Return To Top
A Clockwork Orange
時計じかけのオレンジ (1971) UK 137min.
Introduction 序盤アウトライン
治安の悪化した近未来都市。狡猾な15歳の少年アレックスをリーダーとする4人の非行グループが、根城とする「ミルク・バー」から、いつものように街へと繰り出す。手始めに泥酔した浮浪者を袋叩きにした4人は、敵対グループとの乱闘を経て、郊外に住む作家アレキサンダーの邸宅に侵入、暴行を加えて身動きの取れないアレキサンダーの目前で夫人を輪姦した上で、何事も無かったかのようにミルクバーへと引き揚げる。数日後、資産家の独居女性宅へ侵入し、婦人を殺害したアレックスは、亀裂も生じていた仲間の裏切りにより只一人だけ警察に逮捕されてしまうが、2年間に渡り模範囚を装っていたアレックスは、僅か2週間の辛抱で釈放されると云う人格矯正プログラムの存在を知る。社会への復帰の為には如何なる代償も惜しまぬアレックスは、致命的な後遺症も残すとされる「ルドビコ」療法のダミーを買って出るのだがーー
Various Note メモ
ダース・ベイダーの配役では広く知られるデイヴィッド・プラウズだが、ここでのプラウズは、車椅子での生活を余儀なくされた雇い主のアレキサンダーを持ち運ぶシークエンスで面白い逸話を残している。完全主義者のキューブリックが必要とあらば何度も撮り直しを行うと云う評判を知っていたプラウズは、その撮影前に釘を刺すかのように「こんな車椅子を持ち上げるような労働に何度も付き合ってはいられない」と云った発言を展開、大監督キューブリックを向こうに回しての大口発言に周囲のスタッフも恐々とする中、「ベストを尽くすよ」と笑って応えたキューブリックは、彼にしてみれば驚異的な少なさとも云える僅か3度のテイクで撮影を終了させている。
マルコム・マクダウェルの出演が無ければ作品は存在しなかったと明言していたキューブリックだが、キューブリックが関与する以前には、当面の資金を必要としていた原作者のアンソニー・バージェスが僅か500ドルと云う小金でミック・ジャガーに版権を売り渡していた為に、アレックスや仲間のドゥルーグスを「ローリング・ストーンズ」のメンバーが演じると云うプランも進行していた。結局、その版権はジャガーの手から紆余曲折を経てキューブリックに渡されている。
英語とロシア語にスラングを組み合わせた言語が乱れ飛ぶシナリオだが、これは原作者のアンソニー・バージェスの考え出したオリジナル単語の数々。ちなみにミルクバーの冒頭に付けられる「コローヴァ」と云う単語は、ロシア語では「牛(カウ)」と云う意味。そのオリジナル単語を自然なまでに乱発してみせるマクダウェルだが、幾つかのシークエンス撮影に於いては散々な目に遭っている。ルドビコ療法が実施される場面では、瞼を固定する金属で角膜を傷付けた為に一時的な視覚障害を起こし、釈放直前に行われる過激なデモンストレーションのステージでは肋骨にひびが入り、警官になっていたかつての仲間に顔を水中に押し込まれる場面では、深刻な呼吸障害を起こしていたらしい。言われてみれば、あの顔を水中に押し込まれる場面は、そのワンカットの時間が異様なまでに長い。水中から地上に通じる何らかのパイプのようなギミックでも装備されていない限り無理だろうと云った印象を受けるほどである。
ベイジルと云う名前で登場するアレックス(マクダウェル)の飼育する大蛇だが、これはマクダウェルが大の爬虫類恐怖症だと云う事を知ったキューブリックが、マクダウェルの混沌とした表情を引き出す為に、敢えて投入したアイディアだった。また、川沿いの道路を歩くドゥルーグスのメンバーの帽子がカットによって登場したり消えたりする演出、テーブルの上のグラスの位置がカットによって変化していると云うミスにも見えるシークエンス編集だが、これは混沌を表現する為に敢えて行われた意図的な演出だったらしい。
特異な印象を残すアレックスが歌う「雨に唄えば」だが、この選曲については、キューブリックの意図は反映されていない。実は、全ての歌詞を覚えている歌が「雨に唄えば」一曲しかなかったと云うマクダウェルによって持ち込まれた歌だった。
「2001年宇宙の旅」のサントラも陳列された近未来のレコードストアとして登場する店舗だが、目を凝らして見てみるとビートルズの「マジカル・ミステリー・ツアー」のLPジャケットも陳列されている。ビートルズがシングル曲のLP挿入はルール違反と云う契約を交わしていた事を考慮すれば、MMTもシングルのみのリリースだった英国に於いては、あのMMTのLPは米盤と云う事になる訳だが、近未来が舞台の本作、そのような契約状況も過去のものとする為に敢えて陳列されたものなのか。真相は定かではない。
