Return To Top
Zombi 2
サンゲリア (1979) Italy 95min.
Introduction 序盤アウトライン
ニューヨークの港を漂流していた正体不明の帆船の捜索に当たっていた巡視船のパトローラーが殺害されると云う事件が発生、その射殺された犯人は、人間である事の判別も難しいほどの異様な容姿だった。事件を伝え聞いた新聞記者のピーターは、その真相を探るべく事件現場となった帆船に忍び込むと、同様に人目を忍んで船に侵入していた若い娘アンに遭遇、この帆船の船長として3ヶ月前にアンチル列島に出航したと云うアンの父親は、奇病にかかった為に生きて島を出られないと云う謎の手紙を最後にその消息を絶っていると聞かされる。やがて、深まる謎を解明しようと謎の島に出向いたピーターとアンだったが、彼らを待ち受けていたのは想像を絶する地獄の様相だったーー
Various Note メモ
ジョージ・A.ロメロの大ヒット作「ゾンビ」がイタリアで公開される以前に書かれたと云うシナリオだが、冒頭と最後のニューヨークを舞台にしたシークエンスについては、ロメロの「ゾンビ」が米国でも大ヒットした事を受けて、その米国での興行収益を見込んで追加されたモチーフである。
クレジットではエリザ・ブリガンティの執筆とされるシナリオだが、その殆どはダルダーノ・サッケッティが執筆したものだった。ダルダーノ・サケッティは、ダリオ・アルジェントの監督作品「わたしは目撃者」や本作の後に製作されるルチオ・フルチの作品群「ビヨンド」「地獄の門」「墓地裏の家」、また、日本でも劇場公開された「地獄の謝肉祭」と云った執筆作品で著名なシナリオ作家だが、本作の執筆が完了するとほぼ同時に父親が他界してしまった為に、死人が甦り歩き回ると云う作品に関わる事は不謹慎だと云う判断で、そのクレジットを避けていたらしい。
いわゆる「ゾンビ」作品としてカテゴライズされる作品では珠玉の出来栄え。その殆どが2次感染者だったと云う事だったのか、きちんとした衣服に身を纏ったゾンビなどが大挙登場するロメロの「ゾンビ」を引き合いに出せば、流石イタリア映画の面目躍如と云ったヴィヴィッドな映像に終始。その公開当時には、カルラトスの眼球にドアの木片が突き刺さる描写などが重点的にPRされていた作品だが、そのフェミニズムの欠片も見せぬ残虐な演出なども、イタリア映画ならではのポテンシャルが発揮されたもの。余談だが、本作にも携わるジャンネット・デ・ロッシが特殊メイクを手掛けた74年イタリアとスペインの合作作品「悪魔の墓場」などは、80年代以降に乱発される同系作品や、昨今でのCGを駆使したゾンビ作品なども寄せ付けない完成度だった。
ただ一つだけ難点を挙げるとすれば、中盤で挿入される「サンダ対ガイラ」での怪物と大イカの激闘を髣髴とさせるようなサメとゾンビの格闘シークエンス、あれは如何なものか。よくよく考えてみれば、ゾンビの着ぐるみを着たスタント俳優とモノホンのサメを格闘させると云う前代未聞の画期的なアクション・シークエンスだった訳だが、劇中でも唯一、冗長な印象を覚えてしまう。
スコアを担当するファビオ・フリッツィとジョルジョ・トゥッチだが、公開当時には、東芝EMIからリリースされていたシングル盤を唯一の公式サントラとしていたものでLPは発売されていなかった。しかし、昨今では各シークエンスで使用されていた全音源が輸入CDで聴けるようになっている。フリッツィとトゥッチの共同作業と云う事だが、アナログシンセのマニュピレーターだと思われるジョルジョ・トゥッチは、その作曲とパフォーマンスには直接的には関わっていなかったと思われる所で、実質的には、ファビオ・フリッツィのスコアと考えても良い作品である。
ファビオ・フリッツィは、イタリア映画音楽界で60-70年代に活躍したヴィンチェ・テンペラとの共作で"I Quattro Dell'Apocalisse"と云うアルバムをリリースしている。映画音楽の分野では日本でも著名なヴィンチェ・テンペラだが「イル・ヴォーロ」と云うバンドの鍵盤奏者としてもプログレマニアの間では取り分け著名。フリッツィの最高作は、後にフルチが監督する「ビヨンド」で手掛けるスコアだろう。クワイヤの入るテーマ曲は、特に印象に残るものでもないが、元ゴブリンのアゴスティーノ・マランゴーロ(タイコ)やマウリツィオ・ガリーニ(鍵盤)などを擁したインストナンバー数曲が極めて素晴らしい。実質的には数曲分のモチーフながらも、マランゴーロの切れ味抜群のタイコを満喫出来る。
フルチ本人が監督を引き受けた「サンゲリア2」と云う邦題も付いた88年の作品も後に登場するが、そちらの方は、少しばかり辛い。やはり、フルチのポテンシャルが最大限に発揮された作品と云えば、60年代の流血ウエスタンや本作以降の脚光を浴びていた時期の「ビヨンド」や「地獄の門」等の数作品に限られてしまうような気がする。
日本版の宣材デザインだが、あの首吊り死体を彷彿とさせる死体袋のデザインやそのタイトルロゴの変形スタイルに至る何から何までが、本作と同じ東宝東和配給だった「サスペリア」と同じである。加えて言えば、デザインの中央に配されている女性も「サスペリア」のスクリーンショットから流用されたステファニア・カッシーニのショットである。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ルチオ・フルチ
Lucio Fulci
真昼の用心 Tempo di massacro
ビヨンド(未) E tu vivrai nel terrore - L'aldilà
地獄の門(未) Paura nella città dei morti viventi
墓地裏の家(未) Quella villa accanto al cimitero
マンハッタン・ベイビー(未) Manhattan Baby
製作
Produced by
ウーゴ・トゥッチ
Ugo Tucci
スパズモ Spasmo
桃色画報 Fallo!
