Return To Top
The Commitments
ザ・コミットメンツ (1991) Ireland / UK / USA 118min.
Introduction 序盤アウトライン
自ら楽器を鳴らすタイプではないジミーは、モノホンのソウルバンドをマネージメントすると云う夢に向ってメンバー集めに奔走する日々を送っていた。当初は2人だけだったプレイヤーだが、結婚式で偶然にも遭遇した天性の声を持つヴォーカルのデコや募集広告による自宅居間でのオーディションを経て集まったメンバー達と共に「ザ・コミットメンツ」を結成する。そのメンバーは、錚々たるキャリアを自称するペット奏者や、下心だけで選んだ音楽未経験の女友達など様々だったが、やがて、紆余曲折を経ながらも着実な活動を重ねたバンドの知名度は、着実に上昇気流に乗ろうとしていた。そして遂に、マスコミやプロデューサーも立会いの下でレコーディングを賭けたギグにまで辿り着くのだがーー
Various Note メモ
その当初、アンドリュー・ストロングの父親に出されていたと云うヴォーカリスト役のオファーだが、結果的には、同行していただけだったと云う息子アンドリューの方が役を獲得している。
音楽的才能も見極められたと云う最初のオーディションだが、それぞれの配役が決定した後には、音楽面とドラマ面での長期間にわたるリハーサルが繰り返されたと云う。殆どの出演者が音楽経験者だったが、ペット奏者のジョーイを演じるジョニー・マーフィーと、そのマーフィーが最後に手をつけるバーニーを演じるブロナー・ギャラガーの二人だけは全くの音楽未経験者だったと云う。そのオーデションの際にはパーカーが監督した「フェーム」のテーマ曲などが使われていた。
ジミーの自宅で行われるオーディションに登場するスケボーの少年だが、彼はアイリッシュバンド"U2"の2枚のアルバム、80年の"Boy"と83年の"War"のジャケットにデザインされている写真の人物である。その撮影当時、彼は、スケボーのチャンピオンとして君臨し、若くしてダブリンに自身のスケボー店を構えると云う著名な人物だったのである。
120分足らずの作品だが、その劇中で「ファック」と云うスクリプトは145回登場。
本作「ザ・コミットメンツ」は、原作者であるロビー・ドイルの「バリー・タウン三部作」の第一部に当たる。残りの二作についてもジュリア・ロバーツとジョン・マルコヴィッチ主演作「ジキル&ハイド」の監督スティーヴン・フリアーズにより映像化が実現、第二作目「スナッパー」は93年、第三作目"The Van"は96年に、本作でもジミーの父親役として出演するコルム・ミーニーがそれぞれの作品でも主演を演じている。
「コアーズ」が世界的に大成功を収めているアイルランドのバンドだと云う事は、今やその説明も必要ない所だが、実は、若かりし日の「コアーズ」のメンバーが、本作には全員揃って出演している。ヴォーカルのアンドレアはジミーの妹シャロン、長男でギターのジムは自宅居間でのオーディションに登場する前衛的な曲を熱演するトリオメンバーの内の一人、ドラムのキャロラインはコミットメンツが"I Never Loved A Man."を演奏している際に観客の一人として映っているもので、ヴァイオリンのシャロンは、終盤でバーニーと一緒にカントリー&ウエスタンのバンドでヴァイオリンを弾いているメンバーとして登場、そして、本作の音楽コーディネーターであるジョン・ヒューズは、後に「コアーズ」のマネージャーとなっている。パーカーは、96年の「エビータ」でもアンドレアにオファーを出している。
バンドの成功が見たかった観客にとっては、実に歯がゆいエンディングだが、厳しい現実社会を投影している何とも言えぬ渋い演出である。劇中では空中分解してしまうバンド「ザ・コミットメンツ」だが、実は、現在もローカルで活躍する現役バンド。しかも、本作にも登場するベースのデレクを演じたケネス・マクラスキー(今はギターを担当)、バンドを辞めてしまうタイコのディック・マッセイ、さりげなくブルージーな鍵盤を弾きこなしていたマイケル・アーニーの3人は今もって「ザ・コミットメンツ」のメンバーとして活躍している。また、ヴォーカリストのデコを演じていたアンドリュー・ストロングは、本作公開の直後からソロのヴォーカリストとして活躍、90年代には数本のTV等にも出演していた。
女性メンバーを抱えるバンドの宿命的とも言える末路を描いたプロセス、楽器の調達から練習場の確保等の問題、そして何より実生活との二足の草鞋を履いたバンド活動の厳しさ等々、経験者であれば身に染みて頷けるその内容には、苦笑せずにはいられないだろう。また、"Try A Little Tenderness"を始めとする楽曲群の圧倒的パワーには、手放しで魅了されてしまう所。蛇足だが、ストロング演じるデコがその怪しい表情でイタズラにタイコを叩きまくる為に、バーニーにやむなく連れて来られた赤ん坊が驚愕の表情を浮かべた後に泣いてしまうカット、これは何度見ても笑える。映画史に残る三ツ星の傑作。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
アラン・パーカー
Alan Parker
ミッドナイト・エクスプレス Midnight Express
バーディ Birdy
ミシシッピー・バーニング Mississippi Burning
製作
Produced by
ロジャー・ランドール=カトラー
Roger Randall-Cutler
ダンス・ウィズ・ア・ストレンジャー
 Dance with a Stranger
サワースィート Soursweet
リンダ・マイルズ
Lynda Myles
ダウニング街の陰謀(未) Defence of the Realm
スナッパー The Snapper
製作総指揮
Executive Producers
アーミアン・バーンスタイン
Armyan Bernstein
ワン・フロム・ザ・ハート One from the Heart
エアフォース・ワン Air Force One
トム・ローゼンバーグ
Tom Rosenberg
エクスカリバー Prince Valiant
リアル・ブロンド The Real Blonde
サウター・ハリス
Souter Harris
The Ragman's Daughter
原作
Based on the novel by
ロディ・ドイル
Roddy Doyle
* 脚本も兼任
脚色
Screenplay by
ロディ・ドイル
Roddy Doyle
スナッパー The Snapper
The Van
ディック・クレメント
