Return To Top
ホワイトアウト
Whiteout (2000) Japan 129min.
Introduction 序盤アウトライン
新潟県・奥遠和ダム。辺り一帯を雪が覆い隠す12月、ダムの保守点検・運転員の富樫と吉岡が山岳地帯での遭難者救助に向う中、遭難者と共に受傷した吉岡を現場に残した富樫がホワイトアウトに遭遇、救援隊の要請も間に合わず吉岡だけが帰らぬ人となってしまう。その2ヵ月後、吉岡の婚約者・千晶がダムを訪れようとする中、吉岡の遺品を手渡そうと彼女の来訪を待っていた富樫だったが、そんな最中、過激派組織「赤い月」の一団がダムを占拠、やがて、周辺ダムの制御システムも手中に収めた犯人一味は、ダムの関係者を人質に50億円の身代金を要求する。膨大な貯水の放流が実行されれば大惨事を招く事も明らかな中、打つ手なく右往左往するばかりの捜査本部だったが、そんな中、一人反撃の狼煙を上げたのは、機転だけを頼りに孤高の抵抗を余儀なくされた富樫だったーー
Various Note メモ
心に傷を負う主人公が凶悪な過激派組織に孤高の闘いを挑むサスペンスアクション。共同脚色は、同名原作著者の真保裕一、「君を忘れない」「カルテット」の長谷川康夫、「恋は舞い降りた。」「雨よりせつなく」の飯田健三郎。脚本協力は「催眠」「陰陽師」の福田靖。演出は劇場長編初メガホンの若松節朗。ヘラルドや東宝のみならずフジテレビもバックアップする作品だが、当代お決まりだったバラエティーモードに堕ちる事もなく緊張感を真摯に描く辺りは好感度も高い。ただ、スクリプトの折々では字余りな印象も。

以下、完全ネタバレ。未鑑賞の方はご留意下さい。
陸の孤島と化した真冬のダムをテロリストとは呼べぬ武装集団(現金を要求したので)が占拠、ダム関係者ら人質の命と周辺ダムの全システムを掌握。6億立方メートルもの貯水を手中に収めた一味が50億円の現ナマを要求する中、一人抵抗を余儀なくされた主人公・富樫(織田裕二)が事態の解決に奔走すると云うアウトラインだが、実は一味のリーダー宇津木(佐藤浩市)が、ダムを占拠する仲間や人質を囮にする形で一人逃げ去ろうとしていたと云うくだりは、サスペンスとしてはなかなかの捻り。そんな終盤の展開に至るまでは普通以上に楽しめたが、ネガティヴな意味で驚かされたのは、冒頭で殉職する吉岡(石黒賢)が自らの命と引き換えに助けた遭難者たちが、実は別行動の共犯者らだったと云うくだり。これには反射的に仰天させられた。
宇津木の企みを実現させる為には必要不可欠だった2人の共犯者だが、そんな2人の悪党を助けてしまった事で宇津木の計画が予定通り実行されたと云う真実は、オチになるようなファクターではなかったと云う事。殉職した吉岡と云うキャラに対する敬意も微塵に感じられない。テンポ良くヒーローとして描かれていた主人公の奮闘劇も、悪党を救助してしまったと云う因果事実の尻拭いだったかのようなトーンに激変していた。ましてや、主人公の一連の活躍と云うも、罪悪感に苛まれる主人公とそんな主人公を恨むヒロイン(松嶋菜々子)が落し所を迎える為の重要なプロセスとして描かれていたもの。そんな2人を結び付ける形となった吉岡が、「実は犯罪者を助けていたのです」などと来ればヘコまされるのも当たり前。救助活動に命を懸ける人々を描くようなドラマであれば分からなくもないが、冒頭で描かれる吉岡の殉職は、如何なる相手に対しても義務を背負う救助活動の基本理念を描くそれなどとは全くの別モノ。ドラマの骨子そのものの動機付けだったはずのモチーフを面白半分の発想で汚してしまっては元も子もないだろう。