ピンク・フロイドの「原始心母」をサントラとして使用したかったと云うキューブリックだが、このプランは、制限なしでの許可を求めた為に破談となっている。これは、トータルコンセプトの完成度を誇る作品が部分的なSE効果などとして使用される事にフロイド側が懸念を抱いた為だと思われるが、結果的には、オリジナル編曲スコアとして登場するウォルター・カーロス(現在はウェンディー・カルロス)のサウンドが絶大な効果をもたらしている。ハッキリ云えば、劇中に登場するカーロスのアナログ多重録音によるシンセアンサンブルは、あまりにも凄すぎるもので、その時代性を考慮すれば、間違いなく最先端のシンセアンサンブルと云えるポテンシャル。しかも、トーキング・モジュレーションの鍵盤ヴァージョン(仕組みは違うが)である「ヴォコーダー」までもが登場する。その1台のチューニングをコントロールする事ですら手を焼いたと云う70年代序盤のシンセ音楽界に於いては「ヴォコーダー」までもが登場すると云うここまでのアナログ多重録音によるシンセ編曲は実に珍しいものだったはず。
71年度のアカデミーでは、作品賞・監督賞・脚色賞・編集賞と4部門でノミネートされた本作だが、X指定としてレイティングされた作品がオスカーにノミネートされると云う現象は「真夜中のカウボーイ」と並び他に例が無い。その71年当時にはX指定として公開された本作だが、余りに過激な映像表現の為に多数の非難と死の脅迫までも受けたと云うキューブリックは、73年に至るまでに英国での配給先からの自主回収を行っている。その際、自身の死後でなければ英国でのリバイバル公開はないだろうとのコメントを残しているキューブリックだが、彼が死去した99年、実際に英国でのリバイバル公開が実現、その際のレイティングはX指定ではなく「18禁」に変更されていた。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
製作・脚色・監督
Produced, Written
& Directed by
スタンリー・キューブリック
Stanley Kubrick
非情の罠 Killer's Kiss
現金に体を張れ The Killing
突撃 Paths of Glory
スパルタカス Spartacus
ロリータ Lolita
博士の異常な愛情 Dr. Strangelove
2001年宇宙の旅 2001: A Space Odyssey
バリー・リンドン Barry Lyndon
シャイニング The Shining
フルメタル・ジャケット Full Metal Jacket
アイズ ワイド シャット Eyes Wide Shut
原作
Based on the novel by
アンソニー・バージェス
Anthony Burgess
カサノバ Il Casanova di Federico Fellini
(1976) (dialogue consultant)
製作総指揮
Executive Producers
マックス・L.ラーブ
Max L. Raab
美しき冒険旅行 Walkabout
サイ・リトゥヴィノフ
Si Litvinoff
美しき冒険旅行 Walkabout
地球に落ちて来た男 The Man Who Fell to Earth
撮影
Cinematography by
ジョン・オルコット
John Alcott
バリー・リンドン Barry Lyndon
シャイニング The Shining
編集
Edited by
ビル・バトラー
Bill Butler
想い出よ、今晩は! Buona Sera, Mrs. Campbell
ウィークエンド・ラブ A Touch of Class
美術
Production Design by
ジョン・バリー
John Barry
甘くない砂糖 Le Sucre
トリコロール 白の愛 Trois couleurs: Blanc
衣装デザイン
Costume Design by
ミレーナ・キャノネーロ
Milena Canonero
バリー・リンドン Barry Lyndon
ミッドナイト・エクスプレス Midnight Express
音楽
Music by
ウェンディー・カルロス
Wendy Carlos
(as Walter Carlos)
* シンセ音楽の草分け的存在
* 性転換以前:ウォルター・カーロス名義で参加
シャイニング The Shining
トロン Tron
レイチェル・エルキンド
Rachel Elkind
