Return To Top
Live Free or Die Hard
ダイ・ハード4.0 (2007) UK / USA 129 min.
Introduction 序盤アウトライン
ワシントンDC。独立記念日を数日後に控えたある夜、米全土のインフラを監視するFBIのサイバー中枢システムにハッカーが侵入する。未曾有の事態を受けた当局は、全土に散らばるブラックリスト対象者の一斉捜索に乗り出すが、ローカル警察への協力体制も敷かれる中、疎遠な娘のもとに出向いていたNYPDのベテラン刑事ジョン・マクレーンがNY地区の捜査に駆り出される。娘からの絶縁状に打ちのめされていたジョンは、夜中の3時を回る中、オタクなターゲットを連行するだけの容易な任務にも急ぎ足で向かうが、それはツキに見放された男ジョンの4度目にして最強最悪の不運の始まりだったーー
Various Note メモ
世界一ツキのない男ジョン・マクレーンの活躍を描くシリーズ第4弾。実に12年ぶりのシリーズ再開ながらも、主演のウィリスにはギャップも皆無。むしろ違和感を覚えたのは、いきなりのように年頃に成長していた娘の方。一世代経過しても色褪せぬトリロジーのインパクトを痛感。脚本は「アダム/神の使い 悪魔の子」のマーク・ボンバックと「エネミー・オブ・アメリカ」のデイヴィッド・マルコーニの原案を基にボンバックが自身で執筆。演出は「アンダーワールド」シリーズのレン・ワイズマン。

以下、完全ネタバレ。未鑑賞の方はご留意下さい。
アウトラインと背景
稀代の大悪党の悪事を未然に防ぐアウトラインは過去シリーズにも同じ。ちなみにテロを装いながらも、実は営利犯罪目的だった過去の悪党だが、企業恐喝の1st、航空会社恐喝の2nd、連邦準備銀行から金塊を強奪する3rdと云った過去シリーズを引き合いに出せば、お国の財布そのものを狙う今回は前代未聞の規模。これも偏にサイバーシステムに依存する現状ならではのリアルなプロットだったりもするが、金融システムへの侵入+DLの時間稼ぎとなるテロ攻撃の説得力もスゴイ。これは明らかにシリーズ最強。悪党の目的も端から明らかだった1stはさて置き、目的は明らかだったものの実は最強の助っ人(ジョン・エイモス)が敵側だったと云うひねりの入る2ndや、報復テロを装いながら実はバリバリの営利犯罪だったと云う3rdなどそれぞれに面白かった過去シリーズだが、ここでのサイバーシステム制圧と云うネタは、悪党の腹積もり云々の話も超越したレベル。国家の存亡に関わる事も明らかな中、マジでアルマゲドンな気分にさせられる。
手の込んだ下準備でエアラインを制圧する2ndや山賊的な爆弾テロを展開する3rdなどもハラハラさせられる事は確かだが、全ての信号が青になる中、広域に及ぶそのテリトリーでの損害状況を速攻で連想させられる本作の場合、実はそんなくだりもほんの触りでの話。結局は営利犯罪だった事が明らかになる中、大国の金融システムのバックアップも実は一箇所に集中していたと云う大失態を明らかにするスクリプトだが、こうなればやがて迎える史上最悪の状況なども想像の世界を超越。と云うより、もはやこれはトワイライトゾーンのようなぶっ飛んだ話。投げ売り(Fire Sale)を引き合いに出す3段階のテロ攻撃の呼び名にはイマイチピンと来なかったが、ここではもはやどーでもイイ話。三段跳び攻撃やイロハ攻撃といった呼び名でも同じような説得力だったはず。何れにせよこれは、あながち大風呂敷を広げているようにも思えぬシリアスな一遍。プロット自体のハラハラ度はシリーズでも随一だった。
悪役キャラ
ここでの大悪党は、国防総省のチーフプログラマーとして雇われていたサイバーテクノロジーの天才トーマス・ガブリエル(ティモシー・オリファント)。9.11の後、国家を諌めるつもりの勇み足の行動が原因で国防総省を解雇されるガブリエルだが、そんな逆恨みの経緯を大義名分の下で正当化させる中、結局は盗人に転じる辺りは、過去の大悪党にも全く同じノリ。シリーズでも最強の個性だった1stのハンス・グルーバー(アラン・リックマン)や、3rdのサイモン(ジェレミー・アイアンズ)を引き合いに出せば、偏執的な仕草も皆無のガブリエルだが、ヒールらしからぬベビーフェイスはさて置き、そのステレオタイプの優等生ヅラと云うキャラ色はインパクトも絶大。チョットやそっとでは居ないようなハンスやサイモンなどより潜在的には全然怖い。
