Return To Top
The Texas Chainsaw Massacre
悪魔のいけにえ (1974) USA 84min.
Introduction 序盤アウトライン
1973年8月13日、テキサス。茹だるような陽射しの中をステーションワゴンでのドライヴに出掛けた5人の青年、パム、ジェリー、カーク、そしてサリーとフランクリンの姉弟は、異様な臭気の漂う精肉所を過ぎた田舎道で一人のヒッチハイカーに遭遇、車に乗り込んだその異様な風貌の男は、取留めもない不気味な話に終始した後にフランクリンから奪ったナイフで手のひらを自ら切り付けると、些細な事で諍いに及んだフランクリンに襲い掛かる。辛くもその狂人を追い払った5人だったが、行き着いた給油所でもガソリンが底を突いていた為に、空き家となっているフランクリンの旧家で止む無く停車する。そんな中、家を離れて近くの川へ出向いたカークとパムは、広大な敷地に構える一軒家を発見、屋外にパムを残し、カークはガソリン調達の交渉をすべく家に入り込むのだがーー
Various Note メモ
エド・ゲインの事件をモチーフにしていると云うシナリオだが、実在の事件と本作の顛末、その両方を知ればこの脚色が如何に大胆なものだったかと云う事が歴然とする。ヒッチコックが60年の「サイコ」に於いて既にゲインの事件を題材にしていた事から、超個性的な捻りの加味が必要不可欠と考えていた監督のフーパーの辿り着いたアイディアがレザーフェイスのチェーンソーによる蛮行である。
そのチェーンソー発案のキッカケとなった逸話が面白い。ある日、大混雑するスーパーの金属製品コーナーでその人込みにげんなりしていたと云う監督のフーパーが、この雑踏から脱出する為に何か最良の方法はないものかと考えた挙句、視界に飛び込んで来たのが売り場に展示されていたチェーンソーだったと云う話である。まぁ、確かに人込みの中で電源の入ったチェーンソーを持っているような事にでもなれば、行く手を阻む者もいなくなるとは思うのだが。
レザーフェイスとその弟(ヒッチハイカー)兄弟の祖父を演じるジョン・デュガンのメイクアップには36時間を必要とした為に、あの狂気に満ちた夕食のシークエンスは、デュガンのメイクを取り去る前にその全てを撮り終える必要があった。しかし、熱波の到来により常に華氏100度(摂氏で約38度)を超えていた為に、動物の屍骸や腐ってしまった食べ物から放たれる臭気で充満していたと云う部屋での撮影は、正に悪夢の体験だったと関係者は回想している。レザーフェイスの弟を演じるエドウィン・ニールは、ベトナム従軍の際にベトコンからの襲撃で九死に一生を得たと云う体験を持つ人物だが、その臭気に満ちた猛烈な暑さの部屋で臨んだ長時間の撮影こそが生涯で最悪の体験だったと語っている。
因みに、その夕食時の映像に登場する人骨で作られたファニチャーだが、あの人骨は本物である。日本国内で実際に入手しようなどと考えれば非常に困難な事にも思えるが、実は、製作スタッフがアメリカ先住民から容易に入手したと云う人骨が、プラスティックの模造品コストよりも安上がりだった為に本物が使用されていたのである。
作品の為に掛かり付けの歯医者で作成させた補綴だったと云う歯をはめ込んで登場するレザーフェイス役のグンナー・ハンセン、地で行っているようにも見えてしまうほどの白熱した演技を見せるハンセンだが、実は知恵が遅れていると云うキャラクターのバックボーンにリアリズムを注入しようと、ある学校に通う事で得た体験を演技に活かしている。アジテーションを爆発させているだけのようにも見えていたあの狂気の立ち回り、実は役者デビューとなる事に意地も込められた演技だったと云う事である。
撮影も佳境に入る頃、そのハンセンとは誰も一緒に食事を取ろうとはしなかった。その理由は、ハンセンの着ていたシャツである。低予算での製作だった為に一張羅だったと云うそのシャツは、効果を醸し出す為のペイントが施されていた事で洗濯する事が許されていなかった為に、猛暑のテキサスで行われた4週間にも及ぶ撮影を経た後には想像を絶する臭気を漂わせていたからである。
「テキサスでのチェーンソーによる大量虐殺」と云う原題、実際にはチェーンソーによる犠牲者はフランクリンだけだったりと云う本作だが、実に可笑しいのは、監督のフーパーがPG指定の作品を目指していたと云う事である。米国に於いての公開に際しては評価基準が設定されていると云う事は周知の所だが、PGと言えば「やや問題となるシーン」を含む為に子供を同伴する親は留意せよと云った基準である。結果的にはR指定となったこの作品、MPAAに作品を提出したフーパーは、何とかこのPGを獲得しようと編集作業に躍起になったと云う逸話も残されているようだが、ハッキリ云えば、どう足掻いてもPGゲットは無理だったと思われる。上映に先駆けて行われた覆面試写会では、退席者も後を断たなかったと云う本作、単館上映ならともかく、全国規模での上映が行われたと云う事でさえ奇跡だったと言える言語道断の内容である。本作公開以前の60年代から、一部のファンをターゲットにしたようなグロテスクな作品なども存在してはいたが、あらゆる大衆に向けて配信されてしまった作品としては有り余る衝撃度だったと云える。
70年代の公開にして既にノーカットのヴァージョンが上映された日本だが、封切られて間もない75年のフィルム検閲で上映禁止となった英国では、ビデオリリースなどに際して幾度となく行われた紆余曲折の検閲を経て、製作から25年が経過した99年にようやくノーカットのヴァージョンが陽の目を見ている。また、豪州ではその公開自体が80年代の序盤まで見送られていたと云う作品だが、全世界のキャパシティーで、今もなお、カルト作品としての地位に君臨していると云うその最大の要因は、後の多くの作品にも影響を及ぼした事も明らかなレザーフェイスと云う強烈なキャラクターの挿入である。二十余年にも亘るロングシリーズとなっているジェイソンやブギーマンと云ったキャラクターのルーツがレザーフェイスだったと云える訳だが、レザーフェイスと云う固有名詞が市民権を得たのは、13金パート3以降で確立したジェイソンのホッケーマスクに肖って86年の本作の続編「悪魔のいけにえ2」以降に後発的な形で掘り起こされたと云う経緯を経たものである。何れにせよ、猛烈キャラクターの固有名詞化と云う現象に於いては、本作がその本家本元である事に変わりはない。
