Return To Top
Manderlay
マンダレイ (2005) Denmark / Sweden / Netherlands / France / Germany / UK 139min.
Introduction 序盤アウトライン
1933年。ドッグヴィルでの一件を終えた後、鬼の居ぬ間の新勢力に縄張りを乗っ取られたグレースらの一行は、新天地を南部に求めてルイジアナを横切ろうとしていた。そんな最中、奴隷への体罰を涙ながらに訴え掛ける黒人女性と出くわしたグレースは、組織のボスである父親の制止も振り切り大勢の奴隷を抱える農家に滞在、有無を云わせぬ「力の正義」で解放した奴隷らと共に自由と民主精神の理想郷を形成しようとするのだがーー
Various Note メモ
1930年代の米国南部を舞台に、倫理観でも割り切れぬシビアな共存社会の現実を目の当たりにする主人公の姿をフィルターにさまざまな主題を投げ掛ける寓話。脚本と監督は、ラース・フォン・トリアー。"USA - Land of Opportunities"(チャンスの国-アメリカ)と銘打たれたトリロジー初篇「ドッグヴィル」に続く第2弾。その完結篇は、07年公開予定の"Wasington"("Washington"ではない模様)。「ドッグヴィル」の完成直後にはプロジェクトに参加する意思を表明していたニコール・キッドマンは、スケジュールの都合で03年7月に離脱。父親役もジェームズ・カーンからウィレム・デフォーにバトンタッチ。前作に引き続き再登場のウド・キアーは最終篇にも登場する予定。

以下、ネタバレ含みます。未鑑賞の方はご留意下さい。
顛末自体は非常にシンプル。リンカーン時代に撤廃されたはずの奴隷制もどきの情景に気分を害した主人公グレースが民主主義にはあるまじき「暴力」によって奴隷を解放、性急な「自由」と「民主主義」に戸惑う元奴隷たちと共に理想郷の形成を試みるも、国家の根幹に染み付いたシビアな現実を今更ながらに思い知らされた挙句に頓挫するというもの。問答無用の軍事力でイラクを制圧した米国の内政干渉失敗の顛末を描くようなシナリオだが、その一方では、「元々が凶暴な我々」と云った台詞を黒人キャラが放つ辺りなどアフリカ諸国での終わりなき憂鬱にもチクリ。
煩悩の坩堝と化した「ドッグヴィル」では、誰もが持ち合わせる煩悩を引き出した原因が自身にあったにも拘らず、善悪二面性の短絡的な裁断基準での不条理な殺戮を天誅と勘違いするグレースだが、今回は、自身も根を下ろす国家に対する稚拙な見識を露にするというもの。奴隷制度の撤廃も名ばかりだった20世紀前半の米国では元奴隷たちの行き場などもなかった事を認知していなかったお嬢様なグレースだが、そもそも、元奴隷たちが資本主義経済で生き抜く為の「教育」を受ける機会すらなかった事も認知できずにいた辺りはかなり痛い。と云うより、あまりに稚拙。周知の通り、後年、公民権運動に命を掛ける指導者らが筆頭に掲げていた指針も「教育」の機会を与えられるようにする事だった。
権利を剥奪した者と剥奪された者の長年に亘る歴史の狭間で生み出された「均衡」を明らかにするクライマックスだが、ここでの「逃げる知恵すらないほどのバカだと思ったのか」と云うグレースに向けられた元奴隷たちの台詞に至れば、もはや駄目押しのレベル。ある種の均衡で成り立つ第三世界のシビアな現状なども、稚拙な見識によるおせっかいなどでは劇的な変化も齎されないと云う事を露にするシナリオだったが、この辺りが米国へのアイロニーだったのかと云えばやや疑問。軍産複合体の主導による過去の対外政策に至れば全く当てはまらないので。圧倒的軍事力で世界の警察を自称する米国に向けられた寓話のようにも思えるシンプルな物語だが、その実、主題を一つに絞る事も非常に難しい。
前作に引き続きボウイの「ヤング・アメリカン」をフィーチャーするクレジットだが、人種問題を露呈する背景カットなどは、黒人大統領誕生の可能性に賑わう昨今では時差ボケにも思える情景。短気な女房(体罰の連鎖を描く対象となるキャラ)のもとから脱走を図るも縛り首にされる元奴隷の姿などからも、奴隷制度の風潮を根深く残す当代のシビアな情景は描かれているが、肝心のテーマは別チャネルだったはず。強いて主題を一つに絞れば、稚拙な見識で第三世界へ内政干渉する事の不条理を描いていたと云いたくもなる所だが、何れにせよ、トリロジーの最終篇に期待。後発的な企画などではなく端から三部作と銘打たれたシナリオでは、総じての主題も最後まで観なければハッキリとはしないはずなので。
一度は辞退しながらも、キャスティングディレクターから提供されたポータブルDVDプレイヤーで「ドッグヴィル」を鑑賞した後、即答で快諾したと云うダニー・グローヴァーだが、他のキャスティングでは、米国在住のアフリカ系俳優の多くが出演を拒んだ為に12人中9人が英国在住のアフリカ系俳優で落ち着いたと云う逸話も。当初は第三世界の現状を投影すべくロバの死骸が放置されていたと云うセットだが、これも撮影が行われたスウェーデンでは、獣医の手であれば撮影の為に動物が殺害される事も認められる為。ただ、そんな状況に不快感を露にしたジョン・C.ライリー(ジェリコ・イヴァネクが演じるイカサマ師の配役)が途中降板したという舞台裏だが、結果的には、作品の主題とは別次元での論争も憂慮された為にロバの死骸のカットはお蔵入りに。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
脚本と監督
Written & Directed by
ラース・フォン・トリアー
Lars von Trier
エレメント・オブ・クライム Forbrydelsens element