MI3ではクールな善玉キャラだったマギー・Qにもビックリ。と云うか、どちらのカラーでもフィットしていた事は確かなマギー・Qだが、ここでの立ち回りはまるで女ターミネーター。素手の格闘でも決着を付けられず、四駆の車ごとエレベーターシフトに突っ込むような幕引きを誰が想像出来ただろうか。悪のヒロインと云うキャラは3rdのサム・フィリップスから引き継がれたものだが、そのキャラ色はエライ違い。見方によっては黒幕のガブリエルをも凌駕するインパクトだった。ちなみにワイヤで首を絞めようとするマクレーンがアッサリと諦めるカットは、カール(アレクサンダー・ゴドノフ)と死闘を演じる1stへのオマージュだったのかも。
新日本やリングスにも参戦していたトニー・ホームも顔を出す3rdの場合、あのイラン人の巨体の殺し屋との死闘も見せ場の一つだったが、そんな見せ場もここでは更にスケールアップ。と云うより、あのフランス語を喋るアクロバティックな殺し屋が抜きん出た存在感だったと云う話。序盤でのフラットのシークエンス、撃墜されるヘリから一人脱出する中盤、サーバー冷却室での死闘を描く終盤と、実にその見せ場も3箇所に及ぶ。この辺りの超人類のようなスタントアクションはワイズマンの演出ならではと云った所。
アクション
シリーズの醍醐味といえば、正にダイ・ハードなアクションの数々。ビルのワンフロアをC4ですっ飛ばす1st、あろう事か旅客機1機を墜落させる2nd、朝のNY5番街や地下鉄を爆破する3rdなど未曾有のアクションシーンも満載の過去シリーズだが、CG技術も格段に進化を遂げたここでは怒涛のアクションもつるべ打ちの様相。C4でハッカーの自宅を爆破するオープニング、フラットでの死闘を描く序盤、飛来する車の脅威に晒されるトンネルのシークエンスでは無人車でヘリを撃墜、女殺し屋との死闘を描くパワープラントでは天然ガスによる大爆発、トレーラーvs戦闘機のシークエンスでは丸腰状態で戦闘機を撃墜するなど、シリーズ随一のド迫力アクションにも終始する映像だが、一方、ここでのクライマックスは過去作品とは全くの別モノ。
黒幕のハンスを地上数十階の高さから突き落とす1st、翼の上での2人のヒールとの死闘を経て、大悪党軍団をチャーター機ごと地獄へ送る2nd、黒幕サイモンの乗るヘリに電線を絡ませて葬り去る3rdなど、過去のクライマックスでは派手な演出もお約束事だったが、ここでのクライマックスは、フツーの倉庫屋内を舞台に迎える犯罪サスペンスのような様相。前段までのアクションがアクションだっただけに何気に地味な印象も受けるクライマックスだが、お約束の名文句も飛び出す中、肉を切らせて骨を絶つ様相はやはり絶大なインパクト。と云うより、このウエスタン調の緊張感と云うのも、実は最も好評だった1stのそれ。二挺拳銃やロイ・ロジャースの名前も飛び出す1stは四面楚歌ウエスタンの踏襲も明らかだったが、デジタル時代ならではのアクションを矢継ぎ早に繰り広げるここでは、最後の最後での見せ場。ここ一番でのシブイ演出には唸らされた。
脇役キャラ
ロス市警のパウエル(レジナルド・ヴェルジョンソン)、マクレーンの妻ホリー(ボニー・ベデリア)、迷惑男のソーンバーグ(ウィリアム・アサートン)、突撃レポーターのコールマン(シーラ・マッカーシー)、空港警察署長のロレンゾ(デニス・フランツ)など、さまざまな名脇役も重要なファクターだった過去シリーズだが、準主役キャラとの二人三脚での闘いを描くここでのシナリオは、ゼウス(サミュエル・L.ジャクソン)との二人三脚を描く3rdにも近い設定。ただ、本作での相方ファレル(ジャスティン・ロング)の場合、マクレーンとは無縁のハイテクに精通するばかりか、CCR(Creedence Clearwater Revival)をカビ臭いと語るなどジェネレーションギャップも著しい親子ほどの年齢差のキャラだが、これもまさに世代間のギャップを埋める寓話のようなノリ。待ったなしでの真剣な生き様が年齢差を超えた友情を育む中、やがて迎えるクライマックスには爽やかな後味も覚える。往年のファンはもとより、若い世代にもこの映画がウケたと云うのも、この辺りの潜在的な渇望が満たされたためではないだろうか。
