Return To Top
幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形
The Vampire Doll (1970) Japan 71min.
Introduction 序盤アウトライン
米国から帰国して間もなかった兄の消息を追う佐川圭子は、恋人の高木浩と共に長野県の奥深い山中に厳かに建つ野々村邸を目指していた。兄の和彦が婚約者の野々村夕子のもとを訪ねた数日前から消息を絶っていた事に不審を抱いていた圭子だったが、その道中の給油所で二人が偶然聞かされた話は、夕子が半月前の落石事故で既に他界していたと云う驚愕の事実だった。やがて、和彦は帰宅したと語る夕子の母親・野々村志津の態度に違和感を覚えた二人は、夕子の墓に程近い草むらに血糊の付いた和彦のカフスボタンを発見、その真相を探るべくエンジントラブルを装う事で野々村邸での一夜を迎えるのだがーー
Various Note メモ
和製ホラー史にその名を刻む「血を吸う」シリーズ第一弾。チェンバロとオルガンのデュオによる冒頭スコアも印象的なオープニングだが、その全編を貫くゴシック調の映像は、山本迪夫監督のサスペンスフルな演出手腕も相俟って凡庸な西洋ホラーの追従には終わっていない。驚愕の表情に終始する松尾嘉代さんと若かりし日の中尾彬さん(キンキの剛くんのようにも見える)はもとより、後年、芸能界から政界に進出を果す若きイケメン時代の中村敦夫さんや怪気炎上げる高品格さん(二作目にも登場)など主要キャストの熱演も忘れられない。取り分け中でも印象に残ると云えば、死の淵を彷徨い歩く女殺人鬼を演じた小林夕岐子さんのヴィヴィッドなパフォーマンス。その印象は世紀を越えた今もなお新鮮なもので、あのエレガント且つ鬼気迫るキャラクターは、最高の特撮メイクを当たり前とする昨今までのホラージャンルに於いても他の追従を許していない。

以下、ネタバレ含みます。未見の方はご留意下さい。
山本監督のインタビューによれば、決定版とも云えるショッカー作品を一度は撮りたかったと云う山本監督が、ドラキュラ指向だったと云う製作の田中文雄さんに説き伏せられる形で着手したホラー篇だったと云う事で、その原案は山本監督自身と脚本の長野洋さんで練り上げたものだったらしい。催眠術をかけられた男が、死を直前にしながら苦しみながら生き永らえると云うエドガー・アラン・ポーの「ヴァルデモア氏の真相」(後年、ジョージ・A.ロメロが「マスターズ・オブ・ホラー」のエピソードで映像化)をモチーフにもするシナリオだが、劇中のスクリプトでも明確に言い放たれる「催眠術」と云うキーワードに固執すれば、正直、かなりの困惑を余儀なくされる。
催眠術を掛けられた事で肉体をも甦生させた女性が殺人鬼として甦る中、最終的には、その催眠術を施した黒幕の人物(町医者/実の父親)が絶命する事で、その甦生させられていた女性殺人鬼の方も肉体もろとも滅び去ると云う結末を迎える訳だが、通常、催眠術などではボロボロの骨折状態で全身打撲状態の肉体を甦生させる事など不可能で、仮に、フレッシュな肉体のままで死に至った人物を催眠術で甦らせたような場合でも、催眠術を施した人物の絶命と共に、その施された側の人物が絶命したりはしないもの。思うにこれは、「催眠術」と云うより、ハイチでの土着的なテイストにも類似した「黒魔術」的なモチーフだったと解釈すべき所で、ブードゥーの呪術師が絶命する事でその犠牲者への呪いも解かれると云った作品も60-70年代には幾つかあったように記憶している。
