Return To Top
United 93
ユナイテッド93 (2006) France / UK / USA 111min.
Introduction 序盤アウトライン
2001年9月11日、ボストン、ワシントンDC、NYを出発した4機の旅客機がハイジャックされる中、うち3機の旅客機によってニューヨーク世界貿易センターのツインタワーと米国防総省本庁が自爆テロに曝される。そんな中、NYを出発したユナイテッド航空93便では、テロリストの自爆テロ行為を察知した乗客が反撃を試みようとしていたーー
Various Note メモ
9.11のテロ当日、ユナイテッド航空93便の機内で起こった顛末をリアルに再現する衝撃作。脚本と監督は「ブラディ・サンデー」「ボーン・スプレマシー」のポール・グリーングラス。クランクイン以前から綿密なコンタクトが取られていた犠牲者遺族も、真っ先に行われたプレミア試写会では賛同の声を寄せた一遍。機内電話や携帯電話で複数の犠牲者と交わされた交信記録や、その当事者遺族の証言によって事件当時の模様をドキュメントタッチで再現する映像だが、元パイロットの乗客も搭乗していた中、客室のイニシアティヴも奪回しながら墜落に曝される事実には改めて絶句させられる。

以下、2001年9月11日の経過とさまざまな周囲の動きを時間数列順で端的に列記。

午前7時54分

アメリカン航空11便(ボストン発LA行き/ボーイング767-200 N334AA/乗客81名と乗員11名)が遅延出発。
午前8時14分
ユナイテッド航空175便(ボストン発LA行き/ボーイング767-200 N612UA/乗客56名と乗員9名)が遅延出発。そのほぼ同時刻、アメリカン航空11便のコクピットをハイジャッカーが占拠。
午前8時20分
アメリカン航空77便(ワシントンDC発LA行き/ボーイング757-200 N644AA/乗客58名と乗員6名)が出発。
午前8時23分
ハイジャックされたアメリカン航空11便が南に進路を変更。そのアメリカン航空11便のハイジャックについての情報を管制塔と交わしたユナイテッド航空175便もハイジャッカーが制圧(8時43分頃までの出来事)。
午前8時40分
奇しくも年一度の防衛訓練を迎えていた米航空宇宙防衛司令部(NORAD)にアメリカン航空11便のハイジャックの第一報が届けられる。
午前8時42分
ユナイテッド航空93便(NY発サンフランシスコ行き/ボーイング757-200 N591UA/4名のハイジャッカーを含む乗客37名と乗員7名)が混雑の為に遅延出発。
午前8時46分
アメリカン航空11便がニューヨーク世界貿易センターのツインタワー北棟に突入。ハイジャックされて間もなかったユナイテッド航空175便もニューヨークに進路を変更。この際、フロリダに居たブッシュ大統領は視察予定先のサラソータの小学校へ向う専用車の車中に。ホワイトハウスとの電話会議も行われたが、大統領本人はもとより補佐官らの周辺スタッフらも旅客機のツインタワー北棟突入を事故と捉えていた為に予定通り視察先の小学校へ。
午前8時50分
アメリカン航空77便をハイジャッカーが制圧。北に進路を変えた後、南に転回、間もなくして進路を東に変更。北に進路を変えた時点から続けられていた管制塔との交信も約3分間で不通に。
午前8時52分
マサチューセッツ州の空軍基地からF-15戦闘機2機がスクランブル発進。アメリカン11便のハイジャックに対処すべく発進したF-15だったが、その出動もツインタワー北棟に11便が突入した後での事で、操縦士は事態すら把握していなかった。
午前9時03分
ユナイテッド航空175便がニューヨーク世界貿易センターのツインタワー南棟に突入。一方、先に出動していたF15はロングアイランド湾での待機を経てNYへの進入を命じられていたが、これもユナイテッド175便が南棟に突入した後での事。そもそも旅客機を攻撃出来る権限を持たないF-15に出来る任務と云えば進路妨害ぐらいだった。この間、ノースカロライナ上空で訓練飛行中だったF-16戦闘機3機がワシントンDCに呼ばれているが、基地で待機した後にアメリカン航空77便を追跡する為に再発進しながらも先の訓練飛行の影響で燃料不足に。しかも、3機の内の2機は訓練用模擬弾のみが搭載されたお粗末な装備だった。追突の直後、FAAが国内全ての空港閉鎖を決定。事件の際のブッシュ大統領の応対については、「華氏911」でも取り上げられていた通り。小学校を視察中だったブッシュ大統領は補佐官から事態の報告を受けていたが、7分間にわたり小学生の朗読に耳を傾けていた。小学生を褒め称えた直後、隣室での補佐官との会話の後、ライス補佐官と州知事への電話連絡を経てTVカメラで国民への演説を展開した大統領は、9時30分に小学校を出発、3マイル先の空港へ向う。ホワイトハウス(屋上には防空用スティンガーミサイルも装備)で執務を行っていたチェイニー副大統領やライス国家安全保障担当補佐官、数名の閣僚は、この事件の直後にシークレットサービスの誘導で地下壕へ避難。