そんな2人が義理の親子になろうかと云う勢いのオチにも仄々とさせられるが、それにしても、メアリー・エリザベス・ウィンステッド演じる娘役にはビックリ。1stでは"Lucy McClane speaking!"と云うダイアローグ付きで子役が登場していたが、ここでのいきなりの成長にはマジで驚かされた。と云うかこれも、2nd以降では子役も一切登場しなかった中、大好きな1stを何度もリピートしていれば当たり前の話。2ndでは女房キャラのホリーは登場するものの、3rd以降では家族キャラも一切封印していたシリーズだが、何れにせよここでのウィリスの若々しい活躍は嬉しいばかり。親父ソックリの気丈な家族キャラも誕生する中、シリーズも当分は安泰なので。
「英雄」と云う単語をキーワードにオチのダイアローグも用意されたクライマックスだが、云うまでもなくあれは一歩誤れば大きくコケるクサイ台詞。現実には爽やかなトーンもぶち壊されなかったと云うのも、ワイズマンの演出とファレル役のジャスティン・ロングの演技力の賜物。救急車の扉を閉める間際で見せるジャスティン・ロングのシリアスな表情は絶大なインパクトだった。インパクトと云えば、SWと云うより「ジェイ&サイレント・ボブ/帝国への逆襲」のオマージュで登場する名匠(迷匠?)ケヴィン・スミスも適材適所の存在感を披露。3枚目のコミカルなキャラクターもシリーズではある種のお約束だが、出来ればスミスには今後も顔を見せて欲しい所。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
レン・ワイズマン
Len Wiseman
スターゲイト Stargate (1994) (property assistant)
インデペンデンス・デイ
 Independence Day (1996) (assistant props)
メン・イン・ブラック Men in Black (1997) (props assistant)
GODZILLA ゴジラ Godzilla (1998) (props)
アンダーワールド Underworld (2003)
アンダーワールド エボリューション Underworld: Evolution (2006)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
製作
Produced by
マイケル・フォトレル
Michael Fottrell
クルーエル・インテンションズ Cruel Intentions (1999)
ニュー・ガイ The New Guy (2002)
メラニーは行く! Sweet Home Alabama (2002)
ワイルド・スピードX2 2 Fast 2 Furious (2003
ハービー 機械じかけのキューピッド Herbie Fully Loaded (2005)
キャットウーマン Catwoman (2004)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
ジョン・マクティアナン
John McTiernan
ラスト・アクション・ヒーロー Last Action Hero (1993)
ダイ・ハード3 Die Hard: With a Vengeance (1995)
13ウォーリアーズ The 13th Warrior (1999)
ローラーボール Rollerball (2002)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
アーノルド・リフキン
Arnold Rifkin
キッド The Kid (2000)
バンディッツ Bandits (2001)
ジャスティス Hart's War (2002)
ティアーズ・オブ・ザ・サン Tears of the Sun (2003)
隣のヒットマンズ 全弾発射 The Whole Ten Yards (2004)
ホステージ Hostage (2005)
16ブロック 16 Blocks (2006)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
ブルース・ウィリス
Bruce Willis
* 主演も兼任
製作総指揮
Executive Producer
ウィリアム・ウィッシャー・Jr.
