Return To Top
お葬式
The Funeral (1984) Japan 124min.
Introduction 序盤アウトライン
俳優夫婦の井上佗助と雨宮千鶴子は、夫妻でのCF撮影に臨んでいた最中、千鶴子の父が逝去したとの突然の訃報を受けて、マネージャーの里見と共に千鶴子の母の待つ佗助の別荘へ向っていた。やがて、千鶴子らは、亡き父親との対面を果そうと病院を訪問、佗助は病院の支払い分として20万円を里見に渡すが、実は4万円足らずで事が足りてしまったと云う予想以下の出費に唖然とする。普段から体験出来るようなものでもない身内の葬儀に関する知識など持ち合わせてはいなかった佗助だったが、周囲からの助言と横槍を一手に受ける形での奔走を余儀なくされてしまう。ところが、手伝いに来たと云う口実を引っさげて、佗助の愛人の良子が出現、滞りなく葬儀を進めなければならない佗助と千鶴子だったのだがーー
Various Note メモ
当初は「佗助たちの秋」と云う題名を持っていたと云うシナリオだが、製作日程の都合によって、時期の設定が初夏になってしまった事から、そのタイトルも「お葬式」に変更されている。半ば自棄気味に名付けられたと云うこの「お葬式」と云う題名だが、縁起を担ぐ興行界では、このタイトルを前に二の足を踏む関係者も多かったらしい。しかし、作品の仕上がりを受けてそのリアクションも一転、適切なタイトルだと云う評価に転じたと云う。
84年の1月に約一週間で書き下ろされたと云う脚本だが、その執筆の契機となったのは、83年9月に他界した宮本信子さんの実父の葬儀を主宰した伊丹監督が、夫人(宮本さん)と並んで火葬場の煙突を見上げた際に「小津安二郎の映画の中に入ってしまった」と云う感覚に捉われた事だったと云う。そして、製作面では岡田裕氏、資金面では玉置泰氏の協力を取り付けた伊丹監督は、84年4月にプロダクションを始動させる。
「キャスティングは演出業の半分」と云う信条の下で84年5月の一ヶ月を掛けて慎重に進められたと云うキャスティングは、俳優としても20年以上のキャリアを持っていた伊丹監督から尊敬出来ると太鼓判を押された俳優だけが集められている。伊丹監督の父・伊丹万作氏は「百の演技指導も、一つの打ってつけの配役には適わない」と云う言葉を残していたと云う。
「私の目的はただ一つ。映画らしい映画を作りたい、ただそれだけです。この作品の中では、葬式と云うふるさとの儀式の中に突然投げ込まれた都会人たちの滑稽にして悲惨な混乱ぶりを涙と笑いのうちに描きたい。幸い脚本は評判よく、また最高のキャスティング、最高のスタッフ編成が出来たので、監督としてはみんなの仕事ぶりをただ眺めていれば良いのではないか」 これは、クランクインを迎えた際の伊丹監督のコメントだが、製作の意図と演出のスタンスが如実に表現された貴重な記録ではないだろうか。ただ、昨今で云う所の「クール」な表情を持つ格別の出来映えとなった本作の背景には、先述のコメントとも裏腹に、伊丹監督の卓越した演出センスが伺えるものである。満を持して撮られたとしか思えぬ全てのシークエンスは、実の所、35日間と云う僅かな期間に於いて撮り上げられたものである。卓越した想像力と爆発的な集中力の下で発揮された大車輪の如き立ち回りなくして成せる演出ではなかったものだと思われる。
「菅井きんさんが長い挨拶をするシーン、感動で全身に鳥肌が立った」 これは、正吉を演じた大滝秀治さんがご自身で作品に寄せていたコメント。
待ちに待ったと云った形でようやく日本でもリリースされたDVDだが、北米では99年6月にリリースされていたもので、その海外版DVDのパッケージは、佗助と愛人の良子が事を済ませた後のカットが表紙絵になっている。ピークレベルも超えてしまうと云った佗助の迷走ぶりを描き出すべく、重要なシークエンスとして用意された良子との情事のカットだが、千鶴子を演じる宮本信子さんの凛とした佇まいの美しさこそが、何より強烈な印象を残していたように思える。次作「タンポポ」では爽やかな美しさを振りまく宮本さんだが、「マルサの女」シリーズでは仰天させられてしまう。その引き出しの多さには脱帽と云った所。
84年度の日本アカデミーでは「作品賞」「監督賞」「脚本賞」「主演男優賞(山崎努)」「助演女優賞(菅井きん)」の5冠を獲得、同年度ブルーリボン賞では「監督賞」「主演男優賞(山崎努)」の2冠に輝いている。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
伊丹十三 * 劇場長編監督デビュー
タンポポ
マルサの女
ミンボーの女
製作
Produced by
玉置 泰 タンポポ
マルサの女
ミンボーの女
岡田 裕 家族ゲーム
悪魔の人質
プロデューサー
Producer
細越省吾 初夜の海
ときめきに死す
助監督
Assistant Director
平山秀幸 学校の怪談
OUT
編集
Edited by
鈴木 晄 遠雷
南極物語
探偵物語
撮影
Cinematography by
前田米造 軽井沢夫人
悪魔の人質
美術
Production Design by
徳田 博 南極物語
探偵物語
音楽
Music by
湯浅譲二 薔薇の葬列
悪霊島
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
山崎 努
井上佗介 天国と地獄
赤ひげ
八つ墓村
宮本信子
雨宮千鶴子 * 故伊丹監督夫人
日本春歌考
キッドナップ・ブルース
菅井きん
雨宮きく江 生きる
天国と地獄
大滝秀治
雨宮正吉 影武者
居酒屋兆治
財津一郎
里見 関白宣言
連合艦隊
江戸家猫八
海老原 伊豆の踊子
裸の大将放浪記 山下清物語
友里千賀子
綾子 あゝ野麦峠
連合艦隊
尾藤イサオ
続人間革命
の・ようなもの
岸部一徳
ダブルベッド
細雪
津川雅彦
木村先生 マノン
時代屋の女房
横山道代
木村夫人 四つの恋の物語
黒い賭博師 悪魔の左手
小林 薫
猪ノ瀬 風の歌を聴け
セカンド・ラブ
高瀬春奈
斉藤良子 青春の門 自立篇
藤原釜足
老人 七人の侍
隠し砦の三悪人
笠 智衆
住職 聖職の碑
海峡
海老名美どり
キヨちゃん ペエスケ ガタピシ物語
花のズッコケ児童会長
井上陽水
郵便配達人 女番長 野良猫ロック
少年時代 (主題歌)
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.