Return To Top
The Terminal
ターミナル (2004) USA 129min.
Introduction 序盤アウトライン
ニューヨーク。東欧の小国クラコウジアからやって来たヴィクター・ナボルスキーがJFK空港に降り立っていた。ある目的の為にニューヨークを訪れたヴィクターだったが、彼の到着と時同じくして祖国でクーデターが勃発、その消滅した政権が発行したパスポートを無効にされたヴィクターは、入国を拒否されたばかりか、政情の安定しない祖国へ帰る事も許されず、空港での無期限の足止めを余儀なくされてしまう。やがて、工事中のゲートエリアでホームレス同然の生活を開始したヴィクターは、ポスト昇進を控える大事な時期に空港でのトラブルを憂慮する安全統括責任者ディクソンによって空港エリア外への自発的退去を再三に渡り促されるのだがーー
Various Note メモ
1988年、英国のヒースローで入国を拒否された後にフランスのドゴール空港に送り返されたマーハン・カリミ・ナセリと云うイラン人男性の実話をモチーフにするシナリオだが、イラン人のナセリ氏がフランスのドゴール空港での長期間の足止めを余儀なくされると云うやや不自然とも云える事態の背景には、シナリオのそれとも違うかなり複雑な経緯がある。そもそも、70年代に英国のブラッドフォード大学に留学していたと云うナセリ氏は、英国での祖国に対する抗議集会に参加していた罪で75年8月に帰国した後に4ヶ月もの拷問を受けた事から、後に西ドイツやオランダ、イタリア、フランス、ユーゴ、英国、ベルギーなどで亡命者保護を申請するも拒否されると云う経緯を経た人物。やがて、80年7月に国連の高等弁務官事務所から認可された難民保護の申請によって86年までベルギーに滞在した後、英国への移住を決意した際にフライトを待っていたドゴール空港でパスポートを含むあらゆるドキュメンテーションが入ったショルダーバッグを盗難された事から、一度は辿り着いたヒースローから再びドゴール空港に送り返される羽目となり現在に至ると云う人物である。
2005年12月現在もドゴール空港のターミナル1の付近に滞在していると云うナセリ氏だが、空港への滞在を開始してから現在に至るまでの一連の経緯も相当に屈折していたもので、フランスの司法界やベルギー政府をも巻き込むと云う紆余曲折を経ている。その一連の背景だけでもシナリオとは一線を画するものだったと云える現実の話だが、空港スタッフがナセリ氏の衣服を洗濯、スタッフからソファーを寄与されるなど、劇中で描かれていたような立場を超えた人間的な交流は現実にもあったらしい。ちなみに、リメイクとは認識されていない本作「ターミナル」だが、ジャン・ロシュフォール主演の93年度フィリップ・リオレ監督作品「パリ空港の人々」では、ナセリ氏の辿った実話にも近いモチーフをほぼ忠実に映像化している。
架空の東欧国家クラコウジア人の主人公を演じるトム・ハンクスだが、劇中で披露していた言語はブルガリア語だったもので、あの迫真のパフォーマンスも、ギリシャ人の母とブルガリア人の父親を持つハンクス夫人のリタ・ウィルソン(本名はマルガリータ・イブラヒモフ)によってコーチングされた程度のスキルでこなされたものだったらしい。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズが違った形で絡む別エンディングも用意されていたと云うシナリオ(04年5月の加州オレンジ郡での試写会では別エンディングのヴァージョンが上映された)だが、最後の最後で明かされるヴィクトルが渡米して来たあの理由には手放しで驚かされる。と云うより、ジャズ・ファンであればショックを受けると云う表現の方が正しいのかもしれない。TV画面に登場するトニー・ランドールによる"I Love New York"も嬉しかったが、やはり、あのクライマックスでのベニー・ゴルソン4による"Killer Joe"に尽きる。ウッドを弾くバスター・ウィリアムズの登場も嬉しかった。ややネタバレになってしまうが、ゴルソンだけが四十余年もの間、サインを送らなかったと云うシナリオのトーンなどどうでも良く、個人的には、ただひたすらメチャクチャに感動。
スピルバーグが亡き父親との間で交わした約束をモチーフにしていると云うクライマックスだが、その鍵を握るヴィクトルが所有するあの写真は、米"Seventeen magazine"の美術監修を手掛けていた33歳当時のアート・ケーンが米「エスクァイア」誌の依頼で撮影した"A Day in Harlem"。プロの写真家としてデビューしたケーンの最初期の作品でもあるこの写真、ジャズ・ファンであれば誰もが知るその内容は、当代随一だった57人のジャズ・ミュージシャンがレーベルなどの垣根を越えて一同に会したと云う信じ難いもので、その1958年8月の驚愕のドキュメントは、ジーン・バックの監修の下、"A Great Day in Harlem"と云う劇場長編として94年に公開され、同年度のアカデミーでもドキュメンタリー長編賞のノミネート(監督のジーン・バック)を受けている。初公開だったとも言われた8mmを始めとする演奏シーンや関係者へのインタビューなど、その映像の内容は、感動の域など遥かに超えている。ちなみに、本作「ターミナル」のシナリオでもキーマンとして絡むサックス奏者のベニー・ゴルソンは、写真最上段3名の中で左端に写る人物。以下は、写真にその姿を刻む57名の一覧。

