Return To Top
唐山大兄 The Big Boss
ドラゴン危機一発 (1971) Hong Kong 100min.
Introduction 序盤アウトライン
バンコク。天災による凶作で農家を後にした青年チェンが、喧嘩を封印すると云う母親との誓いが込められたペンダントを胸に町への出稼ぎにやって来る。大家族で暮らす従兄弟の家に身を寄せながら、従兄弟たちが勤める町の製氷工場で働き始めたチェンだったが、ある日、慣れない仕事で氷柱を地面に落としてしまうと、中から飛び出した麻薬の包みを2人の従兄弟が目撃、麻薬組織の黒幕でもある工場の経営者マイに呼ばれた2人の従兄弟たちは、口封じの為に惨殺されてしまう。やがて、従兄弟では最も信頼されるシューまでもが行方不明になった事から工場ではストライキが勃発、マイ一味の暴力による鎮圧にも母親との誓いを守るべく静観を貫くチェンだったが、誓いのペンダントが真っ二つに割られたその瞬間、怒髪天を突く怒りの鉄拳が遂に爆発するのだったーー
Various Note メモ
序盤では喧嘩はしないと云う母親との誓いを貫こうとする主人公(ブルース・リー)だが、自身はもとより世話になる従兄弟たちにとっても一大事と云える局面で、飽く迄も母親の言いつけを守ろうとする主人公のキャラクター性には違和感を覚えたりもする所。しかし、実は、劇中では説明される事もなかった主人公の背景が、オリジナルのシナリオには描かれていたもので、それは、喧嘩によって夫を亡くした主人公(息子のチェン=ブルース・リー)の母親が、同じ運目を息子には辿らせてなるものかと主人公に誓いを立てさせると云うシリアスなモチーフだったらしい。
売春宿に登場するマラリーンを除く女性キャラクターは、全員がコールガールを生業とする女性だったもので、ゴールデン・ハーヴェストの提示した日当ギャラが、通常の日額売り上げを上回っていた為に、その出演を快諾していたらしい。
その公開当時、香港での興行収益では最高記録を保持していた「サウンド・オブ・ミュージック」や「トラ・トラ・トラ!」を塗り替える大ヒットとなった作品だが、犯罪サスペンスを下敷きにしてのド派手なアクションや純愛ドラマがバランス良く融合された顛末には、記録破りの大ヒットと云った現象にも頷ける所。その公開当時、ホームビデオなどは夢のまた夢と云った時代に於いては、サントラレコードに収録されていたセリフ音声をリピートする事が、自宅でブルース・リーを楽しむ為の唯一の方法だったものだが、その幾度もの鑑賞では、あの誓いを破るシークエンスで展開される英語版のセリフなどは暗記してしまったほどだった。
ところが、ビデオの時代に突入してみると英語版の吹き替えヴァージョンがリリースされる事はなく、長らく広東語ヴァージョンの鑑賞を余儀なくされていたものだが、DVDの時代に入り、カルチャーパブリッシュ社からリリースされたメディアによって、ようやく英語版が陽の目を見ている。ただ、他の香港2作品も同様に、マイク・レメディオスによる挿入歌は割愛、オークションなどでは挿入歌なども含むブートレッグなども出回っていたようだが、現在では、英語音声が収録されたDVDも廃盤と云う始末。公開当時に普及していた東宝版のサントラLPやEPに依存していた中毒症状のファンも多数存在すると云う事や、英語に堪能だったブルース・リーによる吹き替えヴァージョンが別次元での本物だったと定義出来る事などからも、英語による吹き替えヴァージョンが最も親しまれるべきヴァージョンだったと断言出来る。
全ての娯楽要素を兼ね備えた「燃えよドラゴン」の後に公開されただけに、ローカル色も強いこの作品には、やや物足りなさを感じる事も事実だが、ヌンチャクも登場せず、拳法や武術と云ったスタンスとは一線を画したストリートファイトに終始すると云う裸一貫でのアクション性や、邪魔者は氷柱に埋め込んでしまうと云う情け容赦の無い凶悪な犯罪組織に一人立ち向かうと云う孤高のヒロイズムは、他の作品でも味わえぬヴィヴィッドなもの。リーの鉄拳を喰らった壁際の人物が人の形を模って壁を突き破ると云う破天荒なカットにも手放しでは笑えぬと云ったシリアスな顛末が小気味良い。後の香港2作品ではヒロインに君臨するノラ・ミヤオも本作では端役に甘んじているが、後の「ドラゴン怒りの鉄拳」ではその立場が逆転するもここでのヒロインとなるマリア・イーは、可憐で清楚な魅力を惜しみなく披露。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
