Return To Top
The Tesseract
テッセラクト (2003) Japan / Thailand / UK 97min.
Introduction 序盤アウトライン
バンコク。東南アジアを放浪した果てに財布が底を突いていた英国人の若者ショーンは、商品として売り捌かれるドラッグの精製過程に於ける運び屋として一攫千金の報酬を目論んでいたが、待機を余儀なくされていたそのホテルには、ショーンに手渡されようとするブツの奪還を狙う敵対勢力組織の女殺し屋も潜んでいた。やがて、ショーンを利用する闇組織シア・トウと女殺し屋との血みどろの抗争を経て、ようやくショーンのもとに手渡されたブツだったが、今度は、ショーンの部屋を出入りするベルボーイの少年ウィットがブツを盗難、精製ルートへの渡航日を迎えていたショーンは、四面楚歌の状況に追い込まれてしまうーー
Various Note メモ
闇組織のテコとして得る収入で金欠の状況を打開しようとする若者、雇い主からの性的暴行によって子供としての理性や倫理観を失ったベルボーイの少年、愛息を病で失った女性心理学者、そして、組織の殺し屋と云う人生を余儀なくされている女アサシンと云う4人の中心キャラクターが、闇組織の抗争を背景に一つの運命の糸を手繰ると云う物語。縦・横・高さの立体空間の三次元に、時間の一次元を加える四次元の展開図の事を意味する「テッセラクト」と云うタイトルだが、これは、三次元の空間でそれぞれのドラマを織り成す登場人物たちが、やがて一つの時間軸にシンクロする事で一つのドラマを織り成すと云う展開に譬えとして用いられた引用。その次元の解釈から始まる冒頭スクリプトや「マトリックス」を髣髴とさせる冒頭シーンを目の当たりにすれば、哲学的な論理をベースにするSFアクションのような印象を抱かせられる作品だが、その実の印象は、スレンダーなモチーフを垢抜けた映像スキルで見せる犯罪サスペンスと云った所。

以下、ネタバレを含みます。未鑑賞の方はご留意下さい。
「メメント」や「アレックス」のようなリバース展開を連想させる序盤の映像は、その実、それぞれの時間帯でのそれぞれの行動を別々に見せていると云うだけの話。任意の時間帯によって区切られたそれぞれの局面をリバースして描く事で一つの視点を掘り下げると云う「メメント」などとは一線を画したこのアプローチは、四ツ割の画面に終始出来ないのであれば時計の針を戻して全ての人物の行動を見せてしまえと云うものだが、これが結構ややこしい。このパラレルな描写を時間を戻して全て見せると云うアプローチもそれぞれの人物が接点を設けるようになる中盤以降では影を潜める訳だが、また時間が戻されてしまうのではないかと云う不安が過ぎる為に落ち着けないのだ。
確かに、スキルの高い映像は退屈するようなものではないが、4人の行動の接点を織り成す重要なモチーフなどは一つの時間軸でも充分に描き切れたはず。少年ウィットと女性心理学者ローザの交流などはその時間帯を問われるようなものではなく、ウィットがショーンの部屋からブツを盗み出すと云う重要なカットもメインの展開に挿入すれば済んだ事。ブツを捌こうとするウィットが仲間の少年らと共に組織の息のかかったブッチャーを訪れるシーンなども然り。
アレックス・ガーランドの原作は、それぞれに深く掘り下げられた登場人物が一つの運命に手繰り寄せられる様をじっくりと描き出したもの。そのガーランドの了解を得る為に思考錯誤を繰り返したと云う監督のオキサイド・パンは、物語上の外せない事象を取り出した上で、原作のさまざまなモチーフを参考に後付での肉付けをすると云う形でシナリオを書き上げたようだが、その実、ドラッグの争奪戦に4人の人物が手繰り寄せられると云う一つの事件を描く顛末自体は非常にシンプルなもので、それぞれの登場人物の背景をどこまで掘り下げる事が出来るかと云う辺りがシナリオ執筆の生命線だったはず。通常、このような素材を前にした映像作家が頭を悩ませると云えば、ポリフォニックな4人のドラマを一つの時間軸でどこまで巧く描けるかと云った所。その定石をあざ笑うかのようなアプローチは評価したい所だが、CM業界で培われたと云うあれだけの映像スキルを身に付けているのであれば、顛末自体に捻りのある極上のミステリーなどでその真価を発揮して欲しかった。
無制限の時間を与えられる活字作品だからこそシンプルなモチーフが活かされていたこの素材は、やはり、100分弱と云う待ったなしでの制限時間と二次元の映像上で表現するには少々不向きだったのかも。斬新なカットも満載の一連の殺陣シーンや縦横の構図が激しく移動するベッドシーンなど、正しく洗練されたCFのような映像は出色の完成度なのだが。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
オキサイド・パン
Oxide Pang Chun
タイムリセット 運命からの逃走 Who Is Running?
レイン Bangkok Dangerous
悪夢の夜に震える事実(未) Bangkok Haunted
ONE TAKE ONLY ワン・テイク・オンリー
 Som and Bank: Bangkok for Sale
the EYE アイ The Eye
アブノーマル・ビューティ Ab-normal Beauty
the EYE 2 The Eye 2 見鬼2
the EYE 3 The Eye 10 見鬼10
製作
Produced by
楠部 孝
Takashi Kusube
MOVIE HUSTLE
かにゴールキーパー
甲斐真樹
Naoki Kai
アイデン&ティティ
スー=ジュン・バエ
Soo-jun Bae
Darshan - L'étreinte (2005)
製作総指揮
Executive Producers
河村光庸
Michael Kawamura
プラトニック・セックス
水の女
松本洋一
Youichi Matsumoto
夜叉 ~蘇生~
父と暮せば
宮里一義
kazuyoshi Miyazaato
 