(ファミリーネームのアルファベット昇順で表記、各データは上段から和名/英名/演奏楽器/スタイル/生年・没年月日mm/dd/yy)
Horns
金管/木管
Piano / Bass / Drums / Voice / Inst.
ピアノ/ベース/ドラムス/ヴォーカル/他インス
レッド・アレン
Red Allen
Trumpet
New Orleans, Swing
1/7/08-4/17/67
エメット・ベリー
Emmett Berry
Trumpet
Traditional
7/23/15- 6/22/93
カウント・ベイシー
Count Basie
Piano
Big Band, Swing
8/21/04-4/26/84
ハンク・ジョーンズ
Hank Jones
Piano
Swing, Bop
7/13/18-
ロイ・エルドリッジ
Roy Eldridge
Trumpet
Swing
1/30/11-2/26/89
アート・ファーマー
Art Farmer
Trumpet
Hard bop
9/21/28-10/4/99
ジミー・ジョーンズ
Jimmy Jones
Piano
Traditional
12/30/18-4/29/82
マリアン・マクパートランド
Marian McPartland
Piano
Swing
3/20/20-
バック・クレイトン
Buck Clayton
Trumpet
Swing, Big Band
11/12/11-12/8/91
ディジー・ガレスピー
Dizzy Gillespie
Trumpet
Be-bop
10/21/17-1/6/93
セロニアス・モンク
Thelonious Monk
Piano
Post bop
10/10/17-2/17/82
ラッキー・ロバーツ
Luckey Roberts
Piano
Traditional
8/7/1887-2/5/68
タフト・ジョーダン
Taft Jordan
Trumpet
New Orleans
2/15/15-12/1/81
マックス・キミンスキー
Max Kaminsky
Trumpet
Dixieland
9/7/08-9/6/94
ホレイス・シルヴァー
Horace Silver
Piano
Hard bop
9/2/28-
メアリー・ルー・ウィリアムズ
Mary Lou Williams
Piano
Swing, Big Band
5/8/10-5/28/81
レックス・スチュワート
Rex Stewart
Trumpet
Swing, Big Band
2/22/07-9/7/67
タイリー・グレン
Tyree Glenn
Trombone
Big Band
11/23/12-5/18/74
ミルト・ヒントン
Milt Hinton
Bass
Be-bop, Swing
6/23/10-12/19/00
チャビィ・ジャクソン
Chubby Jackson
Bass
Swing
10/25/18-10/1/03
ローレンス・ブラウン
Lawrence Brown
Trombone
Swing, Big Band
8/3/07-9/5/88
ヴィック・ディッケンソン
Vic Dickenson
Trombone
Swing, Dixieland
8/6/06-11/16/84
チャールズ・ミンガス
Charles Mingus
Bass, Piano
Post Bop
4/22/22-1/5/79
オスカー・ペティトフォード
Oscar Pettiford
Bass
Be-bop
9/30/22-9/8/60
ジェイ・C.ヒギンボザム
Jay C. Higginbotham
Trombone
New Orleans
5/11/06-5/26/73
ミフ・モール
Miff Mole
Trombone
Traditional
3/11/1898-4/29/61
ウィルバー・ウェア
Wilbur Ware
Bass
Hard bop
9/8/23-9/9/79
アート・ブレイキー
Art Blakey
Drums
Hard bop
10/11/19-10/16/90
ディッキー・ウェルズ
Dicky Wells
Trombone
Swing, Big Band
6/10/07-11/12/85
ビル・クランプ
Bill Crump
Saxophone
unknown
1910s-1970s?