午前9時27分
ユナイテッド航空93便をハイジャッカーが制圧。クリーヴランド上空で南に進路を変更した後、南東方角のワシントンを目指している事を管制塔に通告、その標的が合衆国議会議事堂もしくはホワイトハウスである事を示唆。
午前9時30分
ワシントンDCに先に呼ばれたF-16とは別の攻撃用サイドワインダーを装備したF-16戦闘機3機がワシントン近辺に飛来。旅客機迎撃の権限も与えられていたF-16だったが、結果的にはアメリカン航空77便に合流する事はなく、このわずか8分後にペンタゴンが攻撃に曝される事に。
午前9時36分
ペンタゴンの執務室で議員と懇談していたラムズフェルド国防長官のもとにツインタワー攻撃の知らせが入るが、その2分後、アメリカン航空77便が今まさにペンタゴンに激突しようとしていた事も国防長官は知らずにいた。
午前9時38分
アメリカン航空77便が米国防総省ペンタゴン本庁に激突。地面を滑走しながら高速で激突・炎上した機体は原形も留めぬ状態に。攻撃の直後、流血する女性職員を抱きかかえて避難したラムズフェルド国防長官は、救急車の到着まで女性職員を看病。国防長官が現場から避難したのも惨劇から数十分が経過した後の事だった。南米ペルーを訪問中だったパウエル国務長官は、ツインタワーおよびペンタゴンへの攻撃の報告を受けた直後、帰国の途に。ちなみに、米合衆国軍の一定規模の動員に対して迎撃体制を取る冷戦時代のオプションを残していたロシアのプーチン大統領は、「米合衆国軍の今回の動員に対しては、ロシア連邦軍に迎撃体制を取らせる事はない」とホットラインで通告する事でブッシュ大統領を安心させている。
ユナイテッド航空93便の乗客が、機内電話や携帯電話で外部との連絡を取り始めたのもこの攻撃の時間帯の前後からだった。
午前9時45分
全米の空港を対象に全ての民間機の離陸が差し止められる中、飛行中の全ての民間機にも最寄の空港への着陸を促す通達が。
午前9時55分
大統領を乗せたエアフォース・ワンが、戦闘機の護衛なしの状態でフロリダを離陸。その時点で連絡不通だった旅客機は11機。空軍基地入りした大統領は、事態の沈静化に夕刻まで音なしの状態を貫いた後、ワシントンDCへ帰還。
午前9時57分
ユナイテッド航空93便の乗客が、機内電話や携帯電話での外部との連絡でハイジャッカーの目的を自爆テロと認識、機の奪回に乗り出す。
午前9時59分
ニューヨーク世界貿易センターのツインタワー南棟が崩壊。ボーイング707の突入の衝撃にも耐え得るはずだったビルが崩壊した理由は、吹き抜けを通じて下層階にまで達したジェット燃料の引火による大火災で鉄骨が破断した為。後に崩壊する北棟のケースとは違い、避難経路の損壊を免れた南棟では、衝突階以上のフロア滞在者10数名も無事に避難。先に北棟が衝突されていた為に、避難を試みていた約7割の滞在者が生還するが、火災煙による苦痛や絶望感で数名の方々がビルから飛び降りる中、消防士や避難者数名の方々が巻き添えになると云う惨事も。
午前10時3分
ユナイテッド航空93便が、ペンシルバニア州シャンクスヴィル(ワシントンD.C.から北西240kmの地点)に時速580マイル(時速約933km)の猛スピードで墜落。映像では施錠されたコクピットを突破する乗客の姿が描かれているが、現実にはコクピット内への進入は遂げられなかったと云う説が有力。乗客たちの反撃を上げる狼煙となった"Let's Roll"と云う言葉は、後のアフガンに於ける対テロ構図でのコピーに。墜落する以前にオハイオ州上空を飛行していた93便の近くには積荷を搬送するC-130輸送機が飛行していたが、管制塔の指令で追跡を試みたC-130輸送機が93便に接近出来たのも、墜落現場から17マイルの地点までだった。一方、実弾を装備したF-16が93便を追撃すべくワシントンを離陸していたと云う情報も。93便の墜落直後、ホワイトハウスの地下壕へ避難していたチェイニー副大統領やライス国家安全保障担当補佐官、数名の閣僚らがヘリコプターで避難。チェイニー副大統領が軍事補佐官に乗っ取り機の攻撃許可を与えたのは93便の墜落後の事だった。本作「ユナイテッド93」はここで終了。
午前10時15分
9時38分に攻撃を受けたペンタゴン5層のうち北側(長官執務室の反対側)1番及び2番ビルが崩壊。激突・炎上したアメリカン航空77便の乗員乗客64名全員が死亡する中、補強工事の為に駐在者も少なかった国防総省側でも189名の職員が犠牲に。
午前10時16分
