Return To Top
Sharky's Machine
シャーキーズ・マシーン (1981) USA 122min.
Introduction 序盤アウトライン
アトランタ。麻薬課刑事のシャーキーは、同僚刑事スマイリーの不注意で取り逃がしてしまったヤクの売人を、その追撃の果てに射殺してしまう。この大立ち回りが原因で風紀課に左遷されたシャーキーは、州知事候補のホッチキンスと関係する高級娼婦ドミノの捜査を担当する事になる。ところが、この他愛もないと思われた捜査が、シャーキーも予想せぬ形で大事件へ発展、ドミノの背後に潜む売春組織の元締めビクターは、組織からの離脱を懇願していたドミノを葬り去らんと冷酷な殺し屋を送り込んでいたのだったーー
Various Note メモ
「シャーキーズ・マシーン」と言えば、クルセイダーズの「ストリート・ライフ」である。劇中オープニングタイトル等で使用されるヴァージョンは、クルセイダーズの同名レギュラーアルバムに収録されているものとは違う。レンスをトリミングしたと言ったものではなくパフォーマンス自体が違うものだが、劇場で鑑賞した当時、この別ヴァージョンのお披露目には歓喜した。
「ストリート・ライフ」と言えば、ヴォーカルのランディ・クロフォードの客演で著名な曲だが、ジョー・サンプルやウィルトン・フェルダーが聴かせるソロも絶妙で、9thや11thを強調したサビ部分のストリングス・アレンジも最高に気持ちが良い。この「シャーキーズ・マシーン」と云う作品だが、個人的には、映像作品の内容を問うものでもなく「ストリート・ライフ」とレイチェル・ウォード、これでもう決まりと云った所だった。
その予想とも裏腹、中々のシリアス路線と云ったシナリオだが、ヴァイオレンス描写などを取り上げてみても、大袈裟に云ってしまえば、タランティーノ的な要素すら感じられる迫力である。レイノルズを始めとする風紀課の面々も魅力充分だが、何と言っても殺し屋ビリーを演じるヘンリー・シルヴァが印象に残るもので、あの爬虫類的な冷酷さは他に類を見ない存在感と云った所。その大袈裟な散りっぷりを捉えたヴィヴィッドなカットなどは、もはや、笑うしかないと云ったほどに鮮烈なものだった。コミカルなテイストに逸脱する事なく、真摯なスタンスでシリアスに終始するシナリオは、筋の通った面白味に満ちている。出演のみならず演出も買って出たレイノルズの高いモチベーションが結実。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
バート・レイノルズ
Burt Reynolds
ゲイター Gator
ジ・エンド(未) The End
製作
Produced by
ハンク・ムーンジーン
Hank Moonjean
結婚しない男 Paternity
縮みゆく女 The Incredible Shrinking Woman
原作
Based on the novel by
ウィリアム・ディール
William Diehl
真実の行方 Primal Fear
脚色
Screenplay by
ジェラルド・ディ・ペゴ
Gerald Di Pego
フェノミナン Phenomenon
ハーモニーベイの夜明け Instinct
撮影
Cinematography by
ウィリアム・A.フレイカー
William A. Fraker
未知との遭遇 Close Encounters of the Third Kind
天国から来たチャンピオン Heaven Can Wait
編集
Edited by
ウィリアム・D.ゴーディーン
William D. Gordean
キャノンボール The Cannonball Run
ストローカーエース Stroker Ace
デニス・ヴァークラー
Dennis Virkler
家 Burnt Offerings
ザナドゥ Xanadu
美術
Production Design by
ウォルター・スコット・ハーンドン
Walter Scott Herndon
タッチダウン Semi-Tough
ノーマ・レイ Norma Rae
衣装デザイン
Costume Design
ノーマン・ソーリング
Norman Salling
ゲイター Gator
キャノンボール The Cannonball Run
特殊効果
Special effects
フィル・コリー
Phil Cory
ファニー・レディ Funny Lady
ドミノ・ターゲット The Domino Principle
音楽監修
Music supervisor
スナッフ・ギャレット
Snuff Garrett
ブロンコ・ビリー Bronco Billy
キャノンボール The Cannonball Run
挿入曲
Various Music
Cliff Crofford - songs
John Durrill - songs
Snuff Garrett - songs
Bobby Troup - theme "Sharky's Theme"
Richard Rodgers - song "My Funny Valentine"
Joe Sample
- song "Street Life" performed by The Crusaders featuring Randy Crawford
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
バート・レイノルズ
Burt Reynolds
Sharky * 監督も兼任
タッチダウン Semi-Tough
キャノンボール The Cannonball Run
結婚しない男 Paternity
ヴィットリオ・ガスマン
Vittorio Gassman
Victor ウエディング A Wedding
0086笑いの番号 The Nude Bomb
ブライアン・キース
Brian Keith
Papa メテオ Meteor
ワイオミング The Mountain Men
チャールズ・ダーニング
Charles Durning
Friscoe 夕暮れにベルが鳴る When a Stranger Calls
告白 True Confessions
アール・ホリマン
Earl Holliman
Hotchkins OK牧場の決斗 Gunfight at the O.K. Corral
さよならミス・ワイコフ Good Luck, Miss Wyckoff
バーニー・ケーシー
Bernie Casey
Arch クレオパトラ危機突破 ダイナマイト諜報機関
 Cleopatra Jones
地球に落ちてきた男 The Man Who Fell to Earth
ヘンリー・シルヴァ
Henry Silva
Billy Score オーシャンと十一人の仲間 Ocean's Eleven
アリゲーター Alligator
リチャード・リバティーニ
Richard Libertini
Nosh あきれたあきれた大作戦 The In-Laws
ポパイ Popeye
ダリル・ヒックマン
Darryl Hickman
Smiley 闘う沿岸警備隊 Sea of Lost Ships
お茶と同情 Tea and Sympathy
レイチェル・ウォード
Rachel Ward
Dominoe カリブの熱い夜 Against All Odds
普通の女 The Good Wife
ジョン・フィードラー
John Fiedler
Barrett 十二人の怒れる男 12 Angry Men
事件記者コルチャック Kolchak: The Night Stalker (tv)
ヴァル・エイヴァリー
Val Avery
Man with Siakwan パピヨン Papillon
グロリア Gloria
ビル・ナン
Bill Nunn
Kitten's Bouncer
(uncredited)
* ノークレジット
海の上のピアニスト The Legend of 1900
スパイダーマン Spider-Man
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.