・バーン
Gabriel Byrne
Dean Keaton ザ・キープ The Keep
ゴシック Gothic
欲望 A Dangerous Woman
ミラーズ・クロッシング Miller's Crossing
デッドマン Dead Man
スティグマータ 聖痕 Stigmata
エンド・オブ・デイズ End of Days
ゴーストシップ Ghost Ship
アサルト13 要塞警察 Assault on Precinct 13
ベニチオ・デル・トロ
Benicio Del Toro
Fred Fenster 007 消されたライセンス Licence to Kill
バスキア Basquiat
ザ・ファン The Fan
誘拐犯 The Way of the Gun
トラフィック Traffic
プレッジ The Pledge
スナッチ Snatch.
21グラム 21 Grams
ハンテッド The Hunted
シン・シティ Sin City
ケヴィン・ポラック
Kevin Pollak
Todd Hockney わが心のボルチモア Avalon
ア・フュー・グッドメン A Few Good Men
カジノ Casino
エンド・オブ・デイズ End of Days
ウェディング・プランナー The Wedding Planner
隣のヒットマンズ The Whole Ten Yards
ホステージ Hostage
ケヴィン・スペイシー
Kevin Spacey
'Verbal'
Roger Kint
ワーキング・ガール Working Girl
隣人 Consenting Adults
セブン Se7en
アウトブレイク Outbreak
評決のとき A Time to Kill
L.A.コンフィデンシャル L.A. Confidential
アメリカン・ビューティー American Beauty
ペイ・フォワード 可能の王国 Pay It Forward
ライフ・オブ・デビッド・ゲイル The Life of David Gale
チャズ・パルミンテリ
Chazz Palminteri
Dave Kujan,
US Customs
オスカー Oscar
イノセント・ブラッド Innocent Blood
ブロンクス物語 愛につつまれた街 A Bronx Tale
ブロードウェイと銃弾 Bullets Over Broadway
太陽に抱かれて The Perez Family
狼たちの街 Mulholland Falls
ピート・ポスルスウェイト
Pete Postlethwaite
Kobayashi エイリアン3 Alien³
父の祈りを In the Name of the Father
ブラス! Brassed Off
ダーク・ウォーター Dark Water
ナイロビの蜂 The Constant Gardener
オーメン The Omen (2006)
ジャンカルロ・エスポジート
Giancarlo Esposito
Jack Baer,
FBI
大逆転 Trading Places
コットンクラブ The Cotton Club
ドゥ・ザ・ライト・シング Do the Right Thing
キング・オブ・ニューヨーク King of New York
マルコムX Malcolm X
ブルー・イン・ザ・フェイス Blue in the Face
スモーク Smoke
スージー・エイミス
Suzy Amis
Edie Finneran ファンダンゴ Fandango
ビッグタウン The Big Town
ツイスター Twister
タイタニック Titanic
ダン・ヘダヤ
Dan Hedaya
Sgt.
Jeffrey Rabin
ハンガー The Hunger
ブラッド・シンプル Blood Simple.
タイトロープ Tightrope
コマンドー Commando
パシフィック・ハイツ Pacific Heights
アダムス・ファミリー The Addams Family
ポール・バーテル
Paul Bartel
Smuggler 眠れぬ夜のために Into the Night
バスキア Basquiat
黒豹のバラード Posse
カール・ブレスラー
Carl Bressler
Saul Berg ストリート・エンジェル 復讐の街角 Avenging Angel
ミスター・アーサー2(未) Arthur 2: On the Rocks
フィリップ・サイモン
Phillip Simon
Fortier サンダウン Sundown: The Vampire in Retreat
アリバイ(未) The Little Death
ジャック・シェアラー
Jack Shearer
Renault 交渉人 The Negotiator
エンド・オブ・デイズ End of Days
ハートブレイカー Heartbreakers
クリスティン・エスタブルック
Christine Estabrook
Dr. Plummer シー・オブ・ラブ Sea of Love
推定無罪 Presumed Innocent
クール・ボーダーズ Grind
ミッションX Catch That Kid
モーガン・ハンター
Morgan Hunter
Arkosh Kovash サイボーグコップ2 Cyborg Cop II
アウターゴールド Precious Find
ゾンヴァイア 死霊大血戦(未) Legion of the Dead
ミシェル・クラニー
Michelle Clunie
Sketch Artist 13日の金曜日 ジェイソンの命日
 Jason Goes to Hell: The Final Friday
ミッドナイト・ラン 1 にくめない詐欺師
 Another Midnight Run (tv)
ヴィト・ダンブロージオ
Vito D'Ambrosio
Arresting Officer アンタッチャブル The Untouchables
靴をなくした天使 Hero
宇宙戦争 War of the Worlds
スマダール・ハンソン
Smadar Hanson
Keyser's Wife 訴訟 Class Action
ミッドナイトDJ Midnight Caller (tv)
ミセス・ダウト Mrs. Doubtfire
カストゥーヨ・ゲラ
Castulo Guerra
Arturro Marquez ナッツ Nuts
ターミネーター2 Terminator 2: Judgment Day
アラモ The Alamo (2004)
ジョン・ギレスピー
John Gillespie
unknown
(uncredited)
* ノークレジット
ドクター・モローの島 The Island of Dr. Moreau
スペース・パイレーツ The Ice Pirates
グリフターズ 詐欺師たち The Grifters
ピーター・グリーン
Peter Greene
Redfoot the Fence
(uncredited)
* カメオ出演
マスク The Mask
パルプ・フィクション Pulp Fiction
暴走特急 Under Siege 2: Dark Territory
ジャッジメント・ナイト Judgment Night
トレーニング デイ Training Day
沈黙のテロリスト Ticker
クリストファー・マッカリー
Christopher McQuarrie
Interrogation Cop
(uncredited)
* 脚本も兼任
* ノークレジット
スコット・B.モーガン
Scott B. Morgan
Keyser Söze
(in flashback)
(uncredited)
* ノークレジット
Greater Southbridge (2003)
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.