エピデミック 伝染病(未) Epidemic
メディア Medea (tv)
ヨーロッパ Europa
キングダム Riget (tv)
奇跡の海 Breaking the Waves
キングダム II Riget II (tv)
イディオッツ Idioterne
ダンサー・イン・ザ・ダーク Dancer in the Dark
ドッグヴィル Dogville
DEAR WENDY ディア・ウェンディ
 Dear Wendy (脚本のみ)
製作
Produced by
ヴィベク・ウィンドレフ
Vibeke Windeløv
奇跡の海 Breaking the Waves
キング・イズ・アライヴ The King Is Alive
ダンサー・イン・ザ・ダーク Dancer in the Dark
しあわせな孤独 Elsker dig for evigt
ドッグヴィル Dogville
DEAR WENDY ディア・ウェンディ Dear Wendy
製作総指揮
Executive Producers
レネ・ボルグラム
Lene Børglum
ダンサー・イン・ザ・ダーク Dancer in the Dark
ドッグヴィル Dogville
ペーター・アールベク・イェンセン
Peter Aalbæk Jensen
ヨーロッパ Europa
キングダム Riget (tv)
奇跡の海 Breaking the Waves
しあわせな孤独 Elsker dig for evigt
ドッグヴィル Dogville
DEAR WENDY ディア・ウェンディ Dear Wendy
撮影
Cinematography by
アンソニー・ドッド・マントル
Anthony Dod Mantle
セレブレーション Festen
ジュリアン Julien Donkey-Boy
28日後... 28 Days Later...
ドッグヴィル Dogville
ミリオンズ Millions
ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド Brothers of the Head
DEAR WENDY ディア・ウェンディ Dear Wendy
ラストキング・オブ・スコットランド
 The Last King of Scotland
編集
Edited by
ボディル・ジャーハウゲ
Bodil Kjærhauge
Forbrydelser (2004)
Import-eksport (2005)
Instinkt (2006)
モリー・マーリーン・ステンスガルト
Molly Marlene Stensgård
(as Molly Malene Stensgaard)
キングダム Riget (tv)
キングダム II Riget II (tv)
イディオッツ Idioterne
ダンサー・イン・ザ・ダーク Dancer in the Dark
ドッグヴィル Dogville
美術
Art Direction by
ピーター・グラント
Peter Grant
ドッグヴィル Dogville
衣装デザイン
Costume Design
マノン・ラスムッセン
Manon Rasmussen
ヨーロッパ Europa
奇跡の海 Breaking the Waves
ダンサー・イン・ザ・ダーク Dancer in the Dark
ドッグヴィル Dogville
音楽
Music by
ヨアキム・ホルベック
Joachim Holbek
メディア Medea (tv)
ヨーロッパ Europa
キングダム Riget (tv)
ジャンク・メール Budbringeren
ナイトウォッチ Nightwatch
キングダム II Riget II (tv)
挿入曲
Various Music
Young American - David Bowie
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ブライス・ダラス・ハワード
Bryce Dallas Howard
Grace
Margaret Mulligan
バックマン家の人々 Parenthood
アポロ13 Apollo 13
グリンチ How the Grinch Stole Christmas
ヴィレッジ The Village
レディ・イン・ザ・ウォーター Lady in the Water
スパイダーマン3 Spider-Man 3
イザック・ド・バンコレ
Isaach De Bankolé
Timothy ショコラ Chocolat
間違いだらけの恋愛講座
 Comment faire l'amour avec un nègre sans se fatiguer
シャンヌのパリ、そしてアメリカ
 A Soldier's Daughter Never Cries
ゴースト・ドッグ Ghost Dog: The Way of the Samurai
コーヒー&シガレッツ Coffee and Cigarettes
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale
マイアミ・バイス Miami Vice
ダニー・グローヴァー
Danny Glover
Wilhelm アルカトラズからの脱出 Escape from Alcatraz
プレイス・イン・ザ・ハート Places in the Heart
アイスマン Iceman
シルバラード Silverado
刑事ジョン・ブック 目撃者 Witness
カラーパープル The Color Purple
