Return To Top
I, Robot
アイ,ロボット (2004) USA 115min.
Introduction 序盤アウトライン
2035年。人間に危害を加えてはならないと云う帰結に導かれる「ロボット三原則」を遵守し人間社会に奉仕する民生用ロボット、その絶対的安全性に疑いの余地はなかった。人口5人あたりにロボット1体と云う普及率が達成されようとしていたある日、USロボティックス社に勤務するロボット工学の第一人者ラニング博士が謎の死を遂げる。ラニングが死の間際に残したホログラムによりシカゴ市警の刑事スプーナーが呼ばれるが、彼は他界したラニングやロボットとはある因縁を抱えた人物だった。自身の招集に疑問を抱きながらも捜査を進めるスプーナーは、自殺だと思われていた博士の死に不審点を発見、関与している第三者を探し出そうとするのだがーー
Various Note メモ
本作はアシモフの短編をモチーフにした古典的な殺人ミステリー、その名も「ハードワイヤード」と題された脚本で「ユージュアル・サスペクツ」や「X-メン」シリーズのブライアン・シンガーによる監督と云う企画で立ち上げたディズニーからFOXに譲渡、本作の監督アレックス・プロヤスとジェフ・ヴィンターが高額予算に見合った企画として立ち上げたものである。アシモフ10番目の物語としてスーザン・キャリヴァンと「ロボット三原則」を「ハードワイヤード」に融合、ジェフ・ヴィンターがそのプロットを完成させるまでには2年間の年月を費やしている。脚本担当のアキヴァ・ゴールズマンは、そのプロセスを完成に導くと云う形で、その執筆にも後年からの参加となっている。余談だが、劇中では判り難いレニング博士の飼い猫の名前は「アシモフ」である。
劇中に登場する未来型乗用車「アウディRSQコンセプト」は、アウディが本作の為にデザインしたモデル。劇中に登場する殆どの車はアウディ社製だったらしい。
特殊効果チームは「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」に登場する「いとしいしと」のゴラムと同一の手法を用いて「ソニー」を製作している。その動作と声はアラン・テュディックによるものだが、「スタンド・バイ・ミー」のウィル・ウィートンや「ミッション:インポッシブル」のエミリオ・エステヴェスもこの配役のオーディションを受けていた。
警察の取調室にいるソニーを見つめながらチー・マクブライドが「昔が懐かしい」とウィル・スミスに言う台詞だが、トレーラーではウィル・スミスの台詞となっている。
(注意: 以下ネタバレ含む)

「ガソリンは爆発するじゃない!」と云うブリジット・モイナハンの一言には思わず笑わせられたが、二年の歳月を費やして練られたこのスクリプト、娯楽性にも富んだアプローチで明快な様相を呈しているようにも感じられるが、実の所は、少々違う。まず頭を捻ったのは、レニング博士が死を選択したと云うその必然性である。
VIKIにより監視・軟禁状態に置かれていたレニングは、容易にサボタージュ出来る状況ではなかったが、自らを葬れというプログラムも実行させた従順なソニーの利用、もしくは、危険を顧みずにレニング自身でVIKIを破壊すると云う方法があったと仮定しても、ロボット社会への危険性への認知度が皆無と云う状況下ではVIKIを破壊しても意味がない。何故ならば、スーザンのような次世代の科学者たちによって直ちに補填されてしまうからである。これでは、反乱の時期に多少のディレイが生じると云うだけの結果に終わってしまう訳だが、その危険回避に向けた抜本対策を講じる為には、まず、ロボット社会に対する危険性を現実に起こる実例で示唆する必要があると云う事になる。つまり、VIKIの反乱を待たずして抜本的な解決への道は開かれないと云う事だが、となれば、レニングは死を選択せずとも、機を見てVIKIの反乱後に理解を得た仲間たちと行動に出た方が良かったのではないのかと思ってしまうのである。
ただ、よくよく考えてみれば、こんな疑問もナンセンス、現実の映像を目の当たりにすれば、ストレートに楽しめてしまう。VIKIを破壊する為に必要不可欠だったソニーは、その情緒面に於いては赤子同然だった訳で、スプーナー(スミス)とスーザン(モイナハン)との交流を経て正義の戦士としての行為を全うしたのである。あのワクチンのような物体を奪取する際にも、VIKIによって解除されなかったシールドを何とか出来たのはレニングの配慮によるソニーの能力があってのもの。要は、あのはぐらかすようにしか伝達出来なかったホログラムのメッセージと云うものは、近い将来起こるであろう事態の推移がハッキリとは予測出来なかったレニングの苦悩が投影されたものだったと云う事である。DVD鑑賞の際には、劇場鑑賞時のつまらない疑問などは払拭して臨んだが、やはり2度目も面白かった。極上のエンタメ作品。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
アレックス・プロヤス
Alex Proyas
クロウ 飛翔伝説 The Crow
ダークシティ Dark City
ガレージ・デイズ Garage Days
製作
Produced by
ジョン・デイヴィス
John Davis
エネミー・ライン Behind Enemy Lines
チャーリーと14人のキッズ Daddy Day Care
エイリアンVS. プレデター AVP: Alien Vs. Predator
フライト・オブ・フェニックス Flight of the Phoenix 
ウィック・ゴッドフレイ
Wyck Godfrey
トファー・ダウ
Topher Dow
ガレージ・デイズ Garage Days
ローレンス・マーク
Laurence Mark
サイモン・バーチ Simon Birch
アンドリューNDR114 Bicentennial Man
