Return To Top
Appointment with Death
死海殺人事件 (1988) UK / USA / Israel 103min.
Introduction 序盤アウトライン
1937年、米ニュージャージー。大富豪エルマー・ボイントンが死去する中、遺族への莫大な遺産の均等配分を明記する遺言書が未亡人のエミリーによって握り潰される。スネに傷を持つ顧問弁護士コープを脅迫する中、全てに優先するはずだった最終版の遺言書を無き物にしたエミリーは、100万ドルにも上る莫大な遺産を独占するが、一方、遺産の配分を故人から聞かされていた子供たちには、そんな話も寝耳に水。独裁的で傲慢な継母エミリーに不満を募らせていた子供たちは、その積年の不信感を殺意にまで転じさせるが、やがて、弁護士のコープや一族が欧州の聖地巡りに足を伸ばしていた最中、エルサレムの地でエミリーが何者かに殺害される。偶然、当地を訪れていた名探偵エルキュール・ポワロは、一族と関係者の誰もが容疑者となる得る事実を前に孤高の捜査に乗り出すのだがーー
Various Note メモ
大富豪未亡人が殺害される中、関係者全員が容疑者と云う状況下でのポワロの活躍を描く一遍。アガサ・クリスティの同名原作(早川書房刊「死との約束」)を基に「モース警部シリーズ・最後の敵 (1989) (tv)」のピーター・バックマン、「フレンジー」「オリエント急行殺人事件」「ナイル殺人事件」のアンソニー・シェイファー、そして製作/監督/編集も兼任するマイケル・ウィナーが脚色。全ての関係者を容疑者とする中、誰もが鉄壁のアリバイを持つ辺りは一連の作品にも同じ。意外な人物を真犯人とする設定もお約束だが、意外なシチュエーションの人物を真犯人とする辺りは、強いて言えば「クリスタル殺人事件 (1980)」のような感じ。ただ、関係者一同が顔を揃えるお馴染みのクライマックスを2度用意するスクリプトは一連のシリーズでも珍しい。

以下、完全ネタバレ。未鑑賞の方はご留意下さい。
事件に絡む主要キャラは、ボイントン家の莫大な遺産を独占する未亡人のエミリー(パイパー・ローリー)、ボイントン家の長男レノックス(ニコラス・ゲスト)、レノックスの妻で心疾患を持つエミリーの看護に当たるナディーン(キャリー・フィッシャー)、ナディーンの愛人で一族の顧問弁護士ジェファーソン・コープ(デイヴィッド・ソウル)、次男のレイモンド(ジョン・ターレスキー)、そのレイモンドと旅先で恋に落ちる駆け出しの英国人女医サラ・キング(ジェニー・シーグローヴ)、ボイントン家の長女キャロル(ヴァレリー・リチャーズ)、エミリー唯一の実娘で次女のジネブラ(アンバー・ベゼール)、一族とツアーを共にする英国の婦人代議士ウエストホルム卿夫人(ローレン・バコール)、その連れ合いの考古学愛好家ミス・クイントン(ヘイリー・ミルズ)。そして、エルサレムの警察当局を指揮するカーベリー大佐(ジョン・ギールグッド)とその依頼で難事件に挑むポワロ(ピーター・ユスティノフ)と云う面々。
スクリプトの構成は、一族の確執を描く約40分を経てようやく事件が起きる中、やがて関係者全員への聞き込みが開始される一方で第2の殺人事件(地元の青年が犠牲者)が発生、終盤の約30分は容疑者全員の前で事件の全容を明らかにすると云う内容。一族全員に容疑がかけられる中、結果的には、エミリーに弱みを握られたウエストホルム卿夫人が真犯人だった訳だが、よくよく考えてみれば、遠い過去にまで遡るエミリーとウエストホルム卿夫人の関係などオーディエンスには判るはずもない所。そんな意外極まりのないオチをそのまま意外な結末にする辺りは、80年の「クリスタル殺人事件」にも漠然とソックリな印象。一連の容疑者と被害者の因縁ものっけから露にされる中、最も意外な結末に導かれる「オリエント急行殺人事件」や「ナイル殺人事件」とは明らかに違う。
レノックス+ナディーン+弁護士コープの三角関係を基点にするモチーフ、兄妹のレイモンドとキャロルが互いをかばい合うモチーフ、レイモンドと英国人女医サラの恋路を描くモチーフ、そして第2の殺人を描くモチーフなど伏線も数多く描かれる中、一族とその関係者の人間模様の描写については屈託なく楽しめた事も事実だが、その一方、突発的に発生する第2の殺人については明らかに字余り。遺体発見現場で銃を片手に立ちすくむ女医のサラだが、目撃者もなく犯行に成功する中、その犯人が銃を「素手」に構えたまま立ちすくむ事などあり得るはずもない所。そもそもが、逃走するアラブ人青年をサラが追いかける理由も曖昧だったスクリプトだが、この辺りはソックリ割愛していてもプロットそのものには何ら影響はなかったはず。と云うより、クライマックスのくだりを考慮すれば、ここは割愛して欲しかった所。