ソニー・グリア
Sonny Greer
Drums
Swing
12/13/1895-3/23/82
J.C.ハード
J.C. Heard
Drums
Swing
10/8/17-9/27/88
バド・フリーマン
Bud Freeman
Saxophone
Traditional
4/13/06-3/15/91
ベニー・ゴルソン
Benny Golson
Saxophone
Hard Bop
1/25/29-
オシー・ジョンソン
Osie Johnson
Drums
Swing
1/11/23-2/10/66
ジョー・ジョーンズ
Jo Jones
Drums
Swing, Big Band
10/7/11-9/3/85
ジョニー・グリフィン
Johnny Griffin
Saxophone
Bop, Hardbop
4/24/28-
ジージ・グライス
Gigi Gryce
Saxophone
Hard Bop
11/28/27-3/17/83
ジーン・クルーパー
Gene Krupa
Drums
Swing, Big Band
1/15/09-10/16/73
エディ・ロック
Eddie Locke
Drums
Swing
2/8/30-
コールマン・ホーキンス
Coleman Hawkins
Saxophone
Swing, Big Band
11/21/04-5/19/69
ヒルトン・ジェファーソン
Hilton Jefferson
Saxophone
Swing, Big Band
7/30/03-11/14/68
ザッティ・シングルトン
Zutty Singleton
Drums
Swing
5/14/1898-7/14/75
ジョージ・ウェットリング
George Wettling
Drums
Dixieland
11/28/07-6/6/68
ジェリー・マリガン
Gerry Mulligan
Saxophone
Cool
4/6/27-1/20/96
ルディ・パウエル
Rudy Powell
Saxophone
Traditional
10/28/07-10/30/76
ジミー・ラシング
Jimmy Rushing
Voice
Big Band, Swing
8/26/03-6/8/72
マキシーン・サリヴァン
Maxine Sullivan
Voice
Swing
5/13/11-4/7/87
ソニー・ロリンズ
Sonny Rollins
Saxophone
Hard/Post bop
9/7/30-
サヒーブ・シハーブ
Sahib Shihab
Saxophone
Hard bop
6/23/25-10/24/89
スタッフ・スミス
Stuff Smith
Violin
Swing
8/14/09-9/25/67
 
ジョー・トーマス
Joe Thomas
Saxophone
Swing
6/19/09-8/3/86
アーニー・ウィルキンス
Ernie Wilkins
Saxophone
Swing
7/20/22-6/5/99
   
レスター・ヤング
Lester Young
Saxophone
Swing
9/27/09-3/15/59
バスター・ベイリー
Buster Bailey
Clarinet
Swing, Big Band
6/19/02-4/12/67
   
スコヴィル・ブラウン
Scoville Browne
Clarinet
Be-bop
10/13/09-10/4/94
ピー・ウィー・ラッセル
Pee Wee Russell
Clarinet
Dixieland
3/27/06-2/15/69
   
スクロールする以前の挿入表示されるエンドクレジットでは、関係者の直筆をキャプチャしたそれぞれのサインを使用。個性豊かなそれぞれの筆跡を鑑賞出来る粋なクレジットだが、この辺りも過去の映画ではお目に掛かれなかった極めて斬新なアイディアだった。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
スティーヴン・スピルバーグ
Steven Spielberg
激突! Duel (tv)
続・激突! カージャック The Sugarland Express
JAWS ジョーズ Jaws
未知との遭遇 Close Encounters of the Third Kind
1941 1941
レイダース 失われたアーク《聖櫃》
 Raiders of the Lost Ark
E.T. E.T. the Extra-Terrestrial
インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説
 Indiana Jones and the Temple of Doom
カラーパープル The Color Purple
太陽の帝国 Empire of the Sun
インディ・ジョーンズ 最後の聖戦
 Indiana Jones and the Last Crusade
オールウェイズ Always
フック Hook
シンドラーのリスト Schindler's List
ジュラシック・パーク Jurassic Park
アミスタッド Amistad
プライベート・ライアン Saving Private Ryan
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
 The Lost World: Jurassic Park
A.I. Artificial Intelligence: AI
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
 Catch Me If You Can
マイノリティ・リポート Minority Report
ミュンヘン Munich
宇宙戦争 War of the Worlds
製作
Produced by
ローリー・マクドナルド
