Return To Top
Witness
刑事ジョン・ブック 目撃者 (1985) USA 112min.
Introduction 序盤アウトライン
アーミッシュ信徒の未亡人レイチェルは、息子のサミュエルと共に妹の住むボルチモアに向かっていた。その途中、フィラデルフィア駅でトイレに入ったサミュエルは、偶然にも恐ろしい殺人事件の光景を目撃してしまう。通報を受けたフィラデルフィア警察の警部ジョン・ブックは、目撃者のサミュエルに容疑者の確認を求めるが、あろう事か、サミュエルが犯人だと指差した人物は、麻薬課の課長刑事マクフィーだったーー
Various Note メモ
ピーター・ウェアーのハリウッドでのキャリアを確立した作品だが、当初は「スキャナーズ」のデイヴィッド・クローネンバーグが第一候補者としてリストアップされていた。
劇中でレイチェルが「大工職の経験があるわね」との問いかけにブックは「少しだけ」と答える場面があるが、ハリソン・フォードが俳優になるその以前、大工だったと云う事は余りにも有名な話。また、フォードのキャリアを余程強調したかったのか、納屋を建てる前に「大工だと聞いているが」と云うアーミッシュの男性に対し、ブックは「ほんの僅かの期間だけ」と会話を交わす場面も登場する。
1985年の初頭に公開された本作は、本作と同じパラマウントからほぼ同時期にリリースされていた「ビバリー・ヒルズ・コップ」に次いで二番目の興行収益を記録しているが、「ビバリー・ヒルズ・コップ」の大ヒットを全く予想していなかったパラマウントの会長は、最初から「ビバリー・ヒルズ・コップ」のメガヒットが分かっていたのなら、本来であれば85年前期の超目玉のはずだった本作を、85年早々の時期にリリースする事は絶対になかっただろうと語っている。
「ロード・オブ・ザ・リング」三部作で大ブレークしているヴィーゴ・モーテンセンだが、本作に出演する直前の84年にジョナサン・デミ監督の"Swing Shift"でデビューを果している。しかし、彼の出演場面は割愛されていた為に、実質的には、本作が彼の劇場デビュー作品となる。
ケリー・マクギリス演じるレイチェルを物語の中心に据えたものだったと云う初稿だが、最終的に陽の目を見たここでのシナリオは、刑事ジョン・ブックのフィルターを通した静と動の物語にして欲しいと云うスタジオの要請が実現したもので、大衆へのアピールを最優先に考えるパラマウントにしてみれば当然とも云える話。ただ、フォード演じるリードロールのポジションに無名の男優を起用し、レイチェルの視点から描かれたシナリオで映像化していたとしても、基本的な印象は変わらなかったのではないだろうか。むしろ、その方がサスペンス性も高まり、牧歌的な映像も活かされていたような気がする。
余程の事態でも発生しない限り接点を迎える事もあり得ないと云った文化様式を背負ったキャラクターたちが、一つの殺人事件を巡っての極限状況下で交流する事を余儀なくされると云う状況設定だが、ヒューマニティーを尊重すれば、明らかに異なる文化様式の垣根も取り払われると云うテーマの下、物語は、然るべく抑制した形の結末を迎える恋愛劇とサスペンスのモチーフが相容れる形で昇華、ハリソン・フォードをプッシュするハリウッドカラーが注入されながらも、これ見よがしの路線とは一線を画する作品だったように思える。
85年度米アカデミーでは、アール・W.ウォレスとウィリアム・ケリーが「脚本賞」、トム・ノーブルが「編集賞」を受賞。同年度の英国アカデミーでは、モーリス・ジャールが「作曲賞」を受賞。70年代に手掛けた数多くの作品でもアナログシンセに対する造詣の深さを披瀝していたジャールだが「追いつめられて」などの80年代以降の作品でも同様のアプローチを具現化しているもので、中でもこの「刑事ジョン・ブック 目撃者」はジャールの屈指のポテンシャルが発揮された作品だと断言出来る。余談だが、息子のジャン・ミッシェルが最も革新的な輝きを放っていたのもこの80年代だった。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ピーター・ウェアー
Peter Weir
ピクニックatハンギングロック Picnic at Hanging Rock
危険な年 The Year of Living Dangerously
いまを生きる Dead Poets Society
グリーン・カード Green Card
製作
Produced by
エドワード・S・フェルドマン
Edward S. Feldman
あの空に太陽が The Other Side of the Mountain
パニック・イン・スタジアム Two-Minute Warning
原案
Story by
アール・W.ウォレス
Earl W. Wallace
* 脚本も兼任
ウィリアム・ケリー
William Kelley
* 脚本も兼任
パメラ・ウォレス
Pamela Wallace
夢で逢えたら If the Shoe Fits (tv)
脚本
Written by
アール・W.ウォレス
Earl W. Wallace
ガンスモーク Gunsmoke (tv)
ウィリアム・ケリー
William Kelley
ボナンザ Bonanza (tv)
ガンスモーク Gunsmoke (tv)
燃えよ!カンフー Kung Fu (tv)
撮影
Cinematography by
ジョン・シール
John Seale
BMXアドベンチャー BMX Bandits
ヒッチャー The Hitcher
編集
Edited by
トム・ノーブル
Thom Noble
ローズバッド Rosebud
若き勇者たち Red Dawn
美術
Production Design by
スタン・ジョリー
Stan Jolley
ウォーキング・トール Walking Tall
タップス Taps
衣装デザイン
Costume Design
マイケル・カプラン
Michael Kaplan
ブレードランナー Blade Runner
セブン Se7en
音楽
Music by
モーリス・ジャール
Maurice Jarre
ブリキの太鼓 Die Blechtrommel
インドへの道 A Passage to India
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ハリソン・フォード
Harrison Ford
Det. Capt. John Book ブレードランナー Blade Runner
インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説
 Indiana Jones and the Temple of Doom
ケリー・マクギリス
Kelly McGillis
Rachel Lapp トップガン Top Gun
告発の行方 The Accused
ジョセフ・ソマー
Josef Sommer
Chief Paul Schaeffer スクープ 悪意の不在 Absence of Malice
ソフィーの選択 Sophie's Choice
ルーカス・ハース
Lukas Haas
Samuel Lapp BOYS Boys
青い目撃者(未) In Quiet Night
ジャン・ルーブス
Jan Rubes
Eli Lapp ザ・アマチュア The Amateur
D2 マイティ・ダック D2: The Mighty Ducks
アレクサンダー・ゴドノフ
Alexander Godunov
Daniel Hochleitner マネー・ピット The Money Pit
ダイ・ハード Die Hard
ダニー・グローヴァー
Danny Glover
Det. Lt. James McFee シルバラード Silverado
リーサル・ウェポン Lethal Weapon
ブレント・ジェニングス
Brent Jennings
Det. Sgt. Elden Carter ブルベイカー Brubaker
シュワルツェネッガー レッドブル Red Heat
パティ・ルポーン
Patti LuPone
Elaine 1941 1941
ドライビング・MISS・デイジー Driving Miss Daisy
アンガス・マッキネス
Angus MacInnes
Det. 'Fergie' スーパーマンⅡ 冒険篇 Superman II
アウトランド Outland
フレデリック・ロルフ
Frederick Rolf
Stoltzfus 或る上院議員の私生活 The Seduction of Joe Tynan
Q&A Q & A
ヴィゴ・モーテンセン
Viggo Mortensen
Moses Hochleitner クリムゾン・タイド Crimson Tide
ロード・オブ・ザ・リング
 The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.