Return To Top
Apocalypse Now
地獄の黙示録 (1979) USA 153min. (Redux version: 202min.)
Introduction 序盤アウトライン
ヴェトナム戦時下のサイゴン。米空挺隊所属の特殊行動班員ウィラード大尉は、情報指令本部の高官からある特命を受けていた。それは、数々の叙勲歴を持ち軍部でも最高の人物と評される特殊部隊将校カーツの抹殺と云う違和感も覚える密命にも近いものだった。カーツは、ヴェトナム現地人部隊を組織するという目的で奥地に潜入、その後は本部との連絡も一切の拒絶し、現地人を従えて自らの王国を築いているのだった。特殊部隊を従えたウィラードは、軍規に反する逸脱した異常者と云う烙印を押されたカーツを葬るべく、辺境とも云える未開の奥地へと潜入するのだがーー
Various Note メモ
スティーヴ・マックイーンの辞退で始まったウィラード大尉役のキャスティングだが、アル・パチーノ、ジャック・ニコルソンの辞退を経て、続くハーヴェイ・カイテルは僅か二週間だけの撮影参加に終わり、最終的にはマーティン・シーンが役を得ている。
本作は、69年に"The Psychedelic Soldier"と云うタイトルで脚本を書いたジョン・ミリアスがジョージ・ルーカスに監督としての下駄を預ける形で始まったものである。ルーカスが描いた当初の構想は、戦時下の南ヴェトナムでロケーションを敢行する形の擬似ドキュメントタッチと云うものだった。製作総指揮を務める事になったコッポラは、資本の一部をワーナーブラザースから取り付けようとするも失敗、やがて「ゴッドファーザー」の撮影で手一杯となってしまう。間もなくサイゴンの陥落で事実上の終戦を迎えると、今度はルーカスが「スターウォーズ」の製作に取り掛かってしまう。そして、脚本を書いたミリアスが監督業には難色を示した為に、最終的には製作面に専念していたコッポラが監督も担う形になっている。
タイフーンの影響でセットが破壊された為に数ヶ月の中断も発生したと云う撮影現場だが、延べ撮影期間16ヶ月で撮られたフィルムは、時間にして200時間分と云う膨大なものだった。驚くべき話はと云えば、その撮影期間中にコッポラが約45キロも体重を減らしていたと云う事である。
音声のミックスダウンだけでも9ヶ月を費やしたとも言われる本作、コッポラはその全てのラッシュを並べた所から最終カットに辿り着くまでに約3年間と云う期間を費やしている。編集実務を担当したウォルター・マーチは、"In the Blink of an Eye"と云う彼の著書でも語っているが、その全カットの編集には2年間を費やしたもので、それは一日当たりの平均で一つのカットだけで終日を費やしたものになると云う。また、ラッシュの編集に加えて、テラーも兼任するはずだったマーティン・シーンによるナレーションの収録も行われる予定だったが、多忙を極めていたマーティン・シーンがダビング作業に参加出来なくなった為に、そのナレーションの吹き込みはシーンの実弟であり瓜二つの声色を持ったジョー・エステヴェスが行っている。
そのジョー・エステヴェス、実は本編にも登場している。それは、マーティン・シーンが心臓発作で倒れた為に代役として撮影が敢行された為だが、このマーティン・シーンの一時撤退はコッポラにとっては大いに憂慮すべき出来事だった。何故ならば「心臓発作」と云う最悪の結果をも招きかねない病状が資金提供者たちに知り渡れば、資金の提供から即時撤退される可能性もあった為である。然るべくトップシークレット扱いだったと云うこの情報だが、万一、情報が洩れたような場合に備えて、「熱射病」による一時的なダウンと説明するプレス会見でのシナリオまでが描かれていた。ちなみにマーティン・シーンの代役として後姿で画面に登場、また、ナレーションの吹き込みを行ったジョー・エステヴェスの名前は一切クレジットされていない。
フィリピンで行われたロケーションだが、劇中に登場するヘリコプターとパイロットは、マルコス政権から提供されたものである。そのパイロット達は反体制派との戦闘実践にも駆り出されていた本物の兵士だったために、その時々の撮影で違う顔ぶれになる事もあったと云う。また、劇中で屠殺される雌牛は、その全てが本物だった。
マーロン・ブランドには事前に100万ドルが支払われていたが、そのまま降板されると云う不安もあったと云う。しかし、コッポラは、ブランドの行動について特に関与するものではなく、一度も顔を見せずしてブランドが降板するのであれば、その代わりにジャック・ニコルソンかロバート・レッドフォード、またはアル・パチーノを連れてくれば良い話しだろうと、ブランドのエージェントに釘を刺していたらしい。結局、漸くと言った形で登場したブランドだったが、アルコールに依存し、その体重は作品のイメージを基準にすれば40kg超と云ったもので、挙句にはスクリプトにも全く目を通していないと云う形でのお目見えだったと云う。ブランドにしてみれば、シナリオを読まずに撮影に参加する云う事は珍しくもない事だが、数日間におよぶ議論を交わした結果、一回のセリフは単一行でアドリブも可能とし、更には暗闇の中からセリフを喋ると云うルールが決められていた。つまり、あの重厚なカットは、演出のイメージを尊重したものではなかったと云う事になる訳で、やや興醒めしてしまう感は否めないものの、取り敢えずは結果オーライで由とするしかないと云った所。
