Return To Top
S1m0ne
シモーヌ (2002) USA 117min.
Introduction 序盤アウトライン
短編作品ながらも、過去2度のオスカーにノミネートされた経歴を持つ映画監督ヴィクターは、立て続けの失敗を挽回すべく新作長編作品に取り掛かろうとしていたが、主演女優に降板された挙句に、スタジオ経営者の元妻エレインには、解雇を宣告されると云う四面楚歌の状況を迎えてしまう。ところが、ヴィクターを敬愛するハンクと云うクリエイターの出現でどん底の状況も一変、理想の女優が創造出来ると云うハンクが開発したアプリケーションでCG女優「シモーヌ」を創り出したヴィクターは、棚上げされていた未完成作品を仕上げ絶賛を浴びる。だがーー
Various Note メモ
シモーヌの新作「永遠の彼方へ」のミーティングの席を捉えたカットに登場するキャラクターたち、コレル、クラリス、ヒューレット、マック、ロータスと云った面々には、周知の通り、ハードもしくはソフトウェアに関連する名前が付けられている。ジェイ・モーアが演じるハルについては思い当たる節もなさそうな所だが、これは、「2001年宇宙の旅」に登場する宇宙船ディスカバリー号のコンピュータ「ハル9000」から引用されたものである。
ちなみにパチーノが演じる監督タランスキーのファーストネーム「ヴィクター」は、「フランケンシュタイン」を創造したヴィクター・フランケンシュタイン博士のファーストネームから引用されたもの。また、ウィノナ・ライダーが演じる高慢ちきな女優「ニコラ・アンダース」だが、これは、監督の名前アンドリュー・ニコルから引用されたもの。
エンド・クレジットの後にオマケ映像も登場するが、そのクレジットでは全てのスタッフ・キャスト名にシムとワンが用いられている。何処までしつこく続くのかと関心を引き寄せる事で、その最後のオマケ映像まで観客を導いていたと思われる。
タランスキーの娘レイニーがラップトップで操作しているモニターに映し出されているのは、ギリシア神話に登場する「ガラテア」だが、これは、キュプロスの王で天才的な彫刻家だったピュグマリオンが、象牙を用いて創り上げた理想の女性像の事。神話では、愛の女神アフロディーテによって命を吹き込まれ人間になるガラテアが、ピュグマリオンと結婚すると云う物語だが、要は、作品のモチーフを投影していたと云う訳である。
周知の通り、劇中に登場するシモーヌは、監督夫人でもあるロバーツがその大半を演じていたもので、CGシークエンスも彼女をスキャニングした素材のデジタル加工映像によるものだった。製作者がその当初に抱いていたプランは、「ファイナルファンタジー」のような路線での完全オリジナルのCGキャラによるシモーヌだったが、これに反発したのが俳優業組合である。劇中に登場する如何なる俳優についてもオリジナルのCGキャラクターに置き換える事は望ましくないとの意見が尊重される結果となったもので、オリジナル劇場公開版での"Simone as herself"と云うクレジットについても、"Rachel Roberts as Simone"と云う後発的な変更を余儀なくされている。
(注意:以下、ややネタバレ)
タランスキーを敬愛するハンクの作成したアプリケーションが騒動の発端となる訳だが、タランスキーがその未知のソフトを習得するまでのプロセスを、「9ヵ月後」と云う一言で片付けてしまっていたダイアローグは正解だった。スタジオを運営する元妻を始めとするその関係者やプレス、更には世界中のファンまでをもタランスキー1人で騙してしまうと云うシュールな設定だけに、言い訳じみたヘタなテクノロジーの解説などが付け加えられれば綻びが広がってしまうからである。このシナリオが、父親を慕う娘の待つ家庭に再び収まると云うアットホームなモチーフを本題にしていた事を考慮しても、その序盤でのスピード感に溢れるスレンダーな演出は、好感度も大きいものだった。
ただ、シモーヌの行く末を案じたタランスキーが、シモーヌを「死亡」と云う形で収めようとする辺りから蛇足的な印象を感じなくもない。捻られていたと云う見方もあるが、現実には、コツコツと盛り上げられた感慨を制止されてしまうような印象で、家庭にヨリを戻すと云う終局にも、いま一つ感情が鼓舞されないのである。その後のシモーヌの行く末についても語られていたシナリオには、本当にそれで大丈夫なのか?と云った印象も覚えたが、シモーヌがCGだったと云う事を問題視するにも、あまりに事が複雑化していた為に、クライマックスのアイディアとしてはベターだったのかと云った所。家庭ドラマのような仰々しい感動的なエンディングも、シュールなモチーフをベースにしたシナリオだった事を考慮すれば、あり得なかったのかもしれない。
世界を席捲するシモーヌを表現するものとして世界各国の新聞等がラッシュ表示されるカットが登場するが、あの日本版の見出しイラストには笑ってしまえる。製作側にも間違いなく存在すると思われる僅か一名ほどの日本人関係者にチェックさせれば済む事だと思うのだが。