もしくは、毒牙に掛けられた翌朝までの間にそのホストを退治すれば感染を防げると云うヴァンパイア作品のモチーフを引用していたとも考えたい所。絶大な人気を誇る和製吸血鬼トリロジーのシリーズトップを飾る作品ながらも、その実、ここでのシナリオに吸血鬼が登場していない事など誰もが知る所だが、宇佐美淳さんが演じる山口医師をホストたる吸血鬼(コテコテの人間なんだけど)に見立てれば、岸田森さん演じるヴァンパイアの絶命に伴い一次感染していた犠牲者の女性(主人公の妹)も絶命すると云う後年のシリーズ第2弾「呪いの舘/血を吸う眼」でのクライマックスとその光景は何ら変わらないものになる。親玉吸血鬼の絶命に伴い子分吸血鬼も絶命すると云う解釈などは用いない西洋のヴァンパイア作品だが、その感染を未然に防ぐ為のデッドラインを儲けると云うモチーフに派生するここでの「黒魔術」的な親分子分の関係やその末路を描くモチーフは、斬新且つ非常に明快なものだったように思えてならない。何故ならば、通常のヴァンパイア作品では全ての犠牲者についてのその後が明確にされていなかったりするからである。
吸血行為を示唆する「血を吸う人形」と云うタイトルだが、殺人鬼の青年が犠牲者の断末魔を収めるカメラを指して「血を吸うカメラ」としていた過去作品での邦題の前例を引き合いに出せば、人形のような殺人鬼が血を求めて彷徨い歩く事を指して「血を吸う人形」とするここでの邦題には違和感もない。むしろ、小林夕岐子さん演じる殺人鬼キャラのイメージを具現化するそのタイトルセンスは傑出していた印象すらある。その全てが印象的だった小林さんの登場カットだが、中村敦夫さん演じる婚約者の肩口に手を回してナイフをかざす序盤でのカットと、ケジメをつけるクライマックス直前で見せる鬼気たる表情は、取り分けスペシャルだったと云える。
小林夕岐子さんと云えば、東映東京の「新網走番外地」シリーズや日活の「丹下左膳」シリーズなど280作品を超える邦画に出演した水島道太郎さんと、20本の劇場長編にも出演した元宝ジェンヌの山鳩くるみさんを両親に持つ女優さん。実はこの話も、DVDのコメンタリー音声で確認した事だが、そんなご両親を持つ小林さんながらも、実はその女優への道程も約束されたサラブレッド的なものなどではなく、大学受験を目指しての代々木のゼミに通っていた十代の頃、知人からの推薦に応える形で東宝俳優養成所第6期生としての門を叩いたものだったとの事。特別な思い入れなどなくとも作品に懐かしさを感じる方であれば、DVDに収録された小林さんのコメンタリー音声にはググッと来るものがあるはず。
その公開当時、交通事故で他界した女性が吸血鬼として甦る「怪奇大作戦」のTVエピソードを真っ先に連想させられた記憶があるが、ここでの小林さんに施された特殊メイクは、あの「怪奇大作戦」に登場していた女吸血鬼のゴアな特殊メイクとは一線を画した洗練されたもの。あの殺人者の人格を象徴する金色の瞳は、金色に塗りたくられたコンタクトを着用すると云う特殊効果だったもので、コンタクトは普段から着用していた為に然程の負担にはならなかったと語る小林さんだが、あの色塗りで分厚かったと云うコンタクトは完璧に視覚を奪うもので、相手役のキャストを目の前にしても実の所は何も見えていなかったらしい。野々村邸に鳴り響くすすり泣きの声も小林さんがご自身で収録したもので、長時間の無理を強いられたと云う録音現場では酸欠状態になったと云う逸話も。劇中唯一とも云える笑顔で登場するカット(走り寄る小林さんと中村敦夫さんを捉えたショット)は駒沢公園でのロケで、野々村邸の外観を捉えたショットは、目黒区の柿の木坂でのロケだったらしい(オープニングに登場する邸の全景は特大のセット)。