シャイニング The Shining
挿入曲
Various Music
Nacio Herb Brown - song "Singin' in the Rain"
Edward Elgar - from "Pomp and Circumstance March Nos. 1 & 4"
Gioacchino Rossini - "Overture" from opera "Guilluame Tell"
Gioacchino Rossini - "Overture" from opera "Il barbiere di Siviglia"
Gioacchino Rossini - "Overture" from opera "La gazza ladra"
Ludwig van Beethoven - from "9th symphony"
Henry Purcell - from "Music on the Death of Queen Mary"
Nikolai Rimsky-Korsakov - from "Scheherazade"
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
マルコム・マクダウェル
Malcolm McDowell
Alex if もしも If....
雪崩 Figures in a Landscape
パトリック・マギー
Patrick Magee
Mr. Alexander アンツィオ大作戦 Anzio
クロムウェル Cromwell
マイケル・ベイツ
Michael Bates
Chief guard 悪いことしましョ! Bedazzled
君は銃口 俺は引金 Salt and Pepper
ウォーレン・クラーク
Warren Clarke
Dim アントニーとクレオパトラ Antony and Cleopatra
オー!ラッキーマン O Lucky Man!
エイドリアン・コリ
Adrienne Corri
Mrs. Alexander ドクトル・ジバゴ Doctor Zhivago
吸血鬼サーカス団 Vampire Circus
カール・デュアリング
Carl Duering
Dr. Brodsky アラベスク Arabesque
地下組織 Underground
ポール・ファレル
Paul Farrell
Tramp レッツ・ゴー!ハーマンズ・ハーミッツ
 Mrs. Brown, You've Got a Lovely Daughter
華麗なる悪 Sinful Davey
マイケル・ガヴァー
Michael Gover
Prison governor 新・おしゃれ泥棒 11 Harrowhouse
スーパーマン Superman
ミリアム・カーリン
Miriam Karlin
Catlady 愛情は深い海の如く The Deep Blue Sea
ダイナミック作戦 On the Fiddle
ジェームズ・マーカス
James Marcus
Georgie Boy 謎の円盤UFO UFO (tv)
オーブリー・モリス
Aubrey Morris
Mr.
P. R. Deltoid
火曜日ならベルギーよ
 If It's Tuesday, This Must Be Belgium
ウィッカーマン The Wicker Man
シーラ・レイナー
Sheila Raynor
Mum 荒野に生きる Man in the Wilderness
オーメン The Omen
マッジ・ライアン
Madge Ryan
Dr. Branom 上と下 Upstairs and Downstairs
フレンジー Frenzy
アンソニー・シャープ
Anthony Sharp
Minister 大逆転 Crossplot
最後の脱出 No Blade of Grass
フィリップ・ストーン
Philip Stone
Dad 007 サンダーボール作戦 Thunderball
バリー・リンドン Barry Lyndon
スティーヴン・バーコフ
Steven Berkoff
Det. Const. Tom ニコライとアレクサンドラ Nicholas and Alexandra
バリー・リンドン Barry Lyndon
デイヴィッド・プラウズ
David Prowse
Julian
(Alexander's bodyguard)
大逆転 Crossplot
スター・ウォーズ Star Wars
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.