その70年代の公開当時に受けたストレートな印象と言えば、モンスター的なキャラのレザーフェイスも然る事ながら、あのような家族が何食わぬ顔で社会の中に暮らしているのかと云った驚愕に他ならぬもので、現在のような情報網が確立する以前の当時に於いては、その「事実を基にした」と云うコピーから煽られた恐怖感は言葉で言い表せるようなものではなかった。理性が確立する以前の若い時分での鑑賞だったと云う事を差し引いても、やはりこの作品は凄い。DVDで改めて観ても、劇中に登場するマリリン・バーンズに匹敵する悲劇のヒロインなども思い浮かぶものではない。エンターテインメント・ウィークリー誌では、何時の時代に於いても最も恐い作品として第1位にランクされている「エクソシスト」に次ぐ第2位の作品が本作「悪魔のいけにえ」である。余談だが、日本製の名作TVアニメ「不思議の海のナディア」の米国公開ヴァージョンで、ナディアの叔父役を吹き替えているのは、レザーフェイスの弟である狂ったヒッチハイカーを演じたエドウィン・ニールである。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
トビー・フーパー
Tobe Hooper
悪魔の沼 Eaten Alive
死霊伝説 Salem's Lot (tv)
ファンハウス 惨劇の館 The Funhouse
ポルターガイスト Poltergeist
製作
Produced by
トビー・フーパー
Tobe Hooper
* 脚本/監督/音楽も兼任
ルー・ペライーノ
Lou Peraino
ディープ・スロート Deep Throat
悪魔のはらわた Flesh for Frankenstein
製作総指揮
Executive Producers
ジェイ・パースレイ
Jay Parsley
 
脚本
Written by
トビー・フーパー
Tobe Hooper
* 製作/監督/音楽も兼任
キム・ヘンケル
Kim Henkel
悪魔の沼 Eaten Alive
撮影
Cinematography by
ダニエル・パール
Daniel Pearl
超能力学園Z Zapped!
スペースインベーダー Invaders from Mars
編集
Edited by
ラリー・キャロル
Larry Carroll
 
サリー・リチャードソン
Sallye Richardson
サウス・セントラル South Central
美術
Production Design by
ロバート・A.バーンズ
Robert A. Burns
サランドラ The Hills Have Eyes
ハウリング The Howling
音楽
Music by
ウェイン・ベル
Wayne Bell
悪魔の沼 Eaten Alive
トビー・フーパー
Tobe Hooper
* 製作/脚本/監督も兼任
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
マリリン・バーンズ
Marilyn Burns
Sally Hardesty 悪魔の沼 Eaten Alive
ヘルター・スケルター Helter Skelter (tv)
グンナー・ハンセン
Gunnar Hansen
Leatherface
Bubba Sawyer, Jr.
モスキート(未) Mosquito
フリークス・ドール(未) Freakshow
エドウィン・ニール
Edwin Neal
The Hitchhiker JFK JFK
炎のマーシャルアーツ(未) Breathing Fire
アレン・ダンジガー
Allen Danziger
Jerry  
テリ・マクミン
Teri McMinn
Pam  
ウィリアム・パイル
William Vail
Kirk ポルターガイスト Poltergeist
ポール・A.パーテイン
Paul A. Partain
Franklin Hardesty Lovin' Molly
ジョン・ヘンリー・フォーク
John Henry Faulk
Storyteller 最後の勝利者(未) The Best Man
Lovin' Molly
ジム・シードウ
Jim Siedow
Drayton Sawyer
(Old Man)
悪魔のいけにえ2 The Texas Chainsaw Massacre 2
ジョン・デュガン
John Dugan
Grandfather Sawyer 悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス
 The Return of the Texas Chainsaw Massacre
ロバート・コーティン
Robert Courtin
Window Washer  
ウィリアム・クリーマー
William Creamer
Bearded Man ブラッド・シンプル Blood Simple.
ジェリー・グリーン
Jerry Green
Cowboy  
エド・グイン
Ed Guinn
Cattle Truck Driver  
ジョー・ビル・ホーガン
Joe Bill Hogan
Drunk  
ペリー・ロレンツ
Perry Lorenz
Pickup Driver  
ジョン・ラロケット
John Larroquette
Narrator
(voice)
アルタード・ステーツ 未知への挑戦 Altered States
JFK JFK
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.