リーサル・ウェポン Lethal Weapon
リーサル・ウェポン2 炎の約束 Lethal Weapon 2
プレデター2 Predator 2
イントルーダー 怒りの翼 Flight of the Intruder
わが街 Grand Canyon
レイジ・イン・ハーレム A Rage in Harlem
リーサル・ウェポン3 Lethal Weapon 3
マーヴェリック Maverick
レインメーカー The Rainmaker
リーサル・ウェポン4 Lethal Weapon 4
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ The Royal Tenenbaums
ソウ Saw
ウィレム・デフォー
Willem Dafoe
Grace's Father 天国の門 Heaven's Gate
ハンガー The Hunger
ストリート・オブ・ファイヤー Streets of Fire
L.A.大捜査線 狼たちの街 To Live and Die in L.A.
プラトーン Platoon
ミシシッピー・バーニング 
サイゴン Off Limits
最後の誘惑 The Last Temptation of Christ
7月4日に生まれて Born on the Fourth of July
生きるために Triumph of the Spirit
ワイルド・アット・ハート Wild at Heart
クライ・ベイビー Cry-Baby
イントルーダー 怒りの翼 Flight of the Intruder
ライト・スリーパー Light Sleeper
ホワイト・サンズ White Sands
BODY ボディ Body of Evidence
時の翼にのって ファラウェイ・ソー・クロース!
 In weiter Ferne, so nah!
今そこにある危機 Clear and Present Danger
バスキア Basquiat
イングリッシュ・ペイシェント The English Patient
スピード2 Speed 2: Cruise Control
白い刻印 Affliction
ルル・オン・ザ・ブリッジ Lulu on the Bridge
処刑人 The Boondock Saints
イグジステンズ eXistenZ
シャドウ・オブ・ヴァンパイア Shadow of the Vampire
アメリカン・サイコ American Psycho
ぼくの神さま Edges of the Lord
ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスター Auto Focus
スパイダーマン Spider-Man
レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード
 Once Upon a Time in Mexico
ファインディング・ニモ Finding Nemo
コントロール Control
アビエイター The Aviator
二重誘拐 The Clearing
スパイダーマン2 Spider-Man 2
ライフ・アクアティック The Life Aquatic with Steve Zissou
トリプルX ネクスト・レベル(未) xXx: State of the Union
パリ、ジュテーム Paris, je t'aime
インサイド・マン Inside Man
マイケル・アビテブール
Michaël Abiteboul
Thomas スナッチ・アウェイ(未)
 Ni pour, ni contre (bien au contraire)
タイム・オブ・ザ・ウルフ(未) Le temps du loup
クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち
 Les rivières pourpres II - Les anges de l'apocalypse
ローレン・バコール
Lauren Bacall
Mam 脱出 To Have and Have Not
三つ数えろ The Big Sleep
キー・ラーゴ Key Largo
動く標的 Harper
オリエント急行殺人事件 Murder on the Orient Express
ラスト・シューティスト The Shootist
死海殺人事件 Appointment with Death
ミザリー 
マンハッタン・ラプソディ The Mirror Has Two Faces
記憶の棘 Birth
ジャン=マルク・バール
Jean-Marc Barr
Mr. Robinsson キング・ダビデ 愛と闘いの伝説 King David
戦場の小さな天使たち Hope and Glory
グラン・ブルー Le Grand bleu
ヨーロッパ Europa
赤と黒の接吻 Le Brasier
プレイグ La Peste
奇跡の海 Breaking the Waves
日曜日の恋人たち J'aimerais pas crever un dimanche
ラヴァーズ Lovers (製作/脚本/監督)
SEX:EL Too Much Flesh (製作/脚本/監督)
ダンサー・イン・ザ・ダーク Dancer in the Dark
レッド・サイレン La sirène rouge
デブラ・ウィンガーを探して
 Searching for Debra Winger (撮影)
ル・ディヴォース パリに恋して Le Divorce