一方、メインキャストはそれぞれが好演。巷では辛辣な評価なども多々見受けられる小田さんも、その実、ここでは全然悪くない。ただ、同性の中では浮き立つ坊ちゃん的なとっぽさを素のイメージで抱えている事や、ミーハーなファンのみをターゲットにする歌手業でのよろず的なイメージを考慮すれば、俳優業での逆風も致し方のない所。ビジネスとして成功する以上、周囲を蔑ろにする事も難しい日本のエンタメ事情には空しさも覚えるが、何れにせよ、ここでは非力な主人公を持ち前のトーンで好演していた。一方、周辺キャストの方では、序盤で敢え無く退場する平田満さんにはフツーにビックリさせられたが、そんな上等なサプライズも結果的にはボツ。主人公がトンネルを徘徊する中、その遺体を映し出してしまった時点でコースアウト。強烈だったサビが台無しにされていた。00年度の日本アカデミーの授賞式では「助演男優賞」を獲得しながらも複雑な表情に終始していた佐藤浩市さんだが、その一方、ノミネートで終わった松嶋菜々子さんについては、表情だけでスクリプトを体現する見事なパフォーマンスを披露。鼻を突いたのは、スクリプトに描かれた余計なモノローグ。豊かな表情だけで充分だった。
「眉山」のプロモで朝の番組に出演していた松嶋さんを拝見した夜、サイトにもリストアップしていなかった事から、劇場公開から久しい形でレンタル鑑賞した作品だったが、不思議な事に一連のクライマックスが劇場鑑賞時のそれとは違っているような印象を覚えた。フツーであれば背負う事も大変な状況下、何と主人公が千晶を抱きかかえて登場するクライマックスだが、劇場で鑑賞した際、その直後の余計極まりない警察署長と千晶のダイアローグでは、かなりヘコまされた記憶がある。ダイアローグそのものが違っていたような記憶なのだが、何れにせよ、あの辺りのスクリプトはどうにかして欲しい所。一連の経緯をあれだけ丁寧に見せられれば、千晶が打ち解けるのも時間の問題と云う事など誰の目にも明らか。何故、オーディエンスを信用出来ないのか不可思議でしょうがない。と云うより、まるで未就学児扱いされているような気分だった。
主人公と宇津木が一騎打ちの様相を呈する終盤もそんな字余りなくだりの一つ。ダムの運命を左右する爆破リモコンを宇津木が持っていた為に必至となる一騎打ちの場面だが、そもそもの問題は、ヘリを雪崩で押し潰すと云う締め括りにも相応しいアイディアを蔑ろにする以降全てのスクリプト。冒頭で吉岡に助けられた2人の正体も明らかにする中、ヒヤヒヤのタイミングでの時限爆弾の処理と云うモチーフを生かすためには必須の展開だった訳だが、そんな一連の展開などそもそもが蛇足。墜落で息絶える2人の正体を明かすくだりについては先述の通りだが、リモコンの処理については、虎穴に入るキャラだった小柴(吹越満)と宇津木の一騎打ちの場面で決着をつけて欲しかった所。過激派組織のテロ行為に巻き込まれて家族を失う小柴と云うキャラだが、そんな復讐キャラとの格闘の場面でリモコンの問題に決着をつけていれば、親の仇を目前に犬死するだけの小柴と云うキャラクターにも厚みが増したはず。
そもそも、残された時間もわずか5分と云う状況下で描かれる終盤は限りなく不自然。主人公が千晶を残して宇津木の追跡を開始する辺りで爆発まで残り約5分となる訳だが、その内容は、真っ暗闇だった辺り一面に薄明かりが差し込むカット(この時点で数分間が経過?)を皮切りに、「ヘリとのチェイス」→「雪崩でヘリが大破」→「不死身の宇津木と主人公の格闘」と云うてんこ盛りのモチーフをわずか5分間で解決させると云うもの。となれば、個人的に期待したのは次のような展開。「元々は善人の小柴が自らの命を引き換えに爆破リモコンを処理」→「雪崩で大破したヘリと共に宇津木は死亡(と云うかこの時点でフツーは助からんだろ)」→「雪崩の衝撃でその場にうずくまる主人公と路肩に倒れる千晶は救助隊が救出(あの状況下で主人公が成人女性を抱きかかえる状況設定は極めてナンセンス。主人公のヒロイズムを謳う地元警察署長のダイアローグもボツ)」→「ダイアローグなど一切割愛するヘリの機中で終幕」と云った流れであれば、スマートなアクション邦画としてのイメージも貫けたはず。