NORADから10時6分に下されたスクランブル発進命令を受けたF-16戦闘機2機が、既に墜落していた93便追跡の為に発進するが、実は、NORADが93便の墜落をFAAから知らされたのも、その発進の1分前となる10時15分時点での事だった。他にも2機のF-16が93便を追跡していたと云う情報も錯綜していたが、そんな混乱する中での対応は全てが無駄足に終わる。
午前10時28分
ニューヨーク世界貿易センターのツインタワー北棟が、南棟と同様の原理で崩壊。突撃を受けた92階以上のフロア滞在者全員が避難経路を遮断される中、救助活動に従事していた消防士の方々も含めた推定での死者は、北棟だけで約1,700名。

「9・11」以降のNY
ツインタワー崩壊に連鎖する形で敷地内の他の4つのビルおよび敷地北側の世界貿易センター7号棟も崩壊。NYだけで推定死亡者数2,749名を数える国内テロ最大規模の大惨事に至る中、鎮火までにも数ヶ月を要した崩壊後の館内から20名もの生存者の方々が救出されると云う奇跡も。その奇跡の光景の一部は、オリーヴァー・ストーン監督作品「ワールド・トレード・センター」でも描かれている。約1,100名の身元の確認作業は05年3月上旬に終了。DNA鑑定等を見込む形で処理場に放置されていた全ての残骸のうち、鉄骨類は再利用のためインドへ輸出された。

「グラウンド・ゼロ」と呼ばれた世界貿易センタービル跡地の再開発については、事件の遺族から慰霊の場にして欲しいと云う意見も出される中、企業の流出を恐れるNY市当局や港湾局の希望を優先させる形で超高層ビルが再び建設される事に。その起工式は04年7月だった。(米国人建築家ダニエル・リベスキンド氏による建築設計。米国が独立した1776年に因んだ1776フィート(約541m)の超高層ビルを中心に構える計5本のタワー。2010年に完成予定。)
一連のテロによる死亡者数 
ハイジャックされた旅客機4機の乗員乗客246名、ペンタゴンの事件で125名、ツインタワーで2,602名(NY市消防局の消防士343名、NYPDの警察官23名、NY港湾管理委員会の職員の方々37名を含む)。以上、確認されただけでも2973名(ハイジャック実行犯を含む)に上った死亡者数だが、これは行方不明者の安否確認を尋ねるビラに掲載されていた数字。ツインタワー内で惨劇に遭遇したと思われる約1,100名の方々と事件周辺で行方不明になった24名の方々については、先述の通り、いまだその身元の確認が出来ていない状態。
事件がもたらした影響
多数の金融機関が入居していた貿易センタービルが破壊された事で事件当日の米国内取引の全てが中止される中、事態を受けた欧州でも全ての取引所で株式の全面安に発展、事件翌日12日の東京でも日経平均が1400円以上の下落するなど、世界経済の長期的不況の引き金に。また、航空機の利用がスポットの期間で激減した為に、事件当事者のユナイテッド航空はもとよりアンセット豪州航空やスイス航空の破産や倒産など世界中の航空会社が大打撃に見舞われる。
テロ実行犯の背景 
ハイジャックされたボーイング757および767型機は、コクピットの操縦システムが共通している上に2人での操縦が可能だった事、大陸横断ルートの長距離飛行便だった事から大量の積載燃料がテロ攻撃時の延焼規模を拡大出来る事が見込まれていた為に標的にされたと云う説も。ハイジャッカーたちは米国内の民間航空学校で基本操縦を習得、フライトシミュレーターでの訓練も経ていた。イスラム原理主義勢力アルカイダの関与については、モハメド・アタ(アメリカン航空11便に搭乗していたテロ実行犯)を通じて犯行を指揮したと語るオサマ・ビンラディンのビデオ映像などが公開済み。
国際社会の反応
事件の翌日となる9月12日、国連が「テロ非難決議」を採択する中、NATO(北大西洋条約機構)とロシアは、国際社会の結束とテロの撲滅を掲げる共同声明を発表。アジア諸国もアメリカ合衆国を支持。日本や韓国、サウジやインドのみならず、テロ支援の過去(80年代のパンアメリカ航空機事件)を持つリビアやタリバンを公然と支援していたパキスタン、さらには在イラン米大使館占拠事件以来アメリカとは相容れぬ関係だったイランでさえもテロ犯行グループを非難、アメリカへの支援を表明している。
米国のその後 
オサマ・ビンラディンを始めとするテロ組織アルカイダの保護が確実視されたアフガニスタンのタリバン政権がその引渡しに応じなかった事から、米はアフガニスタンへの攻撃を開始、聖戦と銘打たれた戦争に突入する事に。さらには、米国内での支持率が9割に達していたブッシュ政権は、イラク、イラン、北朝鮮の三カ国を国際テロ組織を支援する「悪の枢軸」と名指す中、防衛の為には先制攻撃も必要とする方針の下で03年3月19日「イラク戦争」の開戦を宣言する。この際、国際テロ組織アルカイダ追撃を大義名分としていたアフガンへ攻撃の際とは異なり、英・日・伊・スペイン・フィリピンなど米同調国と独・仏・露・中など米非同調国に分かれる形で国際世論は真っ二つに。後の04年10月、イラク戦争開戦時の大義名分だった「大量破壊兵器」の存在が米政府調査団によって否定された為に、イラクへの武力行使の正当性が根幹から揺るがされる。そんな中、イラクに派兵していた親米派の英国やスペインでの市民を狙う無差別テロ事件は、後の政権交代の引き金に。また、反テロリズムの下で暫定的に制定された「愛国者法」を05年7月に恒久化した米国でも、全体主義化への傾向を憂慮する声が高まる事に。
