Return To Top
The Day After
ザ・デイ・アフター (1983) USA 126min.
Introduction 序盤アウトライン
ある年の秋、ソ連軍武装師団が西独に侵入した事を皮切りに東独で反乱が発生、東西の緊張が一気に高まる。年頃の娘を持つ米カンザス・シティ在住の外科医オークス夫妻は、その高まる緊張感を懸念しながらも、努めて楽観的に構えようとしていた。長女の結婚を控えたダールバーグ家では、その高まる緊張感から万一に備えつつの準備に取り掛かっていた。やがて、ラジオから発令された核シェルターへの避難命令によって、町中がパニック状態と化す中、大学教授のジョーは、30分以内にソ連の核ミサイルが飛来して来ると云う恐ろしい事実を察知していたーー
Various Note メモ
83年11月に米ABCテレビでプレミア放送された作品だが、核戦争が起きてしまうと云うドラマ設定の為に、当初は、一切のスポンサーが興味を示していなかった。実際に放映された際には、中断を一回挟んでのコマーシャルなしと云う民放としては異例の放映スタイルとなっている。また、ウェルズの火星人来襲ではないが、米ABCテレビでは放映後の混乱に備えるために専用ホットラインまで用意していた。
ちなみに本国での大反響を受けて日本では83年年明け早々の84年1月に劇場公開されている。また、テレビでも84年10月21日にテレビ朝日で放映されているが、それは、当時としては異例中の異例、劇場公開から一年以内での放映が実現していたと云う事である。
米本国ではその放映を受けて企画された生放送でのニュース特番が行われている。著名な科学者カール・セイガン博士(後の「コンタクト」の製作にも深く携わっていた人物)と保核肯定派の作家ウィリアム・F.バックリーが大激論を展開していた。核の凍結を謳い続けたセイガン博士が、核兵器開発競争について述べた有名な例え話は、この場で発言されたもの。核兵器開発競争とは、ガソリンの上に佇む二人の男が、一方は三本のマッチを、もう一方は五本のマッチを見せびらかしていると云う事に等しい行為であるとその愚かさを指摘したものである。
作品をテレビ観賞した当時のレーガン大統領は、作品がどのように編集されるべきであるかと云う膨大な数の提案書をメイヤー監督に送りつけている。
核爆発によるキノコ雲のショットは、米国国防省が保管しているアーカイヴの使用許可が下りなかった為に、特殊効果によって作り出されていた。また、米国国防省は、製作面での技術協力の条件として、先にミサイルを発射するのが合衆国では無いと云う設定であれば、協力に応じるとの意思を示していた。
本作の音楽担当についてはそのクレジットでもデイヴィッド・ラクシンとヴァージル・トムソンの両氏と云う事になっているが、実際に本作の為にスコアを提供したのはラクシンだけである。監督のメイヤーは、ラクシンが提供した楽曲をその編集段階で大幅に割愛し、38年ペア・ロレンツが監督したドキュメント作品"The River"でトムソンが提供した楽曲を流用している。
以前、「核の脅威展」と云う写真展に2回ほど足を運んだ事がある。それは想像を絶するもので、各自治体などに於いてもその積極的な開催に乗り出して欲しいとまで感じてしまうものだったが、本作では、あのような修羅場の様相を呈した惨状を描写していない。だが、被爆国である日本に於いても、その本当の惨状を知る人々は極僅かであり、核戦争の後にどのような局面を迎えるのかなどと云う事は、想像も出来ない訳である。放送コードと云う事情を考慮しても、本作より更に過激な描写もある程度は可能だったとは思われるが、嫌悪感を示される事によりメッセージ自体が拒絶されては元も子もなかったと考えれば、本作の抑制された演出については、問題の取り掛かりへの入り口を示すと云う意義に於いては成功していたと云える。出来る限り広範囲に於いてその警鐘を打ち響かせるには充分の内容だったと云える訳である。蛇足だが、東西の緊張感が現実のものだった当時の状況を考えても、ABCと云う米国大手テレビ局が謹製したこの作品が、米国国民の敵愾心を悪戯に煽るようなものではなく本当に良かったと云った所。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ニコラス・メイヤー
Nicholas Meyer
タイム・アフター・タイム Time After Time
スター・トレック2 カーンの逆襲
 Star Trek: The Wrath of Khan
製作
Produced by
ロバート・パパジアン
Robert Papazian
Coffy コフィ Coffy
デリンジャー Dillinger
脚本
Written by
エドワード・ヒューム
Edward Hume
ふたりだけの森 Sweet Hostage (tv)
パニックインスタジアム Two-Minute Warning
撮影
Cinematography by
ゲイン・レシャー
Gayne Rescher
ジョーイ Something for Joey (tv)
スター・トレック2 カーンの逆襲
 Star Trek: The Wrath of Khan
編集
Edited by
ウィリアム・ポール・ドーニッシュ
William Paul Dornisch
スター・トレック2 カーンの逆襲
 Star Trek: The Wrath of Khan
ロバート・フロリオ
Robert Florio
Policewoman Centerfold (tv)
美術
Production Design by
ピーター・ウーリー
Peter Wooley
ゆかいな風船旅行 Olly, Olly, Oxen Free
メイクアップ
Makeup designer
マイケル・ウエストモア
Michael Westmore
レイジング・ブル Raging Bull
ブレードランナー Blade Runner
音楽
Music by
デイヴィッド・ラクシン
David Raksin
テキサスの五人の仲間
 A Big Hand for the Little Lady
ウィル・ペニー Will Penny
ヴァージル・トムソン
Virgil Thomson
* 別作品から引用した楽曲
The River
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ジェイソン・ロバーズ
Jason Robards
Dr. Russell Oakes 大統領の陰謀 All the President's Men
ジュリア Julia
ジョベス・ウィリアムス
JoBeth Williams
Nurse Nancy Bauer ポルターガイスト Poltergeist
再会の時 The Big Chill
スティーヴ・グッテンバーグ
Steve Guttenberg
Stephen Klein ミュージック・ミュージック Can't Stop the Music
ダイナー Diner
ジョン・カラム
John Cullum
Jim Dahlberg ハムレット Hamlet
ハワイ Hawaii
ジョン・リスゴー
John Lithgow
Joe Huxley ミッドナイトクロス Blow Out
ガープの世界 The World According to Garp
ビビ・ベシュ
Bibi Besch
Eve Dahlberg 怒りの群れ The Pack
スター・トレック2 カーンの逆襲
 Star Trek: The Wrath of Khan
エイミー・マディガン
Amy Madigan
Alison Ransom ストリート・オブ・ファイヤー Streets of Fire
フィールド・オブ・ドリームス Field of Dreams
ジェフ・イースト
Jeff East
Bruce Gallatin トム・ソーヤーの冒険 Tom Sawyer
スーパーマン Superman
ジョーガン・ジョンソン
Georgann Johnson
Helen Oakes 地獄への近道 Short Cut to Hell
真夜中のカーボーイ Midnight Cowboy
デニス・リップスコン
Dennis Lipscomb
Reverend Walker ウォー・ゲーム WarGames
カイル・アレッター
Kyle Aletter
Marilyn Oakes The Love Boat (tv)
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.