製作総指揮
Executive Producers
ジェームズ・ラシター
James Lassiter
ALI アリ Ali
ショウタイム Showtime
アンソニー・ロマーノ
Anthony Romano
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン Catch Me If You Can
ミシェル・シェーン
Michel Shane
ウィル・スミス
Will Smith
* 主演も兼任
原作戯曲
Based on a play by
アイザック・アシモフ
Isaac Asimov
* 短編小説「われはロボット」 I, Robot
原案
Story by
ジェフ・ヴィンター
Jeff Vintar
ファイナルファンタジー
 Final Fantasy: The Spirits Within
脚本
Screenplay by
ジェフ・ヴィンター
Jeff Vintar
* ストーリーも考案
アキヴァ・ゴールズマン
Akiva Goldsman
評決のとき A Time to Kill
ビューティフル・マインド A Beautiful Mind
撮影
Cinematography by
サイモン・ダガン
Simon Duggan
チェイス(未) Risk
ガレージ・デイズ Garage Days
編集
Edited by
アレクサンダー・ガルシア
Alexander Garcia
セイブ・ザ・ワールド The In-Laws
12人のパパ(未) Cheaper by the Dozen
ウィリアム・ホイ
William Hoy
アウトブレイク Outbreak
ボーン・コレクター The Bone Collector
リチャード・リーロイド
Richard Learoyd
ダークシティ Dark City
ガレージ・デイズ(未) Garage Days
アルメン・ミナシアン
Armen Minasian
サウンド・オブ・サイレンス Don't Say a Word
デアデビル Daredevil
美術
Production Design by
パトリック・タトポウロス
Patrick Tatopoulos
インデペンデンス・デイ Independence Day
ダークシティ Dark City
衣装デザイン
Costume Design by
リズ・キオー
Liz Keogh
ダークシティ Dark City
エリザベス・パーマー
Elizabeth Palmer
ホーンテッド The Haunting of Seacliff Inn (tv)
音楽
Music by
マルコ・ベルトラミ
Marco Beltrami
ブレイド2 Blade II
ターミネーター3 Terminator 3: Rise of the Machines
ヘルボーイ Hellboy
挿入歌
Various Songs
Joe Lervold "Top Floor Por Favor"
Stevie Wonder "Superstition
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ウィル・スミス
Will Smith
Del Spooner メン・イン・ブラック Men in Black
ALI アリ Ali
バッドボーイズ2バッド Bad Boys II
ブリジット・モイナハン
Bridget Moynahan
Susan Calvin コヨーテ・アグリー Coyote Ugly
トータル・フィアーズ The Sum of All Fears
リクルート The Recruit
ブルース・グリーンウッド
Bruce Greenwood
Lawrence Robertson アララトの聖母 Ararat
ビロウ Below
ザ・コア The Core
チー・マクブライド
Chi McBride
Lt. John Bergin 60セカンズ Gone in Sixty Seconds
NARC ナーク Narc
ターミナル The Terminal
アラン・テュディック
Alan Tudyk
Sonny アトランティスのこころ Hearts in Atlantis
ドッジボール Dodgeball: A True Underdog Story
ジェームズ・クロムウェル
James Cromwell
Dr. Alfred Lanning スペース カウボーイ Space Cowboys
トータル・フィアーズ The Sum of All Fears
シア・ラブーフ
Shia LaBeouf
Farber 穴 HOLES Holes
コンスタンティン Constantine
エミリー・テナント
Emily Tennant
Young Girl スクービー・ドゥー2 モンスター パニック
 Scooby Doo 2: Monsters Unleashed
ジェリー・ワッサーマン
Jerry Wasserman
Baldez 影なき男 Shoot to Kill
ミステリー・デイト Mystery Date
エイドリアン・L・リカード
Adrian Ricard
Granny ブルワース Bulworth
N.Y.式ハッピー・セラピー Anger Management
フィオナ・ホーガン
Fiona Hogan
V.I.K.I. エージェント・コーディ Agent Cody Banks
コニー&カーラ Connie and Carla
シャロン・ウィルキンス
Sharon Wilkins
Woman トゥー・ウィークス・ノーティス Two Weeks Notice
バッドボーイズ2バッド Bad Boys II
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.