メモ
ブッシュ個人とビンラディンの共謀説など「9・11陰謀説」がさまざまな著書などでも飛び交う中、米国民の1/3が「中東派兵の口実にしたかった政権が事件を意図的に阻止しなかった」と云う回答を叩き出すようになった昨今だが、何れにせよ、アルカイダと9・11の関係を示す証拠の存在を公言したチェイニーが07年2月現在いまだ音なしという状況はあまりにも痛い。事件当日の指揮命令系統に混乱をきたすNORADの様子などを克明に描く一方、ブッシュを始めとする政府閣僚の動きには殆ど触れる事のない映像だが、これは飽くまで事件サイドでの動きをドキュメントタッチで再現する中立スタンスでの作品だったと云う事。DVDには政府への不信感を露にする犠牲者遺族の方のインタヴューなども収録されていたが、そんな遺族の方々の神経を逆撫でするような「憶測」での描写の付け入る隙もないあまりに重い事実が再現されていた。あまりに高いハードルの真相究明もまずはここからと云う事なのだろうが、悲劇の顛末を駄目押しされたかのようだった劇場鑑賞時には只々絶句。後日、93便の犠牲者の方々全員のミニバイオまでが収録されたDVDでの鑑賞では、尊い命を奪われた遺族の方々のポジティヴな姿を映し出す特典映像の方が映像本編のようにも思えた。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
脚本と監督
Written & Directed by
ポール・グリーングラス
Paul Greengrass
極悪非道 Open Fire (tv)
ガルフ・ウォー スカッドミサイル爆破指令
 The One That Got Away (tv)
ヴァージン・フライト The Theory of Flight
ブラディ・サンデー(未) Bloody Sunday
ボーン・スプレマシー The Bourne Supremacy
製作
Produced by
ティム・ビーヴァン
Tim Bevan
彼女がステキな理由 The Tall Guy
フォー・ウェディング Four Weddings and a Funeral
ノッティングヒルの恋人 Notting Hill
ブリジット・ジョーンズの日記 Bridget Jones's Diary
ラブ・アクチュアリー Love Actually
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
 Bridget Jones: The Edge of Reason
プライドと偏見 Pride & Prejudice
エリック・フェルナー
Eric Fellner
ロイド・レヴィン
Lloyd Levin
ダイ・ハード2 Die Hard 2
ブギーナイツ Boogie Nights
イベント・ホライゾン Event Horizon
トゥームレイダー Lara Croft: Tomb Raider
ヘルボーイ Hellboy
製作総指揮
Executive Producers
ライザ・チェイシン
Liza Chasin
ブリジット・ジョーンズの日記 Bridget Jones's Diary
ラブ・アクチュアリー Love Actually
サンダーバード Thunderbirds
ウィンブルドン Wimbledon
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
 Bridget Jones: The Edge of Reason
プライドと偏見 Pride & Prejudice
デブラ・ヘイワード
Debra Hayward
撮影
Cinematography by
バリー・アクロイド
Barry Ackroyd
リフ・ラフ Riff-Raff
レイニング・ストーンズ Raining Stones
レディバード・レディバード Ladybird Ladybird
大地と自由 Land and Freedom
カルラの歌 Carla's Song
マイ・ネーム・イズ・ジョー My Name Is Joe
ロスト・サン The Lost Son
ビューティフル・ピープル Beautiful People
ブレッド&ローズ Bread and Roses
ナビゲーター ある鉄道員の物語 The Navigators
DUST ダスト Dust
やさしくキスをして Ae Fond Kiss...