Dick Clement
ジョーカー野郎 The Jokers
脱走山脈 Hannibal Brooks
ゼンダ城の虜 The Prisoner of Zenda
ネバーセイ・ネバーアゲイン Never Say Never Again
イアン・ラ・フレネ
Ian La Frenais
撮影
Cinematography by
ゲイル・タッタソール
Gale Tattersall
ホームボーイ Homeboy
蘭の女 Wild Orchid
編集
Edited by
ジェリー・ハンブリング
Gerry Hambling
バーディ Birdy
ミシシッピー・バーニング Mississippi Burning
美術
Production Design by
ブライアン・モリス
Brian Morris
ハンガー The Hunger
ジェイコブス・ラダー Jacob's Ladder
衣装デザイン
Costume Design
ペニー・ローズ
Penny Rose
ローカル・ヒーロー 夢に生きた男 Local Hero
アナザー・カントリー Another Country
挿入曲
Various Music
Mustang Sally
Take Me To The River
Chain Of Fools
The Dark End Of The Street
Destination: Anywhere
I Can't Stand The Rain
Try A Little Tenderness
Treat Me Right
Do Right Woman Do Right Man
Mr. Pitiful
I Never Loved A Man
In The Midnight Hour
Bye Bye Baby
Slip Away
Hard To Handle
Grits Ain't Groceries
I Thank You
That's The Way Love Is
Show Me
Saved
Too Many Fish In The Sea
Fa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song)
Land Of A Thousand Dances
Nowhere To Run
Bring It On Home To Me
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ロバート・アーキンズ
Robert Arkins
Jimmy Rabbitte * バンドのジャーマネ
The Commitments: Looking Back
マイケル・アーニー
Michael Aherne
Steven Clifford
Piano
* 懺悔が笑えるピアノ奏者
The Commitments: Looking Back
アンジェリン・ボール
Angeline Ball
Imelda Quirke
Backup Singer
* 下心の本命としてスカウトされるコーラス嬢
マイ・ガール2 My Girl 2
ジェネラル 天国は血の匂い(未) The General
マリア・ドイル・ケネディ
Maria Doyle Kennedy
Natalie Murphy
Backup Singer
* 3人ではピカ一の実力派コーラス嬢
モル・フランダース Moll Flanders
ザ・ブレイク A Further Gesture
ブロナー・ギャラガー
Bronagh Gallagher
Bernie McGloughlin
Backup Singer
* 家事手伝いにも奔走する現実派コーラス嬢
パルプ・フィクション Pulp Fiction
ディボーシング・ジャック Divorcing Jack
ケネス・マクラスキー
Kenneth McCluskey
Derek Scully
Bass
* ダサいバンド"And And, And"出身のベース奏者
遥かなる大地へ Far and Away
グレン・ハンサード
Glen Hansard
Outspan Foster
Guitar
* ダサいバンド"And And, And"出身のギタリスト
Other Voices: Songs from a Room (tv)
アンドリュー・ストロング
Andrew Strong
Deco Cuffe
Lead Vocal
* 単細胞ながらもピカ一の声を持つヴォーカリスト
The Commitments: Looking Back
フェリム・ゴームリー
Félim Gormley
Dean Fay
Sax
* ズージャに憧れるサックス奏者
The Commitments: Looking Back
ディック・マッセィ
Dick Massey
Billy Mooney
Drums (quit)
* 質屋のタイコを叩きまくるが脱退してしまうタイコ
The Commitments: Looking Back
ジョニー・マーフィ
Johnny Murphy
Joey 'The Lips' Fagan
Trumpet
* 錚々たるキャリアを自称する女殺しの中年ペット奏者
白馬の伝説 Into the West
草原とボタン War of the Buttons
デイヴ・フィネガン
Dave Finnegan
Mickah Wallace
Drums
* ソウルと云うより何処から見てもパンクのドラマー
白馬の伝説 Into the West
コルム・ミーニー
Colm Meaney
Jimmy Rabbitte, Sr. * エルヴィス好きのジミーの父親
ダイ・ハード2 Die Hard 2
愛と哀しみの旅路 Come See the Paradise
アン・ケネディ
Anne Kent
Mrs. Rabbitte ジェネラル 天国は血の匂い(未) The General
アンドレア・コアー
Andrea Corr
Sharon Rabbitte * 「コアーズ」のメンバー
エビータ Evita
ジム・コアー
Jim Corr
Avant-Garde-A-Clue Band * 「コアーズ」のメンバー
キャロライン・コアー
Caroline Corr
Extra * 「コアーズ」のメンバー
シャロン・コアー
Sharon Corr
Fiddle Player * 「コアーズ」のメンバー
アラン・パーカー
Alan Parker
Eejit Record Producer * 監督も兼任
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.