ヴィジュアル効果等に携わったスタッフ数名のインタビューが収録されたDVDの特典映像だが、これが結構、面白い。俳優に取って代わる存在としての人工知能を持つ完全なCG俳優の実用性と云った展望については、完全なる人間の代役は不可能と言い切るスタッフも居れば、早ければ4年後くらいには実用化されると云う意見まで、その見解も各人がバラバラと云った所だったが、タランスキーを演じていたパチーノは、その可能性を認めつつも、暗に否定的なコメントを残している。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
製作・脚本・監督
Produced, Written
& Directed by
アンドリュー・ニコル
Andrew Niccol
ガタカ Gattaca
トゥルーマン・ショー The Truman Show (producer)
ターミナル
 The Terminal (story) (executive producer)
ロード・オブ・ウォー Lord of War
製作総指揮
Executive Producers
ブラッドリー・クランプ
Bradley Cramp
ロード・オブ・ウォー Lord of War
マイケル・デ・ルカ
Michael De Luca
夢見る頃を過ぎても Unconditional Love
ノックアラウンド・ガイズ Knockaround Guys
リン・ハリス
Lynn Harris
海辺の家 Life as a House
ブレイド2 Blade II
撮影
Cinematography by
エドワード・ラックマン
Edward Lachman
KEN PARK ケン パーク Ken Park
エデンより彼方に Far from Heaven
デレク・グローヴァー
Derek Grover
* Additional Photo
Intimate Portrait: Destiny's Child (tv)
編集
Edited by
ポール・ルベル
Paul Rubell
ブレイド Blade
インサイダー The Insider
美術
Production Design by
ヤン・ロルフス
Jan Roelfs
フローレス Flawless
9デイズ Bad Company
衣装デザイン
Costume Design
エリザベッタ・ベラルド
Elisabetta Beraldo
オーロラの彼方へ Frequency
ジャスティス Hart's War
音楽
Music by
カーター・バーウェル
Carter Burwell
バーバー The Man Who Wasn't There
アダプテーション Adaptation.
挿入曲
Various Music
Gary Schreiner - song
Curt Sobel - song
Samuel Barber - from "Adagio for Strings"
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
アル・パチーノ
Al Pacino
Viktor Taransky ディアボロス 悪魔の扉 The Devil's Advocate
インサイダー The Insider
エニイ・ギブン・サンデー Any Given Sunday
ウィノナ・ライダー
Winona Ryder
Nicola Anders ロスト・ソウルズ Lost Souls
Mr.ディーズ Mr. Deeds
ジェイ・モーア
Jay Mohr
Hal Sinclair スピーキング・オブ・セックス Speaking of Sex
プルート・ナッシュ The Adventures of Pluto Nash
キャサリン・キーナー
Catherine Keener
Elaine Christian 8mm 8MM
デス・トゥ・スムーチー Death to Smoochy
エヴァン・レイチェル・ウッド
Evan Rachel Wood
Lainey Christian プラクティカル・マジック Practical Magic
ひみつの番人 Little Secrets
プルイット・テイラー・ヴィンス
Pruitt Taylor Vince
Max Sayer ザ・セル The Cell
コール Trapped
ジェイソン・シュワルツマン
Jason Schwartzman
Milton CQ CQ
スパン Spun
トニー・クレイン
Tony Crane
Lenny
(uncredited)
ローズ家の戦争 The War of the Roses
ビッグ・イージー The Big Easy
イライアス・コティーズ
Elias Koteas
Hank Aleno
(uncredited)
コラテラル・ダメージ Collateral Damage
アララトの聖母 Ararat
レベッカ・ローミン=ステイモス
Rebecca Romijn-Stamos
Faith
(uncredited)
ローラーボール Rollerball
ファム・ファタール Femme Fatale
レイチェル・ロバーツ
Rachel Roberts
Simone
(as Simone)
* ニコル監督夫人/スーパーモデル
Still Life (tv)
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.