麦の穂をゆらす風 The Wind That Shakes the Barley
編集
Edited by
クレア・ダグラス
Clare Douglas
マクガフィン 殺意の裏窓(未) The McGuffin
哀愁のクリスタベル Christabel (tv)
ブラディ・サンデー(未) Bloody Sunday
リチャード・ピアソン
Richard Pearson
ゴンゾ宇宙に帰る Muppets from Space
ビッグムービー(未) Bowfinger
MONA 彼女が殺された理由 Drowning Mona
スコア The Score
メン・イン・ブラック2 Men in Black II
ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン The Rundown
ボーン・スプレマシー The Bourne Supremacy
RENT レント Rent
クリストファー・ラウス
Christopher Rouse
逃亡者 Desperate Hours
ペイチェック 消された記憶 Paycheck
ボーン・アイデンティティー The Bourne Identity
ボーン・スプレマシー The Bourne Supremacy
南極物語 Eight Below
美術
Production Design by
ドミニク・ワトキンス
Dominic Watkins
バッドボーイズ2バッド Bad Boys II
ボーン・スプレマシー The Bourne Supremacy
衣装デザイン
Costume Design by
ダイナー・コリン
Dinah Collin
ヴァージン・フライト The Theory of Flight
ブラディ・サンデー(未) Bloody Sunday
ボーン・スプレマシー The Bourne Supremacy
ルワンダの涙 Shooting Dogs
音楽
Music by
ジョン・パウエル
John Powell
フェイス/オフ Face/Off
ラットレース Rat Race
I am Sam アイ・アム・サム I Am Sam
シュレック Shrek
チルファクター Chill Factor
ドラムライン Drumline
ボーン・アイデンティティー The Bourne Identity
Mr. & Mrs. スミス Mr. & Mrs. Smith
アルフィー Alfie
ボーン・スプレマシー The Bourne Supremacy
Be Cool ビー・クール Be Cool
ロボッツ Robots
X-MEN ファイナル ディシジョン
 X-Men: The Last Stand
ハッピー フィート Happy Feet
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ユナイテッド93 - 乗員  United 93 - Crew 
J.J.ジョンソン
J.J. Johnson
Captain
Jason M. Dahl
 
ゲイリー・コモック
Gary Commock
First Officer
LeRoy Homer
 
ポリー・アダムス
Polly Adams
Deborah Welsh 陪審員 The Juror
セレブリティ Celebrity
ニューヨーク 最後の日々 People I Know
アップタウン・ガールズ Uptown Girls
オパル・アラディン
Opal Alladin
CeeCee Lyles ブラウン・シュガー Brown Sugar
ロー&オーダー Law & Order (tv)
スターラ・ベンフォード
Starla Benford
Wanda Anita Green ダイヤルM A Perfect Murder
ロー&オーダー Law & Order (tv)
トリッシュ・ゲイツ
Trish Gates
Sandra Bradshaw ジングル・オール・ザ・ウェイ Jingle All the Way
ナンシー・マクダニル
Nancy McDoniel
Lorraine G. Bay センターステージ Center Stage
ユナイテッド93 - 乗客  United 93 - Passengers 
デイヴィッド・アラン・バッシェ
David Alan Basche
Todd Beamer フル・フロンタル Full Frontal
宇宙戦争 War of the Worlds
リチャード・ベキンス
Richard Bekins
William Joseph Cashman William Joseph Cashman
スーザン・ブロンマート
Susan Blommaert
Jane Folger ウーマン・イン・ニューヨーク(未) Forever, Lulu
ペット・セメタリー Pet Sematary
シザーハンズ Edward Scissorhands
カウチポテト・アドベンチャー Stay Tuned
不機嫌な赤いバラ Guarding Tess
X-ファイル The X Files - Die Hand die verletzt
マウスハント Mousehunt
愛についてのキンゼイ・レポート Kinsey
レイ・チャールソン
Ray Charleson
Joseph DeLuca マリリンとアインシュタイン Insignificance
太陽の帝国 Empire of the Sun
クリスチャン・クレメンソン