William Wisher Jr.
ターミネーター2
 Terminator 2: Judgment Day (1991) (written by)
ジャッジ・ドレッド Judge Dredd (1995) (screenplay)
13ウォーリアーズ The 13th Warrior (1999) (screenplay)
エクソシスト ビギニング
 Exorcist: The Beginning (2004) (story)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
キャラクター創造
certain original characters
ロデリック・ソープ
Roderick Thorp
刑事 The Detective (1968)
ダイ・ハード Die Hard (1988)
スーパーコップ90 Rainbow Drive (1990) (tv)
ダイ・ハード2 Die Hard 2 (1990)
ダイ・ハード3 Die Hard: With a Vengeance (1995)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
原案
Story by
マーク・ボンバック
Mark Bomback
* 脚本も兼任
デイヴィッド・マルコーニ
David Marconi
ハーヴェスト The Harvest (1993)
エネミー・オブ・アメリカ Enemy of the State (1998)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
脚本
Screenplay by
マーク・ボンバック
Mark Bomback
アダム 神の使い 悪魔の子 Godsend (2004)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
撮影
Cinematography by
サイモン・ダガン
Simon Duggan
チェイス(未) Risk (2000)
ガレージ・デイズ(未) Garage Days (2002)
アイ,ロボット I, Robot (2004)
アンダーワールド:エボリューション Underworld: Evolution (2006)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
編集
Edited by
ニコラス・デ・トス
Nicolas De Toth
アンドリューNDR114 Bicentennial Man (1999)
スパイダー Along Came a Spider (2001)
トータル・フィアーズ The Sum of All Fears (2002)
ターミネーター3 Terminator 3: Rise of the Machines (2003)
イントゥ・ザ・ブルー Into the Blue (2005)
アンダーワールド:エボリューション Underworld: Evolution (2006)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
美術
Production Design by
パトリック・タトポロス
Patrick Tatopoulos
インデペンデンス・デイ Independence Day (1996)
ダークシティ Dark City (1998)
バトルフィールド・アース
 Battlefield Earth: A Saga of the Year 3000 (2000)
アイ,ロボット I, Robot (2004)
アンダーワールド:エボリューション Underworld: Evolution (2006)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
衣装デザイン
Costume Design by
デニーズ・ウィンゲイト
Denise Wingate
シーズ・オール・ザット She's All That (1999)
クルーエル・インテンションズ Cruel Intentions (1999)
ブルー・ストリーク Blue Streak (1999)
エントランス Soul Survivors (2001)
ノボケイン 局部麻酔の罠 Novocaine (2001)
クリスティーナの好きなコト The Sweetest Thing (2002)
僕はラジオ Radio (2003)
シンデレラ・ストーリー A Cinderella Story (2004)
パパラッチ Paparazzi (2004)
ブラッド Rise (2007)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
音楽
Music by
マルコ・ベルトラミ
Marco Beltrami
デス・マッチ(未) Death Match (1994)
ビジタースペース Inhumanoid (1996) (tv)
スクリーム Scream (1996)
ミミック Mimic (1997)
スクリーム2 Scream 2 (1997)
54 フィフティ★フォー 54 (1998)
デビッド&リサ 心の扉 David and Lisa (1998) (tv)
パラサイト The Faculty (1998)
クアドロフォニア 多重人格殺人(未) The Minus Man (1999)
モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie (1999) (tv)
クロウ 復讐の翼(未) The Crow: Salvation (2000)
スクリーム3 Scream 3 (2000)
ザ・ウォッチャー The Watcher (2000)
ドラキュリア Dracula 2000 (2000)
エンジェル・アイズ Angel Eyes (2001)
ロードキラー Joy Ride (2001)
バイオハザード Resident Evil (2002)