Laurie MacDonald
ツイスター Twister
アミスタッド Amistad
メン・イン・ブラック Men in Black
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
 Catch Me If You Can
メン・イン・ブラック2 Men in Black II
レジェンド・オブ・ゾロ The Legend of Zorro
ウォルター・F.パークス
Walter F. Parkes
スティーヴン・スピルバーグ
Steven Spielberg
製作総指揮
Executive Producers
ジェイソン・ホッフス
Jason Hoffs
 
アンドリュー・ニコル
Andrew Niccol
* 原案も兼任
パトリシア・ウィッチャー
Patricia Whitcher
ムーンライト・マイル Moonlight Mile
SAYURI Memoirs of a Geisha
原案
Story by
アンドリュー・ニコル
Andrew Niccol
ガタカ Gattaca
トゥルーマン・ショー The Truman Show
シモーヌ S1m0ne
ロード・オブ・ウォー Lord of War
サーシャ・ガヴァシ
Sacha Gervasi
* 脚本も兼任
脚本
Screenplay by
サーシャ・ガヴァシ
Sacha Gervasi
シザーズ・カップ The Big Tease
Dallas (2007)
ジェフ・ネイザンソン
Jeff Nathanson
スピード2 Speed 2: Cruise Control
ラッシュアワー2 Rush Hour 2
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
 Catch Me If You Can
ラスト・ショット(未) The Last Shot
撮影
Cinematography by
ヤヌス・カミンスキー
Janusz Kaminski
シンドラーのリスト Schindler's List
プライベート・ライアン Saving Private Ryan
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
 Catch Me If You Can
マイノリティ・リポート Minority Report
ミュンヘン Munich
宇宙戦争 War of the Worlds
編集
Edited by
マイケル・カーン
Michael Kahn
マイノリティ・リポート Minority Report
ミュンヘン Munich
宇宙戦争 War of the Worlds
美術
Production Design by
アレックス・マクダウェル
Alex McDowell
クライング・フリーマン Crying Freeman
ファイト・クラブ Fight Club
マイノリティ・リポート Minority Report
衣装デザイン
Costume Design by
メアリー・ゾフレス
Mary Zophres
ハッピー・フライト View from the Top
ディボース・ショウ Intolerable Cruelty 
レディ・キラーズ The Ladykillers
クリスティーン・ワダ
Christine Wada
レディ・キラーズ The Ladykillers (costumer)
音楽
Music by
ジョン・ウィリアムズ
John Williams
シンドラーのリスト Schindler's List
ジュラシック・パーク Jurassic Park
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
 Catch Me If You Can
マイノリティ・リポート Minority Report
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
 Harry Potter and the Prisoner of Azkaban
ミュンヘン Munich
SAYURI Memoirs of a Geisha
スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐
 Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith
宇宙戦争 War of the Worlds
挿入曲
Various Music
Strangers in The Night - Strings Unlimited
Theme From A Summer Place - Starlite Orchestra
I Love New York - written by Steve Karmen
The Glory of Love - Big Bill Broonzy
Something in B-flat - Benny Golson
For All We Know - written by Fred Coots & Samuel Lewis
Del' Divani - written by Vigen Derderian
Killer Joe - written & performed by Benny Golson
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
トム・ハンクス
Tom Hanks
Viktor Navorski スプラッシュ Splash
ビッグ Big
ターナー&フーチ すてきな相棒 Turner & Hooch
フィラデルフィア Philadelphia
めぐり逢えたら Sleepless in Seattle
フォレスト・ガンプ 一期一会 Forrest Gump