Christian Clemenson
Thomas E. Burnett, Jr. 夜霧のマンハッタン Legal Eagles
ブラック・ウィドー Black Widow
ブロードキャスト・ニュース Broadcast News
バッド・インフルエンス 悪影響 Bad Influence
運命の瞬間 そしてエイズは蔓延した
 And the Band Played On (tv)
アポロ13 Apollo 13
アルマゲドン Armageddon
ライザ・コロン=ザヤス
Liza Colón-Zayas
Waleska Martinez 運命の女 Unfaithful
フリーダムランド Freedomland
ローナ・ダラス
Lorna Dallas
Linda Gronlund 怪盗軍団 Inside Out
デニー・ディロン
Denny Dillon
Colleen Fraser サタデー・ナイト・フィーバー
 Saturday Night Fever
喝采の陰で Author! Author!
ガルボトーク 夢のつづきは夢 Garbo Talks
ジェニファーの恋愛同盟
 Seven Minutes in Heaven
ガバリン3(未) House IV
アイス・エイジ Ice Age
トリエステ・ケリー・デュン
Trieste Kelly Dunn
(as Trieste Dunn)
Deora Frances Bodley Building Girl (2005)
Little Chicago (2005)
ケイト・ジェニングス・グラント
Kate Jennings Grant
Lauren Catuzzi Grandcolas 私の愛情の対象 The Object of My Affection
デッドマン・コーリング The Dead Will Tell (tv)
愛についてのキンゼイ・レポート Kinsey
ピーター・ハーマン
Peter Hermann
Jeremy Glick プール Swimfan
ロー&オーダー Law & Order (tv)
タラ・ヒューゴ
Tara Hugo
Kristin White Gould ラブ・アンド・ウォー In Love and War
ヘルボーイ Hellboy
マルセリーヌ・ヒューゴ
Marceline Hugot
Georgine Rose Corrigan ワーキング・ガール Working Girl
ロングタイム・コンパニオン
 Longtime Companion
アリス Alice (1990)
うちへ帰ろう The Autumn Heart
アップタウン・ガールズ Uptown Girls
シェエンヌ・ジャクソン
Cheyenne Jackson
Mark Bingham Standing Ovations 2 (2004)(ov)
Curiosity (2005)
ジョー・ジャムログ
Joe Jamrog
John Talignani ウディ・アレンのザ・フロント The Front
サンタが殺しにやってくる(未)
 You Better Watch Out
ブルースチール Blue Steel
フィッシャー・キング The Fisher King
コーリー・ジョンソン
Corey Johnson
Louis J. Nacke, II 小さな目撃者 Do Not Disturb
ハムナプトラ 失われた砂漠の都 The Mummy
沈黙の標的 Out for a Kill(ov)
ヘルボーイ Hellboy
サウンド・オブ・サンダー A Sound of Thunder
デジャヴ Deja Vu
マサト・カモ
Masato Kamo
久下季哉
Toshiya Kuge
エージェント・コーディ ミッション in LONDON
 Agent Cody Banks 2: Destination London
ベッキー・ロンドン
Becky London
Jean Headley Peterson タイムマシーンにお願い Quantum Leap (tv)
ピーター・マリンカー
Peter Marinker
Andrew Garcia 爆走! Fear Is the Key
エメラルド・フォレスト The Emerald Forest
ジャッジ・ドレッド Judge Dredd
イベント・ホライゾン Event Horizon
ジョディー・リン・マクリントック
Jodie Lynne McClintock
Marion R. Britton Long Day's Journey Into Night (1987) (tv)
ロー&オーダー Law & Order (tv)
リビー・モリス
Libby Morris
Hilda Marcin 野性の太陽 Tiara Tahiti
のぞき Promise Her Anything
いつも2人で Two for the Road
それぞれの楽園(未) Not Quite Paradise
トム・オルーク
Tom O'Rourke
Donald Peterson ドラッグ・ストライカー 麻薬に賭ける凶弾(未)
 Eagle Island
テロリズムの夜 パティ・ハースト誘拐事件(未)
 Patty Hearst
メイド・イン・マンハッタン Maid in Manhattan
ロー&オーダー Law & Order (tv)
サイモン・ポランド
Simon Poland
Alan Anthony Beaven エイリアン from L.A. Alien from L.A.
