Return To Top
Flightplan
フライトプラン (2005) USA 98min.
Introduction 序盤アウトライン
ベルリン。航空設計士のカイルは、自宅アパートの屋上から転落死を遂げた夫の遺体を故郷のニューヨークへ送り届けるべく、自身も設計の一部に携わった最新型ジャンボジェット機に娘のジュリアと共に一番乗りで搭乗していた。出発後、精神的に不安定な状態にあったジュリアを寝付かせる為に空席だった後部座席へ移動したカイルだったが、約3時間の仮眠の最中にジュリアがその姿を忽然と消し去ってしまう。目撃者も誰一人として存在しない中、アテンダントへ緊急事態としての対応を求めるカイルだったが、彼女に突き付けられた返答は、ジュリアの搭乗記録すら存在しないと云う信じ難いものだったーー
Various Note メモ
自身と共に搭乗していたはずの娘がそのジャンボ機の機中から忽然と姿を消し去る中、その娘の存在自体を否定されると云うシュールな状況を迎えた主人公が、乗員乗客全員を向こうに回しての孤立無援の状況下でその背後に蠢く謎に迫ると云うシナリオ。元々はショーン・ペンの為に用意されていたと云う主人公キャラクターは、「カイル」と云う男女共通のネーミングのままでジョディ・フォスターに手渡された配役だったが、ちなみに、デイヴィッド・フィンチャーの97年監督作品「ゲーム」でショーン・ペンが演じていた主役キャラクターは、ジョディ・フォスターのイメージで書き上げられたものだった。
その実生活では飛行機にも滅多に搭乗しないと云う飛行機嫌いのショーン・ビーンやピーター・サースガードに向うを張る形で、気丈な主人公をタフネスに演じるジョディ・フォスターの立ち回りも極めて印象に残る作品だが、そのシナリオについての個人的所感については以下の通り。

以下、完全ネタバレ。未見の方はご注意下さい。
端的に云ってしまえば、仕掛けのモチーフが極めて甘い。機内の構造に詳しいカイル(ジョディ・フォスター)をハイジャッカーに仕立て上げる為にカイルの夫を自殺に見せかけて殺害し、葬儀屋をも抱き込むと云う形で実に手の込んだ下準備を進めていた犯人だが、仮にカイルの娘の存在を複数の人間が認めていたとしたら犯人はどうするつもりだったのかと云った所。カイルが機内で爆弾を仕掛けていたと云う偽りのシナリオを機長に納得させる為には、カイルの暴走行為を引き出す事が必要不可欠だった犯人だが、仮に複数の乗客がカイルの娘の存在を認知していたとすれば、あの問題の機械室の捜索も滞りなく行われていたはずで、まず何より、アテンダントのフィオナ(エリカ・クリステンセン)が娘の存在をハッキリと認めてしまっていたら、犯人のプランも端から総崩れだったはずである。子連れの親子であれば誰もがカモに出来ると云う状況であれば、被害者を孤立無援の状況に追い込む事も幾度かの計画実行の中では可能なのだろうが、機内の見取りに詳しいカイルでなければ身代金の要求にも至らぬと云う一度限りの犯行チャンスだった事を考慮すれば、正に犯人にとっても一世一代の大博打、殺人までをも犯して臨めるような緻密な計画とは全く以って云い難いのである。
また、中盤までの力強いミステリーに拍車を掛けるべく伏線的に挿入されるアラブ人乗客のモチーフだが、事件の解決後、車に搭乗するカイルに手荷物を手渡すアラブ人のカットにも納得が行かない。アラブ人がカイルに対して申し訳なさそうにしているようにしか見えないあのカットだが、その実、あの場面では、カイルの方がアラブ人に謝るべきだったはず。確かに、カイルの顔の傷はアラブ人によるものだったと云えるが、あのアラブ人が圧倒的多数の白人乗客を向こうに回しての肩身の狭い思いをさせられたのもカイルの立ち回りによるもの。その犯人のシナリオにもなかった偶発的な伏線的モチーフとして、恐れ多くも極めて微妙な人種問題を持ち込んでしまったシナリオだった訳だが、現実社会でのアラブ人への無差別な偏見と云った憂慮すべき実態を牽制したかったのであれば、アラブ人乗客への挑発的な態度に終始していたあのお騒がせな白人乗客が疑惑の晴れたアラブ人に謝罪するカットでも挿入すれば良かったのである。その背景では、カイルに疑惑の眼差しを向けていた乗客たちによる「凄い母親だ」と云った掌を返すような賞賛の声も挿入されるあの頓珍漢なヒロイズムの漂うクライマックスのカットで締め括られては正に堪ったものではない。
オチにも絡めず形無しと云ったキャラを演じるショーン・ビーンだが、曲者の彼を起用したそのキャスティングの意図も全く理解出来ない。あの腑抜けな犯人に騙されるがままにアッサリと送金を指示してしまうその役柄には、手放しでの閉口を余儀なくされてしまったが、本来の魅力をアピールする事も許されぬセラピスト役で登場するグレタ・スカッキのキャスティングも釈然としない所。凡庸なサスペンスとして締め括られるシナリオの顛末については、映像化する以前の問題として如何ともし難いと云った所だが、中盤までのあまりにも力強い展開とジョディ・フォスターの迫真の演技を目の当たりにしてしまえば、殊更残念と云った印象だけが残されてしまうのである。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ロベルト・シュヴェンケ
Robert Schwentke
タトゥー Tattoo (2002)
Eierdiebe (2003)
製作
Produced by
ブライアン・グレイザー
Brian Grazer
スプラッシュ Splash
ライアー ライアー Liar Liar
ディボース・ショウ Intolerable Cruelty
製作総指揮
Executive Producers
ロバート・ディノッツィ
Robert DiNozzi
ビハインド・ザ・レッドドア Behind the Red Door
エリカ・ハギンズ
Erica Huggins
グリッドロック Gridlock'd
鬼教師ミセス・ティングル Teaching Mrs. Tingle
チャールズ・J・D・シュリッセル
Charles J.D. Schlissel
レッド プラネット Red Planet
インソムニア Insomnia
ジェームズ・ウィテカー
James Whitaker
8 Mile 8 Mile