アポロ13 Apollo 13
ユー・ガット・メール You've Got Mail
プライベート・ライアン Saving Private Ryan
グリーンマイル The Green Mile
キャスト・アウェイ Cast Away
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン Catch Me If You Can
ロード・トゥ・パーディション Road to Perdition
ポーラー・エクスプレス The Polar Express
レディ・キラーズ The Ladykillers
ダ・ヴィンチ・コード The Da Vinci Code
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
Catherine Zeta-Jones
Amelia Warren マスク・オブ・ゾロ The Mask of Zorro
ホーンティング The Haunting
エントラップメント Entrapment
トラフィック Traffic
ハイ・フィデリティ High Fidelity
アメリカン・スウィートハート America's Sweethearts
シカゴ Chicago
ディボース・ショウ Intolerable Cruelty
オーシャンズ12 Ocean's Twelve
スタンリー・トゥッチ
Stanley Tucci
Frank Dixon 普通じゃない A Life Less Ordinary
ロード・トゥ・パーディション Road to Perdition
ザ・コア The Core
Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス? Shall We Dance
チー・マクブライド
Chi McBride
Mulroy 60セカンズ Gone in Sixty Seconds
NARC ナーク Narc
アイ,ロボット I, Robot
ディエゴ・ルナ
Diego Luna
Enrique Cruz ヴァンパイア 黒の十字架(未) Vampires: Los Muertos
ワイルド・レンジ 最後の銃撃 Open Range
ダンシング・ハバナ Dirty Dancing: Havana Nights
バリー・シャバカ・ヘンリー
Barry Shabaka Henley
Thurman ラッシュアワー Rush Hour
ALI アリ Ali
コラテラル Collateral
クマール・パラーナ
Kumar Pallana
Gupta Rajan ザ・ロイヤル・テネンバウムズ The Royal Tenenbaums
ボム・ザ・システム Bomb the System
おまけつき新婚生活 Duplex
ゾーイ・サルダナ
Zoe Saldana
Torres センターステージ Center Stage
ドラムライン Drumline
ノット・ア・ガール Crossroads
エディ・ジョーンズ
Eddie Jones
Salchak イヤー・オブ・ザ・ドラゴン Year of the Dragon
プリティ・リーグ A League of Their Own
シービスケット Seabiscuit
ジュード・チコレッラ
Jude Ciccolella
Karl Iverson ショーシャンクの空に The Shawshank Redemption
ハイ・クライムズ High Crimes
シン・シティ Sin City
コリー・レイノルズ
Corey Reynolds
Waylin 堕ちた弁護士 ニック・フォーリン The Guardian (tv)
ギレルモ・ディアス
Guillermo Díaz
Bobby Alima パーティーガール Party Girl
200本のたばこ 200 Cigarettes
チェルシーホテル Chelsea Walls
リニ・ベル
Rini Bell
Nadia チアーズ! Bring It On
ゴーストワールド Ghost World
ジャーヘッド Jarhead
スティーブン・メンデル
Stephen Mendel
First Class
Steward
EXCEPTION 殺意のダイヤモンド
 Exception to the Rule
クライング・スパイ(未) Provocateur
ヴァレリ・ニコライェフ
Valeri Nikolayev
Milodragovich セイント The Saint
アイス・プラネット Ice Planet
ゲート・トゥ・ヘヴン Gate to Heaven
マイケル・ヌーリー
Michael Nouri
Max フラッシュダンス Flashdance
ヒドゥン The Hidden
小説家を見つけたら Finding Forrester
サーシャ・スピルバーグ
Sasha Spielberg
Lucy ・監督スティーヴンの娘
ラブレター 誰かが私に恋してる?(未) The Love Letter
ミュンヘン Munich
ベニー・ゴルソン
Benny Golson
Himself ・ディジー・ガレスピーのビッグバンドやアート・ブレイキー
 率いる「ジャズ・メッセンジャーズ」で作・編曲者として
 活躍したサックス奏者。
バスター・ウィリアムズ
Buster Williams
Bassist ・ゴルソン4tetのベーシスト
・ハンコックとの競演でも有名
マイク・ラドネ
Mike Ledonne
Pianist ・ゴルソン4tetのピアニスト
カール・アレン
Carl Allen
Drums ・ゴルソン4tetのドラマー
パルプ・フィクション Pulp Fiction
ラブ・ジョーンズ Love Jones
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.