ネメシス4(未) Nemesis 4: Death Angel(ov)
オメガ・ドーム Omega Doom
トゥモロー・ワールド Children of Men
デイヴィッド・ラッシュ
David Rasche
Donald Freeman Greene マンハッタン Manhattan
おかしな関係 Best Defense
俺がハマーだ! Sledge Hammer! (tv)
イノセントマン 仕組まれた罠(未)
 An Innocent Man
ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密
 Divine Secrets of the Ya-Ya Sisterhood
ジャスト・マリッジ Just Married
ザ・センチネル 陰謀の星条旗 The Sentinel
父親たちの星条旗 Flags of Our Fathers
エリック・レッドマン
Erich Redman
Christian Adams プライベート・ライアン Saving Private Ryan
U-571 U-571
シャーロット・グレイ Charlotte Gray
The Illusionist (2006)
マイケル・J.レイノルズ
Michael J. Reynolds
Patrick Joseph Driscoll 深海征服 The Neptune Factor
ポリスアカデミー Police Academy
愛は霧のかなたに
 Gorillas in the Mist: The Story of Dian Fossey
ブローン・アウェイ 復讐の序曲 Blown Away
グース Fly Away Home
ダウン Down
ケミカル51 The 51st State
沈黙の標的 Out for a Kill(ov)
エヴァンジェリスタ Blessed
ジョン・ロスマン
John Rothman
Edward P. Felt スターダスト・メモリー Stardust Memories
ソフィーの選択 Sophie's Choice
心みだれて Heartburn
ビッグ Big
最高の恋人 Mr. Wonderful
コピーキャット Copycat
ジングル・オール・ザ・ウェイ Jingle All the Way
ザ・ブレイク A Further Gesture
ディナーラッシュ Dinner Rush
ポロック 2人だけのアトリエ Pollock
ニューヨークの恋人 Kate & Leopold
運命の女 Unfaithful
デアデビル Daredevil
ドア・イン・ザ・フロア The Door in the Floor
ダニエル・サウリ
Daniel Sauli
Richard Guadagno マネー・ゲーム Boiler Room
ピンクパンサー The Pink Panther
レベッカ・シュル
Rebecca Schull
Patricia Cushing ウディ・アレンの重罪と軽罪
 Crimes and Misdemeanors
マイ・ライフ My Life
アナライズ・ミー Analyze This
クロエ・シリーン
Chloe Sirene
Honor Elizabeth Wainio Pissed (2005)
Pieces of Eight (2006)
オリヴィア・サールビィ
Olivia Thirlby
Nicole Carol Miller Unlocked (2006)
Snow Angels (2007)
チップ・ジエン
Chip Zien
Mark Rothenberg ローズ The Rose
ミセス・パーカー ジャズエイジの華
 Mrs. Parker and the Vicious Circle
ブレックファースト・オブ・チャンピオンズ
 Breakfast of Champions
リー・ジンマーマン
Leigh Zimmerman
Christine Snyder ホーム・アローン2
 Home Alone 2: Lost in New York
ディフェンダー The Defender
ユナイテッド93 - ハイジャッカー United 93 - Hijackers 
ハリド・アブダラ
Khalid Abdalla
Ziad Jarrah Spooks (2005) (tv)
The Kite Runner (2007)
ルイス・アルサマリ
Lewis Alsamari
Saeed Al Ghamdi Get the Picture (2004)
Spooks (2005) (tv)
オマー・ベルドウニ
Omar Berdouni
Ahmed Al Haznawi ナイト・オブ・ザ・スカイ Les chevaliers du ciel
ジェイミー・ハーディング
Jamie Harding
Ahmed Al Nami バンド・オブ・ブラザース Band of Brothers (tv)
バイオハザード Resident Evil
ボストン航空交通管制 Boston Air Traffic Control 
トーマス・ロバーツ
Thomas Roberts
Himself  
マイケル・ベンカル
Michael Bencal
Boston 3  
トム・フィッツジェラルド
Tom Fitzgerald
Boston 5 All He Needs (2005)
ブラッド・マルケス
Bard Marques
Boston 6  
ジョン・モレイティス
John Moraitis
Supervisor ウェイトレス 桃色究極メニュー(未) Waitress!