オカリナの音色と美人なお姉さん(酒井和歌子さん)が不可解な受難に相次いで苛む姿が印象的だった「悪魔が呼んでいる」との併映で見た作品だが、洋画ホラーの2~3本立てと云った経験はあったものの、同じ目色の日本人が登場する邦画ホラーとサスペンスと云う2本立ては、小学生だったその当時には計り知れない衝撃だった。シリーズ第2弾の「呪いの舘/血を吸う眼」や第3弾の「血を吸う薔薇」は、劇場での鑑賞から久しい90年代にもVHSソフトで何度か鑑賞していたが、シリーズ第1弾の本作は劇場公開から30年以上もの歳月を経てのリリースとなったDVDボックスを購入しての2度目の鑑賞だった。このサイトでは、管理人本人がチラシを所有する作品のみを紹介している為に、このトリロジーについてのレヴューはアップ出来ずにいたが、この三部作の映画チラシなるアイテムの存在なども確認出来ずにいた中、DVDボックスに宣材ポスターのレプリカ(以下にもイメージ画像のリンクあり)が梱包されていた事から掲載に踏み切ってみた。その当時のポスターデザインも殊更懐かしいものだったが、イラスト仕様のDVDパッケージも極めて秀逸。小林さんのコメンタリー音声や宣材ポスターのレプリカ(裏面では故・山本監督のインタビューが掲載)など特典も嬉しいDVDだが、特筆すべきは、リマスターされたと思われる綺麗な画像とヴィヴィッドな音声。三部作のファンのみならず邦画ホラーのファンであれば、外せないアイテムだと思う。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
山本迪夫 野獣の復活
悪魔が呼んでいる
雨は知っていた
呪いの舘 血を吸う眼
血を吸う薔薇
製作
Produced by
田中文雄 野獣の復活
悪魔が呼んでいる
呪いの舘 血を吸う眼
血を吸う薔薇
エスパイ
田中友幸 マタンゴ
赤ひげ
フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ
緯度0大作戦
悪魔が呼んでいる
脚本
Written by
小川 英 野獣の復活
悪魔が呼んでいる
呪いの舘 血を吸う眼
血を吸う薔薇
エスパイ
長野 洋 雨は知っていた
ルパン三世 念力珍作戦
若い人
撮影
Cinematography by
原 一民 悪魔が呼んでいる
血を吸う薔薇
ひめゆりの塔
さよならジュピター
編集
Edited by
岩下広一 女殺し油地獄
地球防衛軍
悪魔が呼んでいる
美術
Production Design by
本多好文 野獣の復活
悪魔が呼んでいる
地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン
ゴジラ対メガロ
音楽
Music by
真鍋理一郎 悪魔が呼んでいる
呪いの舘 血を吸う眼
ゴジラ対ヘドラ
血を吸う薔薇
青春の門
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
松尾嘉代
佐川圭子
(和彦の妹)
新網走番外地
必殺仕掛人 梅安蟻地獄
その後の仁義なき戦い
二百三高地
地震列島
連合艦隊
中尾 彬
高木 浩
(圭子の恋人)
本陣殺人事件
白昼の死角
ミンボーの女
梟の城
破線のマリス
ゴジラ FINAL WARS
中村敦夫
佐川和彦
(夕子の婚約者)
斬る
木枯し紋次郎 (tv)
帰って来た木枯し紋次郎
四十七人の刺客
失楽園
梟の城
破線のマリス
南風洋子
野々村志津
(夕子の母親)
銀座の恋の物語
雨は知っていた
青い山脈
晩歌
小林夕岐子
野々村夕子 怪獣総進撃
ニュージーランドの若大将
コント55号 人類の大弱点
日本一のヤクザ男
決戦!南海の大怪獣
若大将対青大将
女房を早死にさせる方法
高品 格
源 造 銀座の恋の物語
呪いの舘 血を吸う眼
ロボット刑事
麻雀放浪記
宇佐美 淳
医師・山口 無法松の一生
殺人者を消せ
ミラーマン
堺 左千夫
タクシー運転手 ゴジラ
獣人雪男
蜘蛛巣城
キングコング対ゴジラ
人間革命
ルパン三世 念力珍作戦
浜村 純
村役場の吏員 大怪獣ガメラ
妖怪百物語
ノストラダムスの大予言
青春の門
八甲田山
八つ墓村
悪霊島
メイン・テーマ
二見忠男
村の男
(墓を掘り返す人夫)
呪いの舘 血を吸う眼
血を吸う薔薇
タンポポ
関口銀三
給油所の男 砂の女
新選組
新・男はつらいよ
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.