ブレイド2 Blade II (2002)
シリコンバレーを抜け駆けろ!(未)
 The First $20 Million Is Always the Hardest (2002)
ドラキュリアII 鮮血の狩人 Dracula II: Ascension (2003)(ov)
ターミネーター3 Terminator 3: Rise of the Machines (2003)
ヘルボーイ Hellboy (2004)
アイ,ロボット I, Robot (2004)
フライト・オブ・フェニックス Flight of the Phoenix (2004)
ウェス・クレイヴン’s カースド Cursed (2005)
トリプルX ネクスト・レベル(未) xXx: State of the Union (2005)
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
 The Three Burials of Melquiades Estrada (2005)
パニック・フライト(未) Red Eye (2005)
アンダーワールド:エボリューション Underworld: Evolution (2006)
オーメン The Omen (2006)
キャプティビティ Captivity (2007)
臨死(未) The Invisible (2007)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
挿入曲
Various Music
Rock & Roll Queen - The Subways
I'm So Sick - Flyleaf
40 Days - Infinite Monopoly
Fortunate Son - Creedence Clearwater Revival
Hail To The Chief - (written by) James Sanderson
America The Beautiful - Jennifer Barnes
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ブルース・ウィリス
Bruce Willis

John McClane 第一の大罪(未) The First Deadly Sin (1980)
評決 The Verdict (1982)
新トワイライト・ゾーン The Twilight Zone - Shatterday (1985) (tv)
ブラインド・デート Blind Date (1987)
ダイ・ハード Die Hard (1988)
こちらブルームーン探偵社 Moonlighting (1985-1989) (tv)
ベイビー・トーク Look Who's Talking (1989) (voice)
ダイ・ハード2 Die Hard 2 (1990)
リトル★ダイナマイツ ベイビー・トークTOO
 Look Who's Talking Too (1990) (voice)
虚栄のかがり火 TThe Bonfire of the Vanities (1990)
愛を殺さないで Mortal Thoughts (1991)
ハドソン・ホーク Hudson Hawk (1991)
ビリー・バスゲイト Billy Bathgate (1991)
ラスト・ボーイスカウト The Last Boy Scout (1991)
ザ・プレイヤー The Player (1992)
永遠に美しく Death Becomes Her (1992)
スリー・リバーズ Striking Distance (1993)
パルプ・フィクション Pulp Fiction (1994)
ノース ちいさな旅人 North (1994)
薔薇の素顔 Color of Night (1994)
ノーバディーズ・フール Nobody's Fool (1994)
ダイ・ハード3 Die Hard: With a Vengeance (1995)
フォー・ルームス Four Rooms (1995)
12モンキーズ Twelve Monkeys (1995)
ラストマン・スタンディング Last Man Standing (1996)
ジャッカル The Jackal (1997)
マーキュリー・ライジング Mercury Rising (1998)
アルマゲドン Armageddon (1998)
フィフス・エレメント The Fifth Element (1997)
マーシャル・ロー The Siege (1998)
シックス・センス The Sixth Sense (1999)
ストーリー・オブ・ラブ The Story of Us (1999)
隣のヒットマン The Whole Nine Yards (2000)
キッド The Kid (2000)
アンブレイカブル Unbreakable (2000)
バンディッツ Bandits (2001)
ジャスティス Hart's War (2002)
ティアーズ・オブ・ザ・サン Tears of the Sun (2003)
チャーリーズ・エンジェル フルスロットル
 Charlie's Angels: Full Throttle (2003)
隣のヒットマンズ 全弾発射 The Whole Ten Yards (2004)
オーシャンズ12 Ocean's Twelve (2004)
ホステージ Hostage (2005)
シン・シティ Sin City (2005)
ラッキーナンバー7 Lucky Number Slevin (2006)
16ブロック 16 Blocks (2006)
ファーストフード・ネイション Fast Food Nation (2006)
グラインドハウス Grindhouse (2007)
パーフェクト・ストレンジャー Perfect Stranger (2007)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
プラネット・テラー in グラインドハウス Planet Terror (2007)
