Return To Top
Magnum Force
ダーティハリー2 (1973) USA 123min.
Introduction 序盤アウトライン
証拠不十分で殺人容疑に勝訴したサンフランシスコ市の労働組合組織を牛耳るカルミネ・リッカが、怒号渦巻く裁判所を後にした直後、謎の武装警官によって白昼のシスコで射殺される。一方、殺人課を除籍されながらも、そのパトロール先の空港で独自の嗅覚を働かせたシスコ市警のハリー・キャラハンは、ハイジャックの危機に瀕していた航空機を、その問答無用のポテンシャルによって見事に解決に導いていた。その夜、射撃練習場へ向ったハリーは、陸軍の空挺部隊出身と云う4人の新人警官と遭遇、その新人らしからぬ腕の良さとみなぎる闘志に好感を抱きながらも、同時に微妙な違和感も覚えるのだったーー
Various Note メモ
メガホンはテッド・ポストに譲る形になったイーストウッドだが、インタビュー等によれば、ここでの実質的な演出作業は、セカンドユニットの監督だったバディ・ヴァン・ホーンとイーストウッドによるものだったらしい。
アデル・ヨシオカとの絡みも見せるイーストウッドだが、硬派なプロットには相応しいとも思えぬこのシーン、実は、アジアからのファンレターが圧倒的に多かったと云うイーストウッドのプライベートに着目した脚本のジョン・ミリアスが敢えて挿入したものだったと云う。
暴力刑事vs完全武装警官と云う異色のコントラストで描かれたシナリオだが、悪を退治する為には手段を選ばぬと云う、ややもすれば、ハリーと同様のスタンスにも映る相手と対峙させる事で、実は、ダーティーではないと云うハリーのヒロイズムを強調すると云う顛末である。一般市民はもとより、同僚の巻き添えにも意を介さないと云う独裁的な蛮行に怒りを覚えるハリーだが、逸脱した特権意識に裁きの鉄拳を食らわすと云うプロットは、ある意味、前作以上にそのインパクトは強い。
犯人らの掲げる警察組織の腐敗と云った大義名分にも同調出来たりもする為に、影の警察vs暴力警官と云う異色のコントラストには、やや微妙な印象を覚えたりもするが、実は、民主主義に於ける法社会ではファシズム的な行為は決して許されぬと云う整然としたモチーフを下敷きにした実に明快なシナリオだったと云える。何気に考えさせられるモチーフとツボを押さえたアクションで見せる傑作。脚本のマイケル・チミノは、本作でのイーストウッドとの出会によって、翌年の「サンダーボルト」で監督デビューを果す事になる。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
テッド・ポスト
Ted Post
奴らを高く吊るせ! Hang 'Em High
続・猿の惑星 Beneath the Planet of the Apes
刑事コロンボ ハッサン・サラーの反逆
 Columbo: A Case of Immunity (tv)
製作
Produced by
ロバート・デイリー
Robert Daley
恐怖のメロディ Play Misty for Me
ダーティハリー Dirty Harry
荒野のストレンジャー High Plains Drifter
キャラクター創造
Character created by
ハリー・ジュリアン・フィンク
Harry Julian Fink
100万ドルの血斗 Big Jake
ダーティハリー Dirty Harry
リタ・M.フィンク
Rita M. Fink
原案
Story by
ジョン・ミリアス
John Milius
* 脚本も兼任
脚本
Screenplay by
ジョン・ミリアス
John Milius
デリンジャー Dillinger
ダーティハリー Dirty Harry
マイケル・チミノ
Michael Cimino
サイレント・ランニング Silent Running
サンダーボルト Thunderbolt and Lightfoot
撮影
Cinematography by
フランク・スタンリー
Frank Stanley
殺しのカルテ The Carey Treatment
トム・ソーヤーの冒険 Tom Sawyer
編集
Edited by
フェリス・ウェブスター
Ferris Webster
夜の大捜査線 霧のストレンジャー The Organization
荒野のストレンジャー High Plains Drifter
美術
Art Direction by
ジャック・T.コリス
Jack T. Collis
ロング・ライダーズ The Long Riders
スプラッシュ Splash
音楽
Music by
ラロ・シフリン
Lalo Schifrin
ダーティハリー Dirty Harry
シノーラ Joe Kidd
燃えよドラゴン Enter the Dragon
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
クリント・イーストウッド
Clint Eastwood
Insp.
Harry Callahan
恐怖のメロディ Play Misty for Me
白い肌の異常な夜 The Beguiled
荒野のストレンジャー High Plains Drifter
ハル・ホルブルック
Hal Holbrook
Lt.
Neil Briggs
ボクサー The Great White Hope
大捜査 They Only Kill Their Masters
ミッチ・ライアン
Mitch Ryan
Officer
Charlie McCoy
さらば荒野 The Hunting Party
荒野のストレンジャー High Plains Drifter
デイヴィッド・ソウル
David Soul
Officer
John Davis
ジョニーは戦場へ行った Johnny Got His Gun
刑事スタスキー&ハッチ Starsky and Hutch (tv)
ティム・マシスン
Tim Matheson
Officer
Phil Sweet
メル・ブルックスの大脱走 To Be or Not to Be
ザ・ホワイトハウス The West Wing (tv)
キップ・ニーヴン
Kip Niven
Officer
Red Astrachan
エアポート'75 Airport 1975
大地震 Earthquake
ロバート・ユーリック
Robert Urich
Officer
Mike Grimes
ベガス Vega$ (tv) 
スペース・パイレーツ The Ice Pirates
フェルトン・ペリー
Felton Perry
Insp.
Early Smith
野獣戦争 Trouble Man
ウォーキング・トール Walking Tall
モーリス・アージェント
Maurice Argent
Nat Weinstein 夜の豹 Pal Joey
ダーティハリー Dirty Harry
マーガレット・エイヴァリー
Margaret Avery
Prostitute カラーパープル The Color Purple
ジャンクション White Man's Burden
ジョン・ミッチャム
John Mitchum
Insp.
Frank DiGiorgio
ダーティハリー Dirty Harry
荒野のストレンジャー High Plains Drifter
アルバート・ポップウェル
Albert Popwell
J.J. Wilson * さまざまな配役でシリーズ全作品に出演
マンハッタン無宿 Coogan's Bluff
突破口! Charley Varrick
クリスティーン・ホワイト
Christine White
Carol McCoy ジェイムス・ディーン物語 The James Dean Story
ミステリー・ゾーン The Twilight Zone (tv)
アデル・ヨシオカ
Adele Yoshioka
Sunny スイート・チャリティ Sweet Charity
カリブの嵐 Swashbuckler
スザンヌ・ソマーズ
Suzanne Somers
Pool Girl ブリット Bullitt
屋根の上の赤ちゃん Daddy's Gone A-Hunting
アメリカン・グラフィティ American Graffiti
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.