その撮影期間中にはノイローゼ状態に追い込まれ、幾度も自殺を図ろうとしていたと伝えられるコッポラだが、完成を迎える頃にはパンク状態だったと云う財政面での窮地も、コッポラ自身が私財から捻出した100万ドルで回避したらしい。
ブランド演じるカーツの経歴が説明される際に登場する関係書類の写真、あれは本作の為に新たに撮られたものではなく、67年製作の「禁じられた情事の森」でブランドがウェルドン・ペンダートン少佐を演じた際の写真を流用したものである。
ランスを演じたサム・ボトムズは、その撮影の一部ではLSDやスピード、マリファナを実際に服用していたと云う。
本作のエンドクレジットには3種類のタイプがある。35mmヴァージョンでは爆発や燃え滾るジャングルの映像の上にクレジットされているが、70mmヴァージョンでは最後にコピーライトの一行だけが表示されるだけで、それ以外のクレジットは一切表示されていない。70mmヴァージョンはトリミング版だが、双方共に入手が可能となっているビデオでも確認出来る。3番目に登場したヴァージョンでは、黒地の背景にクレジットがフルに表示されている。ちなみに本作は、ドルビー・サラウンド・システムが採用された最初の70mm作品である。
周知の通り、ルーカス大佐として登場するハリソン・フォードの苗字は、フォードをスターにのし上げた「アメリカン・グラフィティ」と「スターウォーズ」を監督したジョージ・ルーカスから引用されたものだが、G.D.スプラドリンのR.コーマン将軍と云う配役名、こちらは、ロジャー・コーマンから引用されたものだった。そして、マーティン・シーンの配役名ベンジャミン・L.ウィラードだが、これは「ベンジャミン」と「ウィラード」と云うハリソン・フォードの長男と次男の名前を結合したものである。
前述の理由によりその名前は違っていたはずだが、フォードが演じるルーカス大佐に該当するポジションへのオファーは、当初はジェームズ・カーンに出されていたものだった。しかし、既に大スターだったカーンは、陽の当たらぬ配役と云うリスクも背負う事から多額のギャラを要求、結果的にはフォードが役を得る形となっている。
海外のサイトでは、ヴェトナム戦争の体験者の方々が本作に寄せた感想なども数多く閲覧出来るが、ざっと目を通した限りでは、臨場感やリアリズムについての肯定的な意見は圧倒的な数に及ぶもので、ヴェトナムを背景に描いた作品では他の作品などとは比較にならぬと云った意見が多い。約45キロの減量、100万ドルもの私財の投資、そして、幾度もの自殺の危機を乗り越えて完成に辿り着いたと云うコッポラの意地と執念が実を結んだ作品だったと云う事である。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
製作と監督
Produced & Directed by
フランシス・フォード・コッポラ
Francis Ford Coppola
ゴッドファーザー The Godfather
カンバセーション 盗聴 The Conversation
ゴッドファーザーPARTⅡ The Godfather: Part II
原作
Based on the novel by
ジョセフ・コンラッド
Joseph Conrad
ロード・ジム Lord Jim
デュエリスト The Duellists
脚本
Screenplay by
ジョン・ミリアス
John Milius
風とライオン The Wind and the Lion
ビッグ・ウェンズデー Big Wednesday
フランシス・フォード・コッポラ
Francis Ford Coppola
* 製作と監督も兼任
撮影
Cinematography by
ヴィットリオ・ストラーロ
Vittorio Storaro
暗殺の森 Il Conformista
ラストタンゴ・イン・パリ Ultimo tango a Parigi
編集
Edited by
ウォルター・マーチ
Walter Murch
ジュリア Julia
ゴースト ニューヨークの幻 Ghost
ジェリー・グリーンバーグ
Jerry Greenberg
フレンチ・コネクション The French Connection
クレイマー、クレイマー Kramer vs. Kramer
美術
Production Design by
ディーン・タブラリス
Dean Tavoularis
砂丘 Zabriskie Point
ゴッドファーザー The Godfather