ティモシー・オリファント
Timothy Olyphant
Thomas Gabriel ファースト・ワイフ・クラブ The First Wives Club (1996)
普通じゃない A Life Less Ordinary (1997)
スクリーム2 Scream 2 (1997)
go Go (1999)
クリスティーナ・リッチのピンク・モーテル(未) No Vacancy (1999)
ブロークン・ハーツ・クラブ(未)
 The Broken Hearts Club: A Romantic Comedy (2000)
60セカンズ Gone in Sixty Seconds (2000)
ロック・スター Rock Star (2001)
ドリームキャッチャー Dreamcatcher (2003)
ブルドッグ A Man Apart (2003)
ガール・ネクスト・ドア(未) The Girl Next Door (2004)
恋は突然に。(未) Catch and Release (2006)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
ヒットマン Hitman (2007)
ジャスティン・ロング
Justin Long
Matt Farrell ギャラクシー・クエスト Galaxy Quest (1999)
ジーパーズ・クリーパーズ Jeepers Creepers (2001)
ノット・ア・ガール Crossroads (2002)
エド ボーリング弁護士 Ed (79 episodes, 2000-2004) (tv)
ドッジボール Dodgeball: A True Underdog Story (2004)
ハービー 機械じかけのキューピッド Herbie Fully Loaded (2005)
ハニー vs. ダーリン 2年目の駆け引き(未) The Break-Up (2006)
トラブル・カレッジ 大学をつくろう!(未) Accepted (2006)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
マギー・Q
Maggie Q
Mai ジェネックスコップ2 Gen-X Cops 2 (2000)
マギー・Q マンハッタン・ミッドナイト(未)
 Manhattan Midnight (2001)
ラッシュアワー2 Rush Hour 2 (2001)
レディ・ウェポン Naked Weapon (2002)
マジック・キッチン Magic Kitchen (2004)
80デイズ Around the World in 80 Days (2004)
ドラゴン・スクワッド Dragon Squad (2005)
M:i:III Mission: Impossible III (2006)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
燃えよ!ピンポン Balls of Fury (2007)
クリフ・カーティス
Cliff Curtis
Bowman ピアノ・レッスン The Piano (1993)
ザ・グリード Deep Rising (1998)
6デイズ/7ナイツ Six Days Seven Nights (1998)
ヴァイラス Virus (1999)
スリー・キングス Three Kings (1999)
救命士 Bringing Out the Dead (1999)
インサイダー The Insider (1999)
ジュビリー 聖なる年 Jubilee (2000)
ブロウ Blow (2001)
トレーニング デイ Training Day (2001)
マジェスティック The Majestic (2001)
コラテラル・ダメージ Collateral Damage (2002)
クジラの島の少女 Whale Rider (2002)
ニューオーリンズ・トライアル Runaway Jury (2003)
ファウンテン 永遠につづく愛 The Fountain (2006)
サンシャイン2057 Sunshine (2007)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
紀元前1万年 10,000 B.C. (2008)
ジョナサン・サドウスキー
Jonathan Sadowski
Trey アメリカン・ピーチパイ(未) She's the Man (2006)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
アンドリュー・フリードマン
Andrew Friedman
Casper 奥さまは魔女 Bewitched (2005)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
ケヴィン・スミス
Kevin Smith
Warlock * 以下、監督を手掛けた作品
クラークス Clerks. (1994)
チェイシング・エイミー Chasing Amy (1997)
ドグマ Dogma (1999)
ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲
 Jay and Silent Bob Strike Back (2001)
世界で一番パパが好き! Jersey Girl (2004)
クラークス2 バーガーショップ戦記(未) Clerks II (2006)
ヨーゴ・コンスタンティン
Yorgo Constantine
Russo 逃走国境 狙われた女たち(未) Hostile Intentions (1994)
トゥー・ムーン2(未) Return to Two Moon Junction (1995)
フォーン・ブース Phone Booth (2002)
Shopgirl 恋の商品価値(未) Shopgirl (2005)
恋は突然に。(未) Catch and Release (2006)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