原作
Based on the novel by
アレックス・ガーランド
Alex Garland
原作「四次元立方体」
ザ・ビーチ The Beach
28日後... 28 Days Later...
脚本
Screenplay by
オキサイド・パン
Oxide Pang Chun
* 監督と編集も兼任
パトリック・ニーテ
Patrick Neater
 
撮影
Cinematography by
デチャー・スリマントラ
Decha Srimantra
レイン Bangkok Dangerous
ONE TAKE ONLY ワン・テイク・オンリー
 Som and Bank: Bangkok for Sale
the EYE アイ The Eye
the EYE 2 The Eye 2 見鬼2
編集
Edited by
オキサイド・パン
Oxide Pang Chun
* 脚本と監督も兼任
美術
Production Design by
ヴィターヤ・ナヴァーソン
Vithaya Navathong
 
音楽
Music by
ジェームズ・イハ
James Iha
* スマッシング・パンプキンズの元メンバー
リンダ リンダ リンダ Linda Linda Linda
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ジョナサン・リス=マイヤーズ
Jonathan Rhys Meyers
Sean 17 セブンティーン Telling Lies in America
Bモンキー B. Monkey
ベルベット・ゴールドマイン Velvet Goldmine
タイタス Titus
私は「うつ依存症」の女 Prozac Nation
ベッカムに恋して Bend It Like Beckham
アレキサンダー Alexander
M:i:III Mission: Impossible III
サスキア・リーヴス
Saskia Reeves
Rosa クローズ・マイ・アイズ Close My Eyes
橋の上の貴婦人 The Bridge
ザ・フーリガン(未) I.D.
バタフライ・キス Butterfly Kiss
HEART Heart
GO!GO!L.A. L.A. Without a Map
デューン 砂の惑星 Dune (tv)
アレクサンダー・レンデル
Alexander Rendel
Wit * 劇場長編デビュー
* 泰/英のハーフ男優
Indiana Joai: Elephant Cemetery (2003)
Pisaj (2004)
カルロ・ナンニ
Carlo Nanni
Roy * 音楽制作も手掛ける泰/伊のハーフ男優
レナ・クリステンセン
Lena Christenchen
Lita * CDデビューも果したデンマーク/伊のハーフ女優
ヴェラディス・ヴィンヤラート
Veradis Vinyarath
Sia Toh  
トゥンピチャ・シマサーデン
Tunpicha Simasathen
Cat  
ピタクポン・シーラパソーン
Pitakpong Sillapasorn
Hea Mah  
ラルカナ・ヴァタナウォンジリー
Larkana Vatanawongsiree
Fon  
ソンリー・フィブーンプン
Somlee Phiboonpun
Hoi  
ニンポント・チャイシリクル
Nimponth Chaisirikul
Hotel owner Nothing to Lose (2002)
Bangkok Loco (2004)
チャレンプロン・カラパート
Chalempron Kaprat
Tui  
ウェズリー・ホンジャン
Wesley Homjan
Jo  
サラサーク・ファトゥムジーリ
Sorasak Phatumsiri
Sia Toh's men  
タワーン・ノンジュン
Tawan Nomjun
Sia Toh's men  
サハジャク・ブーンサナキット
Sahajak Boonthanakit
Police officer ブロークダウン・パレス Brokedown Palace
すべては愛のために Beyond Borders
アディヘップ・シュービュウ
Adihep Shoobuew
Butcher  
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.