Return To Top
High Crimes
ハイ・クライムズ (2002) USA 115min.
Introduction 序盤アウトライン
カリフォルニア州マリン郡。刑事弁護士としての輝かしいキャリアを持つクレアは、その私生活でも愛する夫トムとの間の子を懐妊、正に幸福の絶頂を迎えていた。そんなある日、年の瀬で賑わう街へ買い物に繰り出したクレアとトムだったが、突如、物々しく出現した大勢のFBI捜査官たちがトムを連行、あろう事かその容疑は、実はロン・チャップマンと云う海兵隊員だった事を偽っていたトムが、テロ鎮圧の海兵隊特殊部隊として出向いた12年前のエルサルバドルで9人を惨殺したと云う第一級の殺人容疑だった。巨大な権力も見え隠れする中、殺人犯に仕立て上げられたと訴えるトムを信じるクレアは、世間の法廷とは勝手の違う軍事法廷を舞台に夫の弁護を展開するのだがーー
Various Note メモ
一流の刑事弁護士として鳴らす女性主人公クレア(アシュレイ・ジャッド)が、唐突な形で殺人犯だと告げられた夫の冤罪を証明すべく奔走すると云う顛末だが、事件の真相を巡り二転三転するミステリーのモチーフも見応え充分、クレアに協力する周辺の人物との絡みを描くモチーフも一切の無駄が無く面白い。
海兵隊法務部の敏腕弁護士として知られながらも底辺での人生に甘んじる男チャーリーを演ずるモーガン・フリーマンはもとより、クレアとは対照的とも云えるさばけた人生観を持つ妹ジャッキー役のアマンダ・ピート、クレアに協力する軍選弁護人のエンブリー役のアダム・スコット、そして、序盤でのベビーフェイスが嘘のようにも見えてしまう万華鏡のような表現力を披露するジェームズ・カヴィーゼルなど、それぞれが適材適所の好演。また、高層ビルを背景にするスポットBGMを筆頭にテンション感覚抜群のセンスを披露するグレーム・レヴェルのスコアも取り分け印象的。
アシュレイ・ジャッドが酒場の外で暴行を受けたモーガン・フリーマンにレントゲンを勧めるカットが登場するが、これは2人が以前に競演した「コレクター」でのワンカットを連想させるもの。余談だが、初稿でのアシュレイ・ジャッドの配役は、ハーバードの法学部教授と云うキャラクターだったらしい。「コレクター」「ダブル・ジョパディー」に続く本作とサスペンスの女王とも形容されるアシュレイ・ジャッドの真骨頂も発揮された傑作サスペンス。漫然とした印象に逸脱するような事もなく最後まで一気に楽しめる。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
カール・フランクリン
Carl Franklin
青いドレスの女 Devil in a Blue Dress
母の眠り One True Thing
タイムリミット Out of Time
製作
Produced by
ジェシー・ビートン
Jesse Beaton
青いドレスの女 Devil in a Blue Dress
母の眠り One True Thing
アーノン・ミルチャン
Arnon Milchan
サウンド・オブ・サイレンス Don't Say a Word
ロードキラー Joy Ride
ジャネット・ヤン
Janet Yang
ラリー・フリント The People vs. Larry Flynt
悪魔の呼ぶ海へ(未) The Weight of Water
製作総指揮
Executive Producers
リサ・ヘンソン
Lisa Henson
* ジム・ヘンソンの娘
悪魔の呼ぶ海へ(未) The Weight of Water
惑星「犬」。 Good Boy!
原作
Based on the novel by
ジョセフ・ファインダー
Joseph Finder
* 原作「バーニング・ツリー」
脚色
Screenplay by
ユーリー・ゼルツァー
Yuri Zeltser
アイ・オブ・ザ・ストーム Eye of the Storm
ブラック&ホワイト(未) Black and White
グレイス・ケイリー・ビックレイ
Grace Cary Bickley
ベティ・ルーは犯罪者?(未)
 The Gun in Betty Lou's Handbag
撮影
Cinematography by
テオ・ヴァン・デ・サンデ
Theo van de Sande
ボルケーノ Volcano
ブレイド Blade
編集
Edited by
キャロル・クラヴェッツ
Carole Kravetz
母の眠り One True Thing
ゴーストワールド Ghost World
美術
Production Design by
ポール・ピーターズ
Paul Peters
母の眠り One True Thing
あなたのために Where the Heart Is
衣装デザイン
Costume Design by
シャレン・デイヴィス
Sharen Davis
ドクター・ドリトル Doctor Dolittle
ダブル・テイク Double Take
音楽
Music by
グレーム・レヴェル
Graeme Revell
コラテラル・ダメージ Collateral Damage
ビロウ Below
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
アシュレイ・ジャッド
Ashley Judd
Claire Kubik コレクター Kiss the Girls
恋する遺伝子 Someone Like You...
フリーダ Frida
モーガン・フリーマン
Morgan Freeman
Charlie Grimes コレクター Kiss the Girls
ディープ・インパクト Deep Impact
トータル・フィアーズ The Sum of All Fears
ジェームズ・カヴィーゼル
James Caviezel
Tom Kubik
aka Ron Chapman
ペイ・フォワード 可能の王国 Pay It Forward
モンテ・クリスト伯 The Count of Monte Cristo
アマンダ・ピート
Amanda Peet
Jackie チェンジング・レーン Changing Lanes
“アイデンティティー” Identity
ブルース・デイヴィソン
Bruce Davison
General Marks X-メン X-Men
クレイジー/ビューティフル Crazy/Beautiful
トム・バウアー
Tom Bower
FBI Agent
Mullins
ジャンクション White Man's Burden
アトランティスのこころ Hearts in Atlantis
フアン・
カルロス・ヘルナンデス
Juan Carlos Hernández
Major
Hernandez
イン・アメリカ 三つの小さな願いごと In America
マイケル・ガストン
Michael Gaston
Major
Waldron
ブレス・ザ・チャイルド Bless the Child
エデンより彼方に Far from Heaven
ジュード・チコレッラ
Jude Ciccolella
Colonel
Farrell
ショーシャンクの空に The Shawshank Redemption
ボーイズ・オン・ザ・サイド Boys on the Side
エミリオ・リヴェラ
Emilio Rivera
Salvadoran Man コン・エアー Con Air
トラフィック Traffic
マイケル・シャノン
Michael Shannon
Troy Abbott タイガーランド Tigerland
バニラ・スカイ Vanilla Sky
ジョン・ビリングスレイ
John Billingsley
Lie Detector
Coach
ホワイト・オランダー White Oleander
タイムリミット Out of Time
デンドゥリー・テイラー
Dendrie Taylor
Lola デーヴ Dave
スピーシーズ 種の起源 Species
ポーラ・ジェイ・パーカー
Paula Jai Parker
Gracie ゲット・オン・ザ・バス Get on the Bus
フォーン・ブース Phone Booth
ジェシー・ビートン
Jesse Beaton
Ramona * 製作も兼任
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.