ディボース・ショウ Intolerable Cruelty
脚本
Written by
ピーター・A.ダウリング
Peter A. Dowling
Sealand (2008) (co-producer)
ビリー・レイ
Billy Ray
薔薇の素顔 Color of Night
ボルケーノ Volcano
ジャスティス Hart's War
ニュースの天才 Shattered Glass
サスペクト・ゼロ Suspect Zero
撮影
Cinematography by
フロリアン・バルハウス
Florian Ballhaus
セックス調査団 Investigating Sex
プラダを着た悪魔 The Devil Wears Prada
編集
Edited by
トム・ノーブル
Thom Noble
華氏451 Fahrenheit 451
マスク・オブ・ゾロ The Mask of Zorro
サラマンダー Reign of Fire
美術
Production Design by
アレック・ハモンド
Alec Hammond
ドニー・ダーコ Donnie Darko
ガーフィールド Garfield
ホワイト・プリンセス First Daughter
衣装デザイン
Costume Design by
スーザン・ライオール
Susan Lyall
ネル Nell
スパニッシュ・プリズナー The Spanish Prisoner
ミュージック・オブ・ハート Music of the Heart
音楽
Music by
ジェームズ・ホーナー
James Horner
薔薇の名前 Der Name der Rose
スニーカーズ Sneakers
タイタニック Titanic
ディープ・インパクト Deep Impact
マスク・オブ・ゾロ The Mask of Zorro
ビューティフル・マインド A Beautiful Mind
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ジョディ・フォスター
Jodie Foster
Kyle Pratt タクシードライバー Taxi Driver
白い家の少女 The Little Girl Who Lives Down the Lane
告発の行方 The Accused
羊たちの沈黙 The Silence of the Lambs
リトルマン・テイト Little Man Tate
コンタクト Contact
パニック・ルーム Panic Room
インサイド・マン Inside Man
ピーター・サースガード
Peter Sarsgaard
Carson ザ・セル The Cell
夢見る頃を過ぎても Unconditional Love
K-19 K-19: The Widowmaker
ジャーヘッド Jarhead
ケイト・ビーハン
Kate Beahan
Stephanie チョッパー・リード 史上最凶の殺人鬼(未)
 Chopper
マトリックス レボリューションズ The Matrix Revolutions
エリカ・クリステンセン
Erika Christensen
Fiona トラフィック Traffic
プール Swimfan
ママが泣いた日 The Upside of Anger
ヤナ・コレサロワ
Jana Kolesarova
Claudia Michele Strogoff - il corriere dello zar (1999) (tv)
The Looking Glass (2003)
マーリーン・ローストン
Marlene Lawston
Julia ロー&オーダー Law & Order (tv)
ショーン・ビーン
Sean Bean
Captain Rich ストーミー・マンディ Stormy Monday
007 ゴールデンアイ GoldenEye
ロード・オブ・ザ・リング
 The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring
サウンド・オブ・サイレンス Don't Say a Word
トロイ Troy
グレタ・スカッキ
Greta Scacchi
Therapist 推定無罪 Presumed Innocent
ザ・プレイヤー The Player
Emma エマ Emma
レッド・バイオリン Le Violon rouge
マイケル・アービィ
Michael Irby
Obaid ラスト・キャッスル The Last Castle
CSI:ニューヨーク CSI: NY (tv)
アサフ・コーエン
Assaf Cohen
Ahmed A Moment of Grace (2004)
West Bank Story (2005)
クリスチャン・バーケル
Christian Berkel
Mortuary Director 悦楽晩餐会 または誰と寝るかという重要な問題
 Rossini
es [エス] Das Experiment
シェーン・エデルマン
Shane Edelman
Mr. Loud サム・ガール Some Girl
赤い部屋の恋人 The Center of the World
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン Catch Me If You Can
メアリー・ギャラガー
Mary Gallagher
Mrs. Loud フレンズ (3rd Season) Friends (tv)
ザ・ホワイトハウス(4th Season) The West Wing (tv)
ヘイリー・ラム
Haley Ramm
Brittany Loud X-MEN ファイナル ディシジョン
 X-Men: The Last Stand
ヘレンとフランクと18人の子供たち(未)
 Yours, Mine and Ours
フォレスト・ランディス
Forrest Landis
Rhett Loud 12人のパパ(未) Cheaper by the Dozen
スケルトン・キー(未) The Skeleton Key
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.