と云うのも、ポワロとカーベリーが、自殺を遂げる真犯人のウエストホルム卿夫人に温情を与えるため。銃の暴発事故と云う形で捜査の手も及ばぬよう配慮するポワロだが、それでは殺害されたアラブ人青年があまりに哀れ。エルサレムと英国にまたがるこの事件、民事的な賠償がどのように扱われるのかは知らないが、正当な捜査と裁判を経なけば、アラブ人青年の遺族はウエストホルム卿夫人の遺族に賠償金すら要求出来ない事になる。まぁ、スリリングを真骨頂にするエンタメ映画だった事を考慮すれば、スクリプトの抑揚もある種のお約束には違いないが、それにしてもこのパートはあまりに微妙。
ウエストホルム卿夫人とミス・クイントンが、エミリーの死亡推定時刻以降に「エミリーの豚の鳴き声のような下品な声を聞いた」と証言する中、同調しやすいタイプのミス・クイントンに「蜘蛛を見た」と揺さぶりをかける事で、ウエストホルム卿夫人のアリバイを覆すポワロだが、この辺りを筆頭にポワロの冴え渡る推理を楽しめたのも事実。ただ、大団円のクライマックスを2度用意するスクリプトはフツーに微妙だった。と云うか、追い詰められたウエストホルム卿夫人とポワロがホテルの廊下で対峙するカットは見応えも充分だったが、何れにせよ、屋外を舞台にする1度目のクライマックスはその意図もハッキリしない。ボイントン一族の容疑を晴らすだけであれば、花火が鳴り響く中での二度目のクライマックス直前だけでも充分だったはず。女医のサラを槍玉に挙げながらも、実は伏線的には何ら機能していなかったアラブ人青年殺害事件のシークエンスや、屋外での1度目のクライマックスを除けば、正味90分にも到達していなかったはずのスクリプトだが、要はこの辺りの冗長さがそもそもの問題だったと云う話。
84年の「ドーバー海峡殺人事件」のようにブルーベックの貴重な演奏が随所で楽しめるのであれば、7インチミックスを12インチミックスにエクスパンドするような冗長なスクリプトにも個人的には異論もなかったが、ここでのドナジオのスコアは、オープニングとエンディングの同一テーマ曲とスポットでのイメージスコアのみ。アラビアンスケールの楽曲も当地のアーティスト(Rafi Kadishzon)によるアーカイヴ的なもので、サロン的な挿入スコアもフランク・バーバーの楽曲だが、ついては、ゴブリンの鍵盤奏者マウリツィオ・グアリニの出番も極めて少ない。緊張感を盛り上げるスポット的なスコアもフルオケだけだったような記憶だが、ついてはサックスがメロを奏でるテーマ曲での鍵盤パートがグアリニ唯一のプレイだったような気も。
スクリプトはさて置き、パイパー・ローリー、ローレン・バコール、キャリー・フィッシャー、ジェニー・シーグローヴなど年齢やタイプも異なる女優陣のパフォーマンスは屈託なく楽しめる映像だが、何気に可笑しかったのは、メインロールのような存在感だった序盤から一転、中盤以降は猿ぐつわをされたかのように黙り込むデイヴィッド・ソウル。可笑しかったと云えば、超厄介者のエミリーが部外者に殺害される中、事件から解放されて満面の笑みを浮かべながら当地を去るボイントン一族の面々。遺産を巡る厄介払いも終わる中、如何にも清々してますと云わんばかりの一族の面々だが、これもそもそもの話、遺産相続を巡る愛憎劇を最大の伏線にしていたのであれば、建前的にもペーソス度全開で終わって欲しかった所。ましてや、罪も無い現地人までをも巻き込む凄惨な殺人事件だった訳なので。メジャー調性バリバリのテーマ曲もかなりのミスマッチだったが、これもそもそもはスクリプトを想定しての仕事。と云うか、クリスティの映像化シリーズでグアリニも関与するこの作品、ミーハーな個人的には欧州盤のDVDには真っ先に飛びついたクチなんだけど(笑)



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
製作・監督・編集
Produced, Directed
& Edited by
マイケル・ウィナー
Michael Winner
メカニック The Mechanic
スコルピオ Scorpio
狼よさらば Death Wish
原作
Based on the novel by
アガサ・クリスティ
Agatha Christie
そして誰もいなくなった And Then There Were None
情婦 Witness for the Prosecution
オリエント急行殺人事件
 Murder on the Orient Express
ナイル殺人事件 Death on the Nile
クリスタル殺人事件 The Mirror Crack'd
地中海殺人事件 Evil Under the Sun
ドーバー海峡殺人事件 Ordeal by Innocence
脚本
Screenplay by
アンソニー・シェイファー
Anthony Shaffer
ウィッカーマン The Wicker Man
ナイル殺人事件 Death on the Nile
地中海殺人事件 Evil Under the Sun
ピーター・バックマン
Peter Buckman