プロット自体がハリウッドアクションに似通っていた事などトピックにする事もナンセンス。陸の孤島と化したダムを舞台に、黒幕の裏切り行為を捻りとして挿入する顛末には斬新な印象すら受けたが、ついては、シュールな描写が雪崩れ込むクライマックスとヒロイズムを自己申告するスクリプトが只々残念。撮影そのものが難儀だったはずの舞台裏を考慮すれば、殊更勿体なかったような気がする。大枚投じての大所帯の製作チームが始動する中、持ち場での分業を成立させる合理性は理解出来るが、客観的な視野でのシンプルな全体像を意見出来たスタッフが不在だったような気も。スコアについても、音無で勝負した方が格段に良かったカットが幾つもあった。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
若松節朗 コンプレックス・ブルー(ov)
製作
Produced by
坂上直行 お墓と離婚
君を忘れない
菊次郎の夏
宮内正喜 子猫物語
私をスキーに連れてって
こちら葛飾区亀有前派出所 THE MOVIE
岸田卓郎 星に願いを。
高井英幸 連合艦隊
四十七人の刺客
ラヂオの時間
愛を乞うひと
プロデューサー
Producer
小滝祥平 咬みつきたい
君を忘れない
恋は舞い降りた。
遠谷信幸 君を忘れない
はつ恋
千と千尋の神隠し
石原 隆 白鳥麗子でございます!
ラヂオの時間
メッセンジャー
臼井裕詞 ときめきメモリアル
GTO
スペーストラベラーズ
原作
Based on the novel by
真保裕一 * 脚本も兼任
脚色
Screenplay by
真保裕一 * 原作著者
長谷川康夫 君を忘れない
カルテット
ソウル SEOUL
深呼吸の必要
飯田健三郎 恋は舞い降りた。
雨よりせつなく
脚本協力 福田 靖 催眠
陰陽師
海猿
撮影
Cinematography by
山本英夫 ソナチネ
みんな~やってるか!
HANA-BI
蘇える金狼
富江 replay
オーディション
編集
Edited by
深沢佳文 パラサイト・イヴ parasite EVE
催眠
感染
美術
Production Design by
小川富美夫 セーラー服と機関銃
人魚伝説
湯殿山麓呪い村
いつか誰かが殺される
国会へ行こう!
ラヂオの時間
衣装
Wardrobe by
川崎健二 駅 STATION
ゴジラ
帝都物語
3-4X10月
八つ墓村
衣装デザイン
Costume Design by
BOYCOTT  
音楽
Music by
住友紀人 ソウル SEOUL
T.R.Y.
ブスの瞳に恋してる (tv)
アンフェア (tv)
ケン・イシイ テクノ (出演)
モジュレーション (出演)
出演
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
織田裕二
富樫輝男 湘南爆走族
愛はクロスオーバー
将軍家光の乱心 激突
彼女が水着にきがえたら
BEST GUY
就職戦線異状なし
波の数だけ抱きしめて
卒業旅行 ニホンから来ました
きけ、わだつみの声 Last Friends
踊る大捜査線 THE MOVIE
T.R.Y
踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!