シリル・ラファエリ
Cyril Raffaelli
Rand TAXi(2) Taxi 2 (2000)
アルティメット Banlieue 13 (2004)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
クリス・パレルモ
Chris Palermo
(as Christopher Palermo)
Del * クレジットは「クリストファー・パレルモ」
デッド・チェイサー 炎の大捜査網(未) Inside Edge (1993)
パーフェクト・ストーム The Perfect Storm (2000)
A.I. Artificial Intelligence: AI (2001)
NEXT ネクスト Next (2007)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
メアリー・エリザベス・ウィンステッド
Mary Elizabeth Winstead
Lucy モンスターアイランド Monster Island (2004) (tv)
ザ・リング2 The Ring Two (2005)
スカイ・ハイ Sky High (2005)
ファイナル・デッドコースター Final Destination 3 (2006)
ボビー Bobby (2006)
グラインドハウス Grindhouse (2007)
デス・プルーフ in グラインドハウス Death Proof (2007)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
サン・カン
Sung Kang
Raj ミステリー・メン(未) Mystery Men (1999)
パール・ハーバー Pearl Harbor (2001)
きみの帰る場所 アントワン・フィッシャー Antwone Fisher (2002)
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
 The Fast and the Furious: Tokyo Drift (2006)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
ジェリコ・イヴァネク
Zeljko Ivanek
Molina テックス Tex (1982)
アーティフィシャル・パラダイス Artificial Paradise (1990)
青春の輝き School Ties (1992)
戦火の勇気 Courage Under Fire (1996)
インフィニティ 無限の愛 Infinity (1996)
フェイク Donnie Brasco (1997)
ジュリアン・ポーの涙 Julian Po (1997)
シビル・アクション A Civil Action (1998)
ヒマラヤ杉に降る雪 Snow Falling on Cedars (1999)
ダンサー・イン・ザ・ダーク Dancer in the Dark (2000)
ハンニバル Hannibal (2001)
ブラックホーク・ダウン Black Hawk Down (2001)
運命の女 Unfaithful (2002)
ドッグヴィル Dogville (2003)
マンダレイ Manderlay (2005)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
クリスティーナ・チャン
Christina Chang
Taylor ランダム・ハーツ Random Hearts (1999)
28DAYS(未) 28 Days (2000)
24 TWENTY FOUR 24 (6 episodes, 2003-2004) (tv)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
CSI:マイアミ3 CSI: Miami (6 episodes, 2004-2007) (tv)
クリス・エリス
Chris Ellis
(as Chris Ellis Jr.)
Scalvino * クレジットは「クリス・エリス・Jr.」
クリムゾン・タイド Crimson Tide (1995)
アポロ13 Apollo 13 (1995)
コン・エアー Con Air (1997)
アルマゲドン Armageddon (1998)
ザ・ウォッチャー The Watcher (2000)
ドメスティック・フィアー Domestic Disturbance (2001)
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン Catch Me If You Can (2002)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
トランスフォーマー Transformers (2007)
マット・オリアリー
Matt O'Leary
Clay ドメスティック・フィアー Domestic Disturbance (2001)
フレイルティー 妄執 Frailty (2001)
スパイキッズ2 失われた夢の島
 Spy Kids 2: Island of Lost Dreams (2002)
スパイキッズ3-D:ゲームオーバー
 Spy Kids 3-D: Game Over (2003)
アラモ The Alamo (2004)
BRICK ブリック Brick (2005)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
ヤンシー・アリアス
Yancey Arias
Agent Johnson イノセント・ブラッド Innocent Blood (1992)
タイムマシン The Time Machine (2002)
ダイ・ハード4.0 Live Free or Die Hard (2007)
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.