スウィーニー・トッド The Tale of Sweeney Todd (tv)
マイケル・ウィナー
Michael Winner
* 製作・監督・編集も兼任
撮影
Cinematography by
デイヴィッド・ガーフィンケル
David Gurfinkel
サハラ Sahara
オーバー・ザ・トップ Over the Top
美術
Production Design by
ジョン・ブレザード
John Blezard
情報局K Assignment K
ニジンスキー Nijinsky
衣装デザイン
Costume Design
ジョン・ブルームフィールド
John Bloomfield
針の眼 Eye of the Needle
コナン・ザ・グレート Conan the Destroyer
音楽
Music by
ピノ・ドナジオ
Pino Donaggio
赤い影 Don't Look Now
キャリー Carrie
殺しのドレス Dressed to Kill
フランク・バーバー
Frank Barber
* European music
砂漠のライオン Lion of the Desert
ラフィ・カディシュゾン
Rafi Kadishzon
* Arab music
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ピーター・ユスティノフ
Peter Ustinov
Hercule Poirot スパルタカス Spartacus
トプカピ Topkapi
ナイル殺人事件 Death on the Nile
ローレン・バコール
Lauren Bacall
Lady Westholme キー・ラーゴ Key Largo
動く標的 Harper
オリエント急行殺人事件 Murder on the Orient Express
キャリー・フィッシャー
Carrie Fisher
Nadine Boynton ブルース・ブラザース The Blues Brothers
スター・ウォーズ ジェダイの復讐
 Star Wars: Episode VI - Return of the Jedi
ハンナとその姉妹 Hannah and Her Sisters
ジョン・ギールグッド
John Gielgud
Colonel Carbury ジュリアス・シーザー Julius Caesar
オリエント急行殺人事件 Murder on the Orient Express
ミスター・アーサー Arthur
パイパー・ローリー
Piper Laurie
Emily Boynton ハスラー The Hustler
キャリー Carrie
愛は静けさの中に Children of a Lesser God
ヘイリー・ミルズ
Hayley Mills
Miss Quinton 追いつめられて Tiger Bay
ポリアンナ Pollyanna
汚れなき瞳 Whistle Down the Wind
ジェニー・シーグローヴ
Jenny Seagrove
Dr. Sarah King ローカル・ヒーロー 夢に生きた男 Local Hero
ガーディアン 森は泣いている The Guardian
デイヴィッド・ソウル
David Soul
Jefferson Cope ジョニーは戦場へ行った Johnny Got His Gun
ダーティハリー2 Magnum Force
死霊伝説 Salem's Lot (tv)
ニコラス・ゲスト
Nicholas Guest
Lennox Boynton ロング・ライダーズ The Long Riders
大逆転 Trading Places
ヴァレリー・リチャーズ
Valerie Richards
Carol Boynton メリー・Dのパーティ・ガールズ(未) Valet Girls
ジョン・ターレスキー
John Terlesky
Raymond Boynton ラストデイズ(未) Chain of Command (Director)
復讐者(未) Malevolent (Director)
アンバー・ベザー
Amber Bezer
Ginevra Boynton Young Charlie Chaplin (tv)
ダグラス・シェルドン
Douglas Sheldon
Captain Rogers ライアンの娘 Ryan's Daughter
マイケル・サーン
Michael Sarne
Healey 廃墟の欲望 A Place to Go
ナイト・オブ・ザ・フォックス Night of the Fox (tv)
マイケル・クレイグ
Michael Craig
Lord Peel 熱砂の海 Sea of Sand
唇からナイフ Modesty Blaise
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.