Return To Top
八つ墓村
Village of the Eight Tombs (1977) Japan 151min.
Introduction 序盤アウトライン
昭和五十二年。航空会社に勤務する青年・寺田辰弥は、尋ね人広告に導かれるまま大阪北浜の弁護士事務所を訪れるが、その依頼人として辰弥を待っていた母方の祖父・井上丑松が、弁護士と辰弥の眼前で服毒を原因に息絶えてしまう。丑松の目的は、岡山県の山村・八つ墓村へ連れ帰った辰弥を、莫大な資産を所有する多治見家の後継者に指名しようとするものだったが、幼くして死別した母・鶴子にも何も聞かされていなかった辰弥にとっては、実の父親とされる多治見要蔵と云う人物の素性と母親の故郷に対する漠然とした望郷を抱くものでしかなかった。やがて、東屋の多治見家とは縁戚に当たる西屋の森家に未亡人として暮らす美也子の案内で多治見家を訪れた辰弥は、腹違いの姉・春代や双子の大叔母・小竹と小梅に引き合わされた翌日、多治見家の当主で病床に臥す腹違いの兄・久弥のもとに通されるが、何と祖父の丑松に続き、久弥までもが辰弥の眼前で毒殺されてしまう。八人の落武者を手に掛けた村人がその呪いを鎮める為に祠を立てた事から「八つ墓村」と呼ばれるようになった村の由来を美也子から聞かされていた辰弥は、父親の多治見要蔵が三十二人もの村人を惨殺して失踪を遂げていると云う事実を知らされたばかりか、多治見家の遺産を巡りさまざまな思惑を抱える縁者たちの醜い姿に愛想を尽かし村を後にしようとするのだがーー
Various Note メモ
永禄時代の毛利と尼子の因縁を背景に、現代の山村を舞台に巻き起こる凄惨な連続殺人事件を描く物語。昭和26年度の同名作品(監督:松田定次/主演:片岡千恵蔵)以来、横溝正史原作の同名ベストセラー小説二度目の映像化作品。公開当時は、1年半もの期間が費やされたロケハンや7億円(現在のレートで約15億円)と云う製作費用が話題に。製作期間は昭和51年8月16日のクランクインから昭和52年10月5日までの約1年2ヶ月。大枚が叩かれた大迫力の映像も然る事ながら、原作はもとよりさまざまな映像作品とも違うオカルティズムの強調されたスレンダーな脚色が面白い。昭和十三年の岡山県で発生した「津山三十人殺し」と呼ばれる犯罪史上でも最悪の事件をモチーフにする原作だが、ここでのその踏襲場面もかなりエグイ。

以下、完全ネタバレ。未鑑賞の方はご留意下さい。
アウトラインは大方の映像群と同じだが、最たる違いは単独犯として描かれる犯人が尼子の大将「義孝」の亡霊としてクローズアップされるモチーフ。角川映画「犬神家の一族」の大ヒットと同時に文庫本の原作を読んだ後、1年後くらいに劇場に足を運んだ作品だったが、あのクライマックスには、正直驚かされた。NHK(だったかな?)のTVドラマ版や週間漫画雑誌(少年マガジン?)に短期連載されていた漫画版なども読んでいたが、その印象はまるで違っていた。
大船渡のセットだったと云う邸内での撮影、その外観は岡山県高梁市の広兼邸(成羽町吹屋)での撮影だったという多治見家の屋敷だが、クライマックスの炎上シーンは鳥取県日野町の明地峠を見上げる一角にオープンセットを組んで行われたもの。「義孝」の化身となった鬼の形相の美也子が舞う鍾乳洞でのシークエンスから紅蓮の炎が燃え盛る多治見家に移動するクライマックス。劇場長編ならではの大迫力だった。大迫力と云えば「津山三十人殺し」の踏襲場面で二役を演じる山崎さんが見せる要蔵のパフォーマンス。赤子にまで刃を立てる要蔵だが、その衝撃は、後年の「丑三つの村」なども余裕で凌駕。
96年度版(監督:市川崑)や新旧TVシリーズなどでは、原作と同様に多治見要蔵の縁者として慎太郎と典子(原作では兄弟。96年度版では甥と姪。)を登場させているが、そんな美也子の犯行の動機となる重要なカードもバッサリと切り捨てるここでの意図は、毛利と尼子の因縁を強調するためのもの。そのルーツも実は鳥取の尼子だったと云う美也子と辰弥が、自身でも気付かぬ形で復讐劇を構築していたと語られるクライマックスには唸らされた。小川さんと中野さんと云う2人の美女を相手にする萩原さんだが、二世代に亘る抱擁をオーバーラップさせる演出は、尼子の復讐劇を強調するオチを思い巡らせば、劇中でも最大の見せ場。個人的には、30年を経た現在でも忘れられないシーンだったりする。
昭和52年と云う脚色を考慮すれば、袴ではなくノータイのスーツに身を包む渥美さんの金田一にも違和感などなかったと云いたい所。ただ、現実には犬神家から獄門島まで袴姿の金田一を3本立て続けに観た直後では違和感があっても良さそうな所。犯人に印籠を渡す事もなくストーリーテラーのような役回りに徹するここでの金田一だが、多勢に無勢と云う孤高の松竹版金田一作品と云う状況下ながらも、ここでは脚色と演出の妙を甘んじて実感させられたりもする所。永禄時代の因果を揺るがぬモチーフに、全てのキャラクターも横一線に配する壮大なミステリー。そんなコンセプトが貫徹された作品だった。公開時のトレーラーにも登場していた芥川也寸志さん(文豪・芥川龍之介の三男)のスコアも極めて秀逸。オケなくして映画音楽もありえなかった時代が本当に懐かしい。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
