Return To Top
Alien
エイリアン (1979) UK 118min.
Introduction 序盤アウトライン
地球への帰途の途中、謎の救助信号を受信した事から、その発信地と思しき惑星の探査を行うことになった宇宙貨物艇ノストロモ号だったが、クルーの一人ケインの宇宙服頭部に宇宙生物の孵化した幼虫が付着、ケインの体内で成長していた幼虫は、その腹部を突き破って体外へ飛び出し逃走する。やがて、成長速度が著しく速いその宇宙生物は、人間をも超える体長に瞬く間に成長、次々と隊員を血祭りに上げるが、その血液は船体に壊滅的な被害を及ぼす強力な酸で構成されるため、怪物への攻撃は要回避との判断が下される。人工知能のコンピューターが弾き出した怪物を退治出来る確率はゼロと云う数字だった。絶体絶命のクルーたちの運命は如何にーー
Various Note メモ
云わずと知れた映画史にその名を残すSFホラーの傑作、枚挙に暇もないヒットの要因だが、中でも、H・R・ギーガーの特異な世界観が表現されたエイリアンのデザインは斬新。ノストロモ号の船内を多角的に捉えたセット装飾は、ロジャー・クリスチャンやマイケル・セイモアによるものだが、大小のエイリアンをはじめ、その宇宙船や卵と云った作品を象徴する一連のデザインはギーガーによるものである。
後のSFホラーの大傑作「遊星からの物体X」のSFXシークエンスにも多大な影響を与えたと推測される、あの卵から始まり腹部を突き破って爆走する驚異的な異形デザインの小僧エイリアンで釘付けにされる序盤だが、本作の最たるヒット要因は、四面楚歌の状況下を真しやかに創り上げてしまったシナリオにある。事件の背景には、貴重なサンプルとしての生け捕りを目論むと云う企業側の思惑が絡んでいた訳だが、酸で構成される血液の為に攻撃はダメ、コンピューターの算定結果でもエイリアンは完全無欠、じゃあ、どうすればいいの?と云ったコントラストに終始したままクライマックスに雪崩れ込んでしまう為に緊張感と好奇心が途切れないのである。色彩や照明のコントラストで醸し出される視覚的な効果や、背後から忍び寄るエイリアンを描き出したカット演出などにも圧倒されるが、端から提示される四面楚歌の絶望感が、観ている側にも共鳴してしまうと云う所に本作の最大の凄みがある。
トム・スケリットが演じる船長のダラスは、劇中で唯一、やや陳腐にも思えるショッカーの怪人のような姿で映し出されるエイリアンと対峙するカットでお役ご免となっている劇場公開版だが、実は、幼虫孵化の為にホストとされていたもので、ファンの間では常識的な話ではあるのだが、かねてからディスクソフトなどの特典映像とされていたこのカットは、ディレクターズ・カットとして甦った最新ヴァージョンでは劇中のシークエンスとして挿入されている。続編の「エイリアン2」にも大きく繋がる重要なカットとも云えるこのシークエンスの追加は、後のシリーズ化を踏まえれば、非常に重要な所。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
リドリー・スコット
Ridley Scott
デュエリスト 決闘者 The Duellists
ブレードランナー Blade Runner
ブラック・レイン Black Rain
テルマ&ルイーズ Thelma & Louise
製作
Produced by
ゴードン・キャロル
Gordon Carroll
暴力脱獄 Cool Hand Luke
デイヴィッド・ガイラー
David Giler
パララックス・ビュー The Parallax View
ウォルター・ヒル
Walter Hill
ストリートファイター Hard Times
ザ・ドライバー The Driver
製作総指揮
Executive Producers
ロナルド・シャセット
Ronald Shusett
ゾンゲリア Dead & Buried
マイノリティ・リポート Minority Report
原案
Story by
ダン・オバノン
Dan O'Bannon
* 脚本も兼任
ロナルド・シャセット
Ronald Shusett
* 製作総指揮も兼任
脚本
Screenplay by
ダン・オバノン
Dan O'Bannon
ダーク・スター Dark Star
ゾンゲリア Dead & Buried
撮影
Cinematography by
デレク・ヴァンリント
Derek Vanlint
Simon Simon
ドラゴンスレイヤー(未) Dragonslayer
編集
Edited by
テリー・ローリングス
Terry Rawlings
センチネル The Sentinel
ウォーターシップダウンのうさぎたち Watership Down
ピーター・ウェザリー
Peter Weatherley
クリスマス・キャロル Scrooge
クリープショー2 怨霊 Creepshow 2
美術
Production Design by
マイケル・セイモア
Michael Seymour
裸足のイサドラ Isadora
ローズバッド Rosebud
エイリアンデザイン
Alien Designer
H.R.ギーガー
H.R. Giger
ELPの「恐怖の頭脳改革」 Brain Salad Surgery
エイリアン頭部の
動作に関わる特殊効果
Alien Head Effects
カルロ・ランバルディ
Carlo Rambaldi
サスペリアPART2 Profondo rosso
キング・コング King Kong
特殊効果監修
Special Effects Spvr
ブライアン・ジョンソン
Brian Johnson
2001年宇宙の旅 2001: A Space Odyssey
ドラキュラ血の味 Taste the Blood of Dracula
衣装デザイン
Costume Design
ジョン・モロー
John Mollo
スター・ウォーズ Star Wars
ガンジー Gandhi
音楽
Music by
ジェリー・ゴールドスミス
Jerry Goldsmith
オーメン The Omen
コーマ Coma
挿入曲
Various Songs
Howard Hanson - from "Symphony No.2"
Wolfgang Amadeus Mozart - from "Eine kleine Nachtmusik"
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
シガーニー・ウィーヴァー
Sigourney Weaver
Ripley アニー・ホール Annie Hall
目撃者 Eyewitness
ワーキング・ガール Working Girl
トム・スケリット
Tom Skerritt
Dallas M★A★S★H マッシュ MASH
魔鬼雨 The Devil's Rain 
アイス・キャッスル Ice Castles
ヴェロニカ・カートライト
Veronica Cartwright
Lambert 鳥 The Birds
SFボディ・スナッチャー Invasion of the Body Snatchers
ライトスタッフ The Right Stuff
ハリー・ディーン・スタントン
Harry Dean Stanton
Brett ゴッドファーザーPART II The Godfather: Part II
ストレート・タイム Straight Time
ジョン・ハート
John Hurt
Kane ミッドナイト・エクスプレス Midnight Express
エレファント・マン The Elephant Man
イアン・ホルム
Ian Holm
Ash ジャガーノート Juggernaut
ホロコースト Holocaust (tv)
ヤフェット・コットー
Yaphet Kotto
Parker 007 死ぬのは奴らだ Live and Let Die
特攻サンダーボルト作戦 Raid on Entebbe (tv)
ヘレン・ホートン
Helen Horton
Mother
(voice)
0(ゼロ)の決死圏 The Chairman
スーパーマンⅢ 電子の要塞 Superman III
Bolaji Badejo
Alien  

邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.