ダブル・デート(未) Booty Call
秘密のかけら Where the Truth Lies
スコット・トゥーリン
Scott Tourin
Boston Controller 5  
クリーヴランド航空交通管制 Cleveland Air Traffic Control 
アマンダ・ボクサー
Amanda Boxer
Cleveland Supervisor ノストラダムス Nostradamus
プライベート・ライアン Saving Private Ryan
Bモンキー 
モーガン・ディアー
Morgan Deare
Cleveland Supervisor ロジャー・ラビット Who Framed Roger Rabbit
ミッション:インポッシブル Mission: Impossible
ダニエル・フレイザー
Daniel Fraser
Cleveland Controller  
ハーンドン連邦航空管制センター Herndon 
ベン・スライニー
Ben Sliney
Himself  
トビン・ミラー
Tobin Miller
Himself  
リッチ・サリヴァン
Rich Sullivan
Himself Eating and Weeping (2002)
トニー・スミス
Tony Smith
Himself  
マイケル・ボフシェヴァー
Michael Bofshever
John White バックストリート・ドリームズ(未)
 Backstreet Dreams
ベイビー、ウォンテッド!(未) Funny About Love
スター・トレックVI 未知の世界
 Star Trek VI: The Undiscovered Country
ブラッド・イン ブラッド・アウト Bound by Honor
冷たい月を抱く女 Malice
ザ・ファン The Fan
ブルース・オールマイティ Bruce Almighty
カルロ・ベント
Carol Bento
Herndon 1  
ロバート・サーヴィス
Robert Serviss
Herndon Command Center
ATC
 
マット・シーバート
Matt Siebert
Herndon 2  
ピーター・ウォン
Peter Wong
Herndon 5 The Tooth Fairy (2006)(ov)
北東防衛空域 N.E.A.D.S. (the Northeast Air Defense Sector) 
ジェームズ・フォックス
James Fox
(as Major James Fox)
Himself  
ショウナ・フォックス
Shawna Fox
(as Staff Sgt. Shawna Fox)
Herself  
ジェレミー・パウエル
Jeremy Powell
(as 1st Lt. Jeremy Powell)
Himself  
パトリック・セント・エスプリト
Patrick St. Esprit
Major
Kevin Nasypany
青春のウルトラ・スクープ(未)
 Terminal Exposure
ファイアー・イン・ザ・ナイト 美しき必殺拳(未)
 Fire in the Night
アイ・ラブ・トラブル I Love Trouble
トレジャーアイランド(未) Lost Treasure
理想の恋人.com Must Love Dogs
グレッグ・ヘンリー
Gregg Henry
Colonel
Robert Marr
スカーフェイス Scarface
ボディ・ダブル Body Double
レイジング・ケイン Raising Cain
ペイバック Payback
ファム・ファタール Femme Fatale
バリスティック Ballistic: Ecks vs. Sever
ブラック・ダリア The Black Dahlia
カレン・カークパトリック
Karen Kirkpatrick
Maj.
Dawn Doskins
 
ニューヨーク航空交通管制 New York Air Traffic Control 
カート・アップルゲイト
Curt Applegate
Himself  
ジョン・カプラン
John Kaplun
New York Controller  
ジョン・E.スミス
John E. Smith
New York Controller ステート・オブ・グレース
 State of Grace (electrician)
イン&アウト In & Out (electrician)
ピーター・ペリケイン
Peter Pellicane
Paul Thumser N.B.T. (2003)
グレッグ・キャラハン
Greg Callahan
Himself ニューアーク管制塔 Newark Tower
疑惑の幻影 Shadow of Doubt
GODZILLA ゴジラ Godzilla
リック・テッパー
Rick Tepper
Himself 怪盗軍リック・テッパー
Rick Tepper
Himself団 Inside Out
ビル・ウォルシュ
Bill Walsh
Newark Supervisor
Linda Gronlund 怪盗軍団 Inside Out
ビル・ウォルシュ
Bill Walsh
Newark Supervisor ロー&オーダー Law & Order (tv)
フリーダムランド Freedomland
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.