松嶋菜々子
平川千晶 恋と花火と観覧車
リング
らせん
リング2
犬神家の一族 (2006)
眉山 -びざん-
石黒 賢
吉岡和志 めぞん一刻
愛しのハーフ・ムーン
やるときゃやるぜ! COME BACK HERO
ドン松五郎の大冒険
パイレーツによろしく
白い手
フィレンツェの風に抱かれて
満月 MR.MOONLIGHT
怖がる人々
もうDEBUなんて言わせない!
ISOLA 多重人格少女
宇宙の夏
吹越 満
笠原義人
(小柴拓也)
LUNATIC
ガメラ2 レギオン襲来
SF サムライ・フィクション
RED SHADOW 赤影
ミスター・ルーキー
たそがれ清兵衛
六の珠「エドちゃん」
レディ・ジョーカー
橋本さとし
戸塚信吾 新極道の妻たち 惚れたら地獄
ジューンブライド 6月19日の花嫁
SCORE2 THE BIG FIGHT
ゲゲゲの鬼太郎
工藤俊作
貴嶋 聡 EM EMBALMING
修羅がゆく13 完結篇
黄龍 イエロードラゴン
殺人ネット
中村嘉葎雄
奥田 勲 風林火山
新選組
仕掛人梅安
ラブレター
陽炎座
天国の駅 HEAVEN STATION
帝都物語
オルゴール
赤い橋の下のぬるい水
魔界転生
スチームボーイ
いま、会いにゆきます
鉄人28号
古尾谷雅人
藤巻謙介
(警視庁刑事局長)
ヒポクラテスたち
スローなブギにしてくれ
悪霊島
凶弾
丑三つの村
いつか誰かが殺される
オイディプスの刃
別れぬ理由
山田ババアに花束を
月はどっちに出ている
マークスの山
のど自慢
人斬り銀次
平田 満
岩崎吉光 限りなく透明に近いブルー
蒲田行進曲
時代屋の女房
居酒屋兆治
上海バンスキング
犬死にせしもの
キネマの天地
死の棘
怖がる人々
ラブ・レター
鉄道員
日本の黒い夏 冤罪
東京原発 TOKYO:LEVEL ONE
佐藤浩市
宇津木雅彦 魚影の群れ
ラブホテル
犬死にせしもの
瀬戸内少年野球団
さらば愛しき人よ
敦煌
社葬
トカレフ
GONIN
美味しんぼ
らせん

新・仁義なき戦い
KT
うつつ
壬生義士伝
魔界転生
ROCKERS
感染
海猫
山田辰夫
塚越啓三 狂い咲きサンダーロード
凶弾
KT
壬生義士伝
理由
山路和弘
吉兼孝義 GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
人間椅子
狗神
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大作戦
突入せよ!「あさま山荘」事件
光石 研
新潟県警の刑事 博多っ子純情
セーラー服と機関銃
童貞物語
妖怪ハンター ヒルコ
スワロウテイル
オーディション
KT
レディ・ジョーカー
河原崎建三
石坂昌弘
(奥遠和ダム運転長)
愛の亡霊
きけ、わだつみの声
勝手にしやがれ!! 逆転計画
案山子 KAKASHI
宣戦布告
高橋一生 雨宮健二
(奥遠和ダム職員)
耳をすませば
友子の場合
リリィ・シュシュのすべて
恋愛寫眞 Collage of Our Life
キル・ビル Vol.1
半落ち
世界の中心で、愛をさけぶ
茶の味
スウィングガールズ
市川 勇 浜中隆信
(新潟県警署長)
ずっこけ三人組 怪盗X物語
静かなるドン THE MOVIE
阿南健治 村瀬勇治 マルタイの女
GTO
ムルデカ17805
スモウな彼女
レディ・ジョーカー
ゴーストシャウト
黄川田将也 坂下英樹 富江 re-birth
4 MOVEMENT 四楽章
バトル・ロワイアルII 鎮魂歌
昭和歌謡大全集
仮面ライダー THE FIRST
TANNKA 短歌
Dear Friends
そのときは彼によろしく
中村万里 unidentified HANA-BI
Dolls ドールズ
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.