ファブリツィオ・デ・アンジェリス
Fabrizio De Angelis
ナポリ犯罪ルート(未) Napoli violenta
人間解剖島 ドクター・ブッチャー Zombi Holocaust
脚本
Written by
エリザ・ブリガンティ
Elisa Briganti
墓地裏の家(未) Quella villa accanto al cimitero
マンハッタン・ベイビー(未) Manhattan Baby
ダルダーノ・サッケッティ
Dardano Sacchetti
わたしは目撃者 Il gatto a nove code
ザ・ショック Schock
撮影
Cinematography by
セルジオ・サルバーティ
Sergio Salvati
わが心の詩 Piange... il telefono
ビヨンド(未) E tu vivrai nel terrore - L'aldilà
編集
Edited by
ヴィンチェンゾ・トマッシ
Vincenzo Tomassi
死神の骨をしゃぶれ
 La Polizia incrimina la legge assolve
悪魔の墓場
 Non si deve profanare il sonno dei morti
美術と衣装デザイン
Art & Costume
ウォルター・パトリアルカ
Walter Patriarca
星空の用心棒 I lunghi giorni della vendetta
さいはての用心棒 Per pochi dollari ancora
特殊メイク
Makeup artist
ジャンネット・デ・ロッシ
Giannetto De Rossi
バラキ The Valachi Papers
悪魔の墓場
 Non si deve profanare il sonno dei morti
音楽
Music by
ファビオ・フリッツィ
Fabio Frizzi
ビヨンド(未) E tu vivrai nel terrore - L'aldilà
地獄の門(未) Paura nella città dei morti viventi
ジョルジョ・トゥッチ
Giorgio Tucci
Tutto suo padre
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ティサ・ファロー
Tisa Farrow
Anne Bowles 狼は天使の匂い La course du lièvre à travers les champs
マッド・フィンガーズ Fingers
マンハッタン Manhattan
イアン・マッカロック
Ian McCulloch
Peter West クロムウェル Cromwell
人間解剖島 ドクター・ブッチャー Zombi Holocaust
エイリアンドローム(未) Contamination
リチャード・ジョンソン
Richard Johnson
Dr. David Menard デアボリカ Chi sei?
ラストコンサート Dedicato a una stella
ドクター・モリスの島 フィッシュマン
 L'Isola degli uomini pesce
オルガ・カルラトス
Olga Karlatos
Paola Menard エーゲ海に捧ぐ Dedicato al mare Egeo
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
 Once Upon a Time in America
プリンス パープル・レイン Purple Rain
アル・クライヴァー
Al Cliver
Brian Hull 卒業生 Laure
愛の妖精アニーベル La fine dell'innocenza
オウレッタ・ゲイ
Auretta Gay
Susan Barrett Il Ladrone
Brillantina Rock
ステファニア・ダマーリオ
Stefania D'Amario
Missey, the Nurse 悪魔のホロコースト
 Le deportate della sezione speciale SS
ある女の存在証明 Identificazione di una donna
フランコ・ファンタシア
Franco Fantasia
Matthias
(uncredited)
* カメオ出演
大西部無頼列伝 Indio Black
殺し Kill!
ルチオ・フルチ
Lucio Fulci
Newspaper
Editor-in-Chief
(uncredited)
* 監督も兼任
* カメオ出演
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.