Set Decoration by
セット装飾
ジョージ・R.ネルソン
George R. Nelson
ゴッドファーザーPARTⅡ The Godfather: Part II
ブリンクス The Brink's Job
音楽
Music by
カーマイン・コッポラ
Carmine Coppola
* コッポラ監督の父
グラマー西部を荒らす Tonight for Sure
少年の黒い馬 The Black Stallion
挿入曲
Various Music
The Doors - song "The End"
Richard Wagner - from opera "Die Walküre"
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
マーロン・ブランド
Marlon Brando
Colonel
Walter E. Kurtz
波止場 On the Waterfront
ラストタンゴ・イン・パリ Ultimo tango a Parigi
ミズーリ・ブレイク The Missouri Breaks
スーパーマン Superman
マーティン・シーン
Martin Sheen
Captain
Benjamin L. Willard
ふたりだけの森 Sweet Hostage (tv)
白い家の少女
 The Little Girl Who Lives Down the Lane
カサンドラ・クロス The Cassandra Crossing
ロバート・デュヴァル
Robert Duvall
Lieutenant Colonel
Bill Kilgore
ゴッドファーザーPARTⅡ The Godfather: Part II
ネットワーク Network
ベッツィー The Betsy
フレデリック・フォレスト
Frederic Forrest
Jay 'Chef' Hicks 殺しの許可証 Permission to Kill
ミズーリ・ブレイク The Missouri Breaks
サム・ボトムズ
Sam Bottoms
Lance B. Johnson ラスト・ショー The Last Picture Show
アウトロー The Outlaw Josey Wales
アルバート・ホール
Albert Hall
Chief Phillips マルコムX Malcolm X
ゲット・オン・ザ・バス Get on the Bus
ローレンス・フィッシュバーン
Laurence Fishburne
Tyrone 'Clean' Miller ザ・ドロッパーズ Fast Break
コットンクラブ The Cotton Club
デニス・ホッパー
Dennis Hopper
Photojournalist イージー・ライダー Easy Rider
アメリカの友人 Der Amerikanische Freund
ハリソン・フォード
Harrison Ford
Colonel Lucas スター・ウォーズ Star Wars
ナバロンの嵐 Force 10 from Navarone
G.D.スプラドリン
G.D. Spradlin
General Corman ゴッドファーザーPARTⅡ The Godfather: Part II
ワン・オン・ワン One On One
ジェリー・ジーズマー
Jerry Ziesmer
Jerry, Civilian ロッキー2 Rocky II
ブルーサンダー Blue Thunder
スコット・グレン
Scott Glenn
Lieutenant
Richard M. Colby
ナッシュビル Nashville
怒りの山河 Fighting Mad
トム・メイソン
Tom Mason
Supply Sergeant キング・オブ・ジプシー King of the Gypsies
ミシシッピー・バーニング Mississippi Burning
シンシア・ウッド
Cynthia Wood
Playmate
of the Year
* 74年度プレイメイト・オブ・ジ・イヤー
シャンプー Shampoo
バン・バニング・バン Van Nuys Blvd.
コリーン・キャンプ
Colleen Camp
Playmate,
Miss May
メイク・アップ Death Game
ブルース・リー 死亡遊戯 Game of Death
リンダ・カーペンター
Linda Carpenter
Playmate * 76年度ミス8月に選出されたプレイメイト
A Different Story
ジャック・シボー
Jack Thibeau
Soldier in Trench アルカトラズからの脱出 Escape from Alcatraz
48時間 48 Hrs.
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.