野村芳太郎 砂の器
昭和枯れすすき
事件
鬼畜
配達されない三通の手紙
わるいやつら
震える舌
真夜中の招待状
製作
Produced by
野村芳太郎 * 監督も兼任
杉崎重美 砂の器
皇帝のいない八月
時代屋の女房
織田 明 配達されない三通の手紙
震える舌
上海バンスキング
原作
Based on the novel by
横溝正史 本陣殺人事件
犬神家の一族
悪魔の手毬唄
獄門島
女王蜂
悪魔が来りて笛を吹く
病院坂の首縊りの家
悪霊島
蔵の中
脚本
Screenplay by
橋本 忍 七人の侍
蜘蛛巣城
隠し砦の三悪人
人間革命
日本沈没
砂の器
続人間革命
八甲田山
撮影監督
Cinematography
川又 昂 砂の器
事件
鬼畜
震える舌
編集
Edited by
太田和夫 砂の器
事件
鬼畜
震える舌
美術
Art Direction by
森田郷平 吸血髑髏船
砂の器
事件
鬼畜
震える舌
特殊メイク
Special Makeup
マキシーン坂田  
音楽
Music by
芥川也寸志 * 芥川龍之介の三男
砂の器
八甲田山
事件
鬼畜
配達されない三通の手紙
わるいやつら
震える舌
出演
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
萩原健一
寺田辰弥 化石の森
青春の蹉跌
アフリカの光
影武者
誘拐報道
いつかギラギラする日
居酒屋ゆうれい
天使の牙 B.T.A.
小川真由美
森 美也子 座頭市の歌が聞える
陸軍中野学校
白い巨塔
実録三億円事件
鬼畜
復讐するは我にあり
配達されない三通の手紙
仕掛人梅安
善人の条件
略奪愛
山崎 努
多治見要蔵
多治見久弥
天国と地獄
赤ひげ
皇帝のいない八月
夜叉ケ池
影武者
スローなブギにしてくれ
道頓堀川
お葬式
タンポポ
マルサの女
静かな生活
模倣犯
世界の中心で、愛をさけぶ
山本陽子
多治見春代 華麗なる一族
怒れ毒蛇 目撃者を消せ
撃たれる前に撃て!
必殺!V 黄金の血
市原悦子
多治見小竹 青春の殺人者
ブリキの勲章
幸福
黒い雨
山口仁奈子
多治見小梅 黒部の太陽
中野良子
井川鶴子 二人だけの朝
青い山脈
北の宿から
野性の証明
震える舌
加藤 嘉
井川丑松 砂の器
鬼畜
悪魔が来りて笛を吹く
海燕ジョーの奇跡
タンポポ
井川比佐志
井川勘治 青春の門
夜叉ケ池

タンポポ
花沢徳衛
磯川警部 砂の器
潮騒
八甲田山
刑事物語
塀の中の懲りない面々
綿引 洪
矢島刑事 超高層ホテル殺人事件
残照
下條アトム
新井巡査 同胞
あにといもうと
八甲田山
十八歳、海へ
ひめゆりの塔
夏木 勲
尼子義孝 白昼の死角
黄金の犬
戦国自衛隊
復活の日
忍者武芸帖
上海バンスキング
田中邦衛
落武者A 仁義なき戦い
血を吸う薔薇
ルパン三世 念力珍作戦
野性の証明
鬼畜
動乱
駅 STATION
居酒屋兆治
海燕ジョーの奇跡
稲葉義男
落武者B 七人の侍
蜘蛛巣城
人間革命
砂の器
続人間革命
橋爪 功
庄左衛門 小説吉田学校
タンポポ
マルサの女
大滝秀治
諏訪弁護士 呪いの舘 血を吸う眼
犬神家の一族
悪魔の手毬唄
獄門島
人間の証明
女王蜂
皇帝のいない八月
野性の証明
病院坂の首縊りの家
影武者
夏 純子
和江
(美也子の妹)
砂の器
続人間革命
不連続殺人事件
藤岡琢也
久野医師 青春の門
八甲田山
赤穂城断絶
連合艦隊
下條正己
工藤校長 男はつらいよ 寅次郎と殿様
男はつらいよ 寅次郎頑張れ!
男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく
山谷初男
馬喰吉蔵 人間革命
砂の器
八甲田山
浜田寅彦
吉岡太一郎 人間革命
仁義の墓場
続人間革命
浜村 純
森 荘吉 砂の器
青春の門
八甲田山
任田順好
濃茶の尼 昭和おんな博徒
宮本武蔵
江戸川乱歩の陰獣
岡本茉莉
unknown 男はつらいよ 寅次郎と殿様
幸福の黄色いハンカチ
俺たちの交響楽
吉岡秀隆
unknown 遙かなる山の呼び声
キネマの天地
八月の狂詩曲
まあだだよ
学校
虹をつかむ男
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇
鉄道員
雨あがる
半落ち
風間杜夫
unknown 太陽を盗んだ男
四季 奈津子
野獣死すべし
青春の門 自立篇
ザ・レイプ
蒲田行進曲
上海バンスキング
熱海殺人事件
天と地と
RED SHADOW 赤影
渥美 清
金田一耕助 砂の器
同胞
友情
幸福の黄色いハンカチ
男はつらいよ 寅次郎頑張れ!
男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく
皇帝のいない八月
俺たちの交響楽
遙かなる山の呼び声
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.