脚本と監督
Written & Directed by
羅維
ロー・ウェイ
Lo Wei
いれずみドラゴン嵐の決斗 The Tattooed Dragon
ドラゴン怒りの鉄拳 Fist of Fury
製作
Produced by
鄒文懐
レイモンド・チョウ
Raymond Chow
ドラゴン怒りの鉄拳 Fist of Fury
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
 Way of the Dragon 猛龍過江
撮影
Cinematography by
シュー・チェンチン
Chu Chen Ching
新白蛇伝(未) Love of the White Snake
ドラゴン怒りの鉄拳 Fist of Fury
編集
Edited by
クン・ファンチャ
Kun Fan Chia
 
美術
Production Design by
シュー・リュー
Chu Liu
 
スタント・コーディネーター
Stunt coordinator
韓英傑
ハン・インチェ
Han Yin-Chieh
* 出演も兼任
ドラゴン怒りの鉄拳 Fist of Fury
音楽
Music by
顧嘉輝
ジョセフ・クー
Joseph Koo
ドラゴン怒りの鉄拳 Fist of Fury
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
 Way of the Dragon 猛龍過江
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
李小龍
ブルース・リー
Bruce Lee
Cheng Chao-an グリーン・ホーネット The Green Hornet (tv)
ドラゴン怒りの鉄拳 Fist of Fury
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
 Way of the Dragon 猛龍過江
燃えよドラゴン Enter the Dragon
衣依
マリア・イー
Maria Yi
Chow Mei ドラゴン怒りの鉄拳 Fist of Fury
田俊
ジェームズ・ティエン
James Tien
Hsiu Chien ドラゴン怒りの鉄拳 Fist of Fury
クレージーモンキー 笑拳 The Fearless Hyena 笑拳怪招
劉永(トニー・リュー)
リュー・イェン
Tony Liu
Hsiao Chiun
(Mi's son)
ドラゴン怒りの鉄拳 Fist of Fury
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
 Way of the Dragon 猛龍過江
韓英傑
ハン・インチェ
Han Yin-Chieh
Hsiao Mi
(The Boss)
* スタント・コーディネーターも兼任
ドラゴン怒りの鉄拳 Fist of Fury
苗可秀
ノラ・ミヤオ
Nora Miao
Miao ドラゴン怒りの鉄拳 Fist of Fury
最後のブルース・リー ドラゴンへの道
 Way of the Dragon 猛龍過江
蛇鶴八拳 Snake & Crane Arts of Shaolin 蛇鶴八歩
マラリーン
Malalene
Prostitute * ロケ地のタイでスカウトされた民間女性
チン・シャン
Chin San
Hua Sze ドラゴン怒りの鉄拳 Fist of Fury
イ・クィン
Lee Quin
Li Quin ドラゴン怒りの鉄拳 Fist of Fury
チェン・チャオ
Chen Chao
Foreman  
陳可辛(ピーター・チャン)
チャン・ラン
Chan Lung
Gatekeeper
Blue Shirt
Henchman
少林寺三十六房 36th Chamber of Shaolin
スネーキーモンキー 蛇拳
 Snake in the Eagle's Shadow 蛇形刀手
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.