ドッグヴィル Dogville
ジェフリー・ベイトマン
Geoffrey Bateman
Bertie 大本命 Dead Cert
アナザー・カントリー Another Country
レオン Léon
宮廷料理人ヴァテール Vatel
ヴァージル・ブラムリー
Virgile Bramly
Edward ラブ&クライム(未) Tempo
ルーベン・ブリンクマン
Ruben Brinkmann
(as Ruben Brinkman)
Bingo Het woeden der gehele wereld (2006)
Wild Romance (2006)
ドナ・クロール
Doña Croll
(as Dona Croll)
Venus チューブ・テイルズ Tube Tales (tv)
ジェレミー・デイヴィス
Jeremy Davies
Niels ガンクレイジー Guncrazy
ネル Nell
ツイスター Twister
プライベート・ライアン Saving Private Ryan
ラビナス Ravenous
ミリオンダラー・ホテル The Million Dollar Hotel
セックス調査団 Investigating Sex
CQ CQ
セクレタリー Secretary
ソラリス Solaris
ドッグヴィル Dogville
ルウェラ・ギデオン
Llewella Gideon
Victoria ディファレント・フォー・ガールズ(未) Different for Girls
スパイス・ザ・ムービー Spice World
モナ・ハモンド
Mona Hammond
Old Wilma PURE ピュア(未) Pure
ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方
 The Life and Death of Peter Sellers
キンキーブーツ Kinky Boots
ジニー・ホルダー
Ginny Holder
Elisabeth 妻の恋人、夫の愛人 The Leading Man
セイント The Saint
ウィング・コマンダー Wing Commander
ジョン・ハート
John Hurt
Narrator
(voice)
ミッドナイト・エクスプレス Midnight Express
エイリアン Alien
エレファント・マン The Elephant Man
天国の門 Heaven's Gate
バイオレント・サタデー The Osterman Weekend
コンタクト Contact
ロスト・ソウルズ Lost Souls
ドッグヴィル Dogville
ヘルボーイ Hellboy
エマニュエエル・イードーウ
Emmanuel Idowu
Jim バットマン ビギンズ Batman Begins
あなたになら言える秘密のこと The Secret Life of Words
ジェリコ・イヴァネク
Zeljko Ivanek
Dr. Hector 青春の輝き School Ties
戦火の勇気 Courage Under Fire
フェイク Donnie Brasco
ジュリアン・ポーの涙 Julian Po
ヒマラヤ杉に降る雪 Snow Falling on Cedars
シビル・アクション A Civil Action
ダンサー・イン・ザ・ダーク Dancer in the Dark
ハンニバル Hannibal
ブラックホーク・ダウン Black Hawk Down
ドッグヴィル Dogville
ウド・キア
Udo Kier
Mr. Kirspe 悪魔のはらわた Flesh for Frankenstein
処女の生血 Blood for Dracula
O嬢の物語 Histoire d'O
サスペリア Suspiria
リリー・マルレーン Lili Marleen
ドイツチェーンソー大量虐殺
 Das Deutsche Kettensägen Massaker
ヨーロッパ Europa
マイ・プライベート・アイダホ My Own Private Idaho
キングダム Riget (tv)
エース・ベンチュラ Ace Ventura: Pet Detective
奇跡の海 Breaking the Waves
キングダム II Riget II (tv)
アルマゲドン Armageddon
ブレイド Blade
エンド・オブ・デイズ End of Days
シャドウ・オブ・ヴァンパイア Shadow of the Vampire
ダンサー・イン・ザ・ダーク Dancer in the Dark
神に選ばれし無敵の男 Invincible
ドッグヴィル Dogville
モディリアーニ 真実の愛 Modigliani
ヴァン・ヘルシングVSスペースドラキュラ Dracula 3000 (tv)
ブラッドレイン BloodRayne
クロエ・セヴィニー
Chloë Sevigny
Philomena KIDS キッズ Kids
ボーイズ・ドント・クライ Boys Don't Cry
アメリカン・サイコ American Psycho
パーティ★モンスター Party Monster
ニュースの天才 Shattered Glass
ドッグヴィル Dogville
ブラウン・バニー The Brown Bunny
メリンダとメリンダ Melinda and Melinda
ブロークン・フラワーズ Broken Flowers
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.